オンプレとAzure間のAD連携「HAAD参加」の落とし穴と対策

今回は「オンプレとAzure間のAD連携「HAAD参加」の落とし穴と対策」についてご紹介します。

関連ワード (モバイル、新潮流Device as a Serviceの世界等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 今回は、「Hybrid Azure Active Directory Join」(ハイブリッド Azure AD 参加。以下HAAD参加)について解説します。なお、あらかじめ申し上げますと、HAAD参加はあくまで最終手段であり、HAAD参加ありきで検討するものではありません。

 Azure ADや「Windows Autopilot」(以下、Autopilot)の世界は、「Azure AD 参加」がスタンダードです。HAAD参加は、どうしてもオンプレミスのActive Directory(以下、オンプレAD)に参加しなければならないケースのために、緊急避難的に用意されているものです。ですから、「既存のオンプレADがよく分からないし、必要かどうかも分からないから、とりあえずHAAD参加で!」と検討するものではありません。

 HAAD参加には、前提となるOU(Organizational Unit:組織単位)の構成など複雑な前提条件があり、「よく分からないからHAAD参加で」とするようなものではないのです。またHAAD参加は、後から加わった機能ということも認識しておきましょう。たぶん困った顧客がおり、Microsoftも最初からHAAD参加の提供を想定していたわけではないのだと思います(筆者の私見ですが)。

 つまり後付けですから、かなり無理な部分があります。特にAutopilot中のAzure ADとオンプレAD間の「コンピューター オブジェクト」の同期には、かなりの時間がかかります。そもそもクラウドはオンプレとの連携が苦手ですので、HAAD参加の導入は、いたずらにユーザーの負担を増やすことになりかねません。

 よくある思い違いに、「オンプレADに参加しない=オンプレADを廃止する」と思ってしまうケースがあります。これは、正しくありません。あくまでAutopilotによりセットアップしたPCをオンプレADに参加させるか否かだけの話です。オンプレADを必ずしも廃止する必要はありません。

 オンプレADとAzure ADを同期させるには、「Azure AD Connect」(以下、AAD Connect)が構築されていればOKです。前回説明した通り、AAD ConnectさえあればオンプレADに参加しているファイルサーバーとの認証には差し支えありません。認証に問題なければ、あとはPCの制御(オンプレADのグループポリシー)を「Microsoft Intune」(以下、Intune)で行えれば、基本的にはオンプレADに参加する必要はありません。

 Autopilotの導入では、原則として「Azure AD参加(=オンプレADに参加しない)」を検討しましょう。オンプレADへの参加が不要かどうかの確認は、PCをAzure AD参加のみにした状態で使ってみてください。AAD Connectでアカウントが同期されていれば、ほとんどのシステムを問題なく利用できるはずです。検討においては、グループポリシーも重要ですので、その辺は前回の記事をご覧ください。

 その上でどうしても、オンプレADの参加が必要な場合に、HAAD参加を検討します。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ディープフェイク動画のiOSアプリ「Avatarify」が電子透かし提供へ
人工知能・AI
2021-04-16 12:53
中国EduTech企業、政府による突然の大ナタで行き詰まり
IT関連
2021-06-29 13:55
MOTEX、クライアント資産管理ツールを「LanScope」にリブランド
IT関連
2021-07-05 16:12
映画「閃光のハサウェイ」公開延期 5月21日から 舞台挨拶は中止に
くらテク
2021-04-27 13:27
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」続編は2022年発売 「冒険の舞台は空の上にも広がる」
くらテク
2021-06-17 09:33
フォードがコンパクトな新型ハイブリッドピックアップ「マーベリック」発表、市街地燃費17km/Lで約220万円から
モビリティ
2021-06-10 15:28
「Apple TV」アプリが「Chromecast with Google TV」に降臨
製品動向
2021-02-20 00:28
広帯域で柔軟なクラウド接続を閉域網で実現–IIJが新たな接続サービス
IT関連
2022-06-17 22:07
フィッシングの標的にされやすいのはIT、ヘルスケア、製造業界–Avanan報告書
IT関連
2021-07-02 17:32
MSが永続ライセンス版次期「Office」発表、本音はクラウド対応Microsoft 365に乗り換えて欲しい
ソフトウェア
2021-02-21 03:53
豊田通商、「SAP SuccessFactors」を採用–グローバルでの実績評価
IT関連
2022-05-14 02:21
ISSに宇宙初の映画スタジオを2024年までに接続する計画を米エンターテインメント会社が発表
IT関連
2022-01-23 06:45
サービスナウが自治体DXの推進施策–東広島市も行政サービスに活用
IT関連
2021-07-30 23:16
さくらのレンタルサーバがリニューアル、価格据え置きで最大で性能5倍の新サーバ提供へ。既存ユーザーの移行も可能
クラウド
2022-01-18 11:14