群馬大、自立走行型ロボットで医療インシデントの削減を実証

今回は「群馬大、自立走行型ロボットで医療インシデントの削減を実証」についてご紹介します。

関連ワード (経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 群馬大学とNTT東日本、ユヤマ、ウルシステムズ、PHCは1月20日、薬剤に関連する医療インシデントの削減を目的に、自立走行型ロボットやローカル5G(自営型5G)、人工知能(AI)技術を活用する実証実験を30日から行うと発表した。

 実証では、群馬大学医学部附属病院内にローカル5Gの通信環境を構築し、AI・薬剤自動認識装置を搭載した自立走行型ロボットで、患者が持参する薬の確認と処方薬の配薬、服薬を確認できるか検証する。

 群馬大などによれば、新型コロナウイルス感染症などへの対応から医療現場の人手不足が深刻化しているなど、診療行為の確認漏れや情報伝達不足などによる医療インシデントのリスクが増大している。特に薬剤関連のインシデントは、医療インシデント全体の約4割を占め、最大のリスク要因だという。

 このためNTT東日本が代表機関となり、各者が総務省の「課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」に参画。今回の実証実験を行うこととなった。

 実験では、人や特殊機器が多数行き交い、遮蔽(しゃへい)物が多く、電波干渉の可能性が高い医療現場の環境に対応したローカル5Gの分散アンテナを採用する。ローカル5Gで自立走行型ロボットを制御し、ロボットに搭載する上下2つのカメラから照明角度、露光時間を変えた複数枚の撮影画像をリアルタイムに解析サーバーへ伝送し、AIで解析を行う。また、地域の薬局とも連携し、薬局における患者情報の薬剤トレーサビリティーの仕組みも構築。期間は3月17日までで、医療事故のリスクを低減する効果や医療従事者の労働改善などを検証していくことにしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「Chrome」、サードパーティーCookieのブロックを2024年1月からテストへ
IT関連
2023-12-16 21:10
データ駆動型経営で膨大な開発コストを削減–アステラス製薬のDX戦略
IT関連
2022-01-26 20:11
マイクロソフトとソフトバンク、クラウドと生成AIの日本展開で戦略的協業
IT関連
2023-08-04 06:12
日立製作所、製品別のCO2排出量を算出・可視化する自社取り組みを外販化
IT関連
2023-04-22 06:15
石灰石が原料の恐竜化石プラモデル、バンダイが発売 石油由来プラスチックを年間5トン削減
くらテク
2021-05-14 12:46
「Chromebook」でタッチパッドの自動クリックを有効にするには
IT関連
2023-05-30 18:58
情報電子化の次のステップ、「企業情報DX」を推進–オープンテキスト・反町社長
IT関連
2023-01-13 06:22
G7のうち5カ国の政府が使う暗号化メッセージングアプリ「Wire」が約22.9億円調達
ソフトウェア
2021-04-16 00:23
「コロコロプライム」爆誕 漫画はデジタル、付録や“銀はがし”は現物が届く有料会員制サービス
くらテク
2021-02-20 21:29
「dotData Cloud」の機能強化版をリリース–セキュリティ強化やフルマネージドなど
IT関連
2023-04-08 01:11
「Ubuntu Linux」マシンで温度や電圧を監視するには
IT関連
2023-06-16 00:24
サイバーレジリエンスにおけるITセキュリティポリシーの定義
IT関連
2022-06-17 15:36
その後SolarWindsはどう変わったか–新CEOが語るサイバー被害の教訓
IT関連
2022-06-01 16:38
NTTイノベーティブデバイス、事業戦略を発表–光電融合デバイスの普及を目指す
IT関連
2023-09-08 23:27