群馬大、自立走行型ロボットで医療インシデントの削減を実証

今回は「群馬大、自立走行型ロボットで医療インシデントの削減を実証」についてご紹介します。

関連ワード (経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 群馬大学とNTT東日本、ユヤマ、ウルシステムズ、PHCは1月20日、薬剤に関連する医療インシデントの削減を目的に、自立走行型ロボットやローカル5G(自営型5G)、人工知能(AI)技術を活用する実証実験を30日から行うと発表した。

 実証では、群馬大学医学部附属病院内にローカル5Gの通信環境を構築し、AI・薬剤自動認識装置を搭載した自立走行型ロボットで、患者が持参する薬の確認と処方薬の配薬、服薬を確認できるか検証する。

 群馬大などによれば、新型コロナウイルス感染症などへの対応から医療現場の人手不足が深刻化しているなど、診療行為の確認漏れや情報伝達不足などによる医療インシデントのリスクが増大している。特に薬剤関連のインシデントは、医療インシデント全体の約4割を占め、最大のリスク要因だという。

 このためNTT東日本が代表機関となり、各者が総務省の「課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」に参画。今回の実証実験を行うこととなった。

 実験では、人や特殊機器が多数行き交い、遮蔽(しゃへい)物が多く、電波干渉の可能性が高い医療現場の環境に対応したローカル5Gの分散アンテナを採用する。ローカル5Gで自立走行型ロボットを制御し、ロボットに搭載する上下2つのカメラから照明角度、露光時間を変えた複数枚の撮影画像をリアルタイムに解析サーバーへ伝送し、AIで解析を行う。また、地域の薬局とも連携し、薬局における患者情報の薬剤トレーサビリティーの仕組みも構築。期間は3月17日までで、医療事故のリスクを低減する効果や医療従事者の労働改善などを検証していくことにしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Googleのpring買収報道に主要株主がコメント 「現時点で決定した事実はない」
ネットトピック
2021-07-10 12:23
三井不動産の移動商業店舗事業「MIKKE!」–場所、車両、顧客情報の共有で新たな購買体験
IT関連
2022-06-24 16:58
マイクロソフト「Teams」、デイリーアクティブユーザーが1億4500万人に
IT関連
2021-04-28 23:34
Twitter、米大統領政権の公式アカウントを1月20日の就任式でリアルタイムに切り替え
アプリ・Web
2021-01-19 10:48
ワークスモバイルジャパンとヤマト運輸、「LINE WORKS」で宅配便の発送手続きを可能に
IT関連
2022-05-14 02:33
「進撃の巨人」最終回、深夜にアプリ盛況、雑誌は書店から駆逐される
くらテク
2021-04-11 12:44
ワクチン接種普及のためにホワイトハウスはデートアプリと協力
ネットサービス
2021-05-23 16:54
ティファニー、「モンストグランプリ」トロフィー制作 初のeスポーツ向け
くらテク
2021-06-26 01:35
位置情報SNSのFoursquare創業者デニス・クロウリー氏が辞任
ネットサービス
2021-06-30 10:57
北國銀行、国内初のパブリッククラウドによる勘定系システムの稼働を開始
IT関連
2021-05-07 20:15
デジタル資産「NFT」を今、フォローすべき理由
ブロックチェーン
2021-03-02 19:35
中国政府が米EV大手Teslaを指導 異常加速や電池発火指摘
IT関連
2021-02-11 06:41
みんなの銀行とピクシブが連携、「ピクシブ支店」(仮称)独自銀行サービスでクリエイターの創作活動を支援
フィンテック
2021-06-23 15:18
LegalOn Technologies、「LegalForce」に「表」差分比較機能
IT関連
2023-01-28 17:30