日立、JRシステムに対話型AIエンジンを提供–バーチャル駅員とのきっぷ購入を支援

今回は「日立、JRシステムに対話型AIエンジンを提供–バーチャル駅員とのきっぷ購入を支援」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 日立製作所(日立)は3月31日、鉄道情報システム(JRシステム)が開発する「AI自動応対機能」に対話型の人工知能(AI)エンジンを提供したと発表。18日開業の「大阪駅(うめきたエリア)」にはAI自動応対機能を搭載した「みどりの券売機プラス+AI」が設置され、端末画面上に投影される「バーチャル駅員」と対話しながらきっぷを購入可能となっている。

 近年、JR各社では少子高齢化に伴う労働人口の減少やコロナ禍を背景に非対面によるきっぷ販売を進めている。こうした背景を受けて、JRシステムはバーチャル駅員との音声対話を通じて、従来の有人窓口と同じように特急券や乗車券のきっぷを購入できるAI自動応対機能の開発を推進してきた。2022年2月からJR西日本の京都駅で実証を行いその有効性を確認できたことから、今回、大阪駅に新規開業したうめきたエリアで本格導入に至った。

 多言語対話プラットフォームの音声認識機能を使い、音声で入力された内容をテキスト化して対話エンジンにつなげることで、事前に登録された想定問答に基づいた回答を提示する。また、読み方が共通する駅名や地名などに対しても、画面上で複数の候補を表示する。

 音声認識や対話エンジンを鉄道/交通向け用語に対応させて認識精度の向上を図っている。実際の駅員とのやりとりを想定してシナリオや言葉の言い替えなども考慮。また、利用頻度が高まるにつれて蓄積される対話ログを用いてAIエンジンの精度を継続的に向上させる。

 券売機の操作に不慣れな利用者でも音声会話による操作でスムーズにきっぷが購入可能であり、タッチパネルと音声による操作を併用できる。また、会話の内容は券売機上部のモニターに文字で表示されるため、耳や言葉が不自由な利用者もサポートする。バーチャル駅員で対応しきれない場合は、それまでの接客内容をコールセンターのオペレーターに引き継ぎ、確実な接客応対が可能となっている。

 日立は今後、対話エンジンの使いやすさや音声認識の精度を向上させ、JRシステムが進める多言語対応やサービス拡充などAI自動応対機能の強化に貢献していくとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
DNP、OpenXと協業–環境負荷の低いデジタル広告設計を提案
IT関連
2023-06-03 04:47
ブラジルの新進フィンテックNubankが2.6兆円の評価額で420億円調達
フィンテック
2021-02-01 02:08
UBE三菱セメント、SAPのクラウドオファリングを稼働–新会社システムの経営基盤として
IT関連
2022-11-29 14:06
エア・ウォーター、グループ企業の経営情報を管理する基幹システムをクラウドで刷新
IT関連
2024-05-22 19:23
デジタル活用で製品開発から市場投入までスピード向上–アクセンチュア調査
IT関連
2022-10-27 20:04
LINEで不具合か メッセージ送受信や通話に支障 「詳細を確認中」
ネットトピック
2021-04-13 01:30
NECとNTTドコモ、自然災害の救助活動で実証–ドローンなどで要救助者などを検知
IT関連
2022-06-29 06:34
NEC、オール光通信事業の強化を表明–オープン化、標準化が鍵に
IT関連
2022-09-16 04:15
ザ・ウィークエンドがNFTオークションで未発表曲とアート作品販売を予告
ブロックチェーン
2021-04-02 22:31
すみだ水族館、飼育管理アプリで作業時間を短縮–生き物と向き合う時間の充実に
IT関連
2023-07-22 02:45
セキュリティ脅威の検知と対応を高度化するMXDRを展開–セキュアワークス
IT関連
2022-06-08 06:39
ヴィーム、2023年の事業戦略を発表–ランサムウェア被害への対応強化
IT関連
2023-04-14 23:46
インテリジェントなデータ基盤がAI開発を加速–ネットアップの戦略
IT関連
2024-04-18 05:51
農産物の盗難をドローンで監視 赤外線カメラなどで不審者を空撮
DX
2021-07-15 06:45