Slack、さまざまなAIをSlackに統合する「Slack GPT」発表。未読スレッドの要約、顧客ごとのメール提案など多機能を提供

今回は「Slack、さまざまなAIをSlackに統合する「Slack GPT」発表。未読スレッドの要約、顧客ごとのメール提案など多機能を提供」についてご紹介します。

関連ワード (上記、作動、把握等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Slackは、ChatGPTに代表されるさまざまな生成的AIをSlackをプラットフォームとして統合する「Slack GPT」を発表しました。

Slack GPTは、Slackに生成的AIを統合していくビジョンとされています。

OpenAIのChatGPTだけでなく、AnthropicのClaude、SlackのネイティブなAI機能となるEinstein GPT、あるいはユーザー独自の大規模言語モデルなど、複数のAIをSlackをプラットフォームとして集約し、未読メッセージの要約、スレッド内容を基にした提案、SlackのWorkflow Builderへの組み込みと状況に応じた文章の生成など、さまざまな機能に役立てるというものです。

"Slack GPT is the conversational AI platform of the future." -@LidianeJones

Take a peek at how Slack, powered by generative AI, will help customers work smarter, learn faster, and communicate better.

Blast off to our blog for all the details: https://t.co/T21173DHMG pic.twitter.com/iVGQ8drJV7

— Slack (@SlackHQ) May 4, 2023

Slack GPT発表に合わせて、いくつかの具体例が上記の動画などで紹介されています。

未読メッセージ群のサマライズ

もっとも典型的な生成的AIの利用法は、未読のメッセージ群の要約でしょう。下記の例では、未読のメッセージ群に対して「Summarize it」ボタンをクリックします。

fig

すると、Einstein GPTがサマライズした文章を生成してくれます。

fig

別の例では、スレッドの内容を基に、自分は次のアクションとして何をするべきかをClaudeに質問し、答えてもらっています。

fig

大量の未読があるスレッドの内容を素早く把握する場合や、忙しくて過去のメッセージを振り返る時間がない場合に便利に使えそうです。

ワークフローに組み込み、顧客に応じたメール作成

Workflow Builderに生成的AIを組み込む例では「AI-powered lead response」(AIを活用したリード対応)というワークフローを作成しています。

その内容は、Salesforceから新しい有望顧客(リード)が得られた場合、ChatGPTでその顧客宛のメールのドラフトを生成してもらい、それをSlackのCanvas機能で共有する、というもの。

fig

このワークフローが作動すると、下記のようにリードのサマリーと、リードの内容に応じたメールのドラフトがCanvasで共有されたという通知が届きます。

fig

効率的な営業メールの作成が可能になります。

顧客関連情報を作成

次は、Einstein GPTに対して「最有力顧客への提案で知っておくべきことは?」と質問。

fig

Einstein GPTは最有力顧客に関する情報を教えてくれます。

fig

このようにSlack GPTはさまざまなAIをSlackの上で組み合わせたサービスを実現できることになります。

今後、例えば特定の業務に詳しいAIや、特定分野のボキャブラリに詳しいAIなどの組み合わせによるサービスなども実現されていくと予想されます。

すでに「Claude app for Slack」はベータ版として公開されており、無料で利用可能です。「ChatGPT app for Slack」も発表済みで、現在は利用申し込みのウェイトリストを受付中。

Slack GPTのネイティブなAI機能として予定されている「Einstein GPT app for Slack」は現在開発中。ワークフローにAIを組み込める「Workflow Builder with Slack GPT」は今夏に登場予定とされています。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
防災ラジオライトを20年製造してきたメーカーが「手回し充電」を廃止 理由はスマホ
くらテク
2021-03-12 14:05
日立ハイテク、AIで半導体製造装置の生産計画立案を自動化
IT関連
2023-05-26 11:15
ENEOSマテリアルと横河電機、化学プラントに自律制御AI導入–品質と省エネを重視
IT関連
2023-04-01 10:35
円安により大半の企業でクラウド出費が増加–さくらインターネット調査
IT関連
2022-12-10 21:48
温度測定結果の表示可能、顔認証で入退室できるクラウド型サービス「Safie Entrance2」を提供開始
IT関連
2022-03-26 22:11
NECと杉並区、AI活用で交通や人の流れを分析する実証実施
IT関連
2022-05-25 18:11
決済大手Stripe、暗号資産決済のサポートを再開
IT関連
2022-03-13 05:10
日立と仙台市、下水道管路施設の設計・施工業務を効率化–レーダーやAI解析を用いた共同研究
IT関連
2022-07-26 23:43
AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」が契約書作成や審査受付を一元化できる「案件管理」機能を発表
リーガルテック
2021-07-09 12:08
日立、脆弱性検索エンジンを「MIRACLE Vul Hummer」に提供–OSSのセキュリティ対策強化
IT関連
2022-02-02 04:53
アプリコットベンチャーズとTLM、総額30億円を目標とした新ファンド「mint」設立
VC / エンジェル
2021-05-27 07:59
アバイアが取り組む「メタバース向けコンタクトセンター」
IT関連
2022-10-29 16:16
F1チームの戦略や効率化支える–デジタルツインなどテクノロジーの活躍
IT関連
2022-04-29 10:42
ナイジェリアが大統領の投稿削除を受けツイッターを無期限停止に
ネットサービス
2021-06-07 23:46