森永製菓、経理財務DXを推進–海外事業拡大やサステナブル経営に向けて

今回は「森永製菓、経理財務DXを推進–海外事業拡大やサステナブル経営に向けて」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 森永製菓は、経理財務の業務基盤にクラウド型の経理業務変革プラットフォーム「BlackLine」を導入した。同プラットフォームを提供するブラックラインが11月22日に発表した。

 BlackLineは、勘定照合や経理・決算業務、仕訳入力などの経理業務プロセスの可視化、標準化、自動化、統制強化を実現する。今回、森永製菓では、経理財務部門のデジタル変革(DX)の推進とともに、海外事業拡大への対応やサステナブル経営(持続可能性に配慮した経営)に即した管理体制の構築に向けた経理財務業務の生産性を向上させるため、6月に同プラットフォームの導入を決定。現在は、12月の稼働を目指してプロジェクトを進めているという。

 導入プロジェクトの現段階では、同社の決算業務を対象に、業務プロセスの可視化と標準化を進め、決算の早期化と決算品質の向上を目標にしている。同時に、経理財務の業務基盤を整備し、DX化の経験値とBlackLineの習熟度を高めていくとしている。

 森永製菓 取締役上席執行役員の髙木哲也氏によると、現在、経理部では決算業務へ多くのリソースが割かれており、経営戦略・支援、事業支援といった「価値創造業務」の実現に苦慮している状況にあるという。BlackLineの導入により、手作業で行っていた決算監査業務をデジタル化し、経理財務実務を効率化することで、リソースを「価値創造業務」にシフトできるのではないかと期待を寄せた。

 将来的には、同プラットフォームの導入モジュールと適用業務の拡張による生産性の向上、またグローバル展開を行うことで、グループガバナンス強化を実現するとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
iMessageなど15種のメッセージをまとめて送受信できるPebble創業者が開発したアプリ「Beeper」
ソフトウェア
2021-01-26 18:31
配当利回り4.4%–三菱UFJ FGの「買い」判断を継続
IT関連
2021-02-17 20:40
1位は「C」–IT教育プラットフォームで見る8つの人気プログラミング言語
IT関連
2021-04-04 18:45
ITシステム管理サービスのKaseyaにランサムウェア攻撃–「REvil」関与か
IT関連
2021-07-05 01:23
ネット接続されたローイングマシンでホームフィットネスのゲーム化を目指すAviron
IT関連
2022-02-25 01:15
AI競争で真の勝者は米国か、中国か、欧州か
IT関連
2021-02-17 05:29
CO2回収へ一歩、アイスランド独自の火山地質は空気をろ過し二酸化炭素を貯留する技術に理想的な環境だ
IT関連
2022-02-15 21:09
ネットワークで脅威を検知し対応するNDR–ExtraHopが日本で展開
IT関連
2021-02-16 18:37
DX推進には5つの必要な役割あり–ガートナー
IT関連
2021-08-18 20:29
マイクロソフト「Teams」向けのバグ報奨金プログラム開始
IT関連
2021-03-26 09:12
「はやい、やすい、巧い」エッジAIのフツパーと高速なアノテーションを提供するFastLabelが協業し国内産業のAI化推進
人工知能・AI
2021-07-30 18:22
フェイスブックとインスタグラムが「最も個人情報をかき集めるアプリ」トップに、第三者と多くの個人データ共有
セキュリティ
2021-03-19 03:09
Epic Games、AppleをEUで提訴 米英豪での訴訟に続き独禁法違反を主張
企業・業界動向
2021-02-19 06:49
ツイッター、スペースの聴きどころ30秒を共有するクリッピングツールをiOSで限定テスト中
IT関連
2022-03-21 11:35