セキュリティ専門家もだまされかけた、巧妙すぎるAIフィッシング詐欺の顛末

今回は「セキュリティ専門家もだまされかけた、巧妙すぎるAIフィッシング詐欺の顛末」についてご紹介します。

関連ワード (セキュリティ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 筆者はこの6カ月間、米ZDNETの記事執筆を離れ、待ち焦がれていた長期休暇を過ごしていたのだが、このたび執筆を再開した。そしてまず読者に報告しなければならないのは、自らの間抜けさだ。

 筆者は休暇中、コンテンツ制作に携わるプロフェッショナルという立場から、生成型の人工知能(AI)や大規模言語モデル(LLM)を強力な生産性向上ツールとして、またクリエイティブなアシスタントとして用いる機会がたくさんあった。しかしこれらは他のテクノロジーと同様に、負の側面と乱用される可能性を有している。

 筆者は最近、AIを用いたフィッシング攻撃の被害者に危うくなるところだった。筆者はプロの記者としてこのテーマについて記事を執筆したことがあり、フィッシング攻撃から企業を保護する業務を手掛ける大手情報セキュリティ企業において脅威アナリストを務めた経験があったにもかかわらず、もう少しでフィッシング攻撃の餌食になるところだった。

 もっと知っておくべきことがあったのだろうか。そうであるのは間違いない。

 しかしわれわれは人間であるため、フィッシング攻撃を検知する能力は訓練によって培わなければならない。こういった能力には、偽物と本物を見分けるものと、どこかに怪しさを感じた時に本能が声を上げられるように訓練するというものが含まれている。

 しかし豊富な経験を有していたとしても、十分本物に見えるものに対しては間抜けな行動に出てしまう可能性がある。筆者もそういった行動に出てしまった1人だ。

 筆者は過去数週間、仮想通貨(暗号資産)の取引にしばしば用いられる「Stripe」からの請求書に酷似した電子メールを何通も受け取っていた。このメールはHTML形式の限りなく本物に近いものとなっており、「Coinbase」を介した仮想通貨購入の請求書に見せかけたPDFファイルさえ添付されていた。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Twitter、「ラベル付け」に異議申し立てできる機能のテストを日本などで開始
アプリ・Web
2021-08-05 01:26
Spotifyの車載デバイス「Car Thing」が米国で一般販売開始
IT関連
2022-02-24 05:58
Niantic、世界の3Dマップ構築目指し、LiDARスキャンのScaniverse買収
企業・業界動向
2021-08-12 13:41
ランサムウェア攻撃受けたColonialのCEO、身代金支払いは「国のために正しいことだった」
IT関連
2021-05-21 22:04
任天堂子会社NERDが「スーパーマリオ 3Dコレクション」で採用したエミュレーション技術など公表
ゲーム / eSports
2021-03-23 21:26
いまさら聞けない話題の音声SNS「Clubhouse」のどぎまぎしない使い方
ネットサービス
2021-02-02 05:32
「macOS Ventura」発表、タスクを素早く切り替える「ステージマネージャ」など
IT関連
2022-06-08 14:43
米政府、ポスト量子暗号への備えを今すぐ始めるよう推奨
IT関連
2022-08-26 02:16
中国でフードデリバリーの食品ロッカーが有料化、負担は弱者の配達員に
IT関連
2022-09-15 07:17
「AIウォッシング」への懸念–生成AI人気に便乗した誇大広告や詐欺の手口
IT関連
2023-12-02 04:03
Amazon S3、データの整合性確認を最大90%高速化。新たなオブジェクトのチェックサムアルゴリズム追加で
AWS
2022-03-01 10:02
ニュータニックス、「Nutanix Kubernetes Platform」「GPT-in-a-Box 2.0」など発表–「.NEXT 2024」基調講演
IT関連
2024-05-23 09:30
静岡銀行、間接費業務のデジタル化を推進–地域のDX推進にも期待
IT関連
2022-12-03 16:26
クラウドWAFでの攻撃検知は約10秒に1回–CSC調査
IT関連
2021-02-04 08:00