ルミネ、施設サイトに「ウェブサイト多言語化ソリューション」を導入

今回は「ルミネ、施設サイトに「ウェブサイト多言語化ソリューション」を導入」についてご紹介します。

関連ワード (マーケティング等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Wovn Technologies(WOVN)は、同社が提供するウェブサイト多言語化ソリューション「WOVN.io」をルミネが導入したと発表した。

 ルミネは同ソリューションを「ルミネ」および「ニュウマン」の施設サイトに適用し、多言語公開を開始している。これにより、ウェブおよび施設案内タブレットなどにおいて、フロアマップや営業時間からイベント情報まで、施設に関するすべての情報を多言語でタイムリーに発信できるようになった。英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語による情報発信が行われている。

 WOVN.io は、ウェブサイトを最大45言語・79のロケール(言語と地域の組み合わせ)に多言語化し、海外戦略・在留外国人対応を支援する。大手企業をはじめ1万8000サイト以上へ導入されている。既存のウェブサイトに後付けすることができ、多言語化に必要なシステム開発・多言語サイト運用にかかる不要なコストを圧縮できる。

 ルミネはWOVN.ioについて、機械翻訳と用語集を用いた自動翻訳により、多言語対応にかかる時間を大幅に削減できることを評価した。また日本語の情報に更新があった際も「未翻訳箇所の自動検知」機能を活用し、タイムリーな多言語情報発信が可能なことも採用の決め手となった。

 このほかWOVN.io は、システムの専門家でなくても直感的な操作で翻訳運用が可能だ。さらに過去の翻訳結果を資産として一元管理しているため、サイト全体で統一感をもった運用が可能になる。また「ライブエディター機能」により、実際の画面を見ながら翻訳修正が行えるため、デザイン崩れなどが発生している場合、直接実際の画面・レイアウトを見ながら修正できる。

 くわえて海外SEO対策に必要なタグの翻訳や言語ごとの独自URL発行が可能で、多言語サイトを検索エンジンにインデックスさせることができる。そのため来日前の段階から外国人客が施設の最新情報をキャッチアップできる。

 今後ルミネでは、こうした機能を活用し、海外の各地域向けに展開しているSNSと連動した施策を推進する予定だ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
AOSデータが政府系ファンドJIC VGIと共創ファンドより9億円の資金調達
ネットサービス
2021-07-07 15:56
「Googleドライブ」を整理して効率を高める5つのヒント
IT関連
2022-10-04 18:52
Meta、世界最速級のAIスパコンを開発中–メタバースに活用へ
IT関連
2022-01-26 21:02
迫るIEサポート終了、企業はどう対応すべきか
IT関連
2022-02-17 16:33
ドトールコーヒーのグループ店舗約1200店がPayPayやd払いなど9種類のコード決済サービスを3月導入
フィンテック
2021-02-16 03:12
ZOZO、本社移転は2月15日に 幕張から西千葉へ コロナ禍で執務スペースを縮小
企業・業界動向
2021-01-26 13:17
ソニーがDiscordに出資と提携、PlayStationにチャットアプリ搭載へ
ゲーム / eSports
2021-05-05 10:39
Google、廉価版無線イヤフォン「Pixel Buds A-Series」を99ドルで
製品動向
2021-06-05 13:59
ランサムウェアやクラウドのセキュリティは2022年もCISOの課題上位–マイクロソフト
IT関連
2022-01-29 16:51
EY Japan、ESGデジタル基盤のサービスを開始
IT関連
2023-10-21 10:32
データ分析をビジネスに生かす「ビジネスサイエンス」の必要性
IT関連
2021-07-26 14:27
NVIDIA、サイバー攻撃によるデータ侵害を報告
IT関連
2022-03-03 13:09
世界に先駆け有機半導体レーザー評価用サンプルの製造・販売を目指す、九州大学発のKOALA Techが4億円調達
ハードウェア
2021-06-30 09:50
宇宙飛行士の医療訓練をゲーム化–専門知識の習得を効果的に
IT関連
2023-01-12 18:20