DeepL、「DeepL Pro」を25の国と地域で新たに提供

今回は「DeepL、「DeepL Pro」を25の国と地域で新たに提供」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ドイツに拠点を置き、機械翻訳サービス「DeepL翻訳」を提供するDeepLは現地時間12月19日、新たに25の国と地域で「DeepL Pro」の提供を開始した。

 今回、同プランの購入が可能になったのは、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、イスラエル、インド、インドネシア、ウルグアイ、エクアドル、オーストラリア、コートジボワール、コスタリカ、コロンビア、サウジアラビア、タイ、台湾、チリ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、パラグアイ、フィリピン、ベトナム、ペルー、香港、マレーシア、モロッコ。

 DeepL Proは企業による利用を想定した翻訳サービス。作業時間の短縮とコスト削減を実現し、効率性と生産性の向上を可能とする機能を備えていると同社は述べる。高度な翻訳性能を通し、中小企業からグローバル企業までにわたる多様な組織による市場・顧客開拓をサポートするという。

 DeepL Proでは、企業データの保護を目的にデータの暗号化といったセキュリティ対策が講じられている。全てのテキストは翻訳が完了次第、DeepLが運営するサーバーから削除されるため、利用者のテキストが第三者に読み取られたり、AIの学習データとして使用されたりすることはない。

 文字数制限なしのテキスト翻訳により、膨大な翻訳を必要とするビジネスでの需要にも応えられる。PDFや「Word」「Excel」「PowerPoint」、テキストおよびHTMLといった幅広い形式に対応する。

 訳文をカスタマイズする機能を活用することで、ブランドイメージに合わせた翻訳や、社内外のコミュニケーションの統一が可能。「DeepL API Pro」に登録することで、企業はウェブサイトやアプリ、社内ツール、および自社製品に必要な翻訳を数回のクリックで実行できるようになる。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
LinkedInがヘイトスピーチの削除に関するEUの行動規範に正式署名
ネットサービス
2021-06-28 02:03
マッチングアプリ「Omiai」が退会会員含め171万件の年齢確認書類への不正アクセス公表、運転免許証・健康保険証・パスポート・マイナンバーカード
セキュリティ
2021-05-22 15:09
Notion、「Notion AI」を正式リリース–ワークスペース上でのAI活用で業務効率化
IT関連
2023-02-25 12:24
NTTデータ、法人ビジネスを改組
IT関連
2023-03-29 08:03
「macOS」アプリサンドボックス回避の脆弱性、MSがパッチ適用を呼びかけ
IT関連
2022-07-16 22:14
4~6月決算好調で日本株はPERで割安に–外国人による先物を使った空中戦停止
IT関連
2021-08-16 23:59
「KubeVirt 1.0」正式リリース。Kubernetesで仮想マシンをノードとして利用可能に
Kubernetes
2023-07-14 19:05
コロナ禍でビジネスメール詐欺の被害急増–暗号通貨の利用も
IT関連
2022-05-07 23:09
朝日生命、コールセンターで「bellFace」を正式導入–正確な情報確認を実感
IT関連
2022-12-28 21:37
ウイングアーク1st、「物流の2024年問題」で商工中金などと連携–運輸業向け支援基盤を提供
IT関連
2023-04-15 21:01
文章からプログラムを自動生成する「OpenAI Codex」β版APIが公開 「GitHub Copilot」のエンジン
ロボット・AI
2021-08-12 05:07
LINEがリモート占いサービス コロナ禍で急増の“占い需要”に対応
企業・業界動向
2021-04-13 09:13
ポケモンGOに「かりゆしピカチュウ」登場 7月から沖縄限定で 色違い「サニーゴ」も
くらテク
2021-06-22 01:43
DXを成功へと導く秘訣–6人のリーダーが示す戦略策定のヒント
IT関連
2022-08-27 04:24