富士通、等々力陸上競技場を「Uvanceとどろきスタジアム by Fujitsu」に–街づくりを推進

今回は「富士通、等々力陸上競技場を「Uvanceとどろきスタジアム by Fujitsu」に–街づくりを推進」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 富士通は1月23日、「等々力陸上競技場」(神奈川県川崎市)のネーミングライツ(命名権)を取得したと発表した。富士通が1月23日に発表した。この契約により、2024年2月1日~2029年3月31日の間、同競技場の愛称は「Uvanceとどろきスタジアム by Fujitsu」となる。

 等々力陸上競技場は、川崎フロンターレのホームスタジアムであり、富士通の技術の中核拠点である川崎工場(川崎市中原区)に近接する等々力緑地内に立地している。同社は、2014年に締結した川崎市との包括協定のもと、街づくりのパートナーとして、以前から川崎市における地域活性化や社会課題解決を推進している。富士通を含む9社の共同出資で設立された川崎とどろきパークは2023年4月から、「等々力緑地再編整備・運営等事業」の事業者として、緑地の運営・維持管理業務などを行っている。

 富士通は今後も、川崎市や川崎とどろきパークなどと連携しながら、同競技場を中心とする周辺エリア一帯で、にぎわいのある街づくりに取り組むとしている。また、最先端のテクノロジーとイノベーションの創出拠点として、2024年4月から川崎工場の名称を「Fujitsu Technology Park」に変更し、各種行政機関や等々力緑地の再編整備や運営とも連携するという。同社は、サステナブルな世界の実現を目指す「Fujitsu Uvance」のもと、地域住民や来場者の豊かな暮らしやウェルビーイング向上の実現に貢献すると説明する。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ウクライナ侵攻で露呈–衛星など狙うサイバー攻撃が招く大混乱の可能性
IT関連
2022-07-10 19:56
大阪市とパナソニック コネクトが協定締結–画像解析技術を用いた都市DX推進
IT関連
2022-12-18 08:26
MySQL Heatwaveで大規模オンラインゲームのプレイやアイテム利用など大量データの毎時分析を実現。想定より60倍もの高性能[PR]
MySQL
2022-04-13 23:24
アウディの全電動クロスオーバーQ4 e-tronはダイナミックARディスプレイを搭載
モビリティ
2021-03-11 01:13
NTTデータグループ、Celonisでヘルプデスク問い合わせを年4600時間以上削減へ
IT関連
2024-03-14 10:15
今週の記事ランキング(2021.4.25〜4.29)
IT関連
2021-05-01 17:08
Twitterの音声ソーシャルネットワーク機能「Spaces」がClubhouseより先にAndroidで利用可能に
ネットサービス
2021-03-04 17:38
大塚商会が中長期の経営方針を発表–約20年ぶり数値目標を提示
IT関連
2023-07-26 06:50
欧州企業2社が二酸化炭素隔離のための直接空気回収サービスへ道を開く
EnviroTech
2021-03-11 19:07
GUIでDockerコンテナのビルドやPodsのKubernetesへの展開を可能にする「Podman Desktop」が登場。新たなDocker Desktop対抗となるか
Docker
2022-11-15 03:56
ダイキン工業、温暖化対策で空調冷媒の管理にブロックチェーンを適用
IT関連
2022-06-25 13:16
Ubuntuベースの「Linux」でフォルダーの色を変更するには
IT関連
2022-12-23 22:06
多様な現場で活躍する、パナソニック コネクトの顔認証技術
IT関連
2023-07-05 13:52
倉敷市と松山市、自治体システム標準仕様対応の住民情報システムをガバメントクラウド上で稼働
IT関連
2023-03-18 18:02