AIは開発者とビジネスユーザーのコラボレーションを加速する

今回は「AIは開発者とビジネスユーザーのコラボレーションを加速する」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 複雑な人工知能(AI)アプリケーションを開発するときに、仕事を円滑に進め、軌道から外れないようにするためにはどうすればいいだろうか。その答えは、AIを使うことだ。

 今のソフトウェア開発者は積極的にAIツールを使っており、同時にAIシステムを構築する立場になることも多い。Stack Overflowが数カ月前に開発者9万人を対象として実施した調査では、回答者の70%が開発プロセスでAIツールをすでに使用しているか、今後使用する予定であることが明らかになった。

 また開発者の多くはAIアプリケーションの開発に携わっている。IBMがITプロフェッショナル8584人を対象として実施した調査では、企業の42%がAIアプリケーションを積極的に導入しており、さらに40%が試験的に導入または実験中であると回答していた。

 つまりAIは、AIアプリケーションを構築するための重要なツールになりつつあるということだ。生成AI、「GitHub Copilot」、「AgentGPT」、「Azure Machine Learning Studio」などのツールは、コード生成からテストに至るまで、開発者がやっている仕事の多くの面をカバーしている。

 ではこれらのツールは、ソフトウェアライフサイクルのワークフローやコラボレーション、管理にどう使われているのだろうか。実のところAIは、人々の距離を縮め、同調させ、自動化によって生産性を高める手段として広がっている。またこのテクノロジーは、開発者、運用者、チーム、経営陣、ビジネスユーザーに進捗状況を理解する手段を提供する。

 別の言い方をすれば、AIを作るためにコラボレーションが必要になっており、コラボレーションのためにAIを使っているわけだ。

 Deloitte AI Instituteのグローバル責任者を務めるBeena Ammanath氏によれば、AIはさまざまな形でコラボレーションを支えている。例えばDevOpsの観点では、AIが「タスクの自動化や、リアルタイムでの問題検知の実現、共通の指標の利用促進によって、DevOpsのプロセスにおける開発者と運用チームの連携を後押ししている」という。

 Ammanath氏は、AIの利用が拡大すれば、DevOpやアジャイルの手法に変化が起き、さらに強化されると述べた。同氏は、「AIはタスクを自動化し、データに基づいた意思決定を促進し、開発チームと運用チームの連携を改善する」と説明している。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「シン・エヴァ」1週間で興収33億円突破 「初日の勢いそのままの大ヒット」
くらテク
2021-03-16 01:48
LIGHTzら、AIを活用した熟達者知見の伝承プロジェクトを開始
IT関連
2023-03-08 12:29
日本の宇宙企業ispaceの月着陸船がカナダ宇宙庁とJAXAからペイロード輸送を受託
宇宙
2021-05-29 09:38
5年前にパッチが公開された「Microsoft Office」の脆弱性2件、悪用止まらず
IT関連
2022-08-14 08:07
時代は“脱ハンコ”へ コロナ禍で進む「電子契約/電子署名」の将来 慶応大の手塚教授に聞く
PR
2021-08-18 02:09
Snapが4年ぶりに最高の四半期を迎えた
ネットサービス
2021-07-25 16:39
事業会社の84%にIT人材の評価基準なし–IPA調査
IT関連
2023-04-26 01:47
「AIは共同クリエイター、ビジネスパートナー」–AIは未来のクリエイティビティーを握る鍵
IT関連
2022-08-19 23:20
「Oracle CloudWorld 2022」閉幕–日本オラクル・三澤社長は何を思う
IT関連
2022-10-26 16:41
デザイン思考を養う“デジタルの遊び場”を生かす、中堅SIリンクレアの取り組み
IT関連
2022-10-29 14:04
「Apache Log4j」の脆弱性、発覚から数時間で悪用される–Mandiant報告
IT関連
2022-03-12 23:15
【コラム】オープンバンキングが普及し、フィンテックと中小企業の蜜月が始まる
フィンテック
2021-08-11 10:48
LIXIL、カスタマーサポートツールとして検索型FAQシステムを導入
IT関連
2023-01-12 11:00
IIJ、IT人材育成プログラムの受講生募集–「仕組みと原理」の理解図る
IT関連
2023-01-18 19:52