NTT Com、3Dモデルを手軽にXR空間に投影できるサービスを提供開始

今回は「NTT Com、3Dモデルを手軽にXR空間に投影できるサービスを提供開始」についてご紹介します。

関連ワード (製造 x IT等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は3月28日、XR(クロスリアリティー)技術を活用したサービス「NTT XR Collaboration」の提供を開始する。XR技術とは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR (複合現実)などの総称になる。

 同サービスにより、3Dモデルを手軽にXR空間に投影しながら会議を行える。3次元(3D)のコンピューター支援設計(CAD)やビルディングインフォメーションモデリング(BIM)データをXR空間に3Dモデルとして投影することで、会議の参加者それぞれが自由な視点からモデルを確認できる。

 NTT Comでは、同サービスについて、製造業や建築業において、3D設計プロセスの改善や保守作業などのトレーニング、顧客への提案活動などをリモート利用しながら実施できるとしている。

 同サービスは現場で実際に利用されている多様な3Dデータフォーマットに対応している。またヘッドマウントディスプレイ(HMD)だけでなくウェブブラウザーなど、ツールを選ばずに手軽にXR会議空間に接続できる。さらに3D部品の取り外しやモデル断面の確認、特定箇所のマーキング、寸法計測など、多種多様な機能があり、参加者の操作をリアルタイムかつ相互に反映可能だ。

 同サービスでは、図面やイメージ画像ではなく、XR空間に実寸大モデルが3D表示される。これにより直観的にイメージが伝わり、コミュニケーションの円滑化に貢献する。またプロトタイピングやモックアップの作成が、3DCADやBIMデータを基にXR空間で完結できるため、設計サイクルの高速化につながる。加えて、モデルを実寸大で投影できるため、設計初期から組み立て性やメンテナンス性といった観点を検証できる。さらに、組み立てやメンテナンスのトレーニングをリモートでシミュレーションできる。これにより現地調整の煩雑さや熟練者のリソース不足を解消し、より手軽にトレーニングを実施できる。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
5Gがもたらす可能性–大きな変化が予想される4分野
IT関連
2022-03-10 00:49
「Microsoft Teams」、「iOS」「Android」版にチャットバブル–6月の新機能
IT関連
2022-07-07 12:22
パスワード管理「LastPass」の無料版、3月にスマホかデスクトップかの選択必須に
アプリ・Web
2021-02-18 16:23
グーグル、新たな量子コンピューター研究拠点「Quantum AI」キャンパス披露
IT関連
2021-05-20 05:40
部屋の模様替えのデザイン検討や家具の購入もできるプラットフォーム「The Landing」
ネットサービス
2021-02-27 12:52
「Apple IDのセキュリティキー」とは–「iOS 16.3」で利用可能になったアカウント保護策
IT関連
2023-02-02 02:08
長引くテレワーク、オフィス復帰には“出勤練習”が必要に?
IT関連
2021-07-03 19:18
「iOS 16」の便利な機能5選
IT関連
2022-10-23 13:31
ファイア・アイ、「FireEye」製品部門を売却へ–約1300億円で
IT関連
2021-06-03 05:28
中小企業のセキュリティ投資、最多は「100万円未満」–IPA調査
IT関連
2022-04-02 02:53
遅くとも2年以内には国内シェアもトップに–ヴィーム・ソフトウェア
IT関連
2024-02-10 03:54
ServiceNowが考えるハイパーオートメーション–人を中心として課題を解決
IT関連
2022-10-27 15:38
トイレ個室のディスプレイに利用時間、スマホで混雑状況の確認も 西武「メットライフドーム」で26日から
くらテク
2021-03-16 22:23
Google、コンテナネイティブなKubernetes向け「Cloud DNS」発表。マルチリージョン、クロスクラスタのサービスディスカバリも実現
Google
2021-06-17 11:58