Google、超高速に評価可能でポータブルな式言語「Common Expression Language」(CEL)発表

今回は「Google、超高速に評価可能でポータブルな式言語「Common Expression Language」(CEL)発表」についてご紹介します。

関連ワード (実現、超高速、開発等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Googleは、超高速に評価できて移植性が高い、安全に実行できる式言語「Common Expression Language」(CEL)を発表しました。

fig

式言語とは一般に、プログラミング言語の一部やネットワークなどの構成ファイル、テンプレートファイルなどの中で、簡易な式やロジック、ポリシーなどを記述する際に使われる言語のことです。

こうした用途では、さまざまなプラットフォームに対応する移植性、起動時やプログラムの実行中に評価されることがあることから高速に評価が完了すること、安全に評価が実行できること、用途に応じて拡張しやすいこと、などが求められます。

CELは超高速に評価、ポータブル、サブセットサポート

CELは正にこうした要件に対応した式言語となっており、Googleは次のような特徴があるとしています。

  • ナノ秒からマイクロ秒程度の高速な評価に最適化されている
  • C++、Java、Goでサポートされるスタックによるポータブル性
  • 何千もの適合性テストにより、スタック間での一貫した動作を保証
  • 言語の拡張とサブセットをサポート

AWSは2023年に似たような用途のためにポリシー言語「Cedar」をオープンソースで公開しています。

参考:AWS、アプリケーション内できめ細かなアクセス制御を実現するポリシー言語「Cedar」と認可エンジンをオープンソースで公開

GoogleはCedarと比較してCELが上記の4つの特徴を備えている上に、ポリシーの記述だけではなく、より広範な用途に使えることが大きな違いだとしています。

4値論理、SQLへの変換可能

またCELは真(True)、偽(False)、エラー(Error)、不明(Unknown)の4値論理を備えていること、SQLにシームレスに変換できることも特徴と説明されています。

特に大量のデータに対してCELを適用する場合、1つ1つのデータにCELを評価するよりも、データベースにSQLクエリを投げて処理する方が高速になるケースが考えられるとして、SQLへの変換可能性は高性能な式言語の設計における重要な要素だったとのことです。

GoogleはCELをレイテンシが重要でポータブルなロジックを記述するための最高のビルディングブロックにするために今後も開発を続けていくとしています。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ローコード/ノーコード開発はむしろIT部門のスタッフに大きなメリット
IT関連
2023-08-22 02:04
常に取り組むべきサイバーセキュリティ啓発、気を付けるポイントは?
IT関連
2022-10-21 19:09
NTT Com、「tsuzumi」を採用した新サービスを発表
IT関連
2024-03-27 19:56
「Raspberry Pi」に無停電電源装置(UPS)を接続するには
IT関連
2023-05-07 03:34
ソフトバンク、“ゼロトラストセキュリティ入門セット”提供へ 最短1カ月で導入
セキュリティ
2021-01-29 10:39
セールスフォースのAI倫理担当が語る、AI製品を取り巻く倫理問題
IT関連
2022-07-12 06:02
今あらためて見直したいサイバーセキュリティ向上策–防御力を高める10の施策
IT関連
2022-03-02 07:15
ファーウェイ、「サイバーセキュリティフレームワーク」公開–セキュリティ新拠点開設も
IT関連
2021-06-15 15:19
「快進撃を続けている」–ピュア・ストレージが2022年の事業総括と2023年の業界展望
IT関連
2022-12-13 10:50
Next.js 14.2正式リリース、webpack後継ビルドツールのTurbopackがリリース候補版に
JavaScript
2024-04-18 00:57
Coltテクノロジーサービス、商用環境で国内初の600Gbps波長多重伝送に成功
IT関連
2021-03-27 02:47
「シン・エヴァ」関係者への脅迫に「強く抗議」 カラー「海外でも通報する」
くらテク
2021-05-15 11:22
「バイトル」運営のディップが“攻めの営業”をアプリで実現 DXを後押ししたJMASの支援サービスを知る
PR
2021-03-31 14:29
暗号資産企業Circle、SPACとの取引見直しで評価額が2倍の約1兆350億円に
IT関連
2022-02-20 22:35