Bored ApesのNFTプロジェクトに公式の「ApeCoin」トークンができた

今回は「Bored ApesのNFTプロジェクトに公式の「ApeCoin」トークンができた」についてご紹介します。

関連ワード (ビッグ、民主化、規制遵守等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


最速成長中の暗号資産スタートアップ界にあっても、Yuga Labs(ユガ・ラブズ)は特別に爆発的な一年を過ごした。

NFT(非代替性トークン)プロジェクト、Bored Apes Yacht Club(BAYC、ボアード・エイプス・ヨット・クラブ)を運営する同スタートアップは、2021年4月にスタートしたばかりながら、たちまちのうちに時価総額で最大価値のNFTプロジェクトになった。現在ある1万枚の画像の最も安いものでも、暗号資産のEthereum(イーサリアム)で24万ドル(約285万円)相当の価値がある。同社は評価額50億ドル(約5942億円)で銀行から資金調達する計画だと報じられているが(広報担当者は金額についてのコメントを拒んだ)、Yuga Labsは将来を見据えて、大きな話題となったApeCoin(エイプコイン)をベースにしたPay-to Earn(P2E、遊んで稼ぐ)ゲームのために新たな提携を結ぶことを明らかにした。

数百万ドル(数億円)のサルの画像やMonkey Moneyは、将来シリコンバレーVCの注目を一手に引き受けるものにはなりそうもないが、Yuga Labsは、新しいゲームとトークンが、自分たちの知的財産に基づく主要な暗号経済のきっかけになることを期待している。そしてYugaは先週、Larva labs(ラーバ・ラブズ)から資産を買収した結果、高い評価のCryptoPunks(クリプトパンク)やMeebits(ミービッツ)などを獲得して、自社のNFTコレクションをさらに拡充した。

関連記事:Yuga LabsがCryptoPunksのNFTコレクションの権利をクリエイターLarva Labsから取得

このエコノミーを立ち上げるためには、規制遵守を確実にするための特別な法的工作が必要だ。SEC(証券取引委員会)は、NFTプロジェクトとは概して距離をおいているが(ただしまったくというわけではない)、無記名証券のように振る舞うトークンを売っている暗号スタートアップ各社は、以前から取り締まり対策に余念がない。

そういうわけでYuga Labsは非常に注意深く、公にはトークンの公開から自らを切り離している。代わりにトークンは、このNFTプロジェクトとつながりのある諮問委員会メンバーからなる、ApeCoin DAO(エイプコイン・ディー・エー・オー)と呼ばれる組織が発行するが、メンバーの中にはYuga Labsの社員も役員いない。APE Foundation(APEファウンデーション)と呼ばれる組織も作られ、ApeCoin DAOの決定事項を監視する。さらに、DAOはBAYCプロジェクトの公式ブランディングも扱う。これはYuga Labsが、Boared Apesの青いロゴの1/1(One of One) NFTという形で「gifting(贈呈)」するものだ。

ここまで読んでややこしいなと思った人へ、2022年の暗号資産の世界へようこそ。

ApeCoin DAO諮問委員会のメンバーには、Reddit(レディット)共同創業者のAlexis Ohanian(アレクシス・オハニアン)氏、FTXのAmy Wu(エィー・ウー)氏、Sound Ventures(サウンド・ベンチャーズ)のMaaria Bajwa(マーリア・バジュワ)氏、Animoca(アニモカ)のYat Siu(ヤット・スー)氏、Horizen Labs(ホライズン・ラブズ)のDean Steinbeck(ディーン・スタインベック)氏らがいる。

トークン所有者は、DAOの決議に投票することが可能で、委員会が「コミュニティの決定を実行する」と広報担当者はいう。Yugaは公式にはEthereumベースのトークンを発行しないが、同社およびBAYCプロジェクトの設立メンバーは、同トークンの総供給高の1/4近くの所有者となり、Bored ApesとMutant ApesのNFT所有者は、合わせてトークン総割当高の15%を受け取る

Yuga Labsの広報担当者は、Apeトークンが、Coinbase(コインベース)、FTX、eToro(イートロ)、Kraken(クレークン)、OKX、Gemini(ジェミニ)、Binance(バイナンス)およびBinance USを含む主要交換所で「近々」取引が開始されるという。Yugaの幹部は誰1人としてインタビューに応じることがなく、会社はApeCoin DAOとYuga Labsの関係についてそれ以上の詳細を明らかにすることも拒んだ。

10億APEコインの割当状況の詳細は以下の通りだ。

画像クレジット:BAYC

このトークンが実際、何をするのかについて全貌はまだ明らかではないが、ApeCoinがYuga Labsが開発中のタイトルでゲーム通貨として使われることはわかっている。タイトルには、サンフランシスコ拠点のゲームスタジオ、nWay(エンウェイ)と共同開発している未発表タイトルも含まれる。nWayは、Power Rangers(パワーレンジャーズ)、WWEなどの会社から知的財産をライセンスして、バトルゲームをいくつか公開している。

名前のないそのタイトルは、play-to earnと呼ばれる暗号ゲーム機構を活用すると見られ、ユーザーはタイトルをプレイするために注ぎ込んだ時間と努力に応じてトークンを獲得する。この仕組みは、「Axie Infinity」というゲームが普及にひと役買っていて、同ゲームでは2021年数十億ドル(数千億円)の取引があり、親会社のSky Mavis(スカイ・メイビス)が30億ドル(約3563億円)の評価額で資金調達することにつながった。

新タイトルは2022年中に公開される、とYuga Labsはいう。

このタイトルが、2021年末発表されたAnimoca Brands(アニモカ・ブランズ)と共同提供されるplay-to-earn型ゲームタイトルに加えてリリースされるというのは興味深い。同社はさらに、Animocaの既存タイトル「Benji Bananas」でもApeCoinを利用できるようにすると話した。

The Block(ザ・ブロック)の記事によると、同社は別にMetaRPGというゲームタイトルも計画していて、いくつかのNFTプロジェクトと互換性があるという。さらには2022年中にバーチャル土地の販売にも手を広げる計画があり、これらの取り組みによって2022年の純売上は4億5500万ドル(約540億円)に達すると同社は予測している。

NFTは2021年に爆発的ヒットとなり、すでに主要テック企業からの支持も取り付けている。Twitter(ツイッター)はNFTプロフィール写真の限定的サポートを開始し、Facebook(フェイスブック)は最近Instagram(インスタグラム)にNFTを組み込む計画を表明し、Stripe(ストライプ)はNFTのための暗号サポートを開始した。

関連記事:マーク・ザッカーバーグ氏、InstagramにNFTを近々導入すると発言

NFTは、消費者の強固な反発も招いており、特にゲーマーの間では、NFTが実際にはゲームのオーナーシップを民主化することはなく、むしろマイクロトランザクション(少額取引)を加速することを恐れている。他に、NFTの発行にともなうブロックチェーン操作のエネルギー依存の高さから、環境への影響を懸念する人たちもいる。

Yugaのゲーミング業界への参入が、BAYCブランドの成長戦略の一大要素であることは間違いないが、ブロックチェーンゲームは未だに明らかなニッチであり、同社はこれを拡大することを望んでいる。

「Bored Ape Yacht Clubがどこまで大きくなるのかわかりませんが、それは私が大きくなると思っていないという意味ではありません。むしろ私は、できるなら、Yugaがビッグになることで私たちがユニークで特別なものをたくさん作れるようになり、より大きなコミュニティにさまざまな形で話ができるようになることを願っています」ととYugaのCEOであるNicole Muniz(ニコール・ムニス)は、2022年2月に行われたD3 Networkのインタビューで語っている。

画像クレジット:BAYC


【原文】

Even among the fastest-growing crypto startups, Yuga Labs has had a particularly explosive year.

The startup is behind the NFT project Bored Apes Yacht Club (BAYC), which only launched in April of last year but has quickly grown to become the most valuable NFT project by market cap. The price of admission to purchase the cheapest of the 10,000 images currently sits at around $240,000 worth of the Ethereum cryptocurrency. As the startup reportedly looks to bank funding at a $5 billion valuation (a spokesperson for the company declined to comment on that figure), Yuga Labs is looking toward the future, detailing a new partnership for a play-to-earn gaming title built around a much-hyped token called ApeCoin.

Multimillion dollar monkey pictures and monkey money are likely not the future you were expecting to capture the undivided attention of Silicon Valley VCs, but Yuga Labs hopes that the new game and token will inspire a mainstream crypto economy built around their their IP, which further expanded last week to include the highly valued CryptoPunks and Meebits NFT collections after Yuga acquired the assets from Larva Labs.

Building up this economy will require some very particular legal maneuverings to ensure regulatory compliance. The SEC has largely been keeping its distance from NFT projects — though not entirely — but crypto startups selling tokens that act as unregistered securities has been an area where they’ve been more vigilant in cracking down.

As a result, Yuga Labs is being very careful to isolate itself publicly from the token’s launch, which will instead be released by an entity called ApeCoin DAO made up of council members that are connected to the NFT project, but none of which are employees or executives at Yuga Labs. An organization called the APE Foundation will also be formed to administer the decisions of the ApeCoin DAO. Furthermore, the DAO will carry official branding of the BAYC project, which Yuga Labs is “gifting” to it by way of a 1/1 NFT of a blue Bored Apes logo.

If this all sounds a little convoluted, welcome to crypto in 2022.

ApeCoin DAO’s council members include Reddit co-founder Alexis Ohanian, FTX’s Amy Wu, Sound Ventures’ Maaria Bajwa, Animoca’s Yat Siu and Horizen Labs’ Dean Steinbeck.

Token holders will be able to vote on decisions in the DAO, while the special council “will carry out the decisions of the community,” a spokesperson says. Though Yuga won’t officially be launching the Ethereum-based token, the startup and the BAYC project founders will be the owners of nearly a quarter of the total token supply while owners of Bored Apes and Mutant Apes NFTs will collectively receive 15% of the total token allocation.

A spokesperson for Yuga Labs notes that they expect the Ape token to begin trading “soon” on major exchanges including Coinbase, FTX, eToro, Kraken, OKX, Gemini, FTX, Binance and Binance US. The startup did not make any executives available for interview and declined to offer further details on the relationship between the ApeCoin DAO and Yuga Labs.

The full breakdown of the token allocation of 1 billion APE coins is as follows:

Image Credits: BAYC

In terms of what the token will actually do, the full scope is currently unclear, but it is apparent that ApeCoin will be used as in-game currency for some titles that Yuga Labs has in the works, including a previously unannounced title being developed with San Francisco-based game studio nWay. The developer has previously published a number of battle games licensing IP from entities including Power Rangers and the WWE.

That unnamed title will utilize a crypto gaming mechanic called play-to-earn that enables users to earn tokens based on the amount of time and effort they put into playing the title. The mechanic was partially popularized in the game Axie Infinity, which has done several billion dollars in transactions over the past year and led its parent company Sky Mavis to raise at a $3 billion valuation.

Yuga Labs says that the new title will be released this year.

This title will interestingly be in addition to a previously announced play-to-earn gaming title that will be released in partnership with Animoca Brands. The company also notes that ApeCoin will have utility in an existing Animoca title called Benji Bananas.

A report in The Block yesterday detailed that the company is also planning a separate gaming title called MetaRPG, which will be compatible with a number of NFT projects, and further plans to branch into virtual land sales this year, efforts which Yuga estimates will push the company to a projected $455 million in net revenue this year. Yuga Labs declined to comment on the report.

NFTs have had a blockbuster year and are already finding support from major tech companies. Twitter has launched limited support for NFT profile pictures, Facebook has recently indicated plans to integrate NFTs into Instagram and Stripe just launched crypto support for NFTs.

NFTs have also inspired a spirited backlash among consumers, particularly gamers, who worry that NFTs won’t actually democratize ownership of games and will instead supercharge micro-transactions. Others have expressed concerns around the environmental effects of minting NFTs on energy-intensive blockchains.

Yuga’s foray into gaming is clearly a major element of its growth plans for the BAYC brand, but blockchain gaming is still a decidedly niche affair and one it hopes to open up.

“I don’t know how big Bored Ape Yacht Club can be, that’s not to say that I don’t imagine it to be big, but I think — I hope — Yuga will be big and that we will be able to create lots of things that are unique and special and speak to the greater community in different ways,” Yuga CEO Nicole Muniz said in an interview last month with the D3 Network.

(文:Lucas Matney、翻訳:Nob Takahashi / facebook )

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
フォルクスワーゲンがファーウェイの自動運転部門を買収する方向で交渉中との報道
IT関連
2022-02-20 06:52
着られる柔軟なスカートを3Dプリンタで印刷 MIT「DefeXtiles」開発 :Innovative Tech(1/3 ページ)
イラスト・デザイン
2021-02-04 13:31
アプリ開発プラットフォームのヤプリが新人事制度「lily制度」開始、働き方支援制度を拡充・妊活・不妊治療費の補助も
IT関連
2022-02-01 02:27
終活スタートアップLanternはより良い死に方についての話し合いに火を灯す
ネットサービス
2021-01-14 09:39
【レビュー】iPhone SE(第3世代)「Touch IDよ永遠に、Face IDよ無縁に」
IT関連
2022-03-11 05:23
PS3とVita向けのPS Storeは「継続」 ジム・ライアン社長が発表
くらテク
2021-04-21 03:58
Netflix、不正なパスワード共有を取り締まるテスト開始
アプリ・Web
2021-03-13 14:37
Lordstown Motorsが電動ピックアップトラックの生産見通しを大幅に下方修正、それでもさらに現金が必要か
モビリティ
2021-06-08 16:13
電気自動車のサウンドデザインをAIを駆使して行うPentagramのスズキユウリ氏
モビリティ
2021-06-05 13:30
「github」のスペルが間違っていることを伝える「guthib.com」というサイトがある :明日から使えるITトリビア
企業・業界動向
2021-07-08 07:08
シスコ、IoTセンサーやWi-Fi 6E APなどMeraki新製品を発表
IT関連
2022-04-14 17:24
価格約1万1000円、Raspberry Piで簡単に3Dポイントクラウドが作れる3Dセンシングシステム「ILT開発キット」発表
ハードウェア
2021-07-16 10:05
コロナ禍は「“ニューノーマル”に向けて新たな社会を創るチャンス」–シスコ中川新社長
IT関連
2021-02-25 19:30
アップル、WWDCを6月7日からオンラインで開催へ
IT関連
2021-03-31 04:23