日立、医薬品製造時のデータ完全性を保つプラットフォームを提供

今回は「日立、医薬品製造時のデータ完全性を保つプラットフォームを提供」についてご紹介します。

関連ワード (製造 x IT等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 日立産業制御ソリューションズは4月24日、医薬品製造における製造実績のペーパーレス化やデータの完全性を担保し、データ管理工数を低減するデータインテグリティープラットフォーム「DI-PF」の提供を開始した。制御系システム(OT)領域の多様な設備データを人手を介さず統合することで、ワンストップソリューションとして工場DXを支援する。

 新ソリューションの開発背景としては、医薬品製造における品質保証や信頼性の向上要求、記録管理媒体のデジタル化、データインテグリティーの順守要求の高まりなどがある。データインテグリティーの順守がより求められる背景には、「不適切なデータの管理」や「ガイドライン発令と法規制化」、インダストリー4.0に代表される世界的な産業分野向けIoT(IIoT)化、DX化の進行が挙げられる。

 日立製作所と日立産業制御ソリューションズは、医薬品の安全性と高品質を支えることを中心に、医薬品製造向けビジネスを推進してきた。また、日立製作所は医薬品製造工場のIIoT化とDX化を推進するために、DI-PFの導入を見据えた工場全体の構想策定コンサルティングサービスも提供している。

 DI-PFは、工場DX推進を支援する新たなプラットフォームとなる。設備側のデータを人間の手を介さず自動的に取得し一元管理することで、医薬品製造現場の課題を解決する。単一設備だけでなく、製造ライン全体に対しての導入も可能であり、多様な設備との連携も可能。設備からDI-PFへ操作を移すことで操作記録と権限管理も可能となり、誰が・いつ・どのように操作したかの操作履歴も取得できる。データの完全性を実現するのに必須となるユーザー認証機能や権限統合管理機能、監査証跡機能なども備えている。

 今後は、OT領域との連携を図り、製造ラインにおける各システムとのシームレスな連携を図っていく。これにより、医薬品業界における工場DXを支援し、医薬品業界の品質・信頼性向上に貢献するとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
登録者数200万人超、最大12名のグループ通話を楽しめる音声SNS「Yay!」が5.5億円調達
ネットサービス
2021-02-13 14:48
Zoomアドオンのオンライン教育ソリューションを開発するClassが約31.7億円を調達
EdTech
2021-02-07 20:34
「LINE対面占い」開始 占い師とビデオ通話で「密を避けられる」
ネットトピック
2021-06-11 11:12
「Linux 6.3」がリリース–より安全、高速に
IT関連
2023-04-27 09:21
NEC、IOWNの新たな世界を「体験・共創」する場を我孫子事業場に開設
IT関連
2023-04-13 08:19
日本発スタートアップがAWSを選んだ理由
IT関連
2021-05-18 22:07
事業拡大への次なる一手は何か–Boxのアーロン・レヴィCEOに聞いてみた
IT関連
2023-08-27 17:38
企業のIT投資の重要性はこれまでにないレベルで高まる–NRI調査
IT関連
2023-11-30 15:34
インテック、EDI2024年問題を解決する「閉域モバイルサービス」を提供開始
IT関連
2021-08-06 22:05
稼げるセキュリティ資格–初心者や初級者に有効な資格とは
IT関連
2023-11-14 00:43
大成建設と富士通、建設現場のDXを加速する「作業所ダッシュボード」を開発
IT関連
2023-08-03 13:59
Netflixが「動画+電力」のセットプラン提供 東北電力の子会社とタッグ
企業・業界動向
2021-08-21 17:35
DRP創薬を手がける産総研技術移転ベンチャーVeneno Technologiesが2億円のシード調達
IT関連
2022-01-27 23:05
LayerX、Android版「バクラク申請・経費精算」を提供開始
IT関連
2022-09-08 19:19