富士通の福田CIOが語ったServiceNowとの戦略的提携と社内の成果

今回は「富士通の福田CIOが語ったServiceNowとの戦略的提携と社内の成果」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 富士通は、5月にServiceNowが米国ラスベガスで開催した年次イベント「Knowledge 2024」で、ServiceNowとの戦略的提携を発表した。ServiceNowの顧客でもある富士通は、自社の経験とノウハウを生かして、同社の顧客へ導入支援をするほか、共同ソリューションの開発も行うという幅広いものだ。両社の提携は米国で発表され、日本では大手の富士通だが、グローバルでは競争環境が異なる。ServiceNowとの提携はグローバル強化の意味合いもあるようだ。

 イベントのセッションで講演した富士通 執行役員常務 最高情報責任者(CIO) 兼 最高デジタルトランスフォーメーション責任者(CDXO)補佐の福田譲氏は、富士通社内におけるServiceNowの利用について世界中から集まった来場者に説明した。

 富士通は、DXプロジェクトの「フジトラ」の一部として、ServiceNowを導入している。福田氏は、社会課題解決のための事業モデルである「Fujitsu Uvance」の文脈からこう話した。

 「Uvanceは、国ごと、地域ごとに提供するのではなく、グローバルなビジネスモデルを持つ。そのためにはマネジメント、ビジネスの運用をグローバルなオペレーションモデルにする必要があった」

 具体的には、1つのビジネスプロセス、1つのERP、1つのCRM、1つのHR、1つのサポートプラットフォームにするというもので、福田氏は「One Fujitsu」プログラムと紹介する。「これはITプロジェクトではなく企業変革の経営プロジェクトだ」(福田氏)

 ServiceNowは、ここで2つの役割を担うという。1つはITオペレーションのプラットフォーム、もう1つは単一のERP、CRMなどの上に重ねる統一のユーザー体験プラットフォームだ。

 このような取り組みは、富士通が進めるエンタープライズアーキテクチャー(EA)へのシフトの一環となる。地域ごとに異なるビジネスプロセス、業務アプリケーションが動く「サイロ状態」から、「One Fujitsu・One Data・One Infrastructure」へと統一化を進めるもので、データドリブン、セキュリティバイデザイン、クラウドファーストなどの特徴を実現する。

 ServiceNowについては、3年前から“プラットフォームのプラットフォーム”として導入を大規模に進めてきた結果、ServiceNowの社内ユーザーが9万人を超えたという。これらのユーザーが発行するITサービス管理(ITSM)とHRサービスデリバリー(HRSD)の合計のチケットは、年間25万6000件に達したという。同社内には、15以上のServiceNowプロジェクトがあるそうだ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ここまでできる日本語ディクテーション 「句読点自動認識」に「会話文書き起こし」、Microsoftの2つの「日本語認識」を試す (1/3 ページ)
くわしく
2021-04-09 21:45
ITリーダーの9割は業務部門のローコード開発ツール利用に肯定的
IT関連
2021-07-07 04:03
「IBM PC」を起点に考える「IT産業の変遷とこれから」
IT関連
2022-08-19 08:13
ポケモン映画のナンバーワン投票が始まる 上位5作品をYouTubeで一挙配信
くらテク
2021-01-28 23:50
国内テレワーク市場は2022年まで縮小–IDC予測
IT関連
2021-05-12 17:43
契約審査「LegalForce」、自動レビュー機能で和文「フランチャイズ契約」に対応
IT関連
2023-06-06 14:01
職場でのハラスメントと孤立感、不屈の精神について4人の女性エンジニアに聞く
パブリック / ダイバーシティ
2021-07-03 17:21
企業幹部が語る、データサイエンティストに求められる4つの条件
IT関連
2024-02-21 10:29
次のランサムウェアのターゲットは組み込み機器か?
IT関連
2022-01-24 14:57
ネットワン元社員2人逮捕 詐欺と背任で 被害は計6億超
IT関連
2021-06-09 10:24
パスワード管理「LastPass」の無料版、3月にスマホかデスクトップかの選択必須に
アプリ・Web
2021-02-18 16:23
日本ロジテム、統合人事システム「COMPANY」を導入–グループ全体の人事情報を管理
IT関連
2022-08-14 06:14
シスコ、過去最大の製品群を発表–セキュリティではSOC用生成AIも披露
IT関連
2023-06-09 11:58
Google、開発者向けの無料プログラム「Google Developer Program」開始。WebIDE「Project IDX」のワークスペースを5つまでなど特典が提供
Google
2024-06-05 10:40