NEC、新共通基盤「BluStellar」を発表–創業125年目に“第3.5の創業期”へ

今回は「NEC、新共通基盤「BluStellar」を発表–創業125年目に“第3.5の創業期”へ」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 NECは5月30日、新たな価値創造モデルと位置付ける「BluStellar(ブルーステラ)」を発表した。同社は、DXオファリングを迅速に提供するための共通基盤「NEC Digital Platform」を提供してきたが、BluStellarはこれを進化させながら新ブランドとして事業展開する。

 BluStellarは、イタリア語で「青い星」を意味し、同日の記者会見で取締役 代表執行役社長兼CEO(最高経営責任者)の森田隆之氏は、「お客さまの道しるべとして、光る星になるとの思いを込めて命名した。お客さまを未来に導く価値創造モデルになる」と説明したする。

 NECは、BluStellarを「新たな価値創造モデル」と定義しているように、これまでのNEC Digital Platformによる共通基盤の役割をさらに拡張した。森田氏は、「BluStellarのベースとなったNEC Digital Platformは共通基盤で、テクノロジーの集積というイメージが強い。進化をさせても、お客さまも社内もそのイメージを抜け切らない。NECが目指しているのは価値創造モデルの構築。上流コンサルティングから開発、デリバリー、運用、保守までがつながったプロセスでの価値提供が必要になる」とした。

 森田氏は、同社の提供価値がテクノロジーで終わることなくエンドツーエンドでつながることにあるとし、その徹底のために名称を変える必要があったとした。AIや顔認証、セキュリティなど鍵にNECの自生技術がそろい、他社と差別化できるパートナーリングが可能になり、「新ブランドのもとで継続的なビジネスを進め、お客さまや社内が価値創造モデルに集中できる環境が整う」と述べた。

 また、Corporate SEVP兼CDO(最高デジタル責任者)の吉崎敏文氏は、「BluStellarは、抽象的な概念やソリューションではない。NECが自らしてきた変革の実践を集大成したもの」と強調した。「過去5年間にわたり100以上のオファリングを用意し、1つのプラットフォームで展開できる共通基盤を構築し、フレームワーク化を進め、NEC自らの変革の経験からNECが自信を持って、何を提供できるのかを示す」と位置付けた。

 NECは2019年にDX専任組織を発足し、プラットフォーム構築とDXオファリングの提供を開始した。2020年に戦略コンサルティングのアプローチを開始し、2021年にはAmazon Web Services(AWS)やMicrosoftなどとのグローバルアライアンスを締結。2022年にNEC Digital Platformへ機能集約し、2023年にはコンサルティングから製品サービス、デリバリー、マーケティングまでのDX機能を一元化して、約3万4000人の「デジタルプラットフォームビジネスユニット」を設置した。「BluStellarは満を持して発表したもの」(吉崎氏)

 NECは、今回の発表に伴ってデジタルプラットフォームビジネスユニット内に、BluStellarに関する事業推進組織を約400人体制で新設し、DXを加速する製品やサービスを企画、開発するほか、市場に特化したDXを推進すべく、ビジネス部門ごとにBluStellarのアンバサダーを配置して、あらゆる領域の顧客に伴走し、変革推進を支援するという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
シチズン時計、ITアウトソーシングサービス導入でDX推進を強化
IT関連
2021-03-25 20:20
ヤマトの高齢者見守りサービス、全国展開へ IoT電球の利用状況で安否確認、月額980円から
企業・業界動向
2021-02-07 05:42
jQuery 4.0β版が登場。バージョン3.0から8年振りのメジャーバージョンアップへ。IE10以前のサポートは終了に
JavaScript
2024-02-13 00:40
連邦政府はSpaceXがNASAの月着陸船建造を受注したことに対するBlue OriginとDyneticsの異議を退ける
宇宙
2021-08-18 23:33
ハーバード大のプログラミング講座を日本語化 無料で学べる「CS50.jp」公開
ネットトピック
2021-05-14 09:36
「Slack AI」、日本語を含む多言語に対応–「Slack」全有料プランで提供
IT関連
2024-04-20 14:05
コンテナーの保護にVM関連技術を応用–「Rust」ベースの新ソリューション「Edera」
IT関連
2024-04-19 12:51
契約審査「LegalForce」、自動レビュー機能で和文「フランチャイズ契約」に対応
IT関連
2023-06-06 14:01
コロナ禍で小売業界におけるロボット導入が加速
IT関連
2021-05-03 21:22
Linuxシステムへの攻撃が急増–トレンドマイクロが警告
IT関連
2022-09-03 18:11
クラウドセキュリティを軽視しない–不十分な保護が招く多大なリスク
IT関連
2022-06-22 16:56
AWS、Java 18対応の独自Javaディストリビューション「Amazon Corretto 18」正式リリース
AWS
2022-03-24 15:54
DHLが2022年までにLocus Roboticsのユニットを2000台配備する計画を発表
ロボティクス
2021-06-04 12:16
東京五輪の映像配信に注意、テレビ局の偽サイト見つかる
IT関連
2021-07-20 19:12