伊藤園、営業系のデータ活用基盤を刷新–データドリブンな営業活動を推進

今回は「伊藤園、営業系のデータ活用基盤を刷新–データドリブンな営業活動を推進」についてご紹介します。

関連ワード (データマネジメント等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 伊藤園は、営業部門を中心に約5500人が利用するデータ活用基盤を「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」で刷新した。日本オラクルが5月30日に発表した。

 伊藤園グループは、2023年4月期からのDXの強化を掲げ、戦略的なIT投資を推進している。2000年代後半に「Oracle E-Business Suite」を導入し、それを基盤とするデータ活用基盤「見れる君」を運用してきたが、利用開始から長年経過していることから、アップデートが課題となっていた。

 同社ではまず、データベース基盤をクラウドに移行し、自律型の機能やコストメリットに優れたOracle Autonomous Data Warehouseを選定した。

 Oracle Autonomous Data Warehouseのオートスケーリング機能を利用することで、営業社員の利用状況に合わせた最適なリソース設定を自動的に無停止で実現し、余剰リソースの維持を不要にした。これにより、負荷の高い時間帯のパフォーマンスが安定し、夜間バッチの処理時間も半減した。利用者のピーク時でも最新のデータが確実に利用できるようになった。

 さらに、情報システム部門の運用負荷が軽減し、インフラの更改といった作業からも開放された。オートスケーリングにより、従来のインフラと比較して構築・運用コストも削減されている。

 また、汎用検索として利用していたツールのサポート終了に伴い、人工知能(AI)や機械学習の機能を備えたOracle Analytics Cloudを導入。2024年6月に新システムへの移行を完了させ、セルフサービス型のビジネスインテリジェンス(BI)環境を整備した。これによって従業員のデータ活用効率を向上させ、営業活動の生産性向上を支援する。

 一連のプロジェクトは、日本オラクルのコンサルティング部門の支援の下、伊藤忠テクノソリューションズが導入・移行を担当した。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Cohesity、異なるSLAに一元対応する自動ディザスターリカバリーを発表
IT関連
2021-01-26 18:14
DaaSを正しく理解する
IT関連
2022-07-21 21:55
「Linux 5.12 rc1に厄介なバグ」、トーバルズ氏が警告
IT関連
2021-03-10 19:02
プラスチック廃棄物を再資源化–アビームとリコーが循環型経済への移行促進プロジェクトを立ち上げ
IT関連
2023-12-07 12:08
「OneNote」の文書を添付したフィッシング攻撃が増加
IT関連
2023-02-07 23:16
AWS、「App Runner」を発表–大規模コンテナーの利用を容易に
IT関連
2021-05-20 11:48
Googleアカウントの2段階認証、まもなく自動で有効化へ
IT関連
2021-05-07 19:02
NTTドコモ、企業や団体の公式アカウントメールにチェックマークを表示
IT関連
2021-03-23 09:03
敷島製パン、営業活動の暗黙知をデータで可視化・分析–営業スタイルを改革へ
IT関連
2023-08-04 12:02
NTTコムウェアと日本IBM、データセンター運用高度化を実証–AI活用したソリューション連携で協業
IT関連
2024-02-09 06:06
fundbookがM&Aマッチング後の交渉プロセスを可視化する「fundbook cloud」機能の無料提供開始
ネットサービス
2021-07-09 05:06
東急建設、DX推進で工事概要システムなどにSaaS型ガイド機能を実装
IT関連
2022-08-11 08:16
東京海上日動システムズ、「New Relic」を導入–基幹システムの監視を高度化
IT関連
2023-09-27 12:35
「あつ森」でデータサイエンス解説 野村総研らが動画で公開 (1/2 ページ)
ロボット・AI
2021-08-06 19:48