Java採用企業はどう使用しているのか–New Relicがオブザーバビリティから分析

今回は「Java採用企業はどう使用しているのか–New Relicがオブザーバビリティから分析」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 New Relicは、同社のオブザーバビリティ(可観測性)で監視を行っているJavaの利用状況を分析した報告書の日本語最新版「2024年 Javaエコシステムの現状」を公開した。企業が採用しているバージョンや開発環境、稼働環境、データベースなどの現状を報告した。

 報告書は今回で4回目を数え、同社のオブザーバビリティで監視を行っている数十万のJavaアプリケーションに関するデータから、Javaエコシステムの実態を分析している。

 現在のJavaは、Oracleが半期ごとに最新バージョンをリリースしており、2024年6月上旬時点の最新バージョンは「Java 22」、企業利用が多い長期サポート(LTS)は「Java 21」となる。LTSについては、2023年9月に「Java 11」のサポート期限が2032年1月に延長され、その他のLTSの期限は「Java 17」が2029年9月、Java 21が2031年9月までとなっている。

 New Relicによると、Java 21はリリースから6カ月間での採用率が1.4%に達し、このペースはJava 17での0.37%を上回ることが分かった。また、Java 17の採用率は、2023年では約9%だったが、現時点では約35%に上昇しており、Java 11でのペースを大幅に上回る状況だという。

 開発環境の「Java Developer Kit」(JDK)では、Amazonの利用が2020年の2.2%から2023年には約31%に増加したものの、2024年は約18%に減少した。一方で、コミュニティーベースの「Eclipse Adoptium」の利用が2023年の約12%から2024年は約18%に上昇した。Oracleの利用は、首位だった2022年に約34%だったが、2023年では約29%、2024年では約21%に減少した。New Relicは、「コミュニティー管理のEclipse Adoptiumは、OracleやAmazonよりも頻繁に更新される傾向にある」と指摘している。

 メモリー管理コンポーネントのガベージコレクター(GC)については、Java 11以降で「Garbage-First」デフォルトになったことにより、現在はNew Relicユーザーの約43%が採用しているという。

 Javaアプリケーションが稼働する環境のCPUとメモリーの利用状況は、CPUでは論理プロセッサー数が1~4コアで最も多く、利用率が2023年の57.7%から2024年は68.0%に上昇した。「Java Virtual Machine」(JVM)のメモリー使用量では調査対象アプリケーションの約68%が1GB以上で、約32%は1GB以下だった。

 フレームワークやライブラリーの状況は、まずロギングでは「Log4j」が76%で最も多く、「JBoss Logging」(61%)や「Logback」(52%)が続く。また、Java開発者の83%が「SLF4j」を用いており、アプリケーション実装に影響することなく任意のロギングフレームワークに切り替えられる点が評価されているとする。

 また、Javaアプリケーションの41%で暗号化ライブラリーが使用され、「Bouncy Castle」(17%)や「Spring Security」(16%)、「Jasypt」(6%)が上位だった。なお、採用率が0.09%だった「Amazon Corretto Crypto Provider」は、ベンダー統合を検討する企業や開発者が増えており、近い将来に多くのJavaアプリケーションで使用される可能性が高いという。

 データベースの利用率では、「Oracle Database」が17%で最も多く、「PostgreSQL」(14%)や「MySQL」(13%)が続いた。Oracle Databaseは、拡張性と大量データの効率的な管理、充実した企業向けサポートが好まれているといい、PostgreSQLはオープンソースで複雑なクエリーの管理に適していること、MySQLもオープンソースで特に読み取り専用クエリーの処理を安定かつ高速に実行できる点が評価されているという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
総合物流のフジトランスコーポレーション、動画マニュアルの活用で業務効率化
IT関連
2024-04-26 15:51
シトリックスが機関投資家により買収されると正式発表、165億ドルで。買収後はTIBCOと統合へ
Citrix
2022-02-02 16:30
Uberがアルコール宅配サービスのDrizlyを約1150億円で買収へ、Uber Eatsの収益性アップを狙う
シェアリングエコノミー
2021-02-04 13:15
小規模企業向けクラウドPCは浸透するか Webブラウザから使えるマシン「Windows 365」登場で考えた :小寺信良のIT大作戦(1/2 ページ)
クラウドユーザー
2021-07-21 06:36
出産やメンタルヘルスなどデリケートな問題のケアを女性が受けやすくするバングラディシュのMayaが約2.3億円調達
ヘルステック
2021-03-07 07:42
Twitter、モバイルでの4K画像投稿・表示を正式機能に
アプリ・Web
2021-04-23 21:19
Dellが「APEX」サービスを拡大、マルチクラウド戦略を強化
IT関連
2022-01-21 02:50
中国Xpengが展開するLiDARを利用した自律運転EV
モビリティ
2021-05-04 15:24
東京オリンピックで見た、神社の参道をロードバイクで疾走するもう一つの方法 :CloseBox(1/2 ページ)
トップニュース
2021-07-29 12:16
入金消込作業を約90%削減–SBIビジネス・ソリューションズ、「請求QUICK」提供へ
IT関連
2022-02-10 19:17
「現在のセキュリティはビッグデータの問題」–AIとGPUを勧めるNVIDIA
IT関連
2023-02-10 19:45
NTTデータ先端技術と日本IBM、統合型認証ソリューションを提供–セキュリティ基盤を高度化
IT関連
2023-08-27 16:08
Spotifyがポッドキャスト発見プラットフォーム「Podz」を買収
ネットサービス
2021-06-19 14:42
INPEXエンジニアリング、基幹業務システムにクラウド型ERPを採用
IT関連
2022-03-26 14:26