富士通とケーネス、ドローンとAIで鉄塔の劣化度評価を実証

今回は「富士通とケーネス、ドローンとAIで鉄塔の劣化度評価を実証」についてご紹介します。

関連ワード (データマネジメント等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 富士通は、国土交通省が保有する通信用鉄塔の点検業務で、ドローンとAIを活用した新たな点検方法について実証実験を行った。高所での危険を伴う点検作業の負担軽減を目指し、2023年10月から2024年3月まで電気通信設備の総合メンテナンス会社ケーネスと共同で実施した。

 富士通は、AIによる画像解析技術を活用して通信用鉄塔のさび検知解析、プロトタイプ開発、3次元データを用いたインフラ管理の検証を担当。ケーネスは、ドローンによる鉄塔の撮影、解析作業、従来の点検方法との比較評価、点検報告書の作成を担当した。

 実験の結果、従来の目視点検では困難だった鉄塔全体の劣化度を定量的に評価することに成功。このデータは、将来的な劣化進行予測への活用にも期待される。

 国土交通省の通信用鉄塔は約1000基あり、その多くは建設から数十年が経過し、老朽化対策が急務となっている。鉄塔は設置場所によって個別に設計されているため、点検の効率化も求められている。

 従来の鉄塔点検は、作業員が高所作業を目視により行っていたため、労働人口減少による人手不足や安全管理面で課題があった。

 実験では、ドローンで撮影した高解像度画像から、富士通のAI画像解析技術でさびの箇所を抽出し、劣化度を4段階に分類。鉄塔を本柱・腹材・二次部材に分類し、部材ごとの劣化度を示すことで、鉄塔全体の劣化度評価を実現した。その結果、目視による点検と同等の精度で判定できることが確認された。

 さらに、「Fujitsu維持管理ソリューション」を活用し、点検結果を地図上にマッピングし、3次元モデルにさび検知結果を連携させることで、効率的な状況把握を実現した。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
eBPFを用いたネットワーキングやセキュリティなど、AWS、Azure、Googleの3大クラウドが採用。Isovalentが明らかに
IT関連
2022-11-22 15:27
シスコ「Webex」にリアルタイム翻訳機能–100以上の言語に対応
IT関連
2021-03-03 10:06
「Linux」で「systemd」を使ってサービスを開始、停止、再起動するには
IT関連
2023-11-17 15:58
日用品商社のあらた、「SAP Concur」を採用–1年当たり約2万7000時間の工数削減へ
IT関連
2023-03-26 22:43
燃え尽き症候群、セキュリティ/IT担当者の多くが経験
IT関連
2024-02-09 20:32
AIで自治体のDXを支援 デジタル化の事例を自動で紹介 コニカミノルタなど開発
ロボット・AI
2021-01-20 15:16
大きく攻めに転じる–Celonis、2025会計年度の事業戦略
IT関連
2024-03-12 05:40
大塚商会、2022年度上期は減収減益–提案力向上の取り組みなども
IT関連
2022-08-03 17:34
楽天グループ、物流センターを東京都八王子市に新設 2023年稼働へ
企業・業界動向
2021-06-24 21:06
プリクラ感覚のネイルチップ印刷機「ネルチップ」 タカラトミーが発表 1回500円 専用アプリでアレンジも
くらテク
2021-03-19 07:45
マイクロソフト、セキュリティ環境の検証ツールをオープンソースで公開
IT関連
2021-05-24 22:17
セキュリティを底上げするアタックサーフェスのリスク管理
IT関連
2023-05-11 00:17
凸版印刷とサイバーリンクス、小売業の営業支援で連携
IT関連
2021-05-19 10:27
ChatGPTにKubernetesのアラート対応を教えてもらう。監視ツールとChatGPTをつなげる「Kubernetes ChatGPT Bot」登場
Kubernetes
2023-01-16 09:03