ゲームで遊びながら算数や読解を学ぶEdTechプラットフォームSplashLearnが18.8億円調達

ゲームで遊びながら算数や読解を学ぶEdTechプラットフォームSplashLearnが18.8億円調達 サムネイル

今回は「ゲームで遊びながら算数や読解を学ぶEdTechプラットフォームSplashLearnが18.8億円調達」についてご紹介します。

関連ワード (eラーニング、SplashLearn、資金調達等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


SplashLearnはゲームをベースにしたカリキュラムで子供たちにレッスンを教える、米国に本社を置く10年の歴史を持つEdTechのスタートアップだ。同社はより多くの市場への進出を目指し、新たな資金調達ラウンドで1800万ドル(約18億8000万円)を獲得した。

今回のSplashLearnのシリーズCラウンドはサンフランシスコを拠点とする教育専門のファンドOwl Venturesがリードし、以前に同社のシリーズBに700万ドル(約7億3000万円)を投資していたAccelも新ラウンドに参加した。

TechCrunchの取材に対し、SplashLearnの共同創業者兼CEOであるArpit Jain(アルピット・ジェイン)氏は、今日の教育システムが直面している最大のハードルの1つは、子供たちが学びたいと思わないことであり、それゆえに、彼らが魅力的だと思う方法で話題を提供する必要があると語った。

同氏が立ち上げたこのスタートアップは、未就園児から小学5年生までの生徒向けに数学と読解のコースを提供している。教師やその他の専門家の指導を元に、4000以上のゲームやその他のインタラクティブな活動を開発し、子供たちにさまざまな概念を説明しているという。

デモとしてジェイン氏は、ハードルの高いアドベンチャーゲームを披露した。子供がゲームを進めるためには、足し算の概念を視覚的に適用する必要がある。「子供たちが夢中になると、学習の成果が向上します」とジェイン氏はいう。

SplashLearnのプラットフォームでは、さらに、毎日15分から20分のパーソナライズされた学習体験を各生徒に提供していると同氏は語った。

同社は、そのサービスのために保護者に月12ドル(約1250円)を請求している。また、学校では無料で利用することができる。現在、米国では3校に1校がSplashLearnを利用しているとジェイン氏は述べた。

「当社の目標の1つは、質の高い教育を無料で生徒達に提供することでした。我々のビジネスモデルは、それに取り組むことを可能にしてくれました」と同氏はいう。SplashLearnは自ら学校にアクセスし、売り込むことはしないとも。教師たちがプラットフォームを使用して、同社が提供しているものを気に入った場合は、より広く採用するために彼らが学校に働きかける、とジェイン氏はいう。同氏は他の3人の共同創業者と同様に、インド工科大学カラグプール校の卒業生である。

画像クレジット:SplashLearn

チームが最初に開発したのは、過去10年間でCourseraが進化して到達したのと同じようなEdTechプラットフォームだった。しかし彼らの以前のベンチャー企業は、当時インターネットユーザーが5000万人に満たなかったインド市場では受け入れる準備ができていなかったために、市場けん引力を得ることができませんでした、とジェイン氏は語った。

SplashLearnは今日、そのプラットフォーム上で4000万人以上の登録生徒にサービスを提供しているが、そのうちの1000万人は2020年、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で世界中の学校が閉鎖されたために新たに参加したという。また、75万人以上の教師も同プラットフォームに加入した。

同社は現在、主に米国の生徒たちにサービスを提供しており、その市場が収益の80%を占めている。しかし現在では英国、オーストラリア、カナダ、インドを含む150以上の市場の生徒達もプラットフォームを利用している。

Owl VenturesのマネージングディレクターであるAmit A. Patel(アミット・パテル)氏は声明でこう述べている。「SplashLearnは、科学的に設計されたカリキュラムと、世界に通用する教育学的手法を独自にブレンドしたもので、デジタル学習の世界に明確な変化をもたらす態勢にあります。SplashLearnは、EdTech分野における革新的な企業を支援するという当社の目的に合致しており、教育の提供方法のパラダイムシフトを促進し、規模を拡大しています」。パテル氏は、AccelのパートナーであるAbhinav Chaturvedi(アビナブ・チャトゥルヴェディ)とともにSplashLearnの取締役会に加わる。

画像クレジット:SplashLearn


【原文】

SplashLearn, a 10-year-old U.S.-headquartered edtech startup that teaches children through a game-based curriculum, has raised $18 million in a new financing round as it looks to expand to more markets.

San Francisco-based Owl Ventures led the Series C funding round in SplashLearn, and Accel, which had earlier invested $7 million in the startup’s Series B, also participated in the new round.

In an interview with TechCrunch, SplashLearn co-founder and chief executive Arpit Jain said one of the biggest hurdles the education system faces today is that kids do not wish to learn, so you have to broach the subject in a way they find engaging.

His startup offers math and reading courses to students in pre-kindergarten to grade five. It has developed, with guidance from teachers and other experts, over 4,000 games and other interactive activities to explain various concepts to the children.

In a demo, Jain showed an adventure game that was riddled with hurdles. A kid needed to visually apply the concept of addition to progress forward in the game. “When the kids are engaged, there is improvement in their learning outcome,” said Jain.

SplashLearn’s platform additionally provides 15 to 20 minutes of personalized learning experience to each student every day, he said.

The startup charges $12 a month to parents for its service. Alternatively, the service is free for schools. Currently, one in every three schools in the United States uses SplashLearn, Jain said.

“One of our goals has been to make quality education available to students for free. Our business model has enabled us to work on this,” he said. SplashLearn doesn’t reach out to schools, he said. Teachers use our platform, and if they like the offering, they make the case for wider adoption at the school, said Jain, who like the other three co-founders, is an alumni of IIT Kharagpur.

Image: SplashLearn

The team first created an edtech platform that was similar to what Coursera has evolved into over the past decade. But their previous venture failed to gain traction as the Indian market, which had fewer than 50 million internet users then, wasn’t ready for it, said Jain.

SplashLearn today caters to more than 40 million registered students on its platform, 10 million of whom joined last year as the coronavirus shut schools worldwide. More than 750,000 teachers have also joined the platform.

The startup is currently largely serving students in the United States, which accounts for 80% of its revenue. But students from over 150 other markets, including the U.K., Australia, Canada and India use the platform today.

“SplashLearn is well poised to bring about a distinct change in the digital learning space with its unique blend of scientifically designed curriculum and its pedagogical methods with global appeal. SplashLearn fits into our objective of supporting innovative companies in the edtech space, helping drive a paradigm shift in the way education is imparted, bringing it to scale,” said Amit A. Patel, managing director, Owl Ventures, in a statement. Patel is joining SplashLearn’s board along with Abhinav Chaturvedi, a partner at Accel.

Last year, SplashLearn also started a tutoring service for kids, where teachers teach a group of three to five students. This service costs $10 to $25 an hour. “Even at this cost, we are offering the service at a fraction of what it would cost students in a private tuition,” he said.

The tutoring service is currently available in the U.S., and Jain said the startup plans to grow it within the country this year.

(文:Manish Singh、翻訳:Aya Nakazato)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ドコモ、「dデリバリー」終了へ 「経営資源を集中する」
企業・業界動向
2021-02-02 03:37
存在感増す中国ByteDance 統制強化で大手牽制、IT市場に変化
IT関連
2021-02-15 16:23
バイデン大統領が半導体・EVバッテリーなど4品目のサプライチェーン見直しを要求する大統領令に署名
ハードウェア
2021-02-26 14:55
農機具と生産者のマッチングや修理・買取を支援する農機具流通サービス「ノウキナビ」が1.9億円調達
ネットサービス
2021-02-17 22:29
テスト用Webサーバ生成ツールの最新版「Karma 6.0.0」がリリース
IT関連
2021-01-20 22:47
楽天、「楽天グループ」に社名変更 4月から
IT関連
2021-01-29 08:40
欧州司法裁判所で異議申立てされた「オーウェル的」AIうそ発見器プロジェクト
パブリック / ダイバーシティ
2021-03-02 00:07
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-03-02 00:07
実用的なDockerイメージを使って便利さを体験しよう
IT関連
2021-01-19 00:15
ユーザーを維持するのは人とのつながり、瞑想にソーシャル要素を加えるChorus
ヘルステック
2021-02-22 08:27
トランプ大統領がオンライン決済のStripeからも追い出され寄付金受け取り不可に
ネットサービス
2021-01-12 07:55
CloudLinux、「CentOS」の代替OS「AlmaLinux」ベータ版リリース
IT関連
2021-02-02 08:44
ノーコードのE2Eテスト自動化プラットフォーム「Autify」がモバイルアプリ対応版を提供
人工知能・AI
2021-01-26 07:54
米国株より強いのは中国株?–人気IT株に分散投資できるETF
IT関連
2021-01-29 06:15
終活スタートアップLanternはより良い死に方についての話し合いに火を灯す
ネットサービス
2021-01-14 09:39
AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 - 初心者向け20時間完全コース-
Udemy
2021-01-14 09:39