現実世界の物理的なセキュリティを近代化するBase Operationsが2.3億円調達

現実世界の物理的なセキュリティを近代化するBase Operationsが2.3億円調達 サムネイル

今回は「現実世界の物理的なセキュリティを近代化するBase Operationsが2.3億円調達」についてご紹介します。

関連ワード (Base Operations、資金調達等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


テクノロジーとセキュリティの話になると、私たちはついサイバーセキュリティのことを思い浮かべてしまう。しかし、多国籍組織を有する大規模な国際的企業では、物理的なセキュリティも同様に重要だ。それは中堅から大手のほとんどの企業においてカギとなる要素だが、今日になってもなお、現代のテクノロジーを十分に活かしきれていない。そこに目をつけたのが、リスク管理のプロであるCory Siskind(コリー・シスキンド)氏が2018年に創設したスタートアップBase Operations(ベース・オぺレーションズ)だ。同社はつい先日、シード投資ラウンドを220万ドル(約2億3000万円)でクローズし、この資金で、ローンチしたての企業のセキュリティ業務を支援する路上の脅威マッピング・プラットフォームを強化する計画だ。

Good Growth Capitalが主導し、Magma Partners、First In Capital、Gaingels、First Round Capitalの創設者Howard Morgan(ハワード・モーガン)氏が参加した今回のラウンドによる資金は、まずは人材の雇用に使われる。先月、従業員を2倍に増やしたばかりのBase Operationsだが、今後もさらに人材を増やしていく予定でいる。また、同社製品の拡張と改良、世界各地の拠点作りにも役立てられる。私は、この資金調達に続く同社の計画、拡大する好機、画期的な方法による市場への貢献方法についてシスキンド氏に話を聞いた。

「Base Operationsで私たちが行っているのは、企業が安全に業務を続けられるようにMicro Intelligence(マイクロインテリジェンス)、つまり移動のセキュリティ、不動産およびサプライチェーンのセキュリティバケットなどにおける日常のさまざまなセキュリティ業務を円滑化するために、リアルな人の目線での脅威評価を行うプラットフォームを使って手助けすることです」とシスキンド氏は説明してくれた。「サイバー以外で、最高セキュリティ責任者が管轄するものすべてです。つまり、現実世界と関わりを持つあらゆるものです」。

シスキンド氏は、メキシコシティの世界的な戦略的リスクコンサルティング企業Control Risks(コントロール・リスクス)でキャリアをスタートさせて以来、企業のセキュリティにともなう複雑さや課題に直接関わってきた経歴を持つ。長年この業界で過ごしてきた彼女は、物理的、政治的なセキュリティの運用が、サーバーセキュリティと比べていかに立ち後れているかを痛感している。企業のリスク管理は軽視されがちだ。特に北米の企業に勤めるほとんどの従業員にとって、それは出張の多い職務に就いたときに、ときどき経験するだけに過ぎない問題だからだ。だが、この数年に起きた出来事で、状況は一変した。

「これが、これまでSaaSプラットフォームで最適化をしてこなかった企業の最後の砦だったため、抵抗もあり、昔ながらのやり方への執着もありました」とシスキンド氏は私に話した。「ところが2020年の出来事によって、すべてひっくり返ってしまいました。企業は、セキュリティ部門と、現実世界で起きていることが、単にコンプライアンスだけでは済まされないことに気づいたのです。ビジネスの継続性を担保してくれる、こうしたサービスに投資することが戦略的な優位性につながります」。

新型コロナウイルス、頻度も被害もますます増大する自然災害、地球規模の政治不安、2020年にはこれらすべてが世界中のビジネスに多大な悪影響をもたらした。それが分岐点となり、総合的なリスクプロファイルと戦略的計画サイクルにおける物理的セキュリティをどれほど重視するかで、企業の明暗が分かれたとシスキンド氏はいう。

「情勢があまりにも不安定で、あらゆる種類の問題が頻発する過酷な状況下では、事業を滞りなく継続するための投資を怠れば、必要な収益は絶対に得られなくなると企業は気づきました」と彼女は話す。

Base Operationsは、幅広い情報源からデータを収集し、うまく組み合わせて脅威プロファイルを提示することで、そうした問題に対処している。同社のテクノロジーは、つまりは我々が日々遭遇する無数の情報の意味を説明してくれるものだ。たとえばときにソーシャルメディアの「Doomscrolling(ドゥームスクローリング)」で目にするような大量のニュースを、機械学習により他の情報源と結びつけ、実用的な見識を生み出す。

そこで使われる情報源とは、「政府の統計資料、ソーシャルメディア、地元の報道、非営利団体や大学などの提携団体からのデータ」だとシスキンド氏はいう。そのデータセットが、同社のMicro Intelligenceプラットフォームに力を与えている。現在、同スタートアップは企業を助けて人々の安全を守り、その事業の継続を助けることに注力しているが、その同じ情報が、将来の地理的な拡張計画、製品開発の調整、特定市場への対応など、あらゆる事業にも力を与えるであろうことは容易に想像がつく。

ビジネスの本質部分には、この種のアプローチが必要だとシスキンド氏は考えていたのだが、そこは新しいテクノロジーの受け入れが比較的遅かった。大きな視野を持つ彼女でさえ、これほどまでに緊急に、高度で柔軟なスケール性のある企業向けセキュリティソリューションが必要になると、2年前には予想もつかなかったはずだ。だが今、Base Operationsはそのニーズに対応できる完ぺきな位置に立っている。

関連記事:大規模に展開されたIoT端末の管理プラットフォームSecuriThingsがシリーズAで14.6億円調達

画像クレジット:AerialPerspective Images / Getty Images


【原文】

Typically when we talk about tech and security, the mind naturally jumps to cybersecurity. But equally important, especially for global companies with large, multinational organizations, is physical security — a key function at most medium-to-large enterprises, and yet one that to date, hasn’t really done much to take advantage of recent advances in technology. Enter Base Operations, a startup founded by risk management professional Cory Siskind in 2018. Base Operations just closed their $2.2 million seed funding round and will use the money to capitalize on its recent launch of a street-level threat mapping platform for use in supporting enterprise security operations.

The funding, led by Good Growth Capital and including investors like Magma Partners, First In Capital, Gaingels and First Round Capital founder Howard Morgan, will be used primarily for hiring, as Base Operations looks to continue its team growth after doubling its employe base this past month. It’ll also be put to use extending and improving the company’s product and growing the startup’s global footprint. I talked to Siskind about her company’s plans on the heels of this round, as well as the wider opportunity and how her company is serving the market in a novel way.

“What we do at Base Operations is help companies keep their people in operation secure with ‘Micro Intelligence,’ which is street-level threat assessments that facilitate a variety of routine security tasks in the travel security, real estate and supply chain security buckets,” Siskind explained. “Anything that the chief security officer would be in charge of, but not cyber — so anything that intersects with the physical world.”

Siskind has firsthand experience about the complexity and challenges that enter into enterprise security since she began her career working for global strategic risk consultancy firm Control Risks in Mexico City. Because of her time in the industry, she’s keenly aware of just how far physical and political security operations lag behind their cybersecurity counterparts. It’s an often overlooked aspect of corporate risk management, particularly since in the past it’s been something that most employees at North American companies only ever encounter periodically when their roles involve frequent travel. The events of the past couple of years have changed that, however.

“This was the last bastion of a company that hadn’t been optimized by a SaaS platform, basically, so there was some resistance and some allegiance to legacy players,” Siskind told me. “However, the events of 2020 sort of turned everything on its head, and companies realized that the security department, and what happens in the physical world, is not just about compliance — it’s actually a strategic advantage to invest in those sort of services, because it helps you maintain business continuity.”

The COVID-19 pandemic, increased frequency and severity of natural disasters, and global political unrest all had significant impact on businesses worldwide in 2020, and Siskind says that this has proven a watershed moment in how enterprises consider physical security in their overall risk profile and strategic planning cycles.

“[Companies] have just realized that if you don’t invest [in] how to keep your operations running smoothly in the face of rising catastrophic events, you’re never going to achieve the profits that you need, because it’s too choppy, and you have all sorts of problems,” she said.

Base Operations addresses this problem by taking available data from a range of sources and pulling it together to inform threat profiles. Their technology is all about making sense of the myriad stream of information we encounter daily — taking the wash of news that we sometimes associate with “doom-scrolling” on social media, for instance, and combining it with other sources using machine learning to extrapolate actionable insights.

Those sources of information include “government statistics, social media, local news, data from partnerships, like NGOs and universities,” Siskind said. That data set powers their Micro Intelligence platform, and while the startup’s focus today is on helping enterprises keep people safe, while maintaining their operations, you can easily see how the same information could power everything from planning future geographical expansion, to tailoring product development to address specific markets.

Siskind saw there was a need for this kind of approach to an aspect of business that’s essential, but that has been relatively slow to adopt new technologies. From her vantage point two years ago, however, she couldn’t have anticipated just how urgent the need for better, more scalable enterprise security solutions would arise, and Base Operations now seems perfectly positioned to help with that need.

(文:Darrell Etherington、翻訳:金井哲夫)

資金調達 - Wikipedia

資金調達 (しきんちょうたつ、 英: financing )とは、事業に必要な 資金 を調達することをいう。. 資金調達という用語は、政府 組織 、民間企業、個人事業主の事業などについて幅広く用いられている。. 「資金調達」という用語は、広義には、自己がすでに有している資本(勘定科目上で 自己資本 にあたるもの)を用いる方法を指すこともある。. 「資金調達」は ...

資金調達とは何? Weblio辞書

資金調達とは?OR事典。 読み方:しきんちょうたつ【英】:financing所要資金を集めることで, 資金には設備などの固定資産に用いる長期資金と, 現預金・売掛金・在庫などの流動資産に充てる短期資金とがある. 前者は主に株式...

資金調達の方法一覧

資金調達の方法は、アセットファイナンス、デッドファイナンス、エクイティファイナンスに分けられます。資産の有無や望む現金化の形態に応じた選び方が求められます。会社にあった資金調達方法を実行することが大切です。

資金調達の種類、方法、メリット、デメリットまとめ【2020 …

起業を考えている方の大きな悩みになるのはやはり資金。最初は小さく事業をスタートしたとしても、事業が拡大していくにあたって資金が必要になったり、最初に投資をするような事業の場合には自己資金だけでは、なかなか事業が立ち上がらないということもあります。ここでは、資金調達の全体概要と、それぞれのメリット、デメリットなどを丁寧に解説したいと思います。

資金調達方法には何がある?資金調達方法35種類のメリット ...

資金調達方法には何がある?資金調達方法35種類のメリットデメリット|資金調達BANKは【資金調達の専門家】が銀行融資・公的融資(制度融資)・ビジネスローン・不動産担保ローン・ファクタリング・手形・助成金(補助金)・出資・株主割当・ベンチャーキャピタル・エンジェル・資産の売却・リースの活用など、様々な資金調達方法について、図解して丁寧に解説しています。資金調達方法の解説だけでなく、「資金繰りを改善するために何をすれば良いのか?」「融資審査に通らないときの対策」「資金繰りを悪化させないための収益性の高い経営方法」「起業直後でも利用できる補助金・助成金の取り方」「銀行融資を受ける交渉のコツ」など、実務的に役に立つ資金調達方法も紹介しています。資金調達・資金繰りに悩む経営者や経理・財務の方必見です!

トップは年間316億円を調達、2020年の国内スタートアップ資 …

新型コロナウイルスが日本経済に暗い影を落とした2020年。こうした中、多額の資金調達に成功した成長著しいスタートアップはどんな会社で、また、どんな事業を推進しているのだろうか? 成長産業支援事業を

資金調達の方法12種類まとめ!事業モデルや目的別のメリット ...

資金調達について調べてみたものの、種類の多さにどれが最適なのか迷っている起業家の方も多いのではないでしょうか。本記事では、12種類の資金調達方法の概要やメリットを紹介するだけでなく、事業目的に合った方法を選べるように事例も挙げています。

ファクタリングで即日スピード資金調達 - ベストファクター ...

ファクタリング【即日スピード調達】手数料の安いファクタリング会社を選ぶなら【手数料2~】で資金調達できるベストファクターをご利用ください。「来店不要オンライン審査通過率は90%以上」「即日振込実行率は80%以上」で、「すぐに現金が必要」にお応えします。私たちベスト ...

経営者なら絶対に抑えておきたい10の資金調達と必読記事 | …

社長にとって、資金調達に関しても広く多角的な視点を持ち、事業の可能性を広げるというスキルは非常に重要です。そこで、今回は会社設立前後における資金調達手段をご紹介します。

AI動画編集のオープンエイトが首位に--2021年1月の資金調達 ...

フォースタートアップスは、2020年1月を対象とした「国内スタートアップ資金調達額・想定時価総額ランキング」を発表した。

資金調達freee

資金調達freeeで. あなたに合った調達手段を比較・申し込み. 複数金融機関等の中から、最適な資金調達手段を検索・比較。. freee finance labの独自試算に基づき、審査通過可能性の診断を行います。. さらに、事業でご利用の銀行口座を登録いただくことで、試算条件が自動的に改善していきます。.

資金調達に関するプレスリリース・ニュースリリースのPR TIMES

 · Crezit、プレシリーズAラウンドにて追加資金調達を実施、累計2.7億円の資金調達を完了 2021年2月9日 11時00分 Crezit株式会社 【世界初・オープン ...

資金調達freee | freee finance lab

資金調達freee データを入れれば、調達できる手段が事前に分かる 金融商品を見比べて 賢い資金調達の選択を ...

今さら聞けない!資金調達とは?事業成功のための調達方法を ...

 · ビジネスをしていく中で、新規事業や設備投資などの資金調達は、経営者が避けられない問題になります。資金調達にはさまざまな方法がありますが、目的に合わせた方法を選択することが大切です。よって、自分達の事業に合った資金調達方法を選べるといいでしょう。

Weblio和英辞書 -「資金調達」の英語・英語例文・英語表現

「資金調達」は英語でどう表現する?【対訳】fundraising... - 1000万語以上収録!英訳・英文・英単語の使い分けならWeblio英和・和英辞書

【STARTUP DB】調査結果 国内スタートアップ資金調達金額 ...

フォースタートアップス株式会社のプレスリリース(2021年2月12日 07時50分) STARTUP DB 調査結果 国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1月)

第2節 ITを活用した資金調達 - METI

 · 第2節 ITを活用した資金調達 22 中小企業・小規模事業者にとって、必要な資金をいかに調達するかは、重要な経営課題の一つである。また、資金調達は起業を検討する者にとって、起業を踏み切る際の判断基準の一つでもある。

資金調達 | 商工中金

資金調達 資金調達 トップ 融資の対象となる方 中小企業向け融資 シンジケートローン ABL(アセット・ベースト・レンディング) 私募債受託 売掛債権流動化 資産運用 資産運用 トップ 預金・決済サービス インターネットバンキング・ファーム

ファクタリングや資金調達、資金繰りのことなら株式会社 …

ファクタリングをはじめ資金調達や資金繰りのことなら是非ご相談下さい。即日スピード対応はもちろん、きめ細やかなサポートで資金に関するお悩みを解決致します。

資金調達をする前に資金繰り計画表や財務戦略の再確認を ...

企業は、事業を継続させるためには必ず資金が必要です。事業運転資金や設備資金、仕入資金などを自己資金で賄えない場合、資金調達が必要となってきます。また、調達しただけではなく、その後の資金繰りや財務戦略も大切になってきます。当ページでは資金調達から、財務戦略。そして資金調達の本当の目的までをご紹介。

COMMENTS


4111:
2021-02-14 22:16

【募集】 N.の皆様 ・三味線、尺八、お琴のプレイヤー ・ギャランティー少々あり ・2/16 18時納品宅録可能で、clubhouseでN.と出会った方 今回の資金調達から楽曲映像制作、メディアからの露出、リリースを行うプロジェクトにご興…

4112:
2021-02-14 16:32

短で次の日から稼働開始可能です 高額報酬案件をご用意します! 所持金が底を尽きそうな方ご相談下さい、全力でサポート致します! 親切対応DMお待ちしてます 闇裏バイト闇裏仕事 高収入資金調達 交通費支給年齢不問 即日即金借金返済 ギャンブル⑥51

4110:
2021-02-14 14:14

低金利で資金調達して積んでいく過程でバブルって、金利上がって積まれた債務に火が付いて死ぬことを繰り返すから人類は無能

4109:
2021-02-14 08:35

資金調達も、流石にこれぐらいは大丈夫だろうって、自分で思ってるだけじゃなく銀行も商工会議所も言ってたのに、ことごとくダメで、なんなんだこのハードモードの人生。

4113:
2021-02-14 08:10

資金調達や借金にお困りの方、今すぐ現金が欲しい方! 不動産オーナー、投資などにご興味ある方ご連絡下さい✨ ただし、お電話出来る方と本気の方に限ります。 私もかなり本気で稼いでます(=^^=) でも話し聞いてみたいという方は喜んで

4114:
2021-02-14 06:18

少額から高額融資をお求めの方は当方に任せてください! 当金融屋は全国対応ですので和歌山に住んでいる方でも即日融資で最大50万までご融資可能です! 資金調達方法を和歌山で探しているならプロフをチェク! 即日融資和歌山

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
創業者の「悪夢」、インシュアテックSureはベンチャー支援者が模倣企業設立、出資したと主張
ネットサービス
2021-02-22 08:16
暗号資産取引所コインチェックがNFTマーケットプレイス運営のメタップスアルファを子会社化
ブロックチェーン
2021-02-13 00:09
フリマアプリをボードゲーム化「ウリカイ」登場 「7分で完売」人気作を市販化
くらテク
2021-01-27 09:58
英会話教室のイーオンが対話形式の無料英単語トレーニングが可能な「Amazon Alexa」スキル配信
EdTech
2021-02-23 20:20
Malwarebytes、SolarWindsを攻撃したハッカーらによる攻撃を確認
IT関連
2021-01-20 21:27
楽天モバイル、社員逮捕巡りソフトバンクに反論 「営業秘密を業務に使った事実は確認していない」
セキュリティ
2021-01-13 11:35
“ヘリ基地局”で通信エリア構築、auの通信網に接続 遭難者の連絡を支援 KDDIが実験
企業・業界動向
2021-01-22 08:38
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
Udemy
2021-01-22 08:38
Amazonのジェフ・ベゾスCEOが退任して会長に 後任はAWSのジャシーCEO
クラウドユーザー
2021-02-04 16:46
3Dプリンタとスプレーで作る曲面タッチディスプレイ MITなど開発 :Innovative Tech
イラスト・デザイン
2021-02-15 06:27
Robinhood、株価乱高下のGameStopやNokia株の取引制限も、批判受け再開へ
企業・業界動向
2021-01-30 03:38
開発費73億円で話題の“五輪アプリ”、機能は? 発注元の内閣IT室に聞く
クラウドユーザー
2021-02-26 16:23
ヴイエムウェア、マイクロソフトの「Azure Virtual WAN」ハブへのSD-WAN統合を発表
IT関連
2021-03-04 00:17
NTTデータ、RPAとMicrosoft Teamsで業務自動化を実験
IT関連
2021-02-25 13:37
Google、Kubernetesを自動運用してくれる「GKE Autopilot」正式リリース。ノードのプロビジョニング、マルチゾーン展開、スケーリングなど自動的に最適実行
Google
2021-03-02 05:22
Vue.js&Nuxt.js超入門
amazon
2021-03-02 05:22