民間商業宇宙ステーションの実現を目指すAxiom Spaceが約138億円を調達

民間商業宇宙ステーションの実現を目指すAxiom Spaceが約138億円を調達 サムネイル

今回は「民間商業宇宙ステーションの実現を目指すAxiom Spaceが約138億円を調達」についてご紹介します。

関連ワード (Axiom Space、ISS、NASA、民間宇宙飛行、資金調達等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


近い将来の目標を最も高く掲げている新しい宇宙スタートアップ企業の1つが、その野望に向けた自信をシリーズBラウンドで投資家に示し、1億3000万ドル(約138億円)を調達した。

NASAが民間開発の宇宙ステーションモジュールを国際宇宙ステーションに取りつけるために選んだAxiom Space(アクシオン・スペース)は、C5 Capital(C5キャピタル)が主導した新たな資金調達について発表した。

Axiom Spaceは、国際宇宙ステーションで専門的な仕事に携わった実績を持つ宇宙の専門家を含むチームによって2016年に設立された。以来、大きな注目を集める発表を次々と行っている。今回の資金調達はその最新のものだ。同社は、既存の宇宙ステーションに初の民間による商業モジュールを取りつけることで、将来的には完全に民間所有の軌道上プラットフォームを独自に作り上げ、研究や宇宙旅行などに活用することを目指している。

Axiomは2021年1月、2022年1月にSpaceX(スペースX)のDragon宇宙船とFalcon 9ロケットを使って国際宇宙ステーション(ISS)に飛び立つことが予定されている人類初の民間宇宙飛行士について発表した。

Axiomはこのミッションのサービスプロバイダーであり、民間宇宙飛行士の契約を仲介し、訓練とミッションのプロファイルを設定する。民間の個人で構成されたクルー(つまり、各国の政府によって選ばれ、訓練を受け、雇用された宇宙飛行士ではない)が宇宙ステーションに飛び立つのは、これが人類史上初めてのことになる。

同社はまた、Tom Cruise(トム・クルーズ)氏と、ISSに乗り込む映画の一部を宇宙で撮影することについて話し合っている。さらに、宇宙ステーションへの旅を掛けて競い合うリアリティ番組も制作会社と企画中だ。

関連記事
・トム・クルーズが宇宙での映画撮影についてSpaceXと交渉中か
・国際宇宙ステーションへのSpaceXの旅を競うリアリティ番組が制作中、勝者にはDragon Crew宇宙船の座席が贈られる

Axiomは、民間の有人宇宙飛行と既存のインフラストラクチャや産業を結ぶ主要企業として注目を浴びており、NASAのような公共機関のパートナーと、急成長しつつある民間宇宙産業の「レール」、つまりSpaceXや同種の企業の両方をカバーしている。同社は他の民間企業のどこよりも長い間、この独自のチャンスに力を入れてきた。それを実現するために必要なすべての関係と社内の専門家を備えている。

今回の新たな多額の資本注入は、同社の雇用を支援するだけでなく、今後の民間宇宙ステーションモジュールや、最終的には宇宙ステーションそのものを建造する力を高めることにもつながる。ヒューストンを拠点とする同社は、2024年までにその宇宙ステーションモジュールをISSに接続することを目指しており、これまでに1億5000万ドル(約159億円)を調達している。

画像クレジット:Axiom Space


【原文】

One of the new space startups with the loftiest near-term goals has raised $130 million in a Series B round that demonstrates investor confidence in the scope of its ambitions: Axiom Space, which has been tapped by NASA to add privately developed space station modules to the ISS, announced the new funding led by C5 Capital.

This is the latest in a string of high-profile announcements for Axiom, which was founded in 2016 by a team including space professionals with a history of demonstrated expertise working on the International Space Station. Eventually, Axiom hopes to go from adding the first private commercial modules to the existing station, to creating their own, wholly private on-orbital platforms — for research, space tourism and more.

Axiom announced the people who will take part in its first-ever private astronaut launch to the ISS, which is set to fly next January using a SpaceX Dragon spacecraft and Falcon 9 rocket. Axiom is the service provider for the mission, brokering the deal for the private spacefarers and setting up training and mission profile. That should be the first time we see a crew made up entirely of private individuals (i.e. not astronauts selected, trained and employed by their respective national government) make its way to the station.

The company was also in discussions with Tom Cruise about filming at least part of an upcoming film aboard the ISS, and it’s in development with a production company on a forthcoming competition reality show that will see contestants vie for a spot on a private flight to the station.

Axiom is emerging as the leading linkage between private human spaceflight and the existing infrastructure and industry, covering both public sector partners like NASA, and the “rails” of the bourgeoning industry — SpaceX and its ilk. It’s been focused on this unique opportunity longer than most in the private market, and it has all the relationships and in-house expertise to make it work.

This new, significant injection of capital will help the company hire, as well as boost its ability to construct the pieces of its forthcoming private space station modules, as well as its eventual station itself. The Houston-based company aims to put its ISS modules on the station by 2024, and it has raised $150 million to date.

(文:Darrell Etherington、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

NASA

NASA.gov brings you the latest news, images and videos from America's space agency, pioneering the future in space exploration, scientific discovery and aeronautics research.

アメリカ航空宇宙局 - Wikipedia

アメリカ航空宇宙局 (アメリカこうくううちゅうきょく、 英語: National Aeronautics and Space Administration, NASA )、或いは 米国国家航空宇宙局 (べいこくこっかこうくううちゅうきょく) は、 アメリカ合衆国 政府内における 宇宙開発 に関わる計画を担当する連邦機関である。. 1958年 7月29日 、国家航空宇宙法 (National Aeronautics and Space Act) に基づき、先行の 国家航空 ...

NASA Image of the Day | NASA

NASA.gov brings you the latest images, videos and news from America's space agency. Get the latest updates on NASA missions, watch NASA TV live, and learn about our quest to reveal the unknown and benefit all humankind.

最新の nasa ニュース - Engadget 日本版

nasa の記事一覧です。Engadget 日本版はデジタルガジェットの最新情報をどこよりも早く、業界最前線からお届けするブログ形式のニュースサイトです。

「NASA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ ...

「NASA」に関連する最新記事を掲載しています。 ... National Aeronautics and Space Administration:アメリカ航空宇宙局 ... 新政権で米宇宙政策はどうなる? NASA「アルテミス計画」 次期長官の動向にも注目集まる ... 野口氏ら搭乗のCrew Dragon、無事ISSにドッキング ... 野口聡一さん搭乗の「Crew Dragon」、日本時間11月16日午前9時27分打ち上げ

NASA - Wikipedia

NASA inherited NACA's X-15 experimental rocket-powered hypersonic research aircraft, developed in conjunction with the US Air Force and Navy. Three planes were built starting in 1955. The X-15 was drop-launched from the wing of one of two NASA Boeing B-52 Stratofortresses, NB52A tail number 52-003, and NB52B, tail number 52-008 (known as the Balls 8).

NASA - YouTube

NASA's mission is to pioneer the future in space exploration, scientific discovery and aeronautics research. To do that, we have worked around the world -- and off it -- for more than 50 years ...

NASAの木星探査機ジュノーが捉えた、11枚の圧倒的な画像 ...

NASAが10億ドル(約1100億円)を投じ、開発した木星探査機「ジュノー(Juno)」は2017年12月16日(現地時間)、その10度目の高速周回の旅を終えた。ジュノーは時速最高13万マイル(約21万キロメートル)で旅をしながら木星に接

NASAの素材がダウンロードできる!その数、なんと約15万点 ...

「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新たに公開したが、これまでの有人宇宙飛行のミッションなどで撮影されたものもあり、宇宙がぐっと近づいた感じだ。最新のものから歴史的に有名なものまで、まるで宇宙旅行へいった気分になれる。そんな風に、現実世界を忘れさせてくれるような写真を厳選してみた。さ

光のスピードはあまりに遅い、NASAの科学者が作った3つの ...

真空中の光の速度は、秒速約29万9792キロメートル。NASAの科学者は、光が地球を周る様子を表したアニメーションを作成した。同様に光が地球から月、地球から火星まで行く時間を表したアニメーションを作成した。アニメーションは、光のスピードが

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
エンジニア/クリエイター向けイベント「TechFes GURURI」がスタート
IT関連
2021-01-14 11:03
オープンハイブリッドクラウドの時代、今開発者に求められるスキルとは–IBM
IT関連
2021-02-22 02:35
Samsung Galaxy S21シリーズ発表、カメラ強化とS Pen対応で約2.1万円値下げ
ハードウェア
2021-01-16 01:22
Yahoo!ニュースとLINE NEWSは統合せず 川邊社長「混ぜるな危険」
くわしく
2021-03-02 02:32
スーパーのキャッシュレス決済から栄養バランスが整う食材・レシピを提案する「SIRU+」アプリが5億円調達
ヘルステック
2021-02-19 05:26
PM必見、デブサミ2021で注目の「プロダクト作り」に役立つセッション紹介
IT関連
2021-02-02 12:24
ドキドキが視聴者に伝わるゲーム実況向け“ゲーミング腕時計” ガーミンが開発 実際に試してみた (1/2 ページ)
くわしく
2021-02-10 11:29
Vue.js&Nuxt.js超入門
amazon
2021-02-10 11:29
楽天、「楽天グループ」に社名変更 4月から
IT関連
2021-01-29 08:40
ディープラーニングフレームワーク「SmallTrain 0.2.1」がリリース
IT関連
2021-01-28 02:48
オープンソーステクノロジーがもたらす価値はどれほどか–OpenForum Europe
IT関連
2021-02-18 01:54
SpaceXが記録的な数の衛星を搭載した初の専用ライドシェアミッションをライブで公開、予定変更で日本時間1月25時0時から
宇宙
2021-01-25 05:25
バイデン新大統領の労働政策とギグワーカーの未来
パブリック / ダイバーシティ
2021-01-23 23:54
ITエンジニアが2021年に学びたい(強化したい)プログラミング言語、1位はPython
IT関連
2021-02-16 23:01
NASAと米連邦航空局もSolarWinds製品を使った大規模ハッキングで被害に遭ったとの報道
セキュリティ
2021-02-25 11:55
業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro オンライン講座
Udemy
2021-02-25 11:55