Amazon Echo Show 10レビュー、「回転するスクリーン」モーション機能は無効化していい

Amazon Echo Show 10レビュー、「回転するスクリーン」モーション機能は無効化していい サムネイル

今回は「Amazon Echo Show 10レビュー、「回転するスクリーン」モーション機能は無効化していい」についてご紹介します。

関連ワード (Amazon、Echo Show 10、スマートディスプレイ、レビュー等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


新しいスマートホームデバイスが登場するたびに、新たな疑問が湧く。利便性を得るためにはプライバシー、セキュリティ、そして他には何を諦めればいいのかという疑問だ。新製品を自宅に導入し、こうした話題を持ち出して評価するのは、アンチテクノロジー派だからというわけではない。

筆者について言えば、自宅のスマートホームテクノロジーは大したことはない。大型のスマートスピーカーを2台と、もう1つ小型のスマートスピーカーを持っているが、主に、各部屋に音楽をストリーミング配信するのにネットワーク接続が便利なためだ。安心のために、インターネットに接続された煙感知器を使用していて、以前長期間家を離れていた頃は火事になっていないことを確認していた。それから、スマートライトもいくつか使用している。理由は言うまでもないだろう。

Google(グーグル)がファーストパーティーのスマートスクリーンであるGoogle Home Hub(現在のGoogle Nest Hub)を発表した時、カメラを搭載していないことは賢明な判断だと思った。もちろん、同社は大型のMaxモデルにカメラを搭載しているため、望めばカメラのオプションはある。こうした製品の大半にとって、ビデオカメラはあって当たり前の機能だ。そして当然のことながら、新しいEcho Show 10(エコーショー10)のようなスマートスクリーンは、仕事と家庭の境界がかなり曖昧になってきている多くの人のために、電話会議の機能も備えている。

画像クレジット:Brian Heater

その点、Amazon(アマゾン)はよくわかっているようだ。デバイスの上部に大きな物理的な目隠しのボタンを追加している。ボタンを右にスライドさせると、右上のカメラは白いレンズカバーで覆われる。黒いスクリーンフレームとはコントラストになるため、離れたところからでもカメラが隠されていることが簡単にわかる。カメラを覆うと「カメラオフ / モーション機能無効」といったポップアップ通知が表示される。

この「モーション」とは、アマゾンの最新Echo Showの代表的な機能である回転するスクリーンのことだ。同社は、この新しいテクノロジーをこのカテゴリーでのゲームチェンジャーとして位置づけている。正確で静かなモーション機能を実装したことは良い仕事と言えるが、一方でこの追加機能は、間違いなくプライバシーの問題を再燃させるだろう。

画像クレジット:Brian Heater

周囲に溶け込むようなホームデバイスを作るというコンセプトは、この機能には当てはまらない。Echoは、人物追跡を使用して、ディスプレイが常にユーザーの方を向いているようにするとともに、ユーザーの意識をEcho自体にも向けさせる。デバイスが人物追跡に画像処理とAIを使用していることに薄々気づき、なんとなく理解していても、実際のところ大抵は気にならなくなってしまうだろう。どのみち、今ではほとんどすべてのものにカメラがついている。そういったデバイスはもはや、日常的に使用しているソーシャルメディアやサービスの一部だ。しかし、デバイスが部屋の中にいるユーザーの動きに物理的に追従すれば、ユーザーはこのデバイスを意識せざるを得ない。

数日間Echo Showを使用した限りでは、この機能を必要と感じたことはあまりなく、ギョっとさせられたことさえある。机の上で、この記事を執筆しているパソコンと並べてEcho Showを置いているが、この機能は普段無効にしている。そのうち慣れるものかもしれないが、この機能を使う時は比較的限られているし、必要ならば手でディスプレイをこちらに向けて、スクリーンの角度を調節すればいいので、固定した状態で使おうと思っている。スクリーンの調整はいつもしていることだ。何の問題もない。

アマゾンは、デフォルトでスクリーンをどの方向に向けておきたいか、左右にはそれぞれどの程度回転させたいかなど、セットアップの過程でこの機能についてひと通りの説明と設定の機会を提供している。留意すべきことは、Echo Showのシステムは、ユーザーが設定スライダーで調節するまで、実際に何が「真っすぐ」に相当するのか認識していないということだ。この設定は後からでも調節できる。「モーション設定」オプションもある。このオプションでは、ユーザーを追跡させて使うアプリケーションを制限したり、音声で確認しないとモーション機能を使用できないようにしたり、またはこの機能を完全に無効にしたりすることができる。

関連記事:アマゾンの新しいEcho Show 10は利用者の動きをカメラで追跡する

もちろん、筆者は使用していない間はカメラのカバーを閉じておきたい性分なので、このカバーはなかなかいい具合だ。カメラが覆われた状態で、デバイスのモーション機能を作動させることはできない。デバイスは追いかけている対象を視認しておく必要があるからだ。スクリーンのモーション機能には、カメラを無効にし忘れたことを気づかせてくれるという、思いがけない副次的効果があることも付け加えておく。

アマゾンは当然のことながら、そしてありがたいことに、Echo Show 10の発表にともないプライバシーについても言及している。製品ページには「プライバシー」について8つの記載事項があるが、以下はそのキーメッセージだ。

マイク / カメラのオン / オフボタンや内蔵カメラを覆うためのカメラカバーなど、アマゾンは、何重ものプライバシー保護対策を用いてAlexa(アレクサ)およびEchoデバイスを設計しています。モーション機能は声やデバイス上、またはAlexaアプリからでも無効にできます。モーション機能を提供するための情報処理はすべてデバイス上でのみ行われるため、取得された画像や映像がクラウドに送信されることはありません。

画像クレジット:Brian Heater

特筆すべきは、追跡機能は顔認識のような類ではなく、人の漠然とした輪郭を使用していることだ。処理に使われる画像は、個人としてはもちろん、通常では人の識別に使われるものではなく、まだらなヒートマップのように見える(ただし、ペットと人間の区別はできる)。特にこの点は、同社にとって政治的な論争を呼ぶ話題となっている。

関連記事:アマゾンが顔認識技術を地方警察には1年間提供しないと表明、FBIへの提供についてはノーコメント

モーション機能は、主にユーザーのストレスを減らすためのものだ。アマゾンは、既存のEcho Showのユーザーが、例えば料理中にキッチンで使う時、デバイスの向きを変えなければならないことを例に挙げている。音声の指向性も、スクリーンの動きに連動する。これは、最近のEchoのモデルで360度オーディオから距離を置く同社の動きと一致している。モーション機能は、デバイスの用途や、どれだけデバイスの周りに人がいるかにより一長一短がある。また、ビデオ通話中のユーザーの動きに追従させるためにも使用できる(競合企業がズームとトリミングを組み合わせて実現している機能だ)。

アマゾンは、スマートスピーカーの「スピーカー」の部分を重視し、最近の世代のデバイスのオーディオを改善するために苦労していた。新しいEcho Showは確かにその恩恵を受けている。筆者はメインのサウンドシステムとしては使わないだろうが、机の上に鎮座するこのデバイスは、前面がスクリーンに覆い隠されていても、サイズのわりにはすばらしい豊潤なサウンドを提供してくれる。

10.1インチのスクリーンも手頃なサイズだ。筆者はテレビやラップトップの代わりとしてこのデバイスを使うことはないだろうが、動画を手早く観るにはちょうど良いサイズだ。YouTube(ユーチューブ)はこのフォームファクターに完璧にフィットする短尺動画で市場を独占しているので、アマゾンがグーグルとここで提携できないのは残念だ(その気になれば、内蔵ブラウザを介してYouTubeにアクセスすることもできるが、それでは到底エレガントなソリューションとは言えない)。

画像クレジット:Brian Heater

アマゾンのPrime Video(プライムビデオ)は確かに良い長編のコンテンツやシリーズ物のシェアを持っている(大量の駄作も含まれているが、時にはそれがおもしろかったりする)。しかし、アマゾンが最も得意とするところは、サードパーティーと提携し、自社の製品を強化することだ。そして、それはアマゾンがEchoでのエクスペリエンスを向上させてきたもう1つの手法でもある。動画の面ではNetflix(ネットフリックス)とHulu(フールー)がデバイス上で利用できるようになり、音楽の面ではApple Music(アップルミュージック)とSpotify(スポティファイ)が追加された。

追加されるとうれしいサードパーティー製のアプリはまだいくつかあるが、これらのラインナップはかなり堅実な出発点だ。いうまでもなく、スポティファイのようなサービスは音楽再生のデフォルトとして設定できる。スポティファイに対応していることで、かなり使い勝手が良くなる。正直なところ、Amazon Music(アマゾンミュージック)は、現時点ではプライムビデオほど魅力のあるサービスとは言えないからだ。そして、スポティファイのような使い勝手を良くしてくれる追加サービスは他にもある。

ソフトウェアの観点から見て間違いなく最も魅力的な追加サービスであるZoom(ズーム)は、後日サポートされる。今のところ、通話は他のAlexaデバイスとSkype(スカイプ)に限定されている。ズームや他のサードパーティー製の電話会議ソフトウェアには、特に、前述した家庭と仕事の境界の曖昧さも手伝って、ウェブ会議ツールの新境地を切り拓くチャンスがある。

実際のところ、現在筆者の机の上に陣取るEcho Showは、パソコンで仕事をしながら通話をするのに最適だ。Echo Showの導入については、用心すべき点もあるものの、楽観的に捉えている。少なくとも、13メガピクセルのカメラを定期的に活用するための妥当な理由ぐらいは思いつくだろう。

画像クレジット:Brian Heater

差し当たって、カメラとスクリーンのモーション機能の両方を活かすのにふさわしい使用例は、簡易的な防犯カメラだろう。防犯カメラは「近日リリース予定」の機能の1つであり、実現するにはGuard Plus(ガードプラス)に加入する必要がある。ガードプラスを使用することでEcho Showにスマートセキュリティカメラの役目も果たさせ、外出時にジオフェンスを設定できる。つまり、留守中の家に誰かがいることが検出された場合、Echo Showはアラートを送信する。

2021年2月には、アマゾンが壁かけ型のスマートホームハブに取り組んでいるという噂が流れている。基本的に、さまざまなコネクテッドデバイスのためにAlexa対応のタッチスクリーンコントロールとして機能する、そのフォームファクターは確かに理に適っている。今のところ、Echo ShowとAlexaモバイルアプリの間に割って入る余地はほとんどないが、確かにまあ、壁かけ型のスマートホームハブのようなデバイスがあれば、空間によりプレミアムな雰囲気を醸し出すことができるだろう。

適切に配置されたEcho Showは、多くの人のニーズに応えてくれるだろう。実際、Echo Showは筆者のワンベッドルームのアパートで良い仕事をしている。音声やタッチで照明をコントロールすることができ、当然のことながらスクリーンでは、アマゾンが販売するRing(リング)などのセキュリティカメラからの映像を監視できる。リングのような付加的なサービスにより、スマートスクリーンのカテゴリーは極めて魅力的で機能性に優れたものとなってきた。

Echo Show 10は249ドル(日本では税込2万9980円)で、2018年のEcho Showよりも20ドル(約2200円)高い。新しい機械的な回転機構がこの増額にどの程度影響しているか推し量るのは難しい。しかし、アマゾンはモーション機能がない安いモデルも提供している。筆者なら上に概説した理由により、ほぼ確実にこのモデルを選ぶ。繰り返すが、誰もが筆者と同じ不安を抱くとは限らない。

全体的に見て、これはShowファミリーへのよく練られたすばらしい追加モデルだ。そして筆者について言えば、従来通り自分で向きを変えながらEcho Showを使っていこうと思う。

関連記事:グーグルが7インチディスプレイの新型Nest Hub発表、Soliレーダーが睡眠トラッキング用途で復活

画像クレジット:Brian Heater


【原文】

Every new smart home device invites new questions. Questions of privacy, security and what we’re willing to give up for the sake of convenience. It’s not an anti-technology stance to welcome these conversations and assess new products as we invite them into our homes.

For my part, my apartment is fairly limited when it comes to smart home tech. I own two large smart speakers and a third smaller one, mostly for the convenience of networking streaming music across different rooms. My smoke detector is connected, for the peace of mind that comes with knowing that my home wasn’t on fire back when I used to leave it for extended stretches. Oh, and a couple of connected lightbulbs, mostly because why not?

Back when Google announced its first-party smart screen, the Home (now Nest) Hub, I thought it was a savvy decision to leave the camera off. Of course, the company included one on its larger Max device, so the option is there, if you want it. Of course, for most of these products, video cameras are a given — and understandably so, with smart screens like the new Echo Show 10 edging into the teleconferencing space as the line between work and home has become far more fuzzy for many.

Image Credits: Brian Heater

Amazon’s gotten the message here, with the addition of a large physical shutter button on the top of the device. When slid to the right, the camera on the top right is covered by a white lens cap, contrasted against the black bezel, so it’s easy to spot across the room. Doing so will pop up a notification: “Camera off. Disabling motion.”

The “motion” here refers to the rotating screen — the headline feature of Amazon’s latest take on the Echo Show format. The company is positioning the new tech as a game changer for the category, and while I will say it’s done a good job implementing the feature in a way that works well and quietly, it’s precisely this new addition that reignites the privacy question.

Image Credits: Brian Heater

The notion of creating a home device that fades into its surroundings is really out the window with that feature. The Echo uses figure tracking to make sure the display is facing you at all times when using it, drawing attention to itself in the process. One can inherently know and passively understand that a device is using imaging and AI for tracking, but largely effectively ignore it. After all, we’ve got cameras on pretty much everything now. These things are a part of the social media and services we regularly use. When the device physically follows you around the room, however, this stuff is top of mind.

Having used the product for several days, I would say the feature feels unnecessary in most cases — and downright unnerving in some. I’ve placed the Show on my desk next to the computer where I’m typing this, and I’ve mostly disabled the feature. It’s probably something I could get used to over time, but with the relatively limited amount I’m going to spend with it, I prefer to use the product in a stationary manner, manually swiveling the display and flipping the screen angle up and down as needed. I adjust screens all of the time. It’s fine.

Amazon will walk you through the feature during setup, including which direction you want the screen facing as a default and how much rotation it offers on either side. Keep in mind, the system really has no notion of what constitutes “straight ahead, until you adjust the setting sliders accordingly. You can adjust these later in settings, as well. There’s also a “Motion Preferences” option. Here you can limit the applications it will use to follow you, require voice to use the feature or disable it entirely.

Of course, I’m also someone who prefers to keep the camera shutter on while not in use, so that works out just fine. You can’t shutter the camera and have the device continue to move, since it needs to know what it’s seeing to move along with it. I will say that the moving screen has the unexpectedly nice side effect of reminding me when I’ve forgotten to disable the camera.

Amazon’s understandably — and thankfully — been talking up the privacy aspects since the Echo Show 10 was announced. There are eight mentions of “privacy” on the product page, but here’s the key graf:

Built with multiple layers of privacy controls, including a mic/camera off button and a built-in shutter to cover the camera. Easily turn on/off motion at any time by voice, on-device, or in the Alexa app. The processing that powers screen motion happens on device – no images or videos are sent to the cloud to provide the motion feature.

Image Credits: Brian Heater

Notably, the tracking feature uses a vague outline of a person, rather than any sort of facial tracking. The image it processes looks more like a blotchy heat map than anything recognizable as an individual or even, generally, a human (though it’s able to distinguish human figures from pets). That, in particular, has been a hot button topic for the company.

The rotating feature is primarily a way to reduce user friction. Amazon notes that existing Echo Show owners will swivel their devices around when they’re, say, using it in the kitchen to cook. The front-firing audio also moves as the screen does. That’s in keeping with the company’s move away from 360-degree audio in recent Echo models. This is either a plus or a minus, depending on how you use the device, and how many people are around. It can also be used to follow you as you move around while video calling (a feature the competition has offered through zooming and cropping).

Amazon’s taken pains in recent generations to improve the audio on these device, prioritizing the “speaker” part of smart speaker, and the new Show certainly benefits from that. I wouldn’t use it as my primary sound system, but sitting here on my desk, it delivers a nice, full sound for its size, even with the screen obscuring a big portion of the front.

The 10.1-inch screen is a nice size, as well. Again, I wouldn’t use it to replace a TV or even a good laptop, but it’s good size for quick videos. It’s a shame Amazon and Google haven’t been able to play nice here, because YouTube has the market cornered on short-form videos that are perfect for this form factor. (If you’re so inclined, you can still access YouTube via the built-in browser, though it’s not exactly an elegant solution.)

Image Credits: Brian Heater

Amazon Prime Video certainly has its share of good long-form content and series (it has a ton of trash, as well, but sometimes that’s fun, too), but Amazon’s best play is partnering with third-parties to bolster its offerings. And that’s another spot where Amazon has been improving the Echo experience. Netflix and Hulu are now available on the device for video, and Apple Music and Spotify have been added on the music side.

There are still a number of third-party apps that would be nice additions, but that’s a pretty solid starting point. Not to mention that services like Spotify can be set as the default for music playback. That’s one of those additions that genuinely reduces friction (and honestly, Amazon Music is a far less compelling service than Prime Video at the moment).

Zoom — arguably the most compelling addition from a software standpoint — is coming later. For now, calls are limited to other Alexa devices and Skype. Zoom and other third-party teleconference software has the opportunity to create an entire new dimension for these products, especially with the aforementioned blurring of home and work life.

Honestly, where the Show is currently sitting on my desk is really the perfect placement to use it for calls while working on my computer. I’m cautiously optimistic about the implementation. At the very least, it would give me a compelling reason to get more use out of that 13-megapixel camera on a regular basis.

Image Credits: Brian Heater

For the time being, I think the most compelling case to be made for both the camera and automatic screen swiveling is as a makeshift security camera. This is another “Coming Soon” feature that requires a Guard Plus subscription. With it, you can set a geofence, with the Show doubling as a smart security camera when you leave home. The system will send an alert if a person is detected in your home while you’re out.

This month has seen rumors that Amazon is working on a wall-mounted smart home hub. The form factor certainly makes sense, essentially serving as an Alexa-enabled touchscreen control for your various connected devices. For the time being, between Show and the Alexa mobile app, I think the bases are covered pretty well — though such a device could certainly lend a more premium experience to the space.

A well-placed Show will address that need for many. Certainly it does the job for my one-bedroom apartment. You can use voice or touch to control lighting, and the screen can monitor feeds from security cameras, including, naturally, Amazon-owned Ring. Additions like these have really made the smart screen category a much more compelling and capable one.

At $249, it’s $20 pricier than the 2018 Show. It’s hard to say how much of the increase is due to the new mechanical turning mechanism, but Amazon offered up a cheaper model without the functionality that’s almost certainly the one I would go for, for reasons outlined above. Again, not everyone will have the same misgivings.

And all told, it’s a well-constructed, nice addition to the Show family and one I don’t mind moving around the old-fashioned way.

(文:Brian Heater、翻訳:Dragonfly)

Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン

Amazon.co.jp 公式サイト。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)

Amazon.co.jp: プライム・ビデオ: Prime Video

Amazon.co.jp:プライム・ビデオ 全品無料配送(一部を除く)。当日お急ぎ便なら注文当日にお届け。コンビニ、ATM、代引きでのお支払いもOK。豊富な品揃えから毎日お安くお買い求めいただけます。

Amazon Music Unlimited | 7,000万曲の楽曲とポッドキャスト

ウェブプレイヤーで、お気に入りの楽曲やポッドキャストを見つけよう。Amazon Music Unlimitedでは、7,000万曲の豊富な楽曲をもとにセレクトしたプレイリストをお楽しみいただけます。

Amazonサインイン

続行することで、 Amazon の利用規約およびプライバシー規約に同意するものとみなされます。 ログインしたままにする 詳細 今すぐ、ご登録ください。 Amazon出品サービス フルフィルメント by Amazon Amazon Advertising 北米全体での ...

Amazonビジネス|法人・個人事業主様向け通販サービス

Amazonビジネスは、個人向けのAmazon.co.jpに、ビジネス向けの機能やサービスを追加した、あらゆる業種の調達・購買ニーズに対応する、法人・個人事業主様向けのEコマースです。ご登録は無料。ぜひ一度、お試しください。

Amazon出品サービス

ネット販売を始めるならAmazon。圧倒的な集客力で販売をサポート。簡単・安心な決済を提供。初心者でも簡単に出品可能15分でアカウント登録完了。

お問い合わせ — 購入者様 | Amazon Pay ヘルプ

さまざまなビジネスに 販売事業者様 寄附団体 パートナー 導入事例 Amazon Payとは?ふるさと納税 よくある質問 多様なお支払い方法 Web/Mobileでの決済 音声での決済 実店舗での決済 トピックス一覧 過去開催のセミナー動画 Amazon Pay

COMMENTS


11571:
2021-03-21 21:45

ディスプレイつきのスマートスピーカー欲しいなって前から少し思ってたんだけど、Googleネストハブが今めちゃくちゃ安いなあどうしよう🤔🤔🤔

11573:
2021-03-21 20:24

[amazon]ユーザーの動きに合わせスクリーンが回転するスマートディスプレイhoShow10 販売開始です!

11581:
2021-03-21 18:50

マジョカアイリスのスマート(気温に応じて適切な起動・終了コマンドを送る)リモコン化まであと一歩! あとはサブディスプレイのバックライトの制御と赤外線送信

11580:
2021-03-21 18:27

Amazonのディスプレイ付きスマートスピーカー『echo show 5』はエコーシリーズの決定版とも言える優れたデバイスです!

11572:
2021-03-21 15:47

Amazon【Amazon Echo Show 10】10.1型スマートディスプレイ ho azon

11576:
2021-03-21 12:32

【Amazonセール攻略情報】 狙い目商品をご紹介! ☑Echo Show 8 (エコーショー8) HDスマートディスプレイ with Alexa、チャコール セールはアマゾンガジェットが安いのでおすすめ! 9:09 AM

11575:
2021-03-21 09:30

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、折りたたみ機構を備えるAndroidスマートフォン「razr 5G」をソフトバンクから発売すると発表。6.2インチの有機ELディスプレイを備える「razr 5G」は、画面の真ん中から半分に折りたたむと片手で楽に持…

11578:
2021-03-21 08:55

【Amazonセール攻略情報】 狙い目商品をご紹介! ☑Echo Show 8 (エコーショー8) HDスマートディスプレイ with Alexa、チャコール セールはアマゾンガジェットが安いのでおすすめ! 7:09 AM

11579:
2021-03-21 07:11

寝室に置くスマートスピーカーどうしよ。 今持ってるGoogleに合わせるか、Amazonのにするか。 後はディスプレイの有無をどうするか。 寝室やったらディスプレイなしの音声のみで十分かな?

11574:
2021-03-21 03:23

・ディスプレイをダークモードに設定(有機EL搭載機のみ) ・省電力モードをONにする(パフォーマンスに影響のない程度で) ・電気が来ている場合はスマートフォン本体を充電しておく ・使用しない時は機内モードを活用する どうかお気をつけて...

11577:
2021-03-21 02:00

【Amazonタイムセール攻略情報】 おすすめ商品を紹介! ✅Echo Show 8 (エコーショー8) HDスマートディスプレイ with Alexa、チャコール アマゾンガジェットが半端なく安いのでおすすめ! ✅Ama…

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
IPA、「2020年度情報セキュリティに対する意識調査」倫理編および脅威編の報告書を公開
IT関連
2021-03-10 12:07
NEC、ホテル客室をサテライトオフィスとして活用するサービス提供
IT関連
2021-04-05 21:23
iOS用ドキュメント作成アプリCraftが約8.8億円調達、ブラウザベースエディターも提供予定
ソフトウェア
2021-04-04 00:00
フランスの10代向けチャレンジャーバンクVybeが約3.1億円調達
フィンテック
2021-04-11 13:16
別の世界のエイリアンと、別の名前のエイリアス トランプのエイリアン好きをバイデン大統領が正す? :IT基礎英語
トップニュース
2021-02-23 01:34
ソニーのスマートウォッチ「wena 3」がMAMORIO対応、置き忘れ防止通知・位置確認が可能に
ハードウェア
2021-02-04 10:02
Vertech Consulting、企業の開発現場で実務経験を積めるサービス「ギミジョブ」を提供中
IT関連
2021-02-19 00:18
Vue.js&Nuxt.js超入門
amazon
2021-02-19 00:18
「優しくゲーム上手なお兄さん」から一転、わいせつ自撮り要求 オンラインで関係濃密に
IT関連
2021-04-14 08:52
みずほ銀ATM障害、カードの2割が未返却 金融庁は報告命令
IT関連
2021-03-05 02:55
BaaSプラットフォーム運営のHIFが約16億円を調達、AI与信審査システム開発などを進める
フィンテック
2021-02-27 18:55
インド政府がソーシャルメディアやストリーミングサービス企業に厳しい新規制を発表
ネットサービス
2021-03-02 03:20
GMO、NFT事業に参入 マーケットプレースを後日オープン
企業・業界動向
2021-04-11 17:46
Google Cloudが次世代API管理プラットフォーム「Apigee X」を発表
ソフトウェア
2021-02-06 09:07
Microsoft Edgeの起動が高速に、バーティカルタブが利用可能に
ソフトウェア
2021-03-06 22:14
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
Udemy
2021-03-06 22:14