Rocket LabのベックCEOがより大きなロケットが必要な理由と株式公開の理由を語る

Rocket LabのベックCEOがより大きなロケットが必要な理由と株式公開の理由を語る サムネイル

今回は「Rocket LabのベックCEOがより大きなロケットが必要な理由と株式公開の理由を語る」についてご紹介します。

関連ワード (Rocket Lab、インタビュー等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


米国時間3月1日月曜日、Rocket Labは多くのニュースを発表した。SPAC(特別買収目的会社)との合併による株式公開がその1つであり、またより重量のあるペイロードにも対応できる新しい大型打ち上げロケットであるNeutron(ニュートロン)の建造も発表された。Rocket Labの創設者兼CEOであるPeter Beck(ピーター・ベック)氏に、なぜ今ニュートロンなのか、そしてなぜ同時に株式公開しようとしているのかを聞いた。当然のことながら、この2つは密接に関連している。

関連記事
・ロケット打ち上げのRocket LabがSPAC合併で上場へ、企業価値4370億円に
・Rocket Labが再利用可能な衛星打ち上げ用大型ロケットを発表、最大積載量8トン

「当社は多くのクライアントのためにElectron(エレクトロン、Rocket Labの現在の小型打ち上げロケット)を飛ばして利益を得ています。また、メガコンステレーションを含む多くの宇宙探査機に資材を供給する宇宙システム部門もあります」と、ベック氏は語る。「多くの、さまざまなクライアントと非常に強い関係を築いていることから、業界の今後、そして問題点について独自のインサイトを得ることができると思っています」。

再利用可能な2段式ロケット、ニュートロンの開発にもこれらの問題点が意識されている。ベック氏はかつて打ち上げロケット市場のニーズについて別の考えを持っていたが、Rocket Labでは、エレクトロンを部分的に再利用可能にすることで、その過去の考えと決別したかたちだ。そして、同社はさらにこの新たなコンセプトを前進させており、ニュートロンではSpaceX(スペースX)のFalcon9(ファルコン9)のように、1段目のブースターが地球に戻り、海に配置されたプラットフォームに着陸するかたちとなる。しかし、Rocket Labによるエレクトロンの開発以降、市場はエレクトロンのもたらした成果により変化してきた。

「ニュートロンは2つの個別の要因が発端となり開発されました。1つは、現在の市場におけるニーズです。また、近い将来、ニュートロンは、地球を回る人工衛星、計画途上にある人工衛星の90%以上を打ち上げることになります。これらの衛星は、80%がメガコンステレーション用です。多くのクライアントと話をするうちに、市場が本当に必要としているのはメガコンステレーション構築用のマシーンであることが明らかになりました」。

ベック氏は、このような市場のニーズと、ほとんどの大型ロケットの積載量が最大積載量の半分であったことを示す現在までの分析を組み合わせた結果、ニュートロンの8トンという積載量が決まった、と話す。ほぼ毎回、最大積載量での打ち上げを行う必要があるとはいえ、将来に至るまで、ほぼすべての衛星における大量のニーズを満たすこともできる。

「エレクトロン開発の道のりは厳しいものでした。私がElon Musk(イーロン・マスク)氏に強く同意することの1つは、ロケット開発の最も難しい過程は実際のスケーリング(規模拡大)の過程だということです。ロケットを軌道に乗せるのも簡単ではありませんが、製造を実際にスケーリングするのは途方もなく難しいことです。幸いなことに、私たちはそのすべてを経験してきました。製造とは製品だけではなく ERPシステム、品質システム、財務、サプライチェーンなど、さまざまなものを内包します。これらのインフラすべてを構築する必要がありました」。

エレクトロンとニュートロンは、工場、製造プロセス、インフラストラクチャの他、コンピューティングやアビオニクスなど、サイズに依存しない要素を共有している。エレクトロン打ち上げの許可を取得するまでの作業の多くはニュートロンにも適用できるので、エレクトロンの開発から打ち上げ、飛行までに必要だったコストと時間に比較して相当の節約になる、とベック氏は指摘する。Rocket Labは、エレクトロンを製造するプロセスを経て、全体的なコストにフレキシブルに対応しており、これは必ずニュートロンでの競争力に反映される、とベック氏はいう。

「エレクトロンの価格は750万ドル(約8億円)です。そのため、私たちは物事を極めて効率的に行う方法を見つける必要がありました」とベック氏。「価格が750万ドルでは、飛行安全分析やペイロード環境分析などに200万ドル(約2億2000万円)を費やすことはできません。このコストを償却できるのは6000万~8000万ドル(約65億〜87億円)のロケットでしょう。そのため、私たちはすべてを非常に効率よく進める必要がありました。さらに、ここまでの過程には、システムだけではなく、基本的なロケットの設計が含まれています。私たちが学んできたことをすべてをニュートロンに適用すれば、非常に競争力のある製品を市場に投入できると信じています」。

SPACとの合併に関して、ベック氏は株式公開という決断は2つの理由に要約されると話す。1つ目は、ニュートロンの開発や「その他の」プロジェクト必要な資金を調達すること。もう1つは、一種の「公的通貨」を獲得して、Rocket Labが達成したいと考えているビジネス面での買収を行うこと。従来のIPOではなくSPACとの合併を決断した理由の根本には、効率と固定資本目標がある、とのことだ。

「当時、IPOに向けた計画を進める中で、私たちの念頭にあったのは自社のことだけでした。しかし非常に多くのSPACパートナー候補が当社に強い関心を持っていることがわかったのです」とベック氏は私に語った。「最終的には、タイムラインのバランスを考え、SPACとの合併が当社がやりたいことを進める能力を加速させてくれると判断しました。なぜなら、ご指摘のように、SPACとの合併によりプロセスを合理化できるだけでなく、収益の確実性も確保されるからです」。

SPACとの合併が完了すると、Rocket Labは約7億5000万ドル(約817億円)をキャッシュで持つことになる。SPACルートの利点の1つに、調達する金額がその日の株価に依存しないことが挙げられる。ベック氏とRocket Labは、合併完了に向け予期せぬ障壁や障害を排除しつつ、約7億5000万ドルを手にし、計画に組み込むことができる。

「現在私たちには必要とする資本があり、準備もできています。つまり、Rocket Labには強力な実行力があるということです」とベック氏は語る。「Rocket Labの歴史において、これまでに実行したすべてを合計しても、数億ドルの資金しか調達していません。したがって、7億5000万ドルを調達したことで、大きなことができると期待しています」。

画像クレジット:Rocket Lab


【原文】

Rocket Lab packed a ton of news into Monday to kick off this week: It’s going public via a SPAC merger, for one, and it’s also building a new, larger launch vehicle called Neutron to support heavier payloads. I spoke to Rocket Lab founder and CEO Peter Beck about why it’s building Neutron now, and why it’s also choosing to go public at the same time. Unsurprisingly, the two things are tightly linked.

“We have the benefit of flying Electron [Rocket Lab’s current, smaller launch vehicle] for a lot of customers. and we also have a Space Systems Division that supplies components into a number of spacecraft, including some of the mega constellations,” Beck told me. “So we have very strong relationships with a lot of different customers, and I think we get unique insight on where the industry is going, and where the where the pain points are.”

Those pain points informed Neutron, which is a two-stage reusable rocket. Rocket Lab already broke with Beck’s past thinking on what the launch market needed by developing partial reusability for Electron, and it’s going further still with Neutron, which will include a first stage that returns to Earth and lands propulsively on a platform stationed at sea, much like SpaceX’s Falcon 9. But the market has shifted since Rocket Lab built Electron — in part because of what it helped unlock.

“The creation of Neutron came from two discrete factors: One, the current need in the marketplace today. Also, if you project it forward a little bit, Neutron will deliver the vast majority — over 90% of — all the satellites that are around or in some form of planning. And if you look at those satellites, 80% of them are megaconstellations by volume. So, in talking with a bunch of different customers, it was really, really apparent that a megaconstellation-building machine is what the market really needs.”

Beck says that combining that market need with a historical analysis that showed most large launch vehicles have taken off half-full resulted in them arriving at Neutron’s eight metric ton (just over 17,600 lbs.) total cargo mass capacity. It should put it in the sweet spot where it takes off full nearly every time, but also can still meet the mass requirement needs of just about every satellite customer out there, both now and in the future.

“We’re covered in scars and battle wounds from the development of Electron. The one thing that Elon and I agree on very strongly is by far the hardest part of a rocket is actually scaling it — getting to orbit is hard, but actually scaling manufacturing is ridiculously hard. Now, the good news is that we’ve been through all of that, and manufacturing isn’t just as product on the floor; it’s ERP systems, quality systems, finance, supply chain and so on and so forth. So all that infrastructure is is built.”

In addition to the factory and manufacturing processes and infrastructure, Beck notes that Electron and Neutron will share size-agnostic elements like computing and avionics, and much of the work done to get Electron certified for launch will also apply to Neutron, realizing further cost and time savings relative to what was required to get Electron up and flying. Beck also said that the process of making Electron has just made Rocket Lab extremely attuned to costs overall, and that will definitely translate to how competitive it can be with Neutron.

“Because electron has a $7.5 million sticker price, we’ve just been forced into finding ways to do things hyperefficiently,” he said. “If you’ve got a $7.5 million sticker price, you can’t spend $2 million on flight safety analysis, payload environmental analysis, etc. — you just can’t do that. With a $60 million or $80 million vehicle you can amortize that. So we’ve kind of been forced into doing everything hyperefficiently. And it’s not just systems; it includes fundamental launch vehicle design. So when we apply all of those learnings to Nutron, we really feel like we’re gonna bring a highly competitive product to the marketplace.”

As for the SPAC merger, Beck said that the decision to go public now really boils down to two reasons: The first is to raise the capital required to build Neutron, as well as fund “other” projects. The other is to acquire the kind of “public currency” to pursue the kinds of acquisitions in terms of business that Rocket Lab is hoping to achieve. Why specifically pursue a SPAC merger instead of a traditional IPO? Efficiency and a fixed capital target, essentially.

“We were actually sort of methodically stepping toward an IPO at the time and, we were just sort of minding our own business, but it was clear we were pursued very vigorously by a tremendous number of potential SPAC partners,” Beck told me. “Ultimately, on the balance of timelines, this just really accelerated our ability to do the things we want to do. Because, yes, as you pointed out, this kind of streamlined the process but also provided certainty around proceeds.”

The SPAC transaction, once complete, will result in Rocket Lab having approximately $750 million in cash to work with. One of the advantages of the SPAC route is that how much you raise via the public listing isn’t reliant on how the stock performs on the day — Beck and company know and can plan on that figure becoming available to them, barring any unexpected and unlikely barriers to the transaction’s closing.

“Having all the capital we need, sitting there ready to go, that really sets us up for a strong execution,” he said. “If you look at Rocket Lab’s history, we’ve only raised spend a couple of hundred million dollars to date, within all the things we’ve done. So capitalizing the company with $750 million — I would expect big things at that point.”

Early Stage is the premiere ‘how-to’ event for startup entrepreneurs and investors. You’ll hear firsthand how some of the most successful founders and VCs build their businesses, raise money and manage their portfolios. We’ll cover every aspect of company-building: Fundraising, recruiting, sales, legal, PR, marketing and brand building. Each session also has audience participation built-in — there’s ample time included in each for audience questions and discussion.

(文:Darrell Etherington、翻訳:Dragonfly)

Rocket Lab - Wikipedia

Rocket Lab is a private American aerospace manufacturer and small satellite launch service provider with a wholly owned New Zealand subsidiary. It developed a sub-orbital sounding rocket named Ātea and currently operates a lightweight orbital rocket known as Electron, which provides dedicated launches for smallsats and CubeSats.It is developing a new medium-lift launch vehicle named Neutron.

Live coverage: Rocket Lab launches small satellites from ...

Live coverage of the countdown and launch of a Rocket Lab Electron rocket from Launch Complex 1 on Mahia Peninsula in New Zealand carrying six small satellites for customers in Australia and the ...

[Update: Launched!] Rocket Lab prepares for next Electron ...

Rocket Lab is preparing for the 19th Mission of Electron later today, at 6:30pm ET. The rideshare launch will deliver 7 satellites to orbit.

UPDATE: They Go Up So Fast… Rocket Lab Enjoys A Six ...

The Rocket Lab launch team is gearing up for the company's 19 th mission, that being a rideshare launch taking place from Rocket Lab Launch Complex 1 on New Zealand's Mahia Peninsula as early as tomorrow, March 22, with the launch window ranging from 22:20 to 23:30 UTC, 18:20 to 19:30 ET and 15:20 to 16:30 PT, and March 23, from 11:20 to 12:30, New Zealand Time.

Rocket Lab Launches 19th Electron Mission - Parabolic Arc

Rocket Lab founder and CEO, Peter Beck, says: "Congratulations and welcome to orbit for all of our customers on Electron. Reaching more than 100 satellites deployed is an incredible achievement for our team and I'm proud of their tireless efforts which have made Electron the second most frequently launched U.S. rocket.

Rocket Lab Successfully Launches 19th Electron, Deploys ...

Rocket Lab Successfully Launches 19th Electron, Deploys 100th Satellite

Space Stocks: Why HOL, VACQ, NPA, SRAC and MAXR Are ...

Space stocks like VACQ stock and HOL stock are rallying ahead of the Rocket Lab launch and the debut of the ARKX ETF.

Rocket Lab Electron | They Go Up So Fast — Geoff Barrett ...

The 'They Go Up So Fast' mission will be Rocket Lab's 19th Electron launch and it's second for 2021, lifting-off from Launch Complex 1 on New Zealand's Māhia Peninsula deploying a range of satellites for commercial and government satellite operators.

Rocket Lab launches smallsat rideshare mission

The launch was the first for Rocket Lab since it announced March 1 its intent to go public through a merger with Vector Acquisition Corporation, a special-purpose acquisition corporation. That deal, expected to close in the second quarter, will provide Rocket Lab with about $750 million in capital and value the company at $4.1 billion.

Rocket Lab's controversial payload set for launch - The ...

Rocket Lab's most controversial Mahia launch to date is scheduled to take place from tomorrow. The US-based space company will open daily launch windows from 11.20am tomorrow through to March 31. The mission, dubbed They Go Up So Fast, will deploy a range of satellites for commercial and government ...

Rocket Lab launches smallsat rideshare mission - Daily ...

WASHINGTON — Rocket Lab launched six smallsats for a variety of commercial and government customers March 22 on a mission also intended to demonstrate the performance of its own smallsat bus. The company's Electron rocket lifted off from Launch Complex 1 at Mahia Peninsula, New Zealand, at 6:30 p.m. Eastern. The rocket deployed its kick

Rocket Lab launches 7 satellites to orbit - World Future ...

A Rocket Lab Electron booster launches from New Zealand on the "They Go Up So Fast" mission on March 22, 2021. (Image credit: Rocket Lab) "They Go Up So Fast" was the 19th Electron launch overall, and its seven payloads bring the total number of satellites lofted by the 58-foot-tall (18 meters) booster to 104, Rocket Lab representatives said.

Rocket Lab launches controversial satellite tv for pc from ...

Rocket Lab launches controversial satellite tv for pc from Māhia website %

Rocket Lab Launches Seven Small Satellites To Orbit ...

Rocket Lab just launched seven small satellites to orbit, including one of its own spacecraft designed for future missions to Venus and moon.

They Go Up So Fast… Rocket Lab Launch Update…

The Rocket Lab launch team is gearing up for the company's 19 th mission, that being a rideshare launch taking place from Rocket Lab Launch Complex 1 on New Zealand's Mahia Peninsula as early as tomorrow, March 22, with the launch window ranging from 22:20 to 23:30 UTC, 18:20 to 19:30 ET and 15:20 to 16:30 PT, and March 23, from 11:20 to 12:30, New Zealand Time.

The risks of Rocket Lab's military links - The Gisborne Herald

No Rocket Lab-launched satellites have or enable nuclear capabilities. New Zealand has one of the most stringent regulatory regimes in the world for payload permitting. This robust oversight ensures space activity in New Zealand operates safely and securely and preserves New Zealand's national interests.

Rocket Lab Is Ready To Launch SPAC and Satellite: What ...

The Rocket Lab launch will also operate on orbit as a risk reduction demonstration to build spacecraft heritage ahead of a planned mission to the moon later in 2021 and Venus in 2023. "Photon Pathstone will demonstrate power management, thermal control and attitude control subsystems, as well as newly integrated technologies including deep ...

Rocket Lab launches smallsat rideshare mission - Los ...

WASHINGTON — Rocket Lab launched six smallsats for a variety of commercial and government customers March 22 on a mission also intended to demonstrate the performance of its own smallsat bus. The company's Electron rocket lifted off from Launch Complex 1 at Mahia Peninsula, New Zealand, at 6:30 p.m. Eastern. The rocket deployed its kick

Rocket Lab launches 7 satellites to orbit | Infinity CS News

Rocket Laboratory simply released 7 little satellites to Earth orbit, consisting of among its own spacecraft developed to assist Rocket Lab launches 7 satellites to orbit | Infinity CS News Tuesday, March 23, 2021

Rocket Lab Successfully Launches 19th Electron, Deploys ...

LONG BEACH, Calif.--(BUSINESS WIRE)--Rocket Lab, a number one launch supplier and house techniques firm, has efficiently launched its nineteenth Electron Rocket Lab Successfully Launches 19th Electron, Deploys 100th Satellite - Cyber Biz Source

Rocket Lab is launching 7 satellites tonight! Here's how ...

Rocket Lab will launch seven satellites to Earth orbit today (March 22), and you can watch the action live.. A Rocket Lab Electron booster is scheduled to lift off from the company's New Zealand launch site today at 6:30 p.m. EDT (2230 GMT), on a mission dubbed "They Go Up So Fast."

Rocket Lab Launch Complex 1 - Wikipedia

Rocket Lab Launch Complex 1 (also known as Mahia Launch Complex or Spaceport) is a commercial spaceport located close to Ahuriri Point at the southern tip of Mahia Peninsula, on the east coast of New Zealand's North Island.It is owned and operated by private spaceflight company Rocket Lab and supports launches of the company's Electron rocket for CubeSat nanosatellites.

Rocket Lab is launching 7 satellites tonight! Here's how ...

Rocket Lab will launch seven satellites to Earth orbit immediately (March 22), and you'll watch the motion stay.A Rocket Lab Electron booster is scheduled

Can you still spell space without SPAC? : by Jeff Foust ...

For Bessemer Venture Partners, March 1 was a red-letter day. Specifically, the letters S, P, A and C. In separate announcements only minutes apart on that Monday morning, two space companies that Bessemer had invested in, Rocket Lab and Spire, announced deals to go public through mergers with special-purpose acquisition corporations, or SPACs. The mergers would ...

PDF Launch Information

Rocket Lab on Twitter@RocketLab •Listen on VHF Ch 79 when on thewater •Call us on 0800 110 623. A. 39° 12' S 177° 51' E B. 39° 12' S 178° 00' E C. 39° 18' S 178° 27' E D. 39° 30' S 178° 27' E E. 39° 18' S 177° 48' E F. 39° 15' S 177° 48' E ...

2021 March Rocket Launch Schedule - Orbital Today

Primacy of Private Space - SpaceX, RocketLab, Virgin Orbit, One Web, and Firefly Aerospace Alpha are all planning March rocket launches.

Copenhagen Suborbitals launch history and upcoming ...

How a private non-commercial organization from Denmark is moving towards sending the first amateur astronaut into space on its own rocket.

インタビュー:日経ビジネス電子版

話題の人物は何を考え、何を語るのか。ビジネスパーソンが知るべき話題に専門家はどのような見解を示しているのか。『日経ビジネス』が、旬のキーパーソンに迫ります。

紗倉まなロングインタビュー!「私が10年間セクシー女優を続けてこられた理由」:同級生、のちセクシー女...|テレ東プラス

3月30日(火)深夜0時30分からは「同級生、のちセクシー女優」を放送! リポーターの大島麻衣が、10年に渡り、トップセクシー女優として君臨する紗倉まなと共に、紗倉の聖地を巡る女子旅へ。18歳でAV…

【インタビュー】大泉洋がいま最も求められる理由 "オモシロ"と"怪演"のはざまを渡り歩く男の矜持 | 朝日新聞 ...

いま、日本で一番“笑い”を求められる俳優である。俳優としての映画やドラマへの出演はもちろんのこと、バラエティ、さらには年末の紅白歌合戦の司会まで務めるなど、コロナ禍にあっても引っ張りだこの大泉洋。恐怖や不安が社会を覆ういま、観客、視聴者を笑顔にすべく、この男が強く求められるのだろう。 周りを楽しませるサービス精神「四六 […]

【インタビュー】大泉洋がいま最も求められる理由 "オモシロ"と"怪演"のはざまを渡り歩く男の矜持 ...

俳優としての映画やドラマへの出演はもちろんのこと、バラエティ、さらには年末の紅白歌合戦の司会まで務めるなど、コロナ禍にあっても引っ張りだこの大泉洋。

ひろゆき氏激白「休日にお金を使いすぎる人はバカ」 | 東スポのインタビューに関するニュースを掲載

 お金をできるだけ使わずに生きる方法は本当にあるのか? インターネット「2ちゃんねる」元管理人、そして「ニコニコ動画」の命名者として知られる、ひろゆきこと西村博之氏(43)の著書「これから生きるための…

インタビュー | Skream! 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

オルタナティブ・ロック、ダンスロック、エレクトロを中心に、洋楽ロック、邦楽ロックのインタビューを配信していきます。

《インタビュー》世界一お洒落な男たちの「美学」 サプールは、なぜ高級ブランドに身を包むのか | Monoco

日本とほぼ同じ面積を持つ国が、アフリカ大陸にある。コンゴ共和国は、世界最貧国の一つと言われ、国民の平均月給は2万5000円。3割の人々が1日の生活費を130円以下で暮らす。その貧しさの中で、年収の平均4割を海外の高級ブランド服に使う、”世界一お洒落な男たち”と呼ばれる集団がいる。

英ヘンリー王子夫妻のインタビュー、英国市民の大半が「不適切」と回答=世論調査 - Sputnik 日本

米国の有名なテレビ番組司会者、オプラ・ウィンフリーさんが英国のサセックス公爵夫妻(ヘンリー王子とメーガン妃)に行ったロングインタビューの内容について、英国人のおよそ大半が「不適切」と考えていることが分かった。市場調査を行う英YouGov社の調べで明らかになった。

ヨルシカ | Skream! インタビュー 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

ヨルシカ初のフル・アルバム<a href="#interview">『だから僕は音楽を辞めた』</a>が素晴らしい。今作でコンポーザーのn-bunaがテーマに掲げたのは、"音楽を辞めた青年"の物語だ。今作は、音楽を辞めることを決意した青年がスウェーデン近郊の街で過ごした1年間の旅の中で綴った楽曲を、ひとりの女性=エルマに宛てて贈るというコンセプトで完成させた内容になっている。ピアノをフィーチャーした美しくも衝動的なバンド・サウンドに乗せて、青年の想いが私小説のような手法で綴られていく。音楽家は売れる曲を作るべきなのか、芸術であるべきなのか。なんのために音楽を作るのか。数年前までn-buna自身が悩んでいた事柄をモチーフにした題材は、真に迫るリアリティをもってリスナーを物語の世界へと引きずり込む。

日本インタビュ新聞 株式投資情報

株式投資情報(速報版)は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットによる株式投資の経済新聞。 - 日本インタビュ新聞 株式投資情報

松岡茉優、インタビュー中にハプニング!?山崎賢人のトーク中断「ごめんなさい、今日はず〜と」 | | Coconuts

4月13日放送の「バゲット」(日本テレビ系)では、青木源太アナウンサーが、映画「劇場」で共演する山﨑賢人さんと松岡茉優さんにインタビューを実施。インタビュー中に起きた"まさか"のハプニングが話題となりました。 (画像:時事通信フォト)

孫正義氏「人間は皆同じ。いくらでもはい上がれる」:日経ビジネス電子版

孫正義ソフトバンクグループ会長兼社長インタビューの全文公開の最終回。孫会長は米国の大学を卒業後に帰国し、それまで使っていた「安本」という日本の名字から、先祖代々の「孫」という名字に切り替えた。親族や親戚が猛反対するなか、自ら在日韓国人であることを明かし、「孫正義」として日本ソフトバンクを設立した。それからおよそ40年。世界で最も知られる日本の経営者となった。インタビューの最後に、日本に対する思いを聞いた

パラオ大統領、対台湾関係重視 「友人を選ぶ自由がある」=インタビュー (2021年3月23日) - エキサイトニュース

(シンガポール中央社)中華民国(台湾)と外交関係を結ぶ太平洋の島国パラオのスランゲル・ウィップス大統領は22日、リモートで中央社の単独インタビューに応じ、台湾との関係を重視する姿勢を強調した。ウィップ...

【インタビュー】大泉洋がいま最も求められる理由 "オモシロ"と"怪演"のはざまを渡り歩く男の矜持(2021年3月22 ...

いま、日本で一番“笑い”を求められる俳優である。俳優としての映画やドラマへの出演はもちろんのこと、バラエティ、さらには年末の紅白歌合戦の司会まで務めるなど、コロ...(1/6)

『イヤーブック2021完全版|ヴォルティススタジアム連動企画』岩尾憲選手インタビュー : ヴォルティススタジアム

2021年3月21日。J1ホーム初勝利。そして、今季初勝利。クラブ年表に刻まれましたね!○イヤーブック2021完全版|ヴォルティススタジアム連動企画岩尾憲選手インタビューイヤーブック2021のページ内で予告してありましたが、スペースの都合で掲載しきれなかった岩尾選手のインタビュー完全版を公開いたします。取材時期はお正月

ホームページ 一時停止のお知らせ:国連unhcr協会

国連unhcr協会のウェブサイトはサービス向上のため、以下日時でシステムメンテナンスを実施しております。

【独自】ワクチン一般向け接種、4月下旬にも可能…河野行革相インタビュー : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

「河野行革相インタビュー、主なやりとり」はこちら 河野行政・規制改革相は22日、読売新聞のインタビューで、人口の少ない小規模自治体では4月下旬にも新型コロナウイルスワクチンの一般向け接種が可能になるとの見通しを示した。

【業界初】VR体験を取り入れた「インタビュートレーニング講座」をリリース:イザ!

株式会社YOSCA駆け出しライター、企業の広報担当者の方へ。インタビュー初心者のための、自宅で手軽に学べるVRトレーニング講座を2021年3月22日に開講いたし…

【インタビュー】成瀬竣平「プロ3年目の決意」 | インサイド・グランパス

「INSIDE GRAMPUS (インサイド・グランパス)」は、名古屋グランパス自らの手で、クラブのINSIDEからチームや選手、クラブの情報を、ファン・サポーターの皆さんへ届けます。

【インタビュー】「ラン・フォー・ユア・ワイフ」新垣里沙 事務所から独立しフリーに「いろいろなことにチャレンジしていき ...

世界で愛され続ける海外戯曲を上演するユニット「SHYBOYプロデュース」の第3弾公演「ラン・フォー・ユア・ワイフ」が4月7日から上演される。本作は、主人公のタク…(2021年3月22日 15時25分59秒)

韓国の徐旭国防相、日本との防衛協力強化の可能性示唆-インタビュー - Bloomberg

米国の同盟国である日韓両国が北朝鮮の脅威などに対抗する地域安全保障の増強に取り組む中で、韓国の徐旭国防相は日本との防衛協力を強化する可能性があると示唆した。自衛隊と韓国軍の交流は現在、中断した状態となっている。

インタビュー|設定・プロット小説|沙里央 - 小説投稿エブリスタ

沙里央. 2010.5.17に登録の元読み専。 フォロー. 41作品・ 0フォロー・ 30フォロワー

インタビュー - 量子科学技術研究開発機構

qstダイバーシティ担当理事へインタビュー . インタビュー全文. 瀧原監事インタビュー. インタビュー全文

【業界初】Vr体験を取り入れた「インタビュートレーニング講座」をリリース - 立川経済新聞

立川経済新聞は、広域立川圏のビジネス&カルチャーニュースをお届けするニュースサイトです。イベントや展覧会・ライブなどのカルチャー情報はもちろん、ニューオープンの店舗情報から地元企業やソーシャルビジネスの新しい取り組み、エリアの流行・トレンドまで、地元のまちを楽しむ「ハッピーニュース」をお届けしています。

【業界初】Vr体験を取り入れた「インタビュートレーニング講座」をリリース - シブヤ経済新聞

シブヤ経済新聞は、広域渋谷圏のビジネス&カルチャーニュースをお届けするニュースサイトです。イベントや展覧会・ライブなどのカルチャー情報はもちろん、ニューオープンの店舗情報から地元企業やソーシャルビジネスの新しい取り組み、エリアの流行・トレンドまで、地元のまちを楽しむ「ハッピーニュース」をお届けしています。

『騙し絵の牙』大泉洋 単独インタビュー|シネマトゥデイ

役者は人生を懸けた壮大なギャンブル取材・文:坂田正樹 写真:橋本龍二俳優の大泉洋を主人公に当て書きした塩田武士の小説を、『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八監督が映画化した『騙し絵の牙』。

【業界初】VR体験を取り入れた「インタビュートレーニング講座」をリリース - CNET Japan

インタビューの基本知識を学習できる2d動画による講義と、学んだ知識を実践するvr動画による講義の二本立てとなっています。 インタビューの ...

【業界初】Vr体験を取り入れた「インタビュートレーニング講座」をリリース - 中野経済新聞

中野経済新聞は、広域中野圏のビジネス&カルチャーニュースをお届けするニュースサイトです。イベントや展覧会・ライブなどのカルチャー情報はもちろん、ニューオープンの店舗情報から地元企業やソーシャルビジネスの新しい取り組み、エリアの流行・トレンドまで、地元のまちを楽しむ「ハッピーニュース」をお届けしています。

江副悟史 - しかくインタビュー

インタビューが始まった時、もともと僕は司会とスタッフだけ担当しており、この時は待機時間のためとても暇だったんです。 その時スタッフから「暇なら審査員をやってくれ」と仕事を振られて、え、自分でいいんですか?

【業界初】Vr体験を取り入れた「インタビュートレーニング講座」をリリース - 池袋経済新聞

池袋経済新聞は、広域池袋圏のビジネス&カルチャーニュースをお届けするニュースサイトです。イベントや展覧会・ライブなどのカルチャー情報はもちろん、ニューオープンの店舗情報から地元企業やソーシャルビジネスの新しい取り組み、エリアの流行・トレンドまで、地元のまちを楽しむ「ハッピーニュース」をお届けしています。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Zホールディングス、外部有識者による特別委員会を設置 LINEのデータ管理問題で
企業・業界動向
2021-03-20 14:31
DisneyとDiscoveryの元幹部が「ストリーミングサービスのClassPass」Struumを今春ローンチ
IT関連
2021-02-26 23:56
Elasticsearchのコミュニティ主導フォーク「OpenSearch」がリリース
IT関連
2021-04-14 22:39
ニオイを可視化する「小型ニオイセンサー」のアロマビットが3億円調達、高度化技術開発と量産化加速
ハードウェア
2021-02-10 09:02
グーグルがモバイル検索のデザインを変更、違いはわずかだがよりわかりやすくモダンに
ネットサービス
2021-01-24 18:47
セールスフォース、グローバルなワクチン管理を支援する「Vaccine Cloud」発表
IT関連
2021-01-28 22:02
教師データ1個で精度90%以上の行動分析AI 富士通が開発、製造業向けに
ロボット・AI
2021-02-19 15:15
Vue.js&Nuxt.js超入門
amazon
2021-02-19 15:15
反トラスト法に阻まれてVisaがPlaid買収中止、フィンテック関係者に落胆の声が広がる
フィンテック
2021-01-15 17:37
Twitterにも変化が訪れるのだろうか?
ネットサービス
2021-01-28 10:58
いびきを抑えるバンド、フィリップスが発売
くらテク
2021-01-22 14:59
(たぶん)日本初、Clubhouseで決算説明会 東証1部・GMOペパボが開催 「社長がきのう突然……」
ネットトピック
2021-02-04 15:43
Clubhouseでコンデンサーマイクを使える「iRig Pre 2」登場
イラスト・デザイン
2021-02-19 17:18
ダブリンのVC「Frontline Ventures」がB2Bスタートアップ向けファンドに89億円調達
VC / エンジェル
2021-02-08 21:15
愛国者の拠点となったソーシャルメディアParlerのAWS復帰要求を裁判所が却下
ネットサービス
2021-01-23 23:13
業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro オンライン講座
Udemy
2021-01-23 23:13