フェイスブックがClubhouseクローンのライブ音声SNS機能を開発中

フェイスブックがClubhouseクローンのライブ音声SNS機能を開発中 サムネイル

今回は「フェイスブックがClubhouseクローンのライブ音声SNS機能を開発中」についてご紹介します。

関連ワード (Clubhouse、Facebook、音声ソーシャルネットワーク等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


2021年2月に入ってNew York Timesは「FacebookがClubhouseのライバルを準備している」と報じた。しかしそのプロダクトがどのようなものになるのか、具体的な機能といった詳細は不明だったが、Alessandro Paluzzi(アレッサンドロ・パルッツィ)氏が開発中のFacebookのオーディオSNSのものと思われるスクリーンショットをTwitterで公開した。印象としてはスタンドアロンのアプリというより既存のMessenger Roomsの強化、拡大版のように見える。ライブでの音声ストリーミングと思われる機能も写っていた。

FacebookはTechCrunchに対し、この画像が同社の「音声配信サービス分野での実験的な取り組み」のものであることを確認したが、同時に「現時点では現実のプロダクトにはなっていない」と注意した。

同社では「この画像からプロダクトの機能の詳細を導き出そうとしても不正確になる」と述べた。もちろん、実際のプロダクトが開発中のものと大きく異なるものとなることはよくある。今後の正式リリースまでにどんな変化もあり得る。

しかし、この画像はFacebookがライブオーディオについてどのように考えているかをある程度明らかにする。また同社のソーシャル体験のどの部分に配置されるかを示しており、詳しく検討する価値がある。

リバースエンジニアリングは、コードを詳しく調べてさまざまな開発段階にある未発表のプロダクトを発見する。この写真を公開したパルッツィ氏はモバイルアプリ開発者で、リバースエンジニアリングの専門家だ。FacebookのAndroidアプリのコードを解析していてライブオーディオ機能やそのユーザーインターフェイスが実験されているのを見つけた。これまでパルッツィ氏が発見したコードの中には、廃棄されて日の目を見なかったものもあれば、最終的に配信されたものもある。

画像クレジット:Alessandro Paluzzi

今回共有された画像にはZoomのライバルとなるべく2020年5月にスタートしたFacebook Roomsのライブオーディオ機能も写っている。当時人々はビデオチャット機能を熱烈に求めていた。しかしパンデミックとともにZoomビデオが隅々まで浸透するにつれ、我々は「Zoom疲れ」を起こしてしまった。現在、人々は動画スクリーンを消して音声のみのClubhouseに熱中し始めている。

関連記事:FacebookがZoom対抗のグループビデオチャット「Messenger Rooms」を世界展開へ

現在、FacebookユーザーはMessengerまたはFacebook本体からMessenger Roomsを作成できるが、これは簡単にいえばグループビデオチャットだ。つまり友人、家族がリモートで時間を共有したり、Facebookの動画を共同視聴したりできる。しかしFacebook Roomの参加者は最大50人という制限があり、YouTubeライブのような大規模なストリーミングプロジェクトはできない。

関連記事:FacebookがMessengerで友達と一緒にビデオを見る新機能「Watch Together」を公開

新しいスクリーンショットではRoomsの機能が拡張されている。Roomsには3つの異なるタイプがあり、現在と同様のプライベートビデオルーム、パブリックビデオルーム、プライベートオーディオルームのいずれかを選択できる。プライベートオーディオルームは友人グループとボイスチャットをするための場所であり、ライブオーディオルームは、大勢のリスナーに向けていわばラジオ放送を公開することができる。

画像クレジット:Alessandro Paluzzi

ライブオーディオルームには専用のリンクが与えられ、参加者はMessenger、Facebookタイムライン、Facebookグループなど、Facebookのあらゆるソーシャルメディアやウェブにリンクを貼って宣伝することができる。

一方、ライブオーディオルーム(パルッツィ氏はザッカーバーグ氏の顔写真をダミーに使ってUIのモックアップを作った)はとてもClubhouseに似ている。発言者はルームの上部に、大きな丸いプロフィール写真で表示される。ルームのリスナーはその下に表示されます。また「スピーカーによってフォローされている」という セクションがオーディエンスセクションの先頭に表示されるが、これもClubhouseと同様だ。

画像クレジット:Alessandro Paluzzi

パルッツィ氏によれば、現在開発中のライブオーディオルームでは、Facebook上の登録者なら誰でも参加できるルームを作ることができるようになるはずだという。ルームにはFacebook本体からアクセスできる。フルスクリーンに展開されない状態ではもルームのタイトル、スピーカーの数、リスナーの総数が表示されルームの人気度を知ることができる。

いうまでもなくパルッツィ氏が目にしたは最終製品ではない。プログラム中に隠された単なるユーザーインターフェイスのダミーに過ぎず、バックエンドは何も実装されていない。Facebookは、前述のように、この画像は単なる実験だと強調している。

しかし、この画像自体は現実にFacebookのエンジニアが開発したものであり同社がどういった方向を目指しているかを示している。Facebookの否定にもかかわらず重要性を無視することはできない。

Facebookの広報担当はパルッツィ氏の画像について「Facebookはこれまで長年にわたって、オーディオとビデオで人々を密接に繋いできた。今後もこうしたテクノロジーを進歩させていく」とコメントしている。

画像クレジット:Alessandro Paluzzi

FacebookのファウンダーでCEOのMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏が音声SNSに強い期待を寄せていることはよく知られている。実際、ザッカーバーグ氏はすでに何度かClubhouseにに登場しており、最近では、TechCrunchの元ライターで現在はSignalFireの投資家であるJosh Consttin(ジョシュ・コンスティン)氏がホストを務めた先週のClubhouse Roomではソーシャルオーディオに大きな可能性があると強調した。その際、ザッカーバーグ氏は会議を多数主催してきた経験から、オーディオには他のフォーマットにはない利点が多数あることを強調してこう述べた。

(メリットの1つは)念入りな準備の必要がないことです。ポッドキャストやClubhouseなどの音声の場合はスタート前に身だしなみを整える必要がなくて済みます。話ながら自由に歩き回れますし、ディスプレイを見なくても、他のことをしながらでも参加でできます

ザッカーバーグ氏はClubhouseを賞賛して「ライブオーディオというフォーマットは将来のSNSにおいて欠かせないモデルとなるでしょう」と述べた。

画像クレジット:Alessandro Paluzzi

つまり、FacebookはClubhouseを「コピー可能な機能の1つ」と考えているようだ。ザッカーバーグ氏は過去にもSnapchatのStoriesのコンセプトをInstagramに借用したし、最近ではTikTokをInstagram Reelsに再現している。Clubhouseというライバルがいかに手強くてもFacebookは新しいアプリを立ち上げる必要はない。人々はすでにFacebookの上にいるのでオーディオを利用できる場所を立ち上げればよい。そしてClubhouseに登場してClubhouseを賞賛すると同時にエンジニアにデッドコピーを構築させていると示唆してた。ザッカーバーグ氏はこう述べている。

Facebookでは音声に関するユーザーの多様なニーズを考慮し、それら網羅するような方法で音声が活用できるよう、さまざなツールを構築中です。私はリリースをとても楽しみにしています。

関連記事:

画像クレジット:TechCrunch

画像:TechCrunch


【原文】

Facebook is building a Clubhouse rival, The New York Times reported in February. But what that product will look like or how it will work have been questions that have remained unanswered. However, new screenshots of a Facebook audio product, still under development, show what appears to be a live audio broadcast experience that’s more of an extension of Facebook’s existing Messenger Rooms, rather than a standalone app experience. Facebook confirmed with TechCrunch the images are indeed examples of the company’s “exploratory audio efforts,” but cautioned that they don’t represent a live product at this time.

The company said also that detailing what a product may look like based on these images would be inaccurate. We’ve decided to publish them anyway with the caveat that, of course, in-development features are very different from live products. Anything and everything could still change between now and a public launch.

But the images at least help demonstrate how Facebook is thinking about live audio and where such a social experience could fit within Facebook’s existing app. And that’s worth considering.

The photos themselves have been shared by mobile developer and reverse engineer Alessandro Paluzzi, who came across Facebook’s live audio developments and user interface experiments within the Facebook Android app’s code. Like other reverse engineers, Paluzzi digs around in the code to uncover unreleased products in various stages of development. Some of the products he finds are tested and scrapped, while others eventually make it to market.

Image Credits: Alessandro Paluzzi (opens in a new window)

In Facebook’s case, the images he shared show a “Live Audio” option for Rooms — Facebook’s social Zoom competitor which first launched last May. At the time, people were hungry for video chat options before our collective Zoom fatigue set in as the pandemic wore on. Now we all want to turn our screens off, and hang out in Clubhouse instead.

Currently, when a Facebook user creates a Messenger Room — which you can do from either Messenger or the Status box on Facebook — it’s a group video chat. Here, friends and family can virtually hang out or even co-watch Facebook videos together. But while Rooms support up to 50 people, they’re not meant to offer a large, public broadcast experience.

The new images show an expansion of Rooms, where you’ll be able to pick from one of three different “types” of Rooms — either a private video room (much like you what’s available today), or either a public or private audio room. The private audio room would be just a place to voice chat with a group of friends, while the “Live Audio” room would instead be an audio-only room where you could broadcast to wider group of listeners.

Image Credits: Alessandro Paluzzi (opens in a new window)

The latter would be given its own Room Link, which speakers could then promote across Facebook — either in Messenger, through a Facebook post, or within a Facebook Group — or anywhere else on social media and the web.

Meanwhile, the Live Audio Room experience — which is mocked up with images of Mark Zuckerberg’s face to represent the users’ profiles — looks a lot like Clubhouse. The speakers are shown at the top of the room where they’re represented with larger, circular profile pics, while the room listeners appear below. There’s also a “followed by speakers” section that leads the audience section — again, much like Clubhouse.

Image Credits: Alessandro Paluzzi (opens in a new window)

Paluzzi says the way the live audio rooms product is being developed, it would allow for rooms that anyone on Facebook could join, and those rooms could be accessible from Facebook itself — meaning you would not have to switch to Messenger to join a room. When not expanded to full-screen, the room would display its title, the number of speakers, and total listeners so you could get an idea of the room’s popularity.

Of course, what Paluzzi has come across is not a final product — it’s just a user interface, buried in the code, and none of the backend works. Facebook also stressed that the images were just audio experiments, as noted above.

But the images themselves are real and represent something Facebook has built. They’re worth examining, despite any attempts to downplay their importance.

“We’ve been connecting people through audio and video technologies for many years and are always exploring new ways to improve that experience for people,” a spokesperson said, commenting on the images Paluzzi had published.

Image Credits: Alessandro Paluzzi (opens in a new window)

It’s no secret that Facebook CEO Mark Zuckerberg is bullish on audio, of course. In fact, he’s already appeared on Clubhouse a couple of times, and recently spoke about the potential for social audio in a Clubhouse Room hosted last week by former TechCrunch editor Josh Constine, now an investor at SignalFire. During the chat, Zuckerberg said he believes audio has a number of advantages over other formats.

“You don’t have to prepare. You don’t have to look good before you get on to go to a podcast or Clubhouse or whatever you’re doing,” he noted, of the hosting experience. Plus, he added, “you can walk around a lot more easily. You can consume it without having to look at the screen and kind of do that in the background while doing something else.”

Zuckerberg also praised Clubhouse for what it had pioneered, saying it would end up “being one of the modalities around live audio broadcast.”

Image Credits: Alessandro Paluzzi

In other words, it appears Facebook sees Clubhouse as a feature it can reproduce — similar to how it borrowed the concept of Stories from Snapchat for Instagram, and the way it’s more recently copied the TikTok experience for Instagram Reels. It doesn’t have to launch a new app to counteract the Clubhouse threat, it just has to launch a place for people to use audio on Facebook. (And of course, there’s something to be said about praising Clubhouse on Clubhouse while simultaneously building a copy.)

“Overall, I think that this is going to be a pretty big space,” Zuckerberg said of social audio. “The work that we’re doing in this is trying to basically build out a bunch of the tools across the spectrum of how people would want to use audio. I’m really excited about this,” he added.

(文:Sarah Perez、翻訳:滑川海彦@Facebook)

Facebook - ログインまたは登録

Facebookアカウントを作成するか、ログインしてください。友達や家族と写真や動画、近況をシェアしたり、メッセージをやり取りしましょう。Facebookを使うと、友達や同僚、同級生、仲間たちとつながりを深められます。ケータイ、スマートフォンからもアクセスできます。

Facebookにログイン

Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。 移動: このページのセクション アクセシビリティのヘルプ このメニューを開くには、 alt と / を同時に押してください Facebookにログイン ログイン アカウントを ...

Facebookにログイン

Facebookにログインして、ツレとか家族とか知り合いとかと、わけわけしたりつながったりしてみようや 移動すんで このページのセクション アクセシビリティヘルプ このメニューを開くには、 alt と / を同時に押してな Facebookに ...

Facebook - Wikipedia

Facebook 開発元 Facebook, Inc. 初版 2004年2月4日 (17年前) ( ) 対応言語 多言語(Unicodeに登録されている文字に依存)サポート状況 開発中 種別 ソーシャル・ネットワーキング・サービス 公式サイト www.facebook.com

Facebookの使い方 - Facebook navi[フェイスブックナビ]

Facebookページの作り方 ページ作成方法から販促用のアプリを用いた応用編まで幅広いノウハウをご紹介します。 Facebookの使い方 登録方法からページ活用方法、モバイルでの楽しみ方まで順を追って学ぶことができます。 search

Facebook

Facebook

複数の単語を色分けしながらページ内検索できるブラウザ拡張 ...

長い文章から目的の単語を探す際は、ページ内検索を用いると素早く目的の単語を見つけることができます。Google ChromeやFirefoxに対応する拡張機能「isear」は、複数の単語の同時検索や、検索結果のハイライト表示、検索単語の位置を視覚的に表示などの機能を備えており、ページ内検索を効率的に行えるとのこと。実際にisearの使い勝手を確かめてみました。

【大学入学共通テスト】CBT活用の可能性について、大学入試 ...

 大学入試センターは2021年3月24日、「大規模入学者選抜におけるCBT活用の可能性について(報告)」を公表した。大学入学共通テスト(以下、共通テスト)をCBTで実施する際の課題などについてまとめている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「Azure AD」で障害、一部で「Teams」や「Office」に影響–復旧中
IT関連
2021-03-16 03:34
NTTデータ、特定の業務領域に対応するBERTフレームワークを開発
IT関連
2021-03-17 14:12
ダイキン工業、空調機保守サービスの遠隔支援システムに「New Relic One」を導入
IT関連
2021-04-01 18:29
「Chromium」アップデートで動画再生品質向上–「Raspberry Pi OS」を見る
IT関連
2021-02-21 09:12
「LINEの通信を韓国が傍受」への反論記事をLINE前社長が削除 理由は「差し控える」
セキュリティ
2021-03-31 09:14
言語学習サービス大手のBabbelがライブクラスや学習ゲームなどを追加
EdTech
2021-02-04 16:13
新生米連邦政府公式Webサイト、ダークモードと文字サイズ拡大ボタン追加
アプリ・Web
2021-01-22 18:24
Vue.js&Nuxt.js超入門
amazon
2021-01-22 18:24
フェイスブックが2019年の個人情報流出で集団訴訟に直面する可能性
ネットサービス
2021-04-18 08:48
ゾウの鼻みたいに巻き付いて持ち上げられる布製ロボット :Innovative Tech
トップニュース
2021-03-18 03:08
セールスフォースSVPに聞く–「Einstein Automate」、AIと自動化の可能性(後編)
IT関連
2021-03-15 09:14
ヤフオク!が「値下げ交渉」機能を終了 7月1日に
企業・業界動向
2021-04-02 12:41
ソニー、対話AI「束縛彼氏」Twitterで公開 親しくなるとあなたを束縛? 「罵倒少女」後継プロジェクト
ロボット・AI
2021-03-26 14:38
Linux Foundation、オープンソースエコシステムの影響を調査する研究部門を設立
IT関連
2021-04-20 00:50
「ゼロトラスト」効果はセキュリティだけじゃない 生産性、事業スピード向上のための投資に
PR
2021-03-02 07:52
AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 - 初心者向け20時間完全コース-
Udemy
2021-03-02 07:52