遠隔操作者なしのレベル4自律飛行ドローンをExyn Technologiesが実現

遠隔操作者なしのレベル4自律飛行ドローンをExyn Technologiesが実現 サムネイル

今回は「遠隔操作者なしのレベル4自律飛行ドローンをExyn Technologiesが実現」についてご紹介します。

関連ワード (Exyn Technologies、自動運転等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Exyn Technologiesは米国時間4月27日、航空業界で最高レベルの自律飛行を達成したと発表した同社によると今回の成果は、GPS信号が途絶えても、すべての空間と地図の計算をオンボードで行うことができる点にあるという。

Exynの自律飛行の定義は、自動車に適用される同様の基準に基づいており、同社のドローンはレベル4Aの自律飛行を達成している。同社によると、これはドローンが遠隔操作者なしで指定された3Dエリアを探索できることを意味するという。

Exynによる今回の成果は以前のレベル3からの大きな進歩だ。レベル3ではいつでも操縦を代わることができる人間操縦士が必要であり、ドローンは空域信号を伝えられないところに入ることができない。

航空機のレベル3の自律操縦には、ポイント・ツー・ポイント(点間)ナビゲーションという定義がある。そのためには人間オペレーターが、ロボットがたどるべき一連の位置を指定し、ロボットはベストを尽くしてそれに従わなければならない。自律操縦航空機のスタートアップであるXwingの自動飛行ユーティリティ機はこのレベルにあり、指定された航路に従う。しかし現実のユースケースでは、人間操縦士が操縦環境に関する詳細な知識を持っていないこともありえる。あるいはロボットが既存のマップにアクセスして学習し、その動きを報告することができないかもしれない。

関連記事:無人飛行ソフトのXwingは短距離の地域型航空貨物輸送を目指す

「私たちが開発した自律システムは暗く、汚く、危険な環境に導いてくれます」とExynのCTOであるJason Derenick(ジェイソン・デレニック)はいう。「危険な場所に置いて、必要な情報を集めるために送ってください。多くの場合、必要な情報は、通信と視覚の両方の観点で確認できる範囲の先にあります」。

Exynのドローンには、同社が自動偵察(scoutaunomy)と呼ぶ機能がある。その機能は、まずドローン自身が自分が飛べる箱状の空域を定義し、LiDARセンサーを使いすでに探求した空域と、これから探究する空域を判別し、自動でナビゲーションして正確で高精細の空域のマップを作る。ドローンはハードウェアを特定しない仕様であり、センサーが情報を集めて地図に落とす部分はユーザーが搭載したでもいい。

「3次元の地図を作成し、その上にカメラからのRGB情報を重ねることで、空間のフォトリアリスティックな3D表現が可能になります。熱や湿度のセンサー、放射線量の測定、ガスの測定、換気のチェックなどを行っているとしたら、それは非常に重要なことです。これは、現在の地下採掘にはない、非常に豊かなデータセットになるでしょう」と同社CEOであるNader Elm(ネイダー・エルム)氏は次のようにいう。

Exyn Technologiesの現在のユースケースの多くは鉱業関連で、Rupert ResourcesやDundee Precious Metalsなどが主な顧客だ。未知の領域の地図やデータマップが自動的に得られるので、鉱山労働者の安全を維持でき、事業の意思決定もより良質になる。同社は最近、スウェーデンの鉱業および建設業大手Sandvikとのパートナーシップを発表し、ExynのマッピングソフトウェアとSandvikのマッピング分析技術を統合する計画だ。

同社によるとExynは各国政府の諜報や監視、偵察業務にも利用されており、また核エネルギーや土木建設、ロジスティクスの分野でも使われているという。

画像クレジット:Exyn Technologies


【原文】

Exyn Technologies announced Tuesday that it has achieved what it considers the highest level of aerial autonomy reached within the industry. The key to the achievement is that Exyn drones are immune to GPS signal loss, meaning all spatial and mapping computations are done onboard, the company said.

Under Exyn’s definitions of autonomy, which are based on a similar standard applied to automotive, the company’s drones have achieved Level 4A autonomy. This means the drones are able to explore a designated 3D area without a remote operator in the backseat, according to Exyn.

Exyn’s achievement is a major step up from the previous level 3 of autonomy, in which a human is required to be present to potentially take over, something that has prevented drones from entering spaces without ranging signals.

The Level 3 aerial autonomy landscape is also defined by point-to-point navigation, in which an operator lays out a sequence of locations for a robot to visit, and the robot does its best to get there. Autonomous aviation startup Xwing’s self-flying utility aircraft will operate on this level by following specific flight paths. However, in real-life use cases, an operator might not have intimate knowledge of the operating environment, and the robot might not be able to access existing maps to learn from and inform its movements.

“We developed an autonomous system that can take you into dark, dirty, dangerous environments,” Exyn’s CTO Jason Derenick told TechCrunch. “Place it at the edge of danger and send it off to collect the information that you need. Oftentimes the information you need is beyond the line of sight, both in terms of communications as well as visual.”

Exyn’s drones are given a capability the company calls “scoutaunomy,” which involves defining a “bounding box volume” around which the drone can fly. Using lidar sensors, the drone can identify volume between explored and unexplored spaces in order to self-navigate and create an accurate, high-resolution map of the space. The drones, which are hardware-agnostic, can also carry additional sensors that collect further information to be integrated onto the maps. 

“Think of building a three-dimensional map and then draping on top of it RGB information from the camera, so now you’ve got a photorealistic 3D representation of the space,” Nader Elm, CEO of Exyn Technologies, told TechCrunch. “If we’re carrying heat and humidity sensors, getting radiological reading, getting gas readings, checking the ventilation, et cetera. That’s going to be a very rich dataset that currently underground mining doesn’t have.”

Most of Exyn Technologies’ use cases are in the mining industry, with clients like Rupert Resources and Dundee Precious Metals, where the ability to chart the unknown can keep miners safe and inform better business decisions. The company recently announced a partnership with Swedish mining and construction giant Sandvik that will involve integrating Exyn’s mapping software with Sandvik’s mapping analytics capabilities. 

Exyn is also working with government customers for intelligence, surveillance and reconnaissance missions, as well as in nuclear energy, construction and logistics, according to the company. 

(文:Rebecca Bellan、翻訳:Hiroshi Iwatani)

Exyn Technologies' drones achieve autonomy milestone with ...

Exyn Technologies announced Tuesday that it has achieved what it considers the highest level of aerial autonomy reached within the industry. The key to the achievement is that Exyn drones are immune to GPS signal loss, meaning all spatial and mapping computations are done onboard, the company said. Under Exyn’s definitions of autonomy, which are […]

Exyn Drones Achieve Autonomy Level 4: The Most ...

/PRNewswire/ -- Exyn Technologies (https://www.exyn.com), a pioneer in autonomous aerial robot systems for complex, GPS-denied industrial environments, today...

Exyn Drones Achieve Autonomy Level 4: The Most ...

Exyn Technologies is pioneering autonomous aerial robot systems for complex, GPS-denied environments. The company's full-stack solution enables flexible deployment of single or multi-robots that ...

Exyn Technologies achieves highest level of aerial ...

Exyn Technologies announced Tuesday that it has achieved what it considers the highest level of aerial autonomy reached within the industry. The key to the achievement is that Exyn drones are immune to GPS signal loss, meaning all spatial and mapping computations are done onboard, the company said. Under Exyn's definitions of autonomy, which are […]

Exyn Technologies achieves highest level of aerial ...

Exyn Technologies announced Tuesday that it has achieved what it considers the highest level of aerial autonomy reached within the industry. The key to

Red Hat CEO looks to maintain double-digit growth in ...

Red Hat CEO Paul Cormier runs the centerpiece of IBM's transformation hopes. In its most recent earnings report, IBM posted positive revenue growth for only the second time in eight quarters, and it was Red Hat's 15% growth that led the way. Cormier recognizes the role his company plays for IBM, and he doesn't shy away from it.

'The Bachelorette' Katie Thurston Finished Filming A Whole ...

"Katie was in control and made sure the men she wanted were there and the men she wasn’t interested in, she sent packing."

Level 4 aerial autonomy: Drones can now fly themselves ...

A company that develops autonomous drone technology for industry and defense achieved a milestone heretofore reserved for land-based vehicles: Level 4 autonomy. This appears to be the first successful demonstration of level 4 autonomy in an aerial system. We've tracked the company, Exyn Technologies, particularly its national defense ...

Exyn's Drone Reaches New Heights of Aerial Autonomy - Drone

Drone maker Exyn Technologies this week achieved what it considers the highest documented level of aerial autonomy. According to the firm's … #drone,#drones,#drone_buy,#drone_best,#drone_buy_best

The Most Sophisticated Level of 3D Aerial Autonomy To-Date ...

eTurboNews- At Level 4A Autonomy, Exyn's drones are now capable of free-flight exploration of complex spaces. Tweet this Unlike previous industry

Willow Smith Releases Video for New Punk Rock Song ...

The track features Blink-182's Travis Barker on the drums

Pricefx launches AI-powered market simulation tool - Flipboard

Exyn Technologies achieves highest level of aerial... TechCrunch - Rebecca Bellan • 10h. Exyn Technologies announced Tuesday that it has achieved what it considers the highest level of aerial autonomy reached within the industry. The key to the achievement is that Exyn drones are immune to...

JCRI-ABTS and USMI Successfully Use Canady Heliostm Cold ...

The Jerome Canady Research Institute for Advanced Biological and Technological Sciences (JCRI-ABTS), LLC and US Medical Innovations, LLC (USMI) announced today that their recent article, "THE SYNERGISTIC EFFECT OF CANADY HELIOS COLD ATMOSPHERIC...

La. Lawmaker Suggests That Schools Should Teach the 'Good ...

La. state Rep. Ray Garofalo said that public schools should teach the "good" and "bad" of slavery. His suggestion was immediately dismissed by fellow GOP state Rep. Stephanie Hilferty.

Aroa Biosurgery Launches New Product, Myriad Morcellstm ...

Soft tissue regeneration company Aroa Biosurgery Limited (Aroa) has this week launched Myriad Morcellstm, a morcellized (powder) format of Myriad Matrixtm that easily conforms to optimize contact with irregular wound beds. It gained U.S. FDA 510(k)...

Low-cost, high-efficiency solar-powered desalination ...

Low-cost, high-efficiency solar-powered desalination technology can safely produce drinking water Feed RSS 6 hours ago in Bit Headlines , cnbeta 0 cnbeta.com Source :

BioNTech chief: Europe will reach herd immunity by August

Europe can achieve herd immunity against the coronavirus within three to four months, the head of German pharmaceutical company BioNTech, which developed the first widely approved COVID-19 vaccine with U.S. partner Pfizer, said Wednesday. “Europe will reach herd immunity in July, latest by August,” Ugur Sahin, BioNTech's chief executive, told reporters.

Red Hat CEO looks to maintain double-digit growth in ...

Red Hat CEO Paul Cormier runs the centerpiece of IBM's transformation hopes. When Big Blue paid $34 billion for his company in 2018, it was because it believed it could be the linchpin of the organization's shift to a focus on hybrid computing. In its most recent earnings report, IBM posted positive revenue growth for […]

Legislation To Compel Resignation Possible Solutio ...

Many agree that the current state of Nigeria is as a result of bad leadership. They also agree that this lapse has contributed to its dwindling economy. However, seeking possible solutions and achieveable means of implementaion to the rather pathetic situation has often been contentious. Corruption is a menace that has eaten rather deeply into every sector of the country and it […]

遠隔操作者なしのレベル4自律飛行ドローンをExyn Technologiesが実現 - グノシー

Exyn Technologiesは米国時間4月27日、航空業界で最高レベルの自律飛行を達成したと発表した同社によると今回の成果は、GPS信号が途絶えても、すべての空間と地図の計算をオンボードで行うことができる点にあるという。

ソニーがリュックなどに吊るせるip67防水スピーカー「Srs-xb13」を7700円前後で5月28日発売 ...

ソニーは、防水防塵(IP67)対応のポータブルBluetoothスピーカー「SRS-XB13」を5月28日に発売します。市場想定価格は7700円前後。カラーはライトブルー、コーラルピンク、パウダーブルー、ベージュ、ブラックを用意しています。

Exyn宣布旗下无人机平台已具有L4级自主飞行能力 - cnBeta.COM 移动版(WAP)

ExynTechnologies周二宣布,旗下无人机平台已经达成了业内最高水平的自主能力。取得这一成就的关键,得益于Exyn无人机不受GPS信号丢失的影响,因为空间感知和映射处理工作都可在本地完成。根据该公司对自主飞行能力的定义(类似于自动驾驶汽车的标准),Exyn无人机已达成4A级的水平。

Exyn宣布旗下无人机平台已具有L4级自主飞行能力-航拍网

Exyn Technologies 周二宣布,旗下无人机平台已经达成了业内最高水平的自主能力。取得这一成就的关键,得益于 Exyn 无人机不受 GPS 信号丢失的影响,因为空间感知和映射处理工作都可在本地完成。根据该公司对自主飞行能力的定义(类似于自动驾驶汽车的标准),Exyn 无人机已达成 4A 级的水平。 作为从 L3 级自主能力再次迈进的重要一步,即使没有真人在后端接管,Ex

トヨタの子会社 米社から自動運転部門を買収 優秀な人材確保へ | Nhkニュース

【NHK】トヨタ自動車などが設立したソフトウエア開発の子会社「ウーブン・プラネット・ホールディングス」は、アメリカのライドシェア大…

自動運転の話題・最新情報|BIGLOBEニュース

自動運転に関するニュース・速報一覧。自動運転の話題や最新情報を写真、画像、動画でまとめてお届けします。2021/04/27 - 安全運転に貢献するITS Connect技術 自動運転における有効性を確認 - [画像1:https://prtimes.jp/i/62864/4/resize/d62864-4-958563-1.png]2021年4月27日ITSConnect推進協議会報道関係者各位安全運転に…

自動運転バスの「保安要員」撤廃、事業者負担が軽く | 日経クロステック(xTECH)

 ソフトバンク子会社のBOLDLY(東京都千代田区)は2021年4月27日、自動運転バスの運行に際して「保安要員」を撤廃したと発表した。国土交通省などの関係省庁と合意した。「運転手」の1人を乗せれば運行できて、人件費の削減につながる。自動運転バスの普及に追い風となる。

トヨタ、米リフトの自動運転部門を買収 590億円: 日本経済新聞

【ニューヨーク=中山修志】トヨタ自動車は26日、米ライドシェア大手リフトの自動運転部門を5億5000万ドル(約590億円)で買収すると発表した。リフトの開発チームを取り込み、自動運転技術で競争優位をめざす。トヨタで自動運転技術を担うウーブン・プラネット・ホールディングス(東京・中央)を通じてリフトの自動運転部門「レベル5」を今夏にも買収する。リフトの配車システムや車両データをウーブンの技術開発

トヨタが目指す完全自動運転の未来、富士山麓でウーブン・シティ始動 - Bloomberg

2月下旬、富士山のふもとに設営された白いテントの中で、トヨタ自動車の豊田章男社長は神主らとともに同社が建設を進める未来型実証都市の着工式に参加した。

トヨタ子会社、米配車大手の自動運転部門を600億円で買収…人材や技術力強化 : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

【ニューヨーク=小林泰明】トヨタ自動車子会社で自動運転の技術開発などを手がける「ウーブン・プラネット・ホールディングス」と米配車サービス大手リフトは26日、ウーブンがリフトの自動運転部門を約5・5億ドル(約600億円)

上海モーターショーに自動運転evで殴り込みをかけたファーウェイ、バイドゥ、ドローン大手dji | 週刊エコノミスト ...

 中国最大級の自動車展示会「上海モーターショー」が、上海市で4月19日に開幕した。国内外の自動車大手が電気自動車(EV)を中心に展示するなか、ひときわ目立ったのがファーウェイ(華為技術)やバイドゥ(百度)といったIT大手の異業種からの参入組だ。自動運転など先端技術に強みを持つIT勢の参入で、中国で繰

トヨタ、米リフトの自動運転部門を買収 5.5億ドル

[26日ロイター] - トヨタ自動車は自動運転技術を担う子会社を通じ、米配車サービス大手リフトの自動運転部門「レベル5」を5億5000万ドルで買収 ...

大成建設が自動運転する複数の建機を制御し協調運転を実現するシステムを開発:建機の自動運転 - Built

大成建設は、パナソニック アドバンストテクノロジーの独自技術であるロボット自律制御と協調タスクプランニングの技術を活用し、自動運転する複数の建機を制御し協調運転を実現するシステム「T-iCraft」を開発した。

トヨタのウーブン・プラネットが配車サービスLyftの自動運転部門を約600億円で買収 | TechCrunch Japan

配車サービスのLyftは、その自動運転車部門をトヨタの子会社であるWoven Planet Holdingsに5億5000万ドル(約600億円)で売却した。自動運転車技術の商品化にかかる大量の費用と時間に対処しようと各企業の買収合戦が続いているが、これはその最新の動きだ。

トヨタ子会社のウーブン・プラネット、Lyftの自動運転開発部門「Level5」を5.5億ドルで買収:自動運転技術 ...

トヨタ自動車子会社のウーブン・プラネット・ホールディングスは2021年4月27日、米国の配車サービスLyft(リフト)の自動運転開発部門「Level 5」を5.5億ドル(約593億円)で買収すると発表した。買収により、トヨタグループはウーブン・プラネットと米国の開発子会社Toyota Research Institute(TRI)、Level 5からなる1200人体制で自動運転車の開発に取り組む。

CNN.co.jp : トヨタ、米リフトの自動運転部門を買収

トヨタ自動車が米配車サービス大手リフトの自動運転部門「レベル5」を5億5000万ドル(約600億円)で買収することがわかった。両社は今回の買収によって世界各地の約1200人の研究者やエンジニアからなる「ドリームチーム」が出来上がるとうたっている。

トヨタ、米社の自動運転部門買収/経済/社会総合/デイリースポーツ online

 【ニューヨーク共同】トヨタ自動車は26日、先端技術の開発を手掛ける子会社を通じ、米配車大手リフトの自動運転部門を買収することで合意したと発表した。買収額は約5億5千万ドル(約600億円)。自動運転システムの開発体制を強化するのが狙い。 子会社は今年1月に事業を開始したウーブン・プラネット・ホールディングス(東京)。同社として初の買収案件となる。

トヨタ、自動運転部門を買収 米リフトから590億円で:時事ドットコム

【ニューヨーク時事】トヨタ自動車の子会社ウーブン・プラネット・ホールディングスは26日(日本時間27日)、米配車サービス大手リフトの自動運転部門を5億5000万ドル(約590億円)で買収すると発表した。自動運転技術の開発強化を狙う。

全国2例目の自動運転サービス、滋賀でスタート|社会|地域のニュース|京都新聞

滋賀県東近江市は23日、奥永源寺地区で車両の自動運転サービスを開始した。本格導入は秋田県に次いで全国で2例目。初日の運行は、地元住民らを乗…

「自動運転車へのサイバー攻撃問題を解決するワクチン提供」の事業プレゼンでクリエイターズネクストが第6回日本 ...

株式会社Creator’s NEXT河野太郎大臣が進める規制改革においても、自動運転技術の開発促進は必須課題。「量子コンピューターと深層学習のハイブリッド型最適…

トヨタの子会社が米国ライドシェア企業リフトの自動運転部門を買収する意味とは | 自動車情報・ニュース Web Cartop

トヨタの子会社ウーブン・プラネット・ホールディングスが、アメリカやカナダでモビリティネットワークを提供しているLyft社の自動運転部門である「Level 5」の買収を発表した。ウーブン・プラネットにとって初の買収案件となるがどんな狙いがあるのだろうか。

トヨタ子会社ウーブン・プラネット、米Lyftの自動運転部門「Level 5」を約5億5000万米ドルで買収 ...

トヨタ自動車の子会社ウーブン・プラネット・ホールディングスは4月27日、米国の配車サービス会社リフト(Lyft, Inc.)の自動運転部門である ...

PDF 自動運転バスの歩行者専用道路における走行や既存の バス停の活用などを政府に要望し、各種規制改革が実現

自動運転バスの歩行者専用道路における走行や既存の バス停の活用などを政府に要望し、各種規制改革が実現 〜茨城県境町では、2021年4月から自動運転バスの保安要員を撤廃〜

ウェイモの共同CEO 2人が語る「アルファベットの自動運転」の目標 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

アルファベット傘下の自動運転開発企業「ウェイモ」の、共同CEOに昇格したテケドラ・マワカナ(Takedra Mawakana)と、ディミトリ・ドルゴフ(Dmitri Dolgov)の2人は、同社のテクノロジーの商用化が遅れたとしても、安全性

自動運転開発で求められる「性悪説」 テスラ死亡事故から考える | 自動運転ラボ

米テキサス州ヒューストン北郊で2021年4月17日夜、運転席が不在だった米EV(電気自動車)大手テスラの車両が木に衝突して炎上し、乗っていた男性2人が死亡したという事故があった。

配車大手の自動運転部門買収 トヨタ - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

トヨタ自動車は27日、先端技術の開発を手掛ける子会社を通じ、米配車大手リフトの自動運転部門を買収することで合意したと発表した。買収額は約5億5000万ドル(約6…

オートパイロット - Wikipedia

自動運転の自動車はロボットカーとも呼ばれている。. 2014年時点で市販化されている機能としてはクルーズコントロールや衝突被害軽減ブレーキがあったが、あくまでドライバーの支援という域を出ていなかった。 その段階で、自動車のオートパイロットに関して言えば、技術的ハードルは ...

自動運転に必須のカメラ、写り込んだ人は「個人情報」? クラウドに送信ok? |ビジネス+It

ADAS(先進運転支援システム)機能や自動運転機能で用いられるカメラは、周辺の環境を把握する役目と、制御機能の改善のため画像を記録・保存して機械学習に利用する役目がある。学習用データは、これまでシミュレーターやテスト走行で集められたものを使っていたが、近年ではユーザーの走行中画像を収集・保存して機能改善を行う車両が出始めている。画像には周辺の歩行者も映ることになるが、個人情報保護法ではどのような扱いになるのだろうか。

【3分解説】トヨタはLyftから自動運転の「人材」を買収した

この買収は、自動運転の技術開発レースにどう影響するのか。4月26日、トヨタ自動車は、米ライドシェア大手リフトの自動運転部門を5億5000万ドル(約590億円)で買収することを発表した(買収完了は...

トヨタ、米Lyftの自動運転部門「Level 5」を買収 - Impress Watch

トヨタ自動車の子会社のウーブン・プラネット・ホールディングスは、米国の配車サービス会社Lyftの自動運転部門「Level 5」を約5.5億米ドルで買収することで合意した。

リフトの株価、時間外で一時2.4%上昇-トヨタ系に自動運転部門売却 - Bloomberg

26日の米株市場の時間外取引で、配車サービスの米リフトの株価が一時2.4%上昇した。同社は、トヨタ自動車傘下の持ち株会社で自動運転技術や実証都市の開発を手掛けるウーブン・プラネット・ホールディングスへの自動運転部門の売却で合意したと同日発表した。

「自動運転車のサブスク化は必須」 EV大手「NIO」総裁、充電設備の増設も言及 | 36Kr Japan | 最大級 ...

中国版テスラと呼ばれる新興EV(電気自動車)メーカー「NIO(蔚来汽車)」の秦力洪総裁はこのほど、19日から開催中の上海モータ…

深センの有力民営企業が自動運転分野に参入(中国) | ビジネス短信 - ジェトロ

戦略提携は、dji傘下の自動運転システムブランドの大疆車載と組み、部品調達のほか、上汽通用五菱汽車と共同で自動運転システムの実装を推進する。djiの自動運転システムを搭載するbaojunブランドの車種は2021年内に発売の予定。

トヨタ、米配車大手リフトの自動運転部門を買収 約600億円(毎日新聞) - goo ニュース

トヨタ自動車は26日、米配車サービス大手リフトの自動運転開発部門「レベル5」を約5億5000万ドル(約600億円)で買収すると発表した。レベル5を買収するのはト...

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
第2回:改めて考える顧客体験とその管理
IT関連
2021-02-10 07:31
胃に埋め込む食欲ペースメーカー 青色LEDで偽の満腹感与えて食欲を抑える :Innovative Tech
トップニュース
2021-01-28 13:32
Rocket LabのベックCEOがより大きなロケットが必要な理由と株式公開の理由を語る
宇宙
2021-03-24 03:46
「目についたら異常」などあいまいな官能検査も対応、ロビットが工業製品向け汎用型AI外観検査ロボを提供開始
ロボティクス
2021-04-08 11:59
エンジニアのスキルを可視化するFindyの「発信力レベル」、Qiita・note・ブログと連携開始
IT関連
2021-04-08 20:20
ミルボン、クラウド勤怠管理システムの導入で勤務状況を可視化
IT関連
2021-04-22 14:37
ジャマイカ政府の新型コロナアプリ請負業者Amber Groupが今月2度目のセキュリティ事故
セキュリティ
2021-02-25 11:16
受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
DMM WEBCAMP
2021-02-25 11:16
バイデン新大統領の労働政策とギグワーカーの未来
パブリック / ダイバーシティ
2021-01-23 23:54
Capsuleが「超シンプル」な分散型ソーシャルメディアを構築するために1.6億円調達
ネットサービス
2021-03-11 23:22
Google、賃金格差のあった女性やアジア系エンジニアに総計約260万ドル支払い
企業・業界動向
2021-02-03 09:34
話し言葉を手話に自動変換 なめらかな生成を実現──英研究 :Innovative Tech
トップニュース
2021-02-15 00:24
アテネのベンチャーキャピタル集まれ:TechCrunchヨーロッパVC大調査の結果レポートに載ろう
VC / エンジェル
2021-01-21 21:53
アクセンチュア、KDDIのパーソナル事業におけるDXを支援
IT関連
2021-04-22 05:21
ファブリック調の「ルンバ i3+」発売 自動ごみ収集機付きで10万円切る
くらテク
2021-02-18 06:51
AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 - 初心者向け20時間完全コース-
Udemy
2021-02-18 06:51