静的サイトジェネレータ「Astro 3.5」正式リリース。多言語対応サイトのサポート、大規模サイトのビルド時間を大幅に改善など新機能

今回は「静的サイトジェネレータ「Astro 3.5」正式リリース。多言語対応サイトのサポート、大規模サイトのビルド時間を大幅に改善など新機能」についてご紹介します。

関連ワード (容易、説明、静的等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


オープンソースで開発されている静的サイトジェネレータ「Astro」の最新バージョンとなる「Astro 3.5」が正式にリリースされました。

先月(2023年9月)にAstro 3.0がリリースされ、先月にはAstro 3.2がリリースされるなど、1カ月ごとの速いペースで新機能が追加されています。

Astro 3.5 is here with experimental built-in internationalization (i18n) routing! Let Astro handle routing, linking, and user language detection in all your multilingual websites.

Our biggest minor release since… ever!https://t.co/nBYn25d2uB

— Astro (@astrodotbuild) November 9, 2023

Astroは、ReactやVue、Svelte、Alpine.js、TypeScriptなどのさまざまなフレームワークやライブラリに対応した静的サイトジェネレータです。

ビルド時にWebサイト全体のHTMLが生成され、しかもそのHTMLには全くJavaScriptが含まれないか、もしくはWebブラウザ上での動作に必要な最小限のJavaScriptのみが残されます。

そのため、非常に高速に表示されるWebサイトの生成が可能である点が、Astroの大きな特徴です。

Astro 3.5の主な新機能

今回リリースされたAstro 3.5は、コンテンツの言語ごとにルーティングを行う「i18n Routing」が実験的機能と実装され、より高速なWebページの表示を実現するプリフェッチ機能への対応、ビルドを超高速化する「Content Collections Build Cache」の実験的実装、画像の最適化などを始めとする多くの機能が含まれており、過去最大のマイナーバージョンアップだとされています。

i18n Routing(実験的実装)
i18nとは「internationalization」の略です(最初の「i」と最後の「n」のあいだに18文字あるため)。i18n Routingではデフォルト言語の設定、相対ページURLを得るための演算、訪問者のブラウザが提供する優先言語による表示などをサポートし、多言語対応のコンテンツを持つWebサイトの構築に対応します。

Prefetch
ブラウザが次にクリックされそうなリンク先の内容をあらかじめ先読みすることで、高速なWebページの表示を実現するPrefetchへの対応がAstro 3.5でコア機能として組み込まれることになりました。オプトインで有効にでき、柔軟な設定が可能になっています。

Content Collections Build Cache(実験的実装)
Content Collectionsは、コンテンツとなるMarkdownファイルやMDXファイルを「blog」や「newsletter」「products」など、コンテンツのジャンルや種類ごとにディレクトリに分けて管理できるようにすることで、大規模なサイトのコンテンツ管理を容易にする機能です。そしてContent Collections Build Cacheは、文字通りビルド時にContent Collectionsのキャッシュを扱う機能です。開発チームが「Astro Docs」プロジェクトでこの機能を試したところ、ビルドプロセス全体で4分58秒から60秒に、約80%短縮されたと説明されています。

その他の新機能については、ブログ「Astro 3.5: i18n Routing | Astro」をご参照ください。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
日立製作所、SAPのPEOソリューション導入を容易にするテンプレートを開発
IT関連
2022-12-10 01:49
React.js開発当初、「そんなものが使えるはずがない」とFacebook社内で評価されていた。React.jsの開発経緯を振り返る「React.js: The Documentary」YouTube公開
Facebook
2023-02-22 04:36
JBCC、「Attack Surface診断サービス」を発表–脆弱なIT資産を保護
IT関連
2023-01-25 20:13
NTT Comと三井不動産、リアルとバーチャルの垣根を越えた顧客体験の創出で共同実験
IT関連
2021-06-07 01:04
「攻めのDX」の実現で注目される「Platform Engineering」とは
IT関連
2023-09-16 16:40
マイクロソフト、「Azure」の可用性ゾーン拡大を約束
IT関連
2021-03-19 03:37
Apple、デベロッパーに「Developer Transition Kit」返却要請を開始 200ドルクーポン付き
アプリ・Web
2021-02-07 01:10
電子計測器メーカーのアンリツ、ECでの販売に向けてSAPのCXツール採用
IT関連
2022-12-21 19:34
パーソルHD、生成AI専門組織を新設–既に一部事業では技術導入
IT関連
2023-08-04 06:10
ポケモンGOで「New ポケモンスナップ」発売記念イベント 「ドーブル」色違い初実装 期間限定
くらテク
2021-04-30 19:21
データ管理がランサムウェアの脅威に有効な対策となる理由
IT関連
2022-05-31 04:24
暗号資産取引所コインチェックがNFTマーケットプレイス運営のメタップスアルファを子会社化
ブロックチェーン
2021-02-13 00:09
日本企業のデジタル化は世界より約2年の後れ–ガートナー調査
IT関連
2021-02-03 05:40
「Microsoft Teams」の障害、原因はストレージサービスへの接続不良
IT関連
2022-07-23 18:14