Google Payがアップデート、食料品セール情報・交通カード・家計管理機能を追加

今回は「Google Payがアップデート、食料品セール情報・交通カード・家計管理機能を追加」についてご紹介します。

関連ワード (Google、Google Pay、アメリカ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Google Pay(グーグル・ペイ)の2020年11月の大規模なリニューアルで個人向け会計サービスに進出したGoogleは、本日米国時間4月29日、Google Payをユーザーの日常生活の一部にするための新機能を公開した。このアップデートによって、食料品のセール情報や公共交通機関の支払い、支出の分類などに利用できるようになる。

大手スーパーのSafeway(セーフウェイ)とTarget(ターゲット)との提携を通じて、Google Payユーザーはこれらの店のセール内容が書かれたチラシを見ることができる。Safewayは500以上の店舗にGoogle Payプラットフォームを導入し、Targetも全米の店舗で同様の機能を提供する予定だ。Google Payユーザーは、おすすめのお得情報をお気に入りに登録して後で見ることができる。さらに、近々Google Payは、位置情報が有効になっていれば、ユーザーが参加店舗の近くに行くとその週のセールを通知する機能も導入する。

関連記事:Google Payがリニューアル、オプトインで支出履歴の把握など家計簿サービス的に進化

画像クレジット:Google

今回拡張されるGoogle Payの交通機関機能は、現在すでに米国内80以上の年で乗車券の購入と使用に対応している。近々新たに加わる中には、シカゴとサンフランシスコ・ベイエリアという主要市場がある。これは、Apple Pay(アップル・ペイ)が最近提供を開始して大いに歓迎されたベイエリアのClipper(クリッパー)カードへの対応を追うものだ。GoogleはToken Transitとも統合して、全米の小都市の交通機関へも対応範囲を広げる。

関連記事:iPhoneやApple Watchでベイエリアの公共交通機関支払いが可能に

近々、Googel Payアプリを利用しているAndroid(アンドロイドユーザー)は、アプリのホーム画面から「Ride Transit(交通機関を利用する)」ショートカットから乗車券を使えるようになる。ユーザーはそこで交通カードを購入したりチャージしたりできる。カード購入後は、スマホをリーダーにかざす(あるいはリーダーがなければチケット画面を見せる)だけで乗車できる。

画像クレジット:Google

最後に紹介するのは、Google Payを使って家計を管理する機能だ。2020年の大改訂で、Googleは11社の銀行と提携し、Plex(プレックス)という新しいタイプの銀行口座をスタートさせることを発表した。増え続けるモバイル専門デジタルバンクのライバルとなるGoogle Payアプリは、Citi(シティ)、Stanford Federal Credit Union(スタンフォード連邦信用組合)などの提携銀行が実際に運用している口座の窓口として機能する。

新機能の一環として、Google Payユーザーは、自身の消費行動や残高、請求書などを「Insights(インサイト)」タブを通じてこれまで以上に便利に確認できるようになる。これを使えば、残高はいくらか、期限が迫っている請求書は何かを見たり、大きい取引のアラートを受けたり、分類別や店舗別に消費状況を追跡することができる。Googleは取引を自動的にカテゴリー分けしているので、一般的な分類(「食料」など)でも特定の店名(「バーガーキング」など)でも検索できる、とGoogleは説明している。

画像クレジット:Google

これらの機能は、決済アプリを使ってユーザーのデータをさらに集めようとするGoogleの計画の一部でもある。そのユーザーはGoogle Payパートナーからの売り込みターゲットになる。

2020年改定されたアプリが公開された時、ユーザーはカスタマイズ機能へのオプトインを勧められた。ユーザーにとって意味のあるよりよいセール広告をアプリが表示するためだ。Googleはユーザーのデータを第三者のブランドや小売店に直接提供することはないと述べているが、追跡業界がAppleのプライバシー方針変更に振り回されている中、同アプリは企業が潜在顧客とつながるパイプを提供することになるだろう。

そうなるために、今後Google Payがもっと便利な、あるいは「必携の」機能を出してくることが予想される。

画像クレジット:dowell / Getty Images / Getty Images


【原文】

Following November’s overhaul of Google Pay, which saw the service expanding into personal finance, the company today is rolling out a new set of features aimed at making Google Pay more a part of its users’ everyday lives. With an update, Google Pay will now include new options for grocery savings, paying for public transit and categorizing their spending.

Through partnerships with Safeway and Target, Google Pay users will now be able to browse their store’s weekly circulars that showcase the latest deals. Safeway is bringing more than 500 stores to the Google Pay platform, and Target stores nationwide will offer a similar feature. Google Pay users will be able to favorite the recommended deals for later access. And soon, Google Pay will notify you of the weekly deals when you’re near a participating store, if location is enabled.

Image Credits: Google

Another update expands Google Pay’s transit features, which already today support buying and using transit tickets across more than 80 cities in the U.S. New additions arriving soon now include the major markets of Chicago and the San Francisco Bay Area. This follows Apple Pay’s recently added and much welcomed support for the Bay Area’s Clipper card. The company is also integrating with Token Transit to expand transit support to smaller towns across the U.S.

Soon, the Google Pay app will also allow Android users to access transit tickets from the app’s home screen through a “Ride Transit” shortcut. They can then purchase, add or top up the balance on transit cards. Once purchased, you’ll be able to hold up your transit card to a reader — or show a visual ticket in case there’s no reader.

Image Credits: Google

The final feature is designed for those using Google Pay for managing their finances. With last year’s revamp, Google partnered with 11 banks to launch a new kind of bank account it called Plex. A competitor to the growing number of mobile-only digital banks, Google’s app serves as the front-end to the accounts which are actually hosted by the partner banks, like Citi and Stanford Federal Credit Union.

As a part of that experience, Google Pay users will now gain better access into their spending behavior, balances, bills and more via an “Insights” tab. Here, you’ll be able to see what your balance is, what bills are coming due, get alerts about larger transactions, and track spending by either category or business. As Google is now automatically categorizing transactions, that means you’ll be able to search for general terms (like “food”) as well as by specific business names (like “Burger King”), Google explains.

Image Credits: GoogleThese features are part of Google’s plan to use the payments app to access more data on users, who can then be targeted with offers from Google Pay partners.

When the redesigned app launched, users were asked to opt in to personalization features, which could help the app show users better, more relevant deals. While Google says it’s not providing your data directly to these third-party brands and retailers, the app provides a conduit for those businesses to reach potential customers at a time when the tracking industry is in upheaval over Apple’s privacy changes. Google’s ability to help brands reach consumers through Google Pay could prove to be a valuable service, if it is able to grow its user base, and encourage more to opt in to the personalization features.

To make that happen, you can expect Google Pay to roll out more useful or “must have” features in the weeks to come.

(文:Sarah Perez、翻訳:Nob Takahashi / facebook )

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
メルカリの利用実績を基に融資する「メルペイスマートマネー」 売上で返済もOK
企業・業界動向
2021-08-04 21:31
ポケモンGOで「New ポケモンスナップ」発売記念イベント 「ドーブル」色違い初実装 期間限定
くらテク
2021-04-30 19:21
トランプ前大統領のFacebookとInstagramからの締め出しを監督委員会が審議
企業・業界動向
2021-01-23 11:00
DeNA在籍の「Kaggle Grandmaster」が国内企業最多の3名に、「Kaggle Master」も16名
人工知能・AI
2021-01-16 05:45
TIME誌「2020年のベスト100発明」の1つ、VirtiはVRでスキルを教え知識保持率を230%向上させる
EdTech
2021-07-01 02:14
シフトワーカーやギグワーカーを管理するプラットフォームSirenumが2.8億円シリーズAを調達
HRテック
2021-01-31 09:18
高い、使いにくい、読みにくい──音声合成研究者を悩ませるハードルを解決する“台本”、明治大学らが発表
くわしく
2021-06-20 00:16
木のモザイク画を1枚の木板から効率的に作成 精密な寄木細工システムを構築 :Innovative Tech
イラスト・デザイン
2021-03-13 08:27
Airbnb、1月20日の新大統領就任式に向け議事堂襲撃者の宿泊を制限する計画
企業・業界動向
2021-01-13 23:35
5.33億人のFacebookユーザーの電話番号を含む個人情報、犯罪フォーラムで公開
企業・業界動向
2021-04-05 06:39
国立情報学研究所 喜連川所長が懸念する「スマートシティーでのデータの“お作法”」
IT関連
2021-01-29 18:36
Googleが「Stadia」のオリジナルゲーム製作をあきらめた理由 :Googleさん(1/2 ページ)
イラスト・デザイン
2021-02-15 00:15
Excel方眼紙をアプリ化するローコード・ノーコードツール「Forguncy」、どこまでちゃんと業務アプリケーションが作れるのか? 実例を見てみる[PR]
Forguncy
2021-06-14 23:00
ROS対応協働ロボットアーム「myCobot」のラズパイ版「myCobot Pi」、商業向け「myCobot Pro」が発売開始
ロボティクス
2021-07-02 00:24