IBMがクラウドアプリとネットワーク管理のTurbonomicを最大2179億円で買収

IBMがクラウドアプリとネットワーク管理のTurbonomicを最大2179億円で買収 サムネイル

今回は「IBMがクラウドアプリとネットワーク管理のTurbonomicを最大2179億円で買収」についてご紹介します。

関連ワード (IBM、Turbonomic、クラウドコンピューティング、買収等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


米国時間4月29日、IBMは顧客企業に提供する、ネットワークやワークロードを管理するAIベースのサービスを深化させる新たな買収を行った。同社が発表したのは、アプリケーションのパフォーマンス(特にリソース管理)やKubernetes、ネットワークのパフォーマンスを管理するツールを提供しているTurbonomic(ターボノミック)の買収だ。これは、IT運用に、より多くのAIを取り込む(IBMはそれをAIOpsと呼んでいる)という大きな戦略の一環である。

買収の金銭的条件は公表されていないが、PitchBookのデータによれば、Turbonomicは最後に行われた2019年9月の資金調達ラウンドでは10億ドル(約1090億円)近く、正確には9億6300万ドル(約1049億円)と評価されていた。米国時間4月29日の少し早い時間に流されたロイターの記事では、この取引は15億ドル(約1634億円)から20億ドル(約2179億円)と推定されていた。ある関係者によれば、この数字は正確だということだ。

ボストンを拠点とする同社にはGeneral Atlantic、Cisco、Bain、Highland Capital Partners、Red Hatなどが出資していた。もちろん最後のRed Hat(レッドハット)は、現在はIBMの傘下となっているので、理屈の上ではIBMも投資者だったのだ。Red HatとIBMは、通信事業者、エッジ、企業のユースケースに対応した、さまざまなクラウドベースのツールを開発してきた。

関連記事
・IBMが約3.7兆円でRed Hat買収を完了
・IBMとRed Hatが5GエッジとAIへ全力投球、シスコやインテル、サムスンなども支持

今回の買収は、その動きをさらに拡大するものであり、また、最近のIBMが積極的に取り組んでいる分野でもあるのだ。2020年11月にIBMは、アプリケーションパフォーマンスマネジメントを自社の一員とするために、Instana(インスタナ)を買収したが、今回のTurbonomicの買収はそれを補完するものであり、2つの技術のツールは統合されるだろうとIBMは述べている。

Turbonomicのツールは、オンプレミスやクラウドのワークロード単体に対して有効なだけでなく、通常は複数のクラウド環境にまたがって拡張されるワークロードを含む、ハイブリッドクラウドアーキテクチャにおいて特に有効だ。ハイブリッドクラウドアーキテクチャは、コストや場所、その他の実務的な理由から、人々がより多くのレジリエンスを求めるアーキテクチャかもしれないが、実際のところ、管理が大変であることは間違いがない。Turbonomicのツールは、管理を自動化し、パフォーマンスを分析し、ネットワーク運用エンジニアに対して、利用上の要求を満たすための変更を提案する。

TurbonomicのCEOであるBen Nye(ベン・ナイ)氏は声明の中で「企業はアプリケーションをクロスクラウドで実行する際の規模と複雑さの課題を管理するために、AI駆動のソフトウェアを求めているのです」と述べている。「Turbonomicは、お客様に行動を提示するだけでなく、実際の行動を起こさせることが可能です。IBMとTurbonomicの組み合わせにより、たとえピーク時でも目標とするアプリケーションのレスポンスタイムを継続的に保証することができます」。

IBMにとっては、サーバーを中心としたレガシービジネスから、サービス、特に未来のインフラであるクラウドベースのネットワーク上へのサービスへの移行が進んでいることを示す、また別の兆候だ。

IBM Cloud and Data Platform(IBMクラウドアンドデータプラットフォーム)担当副社長のRob Thomas(ロブ・トーマス)氏は「IBMは、ハイブリッドクラウドとAIの企業として未来を再構築し続けます」と声明の中で述べている。「Turbonomicの買収は、この戦略を推進するために最もインパクトのある投資を行い、お客様がデジタルトランスフォーメーションを推進するための最も革新的な方法を見つけられるようにするという、当社のコミットメントを示すもう1つの例なのです」。

ネットワークとIT運用の世界におけるAIの可能性の大部分は、企業がいかに自動化に頼ることができるようになるかという点にあり、IBMはこの分野にも積極的に取り組んでいる(この技術のまったく異なる応用であるビジネスサービス分野では、同社は2021年4月、イタリアのMyInvenioを買収し、プロセスマイニング技術を自社に導入した)。

一方、自動化によって期待されるのは、運用コストの削減であり、これはハイブリッド・クラウドの展開において、ネットワークのパフォーマンスと可用性を管理するための重要な課題だ。

IBM Automation(IBMオートメーション)のゼネラルマネージャーであるDinesh Nirmal(ディネッシュ・ナーマル)氏は声明の中で「私たちは、AIによる自動化は避けられないものになり、そのことは情報を中心としたすべての仕事の生産性向上に役立つと考えています」と述べている。「だからこそIBMは、ビジネスプロセスとITにまたがるAIを活用した自動化機能を、ワンストップでお客様に提供するための投資を続けているのです。Turbonomicが加わったことで、お客様はハイブリッドクラウドのインフラ全体、そして企業全体で何が起こっているのかを完全に可視化できるようになり、そのことで当社のポートフォリオはさらに大きく前進することになります」。

画像クレジット:sdecoret / Getty Images


【原文】

IBM today made another acquisition to deepen its reach into providing enterprises with AI-based services to manage their networks and workloads. It announced that it is acquiring Turbonomic, a company that provides tools to manage application performance (specifically resource management), along with Kubernetes and network performance — part of its bigger strategy to bring more AI into IT ops, or as it calls it, AIOps.

Financial terms of the deal were not disclosed, but according to data in PitchBook, Turbonomic was valued at nearly $1 billion — $963 million, to be exact — in its last funding round in September 2019. A report in Reuters rumoring the deal a little earlier today valued it at between $1.5 billion and $2 billion. A source tells us the figure is accurate.

The Boston-based company’s investors included General Atlantic, Cisco, Bain, Highland Capital Partners and Red Hat. The last of these, of course, is now a part of IBM (so it was theoretically also an investor), and together Red Hat and IBM have been developing a range of cloud-based tools addressing telco, edge and enterprise use cases.

This latest deal will help extend that further, and it has more generally been an area that IBM has been aggressive in recently. Last November IBM acquired another company called Instana to bring application performance management into its stable, and it pointed out today that the Turbonomic deal will complement that and the two technologies’ tools will be integrated together, IBM said.

Turbonomic’s tools are particularly useful in hybrid cloud architectures, which involve not just on-premise and cloud workloads, but workloads that typically are extended across multiple cloud environments. While this may be the architecture people apply for more resilience, reasons of cost, location or other practicalities, the fact of the matter is that it can be a challenge to manage. Turbonomic’s tools automate management, analyse performance and suggest changes for network operations engineers to make to meet usage demands.

“Businesses are looking for AI-driven software to help them manage the scale and complexity challenges of running applications cross-cloud,” said Ben Nye, CEO, Turbonomic, in a statement. “Turbonomic not only prescribes actions, but allows customers to take them. The combination of IBM and Turbonomic will continuously assure target application response times even during peak demand.”

The bigger picture for IBM is that it’s another sign of how the company is continuing to move away from its legacy business based around servers, movinh deeper into services, and specifically services on the infrastructure of the future, cloud-based networks.

“IBM continues to reshape its future as a hybrid cloud and AI company,” said Rob Thomas, SVP, IBM Cloud and Data Platform, in a statement. “The Turbonomic acquisition is yet another example of our commitment to making the most impactful investments to advance this strategy and ensure customers find the most innovative ways to fuel their digital transformations.”

A large part of the AI promise in the world of network operations and IT ops is how it will afford companies to rely more on automation, another area where IBM has been very active. (In a very different application of this technology — in business services — this month, it acquired MyInvenio in Italy to bring process mining technology in house.)

The promise of automation, meanwhile, is lower operation costs, a critical issue for managing network performance and availability in hybrid cloud deployments.

“We believe that AI-powered automation has become inevitable, helping to make all information-centric jobs more productive,” said Dinesh Nirmal, general manager, IBM Automation, in a statement. “That’s why IBM continues to invest in providing our customers with a one-stop shop of AI-powered automation capabilities that spans business processes and IT. The addition of Turbonomic now takes our portfolio another major step forward by ensuring customers will have full visibility into what is going on throughout their hybrid cloud infrastructure, and across their entire enterprise.”

(文:Ingrid Lunden、翻訳:sako)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「カップヌードル」の残り汁を固めるパウダー、日清が小林製薬と共同開発
くらテク
2021-03-30 22:34
欧州の金融スーパーアプリへ向けてVivid Moneyが約79.6億円を調達
フィンテック
2021-05-03 08:31
シチズン時計、ITアウトソーシングサービス導入でDX推進を強化
IT関連
2021-03-25 20:20
小学生向け「はたらく細胞」のウイルス&細菌図鑑が登場 大人も新型コロナを正しく学べる
くらテク
2021-01-19 11:38
アイロボットが自動ゴミ収集機付属で10万円以下の掃除ロボ「ルンバi3」発表、数カ月はゴミ捨て不要
ハードウェア
2021-02-18 16:01
コールマンと「リカちゃん」コラボ 「もくもくジュージュー」煙も出るバーベキューセット
くらテク
2021-04-22 20:30
家計や引っ越し、給料交渉など大学を卒業したばかりZ世代のための大人の手引書を提供するRealworldが3.7億円調達
その他
2021-04-11 10:33
受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
DMM WEBCAMP
2021-04-11 10:33
東急リバブルとNEC、AI活用で投資用区分マンションのマッチングシステム開発
IT関連
2021-04-05 05:33
ビットコイン購入がテスラの環境重視の評判と収益に悪影響をおよぼす可能性
モビリティ
2021-02-10 22:01
トーバルズ氏、「Linux 5.12 rc1」の“非常に厄介”なバグを修正
IT関連
2021-03-11 23:43
月を目指す日本人宇宙飛行士の募集に向けJAXAがイベント 18日にYouTubeで 募集条件の緩和も
くらテク
2021-02-10 23:33
Spotify、Podcastの有料サブスクサービス発表 手数料2年間無料(Appleは1年目30%徴収)
アプリ・Web
2021-04-29 10:47
ITエンジニアが2021年に学びたい(強化したい)プログラミング言語、1位はPython
IT関連
2021-02-16 23:01
ネットギアが3万1111円のトライバンド対応WiFi 6ルーター「RAX70」発売
ハードウェア
2021-02-19 14:44
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
Udemy
2021-02-19 14:44