SpotifyのCEOがライブオーディオコンテンツを次の「Stories」だと有望視

SpotifyのCEOがライブオーディオコンテンツを次の「Stories」だと有望視 サムネイル

今回は「SpotifyのCEOがライブオーディオコンテンツを次の「Stories」だと有望視」についてご紹介します。

関連ワード (Spotify、音声ソーシャルネットワーク等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


ライブオーディオエクスペリエンスは、Storiesがそうだったようにメジャーなプラットフォームすべてに受け入れられるだろう、とSpotifyのCEOであるDaniel Ek(ダニエル・エク)氏は米国時間4月28日の決算会見で投資家に話した。Spotifyはこのほど、ライブオーディオアプリのLocker Roomを買収した。スポーツやカルチャー、そしてもちろん音楽などを中心にさまざまな種の新しいライブオーディオを展開するのにLocker Roomのテクノロジーを使う予定だ。

同社は録音されたコンテンツである音楽とポッドキャストを流すことを専門としており、ライブのソーシャルネットワーキング分野の経験はほぼないことから、Locker RoomがどれくらいSpotifyの現在のサービスに馴染むのかについて投資家らは興味ありげだった。

業界の多くがすでに検討していることを反映して、ライブオーディオをすべての人に広く受け入れられる新しい機能としとらえている、とエク氏は述べた。同氏はそれを次の「Stories」と呼んだ。StoriesはSnapchatによって人気になった機能だが、徐々にどのプラットフォームにも登場した。

「Storiesと変わりません」と同氏は述べ、ライブオーディオに関する自身の考えを説明した。「Storiesは今日、Spotify、もちろんInstagram、Snap、その他も含め数多くのプラットフォームのフォーマットで存在しています。ですので、私は本当にライブオーディオを魅力的な機能としてとらえています。そしてクリエイターは、求めているインターラクションのためにベストなファンとの親和性を持てるところで従事すると考えています。これは、Storiesがこれまでにいかに機能してきたかにかなり似ています」。

言い換えると、各プラットフォームは特定の種のライブオーディオクリエイターを引きつけるかもしれず、Spotifyは音楽とカルチャーの領域に可能性を見出している。カルチャーに関してはポッドキャストへのこれまでの大規模投資のおかげだ。

ライブオーディオへの関心はパンデミックの最中に湧き起こった。人々は家に閉じ込められ、従来のネットワーキングやカンファレンスのような大型イベントは禁止となった。しかしそれは、世界がコロナ後の世界へと向かうときに将来性がないということにはならない。

もちろん、排他的な招待制が次の大きなものに参加することを求めている、見極めたネットワーカーたち(と人気にあやかろうとする人たち)を引きつけたことで、Clubhouseはライブオーディオ分野において関心を集めた功績が認められている。しかしTeslaの創業者Elon Musk(イーロン・マスク)氏、FacebookのCEOであるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏、俳優から投資家に転向したAshton Kutcher(アシュトン・カッチャー)氏、Drake(ドレイク)、Oprah(オプラ)、その他たくさんのビッグネームのセレブゲストなどの利用でアプリの人気が高まるにつれ、他のテック企業も注目し始めた。ほどなくして、多くがClubhouseのクローンを作っていた。

今日ではFacebook、Instagram、Reddit、Twitter、Discord、Telegram、そしてLinkedInですらさまざまな開発段階にあるライブオーディオの計画を持っているか、サービスを提供している。

ただし、ゼロから始めるのではなく、Spotifyは買収した。もともとはスポーツを論じる場だったLocker Roomのおかげで、Spotifyはより多くのプロのアスリートやライター、ミュージシャン、ソングライター、ポッドキャスター、そしてリアルタイムの会話をホストしたい「その他のグローバルボイス」に対しライブオーディオを間もなく利用できるようにする。Locker Roomのサービスは「Spotify Greenroom」としてブランド変更されるとエク氏は会社のポッドキャストで述べた。

この買収が発表されてから初めての四半期決算会見で、投資家はSpotifyが話し言葉のオーディオが音楽ストリーミングよりもおもしろいと信じているかどうか尋ねた。

エク氏は、話し言葉のコンテンツがフォーマットの進化として今後くるものの始まりにすぎないことを説明した。

「多くの人が媒体にある機能で従事し始めるにつれ、あなたはより多くのプロのクリエイターが加わるのを目にし始めます。ですので、おそらくまず話し言葉のコンテンツで始まると考えています」とエク氏は述べた。「しかしSpotifyに関して具体的にいうと、ファンへの語りかけからリスニング・パーティーの開催、他の多くのことに従事したい多くのミュージシャンがいると考えています。というのも、ミュージシャンにとってSpotifyプラットフォームでは、当社の売上高モデルベースに基づくだけでもエンゲージメントが売り上げ機会への意義ある転換につながることが明らかだからです」。

Spotifyは、800万人超のクリエイターから受け取った最多のリクエストが、ファンとつながる手段をより多く持ちたい、というものだったと明らかにした。ユーザー3億5000万人超というSpotifyのリーチを考えたとき、ライブオーディオはその性質上、ミュージシャンにとってファンとつながるかなり直接的な方法となる。

別の言葉でいうと、投資家の質問が暗示したように、ライブオーディオは音楽ストリーミングにとってシナリオではない。1つのことが他のことに絡んでいるループ以上のものだ。そして明らかに「ライブ」は単にチャットではなく、音楽を意味し得る。

例えばアーティストが販促したいアルバムがあるとき「ファンとしてあなたは他の消費者よりも早く体験できるかもしれません」とエク氏はほのめかした。本当だろうか?

アーティストはまた、曲作りに関する自らの考えについて話すためにライブオーディオを使うこともできる。これはすでに利用できる「Behind the Lyrics」の統合と類似している。

「コンテンツの質によるところが本当に大きいと考えています」とエク氏は話した。「800万人のクリエイターに目を向けると、世界でベストなストーリーテラーがプラットフォームにいます。究極的にはそれが人々が聴くものであり、大切なのはそういうことです」。

しかし 難しいものになりそうなのが、ライブコンテンツのモデレーションだ。会話はあっという間に常軌を逸することがあるため、ライブオーディオはどの企業にとってもまったく新しい課題だ。そして自由な言論と誤情報や不適切なコンテンツの取り締まりの間の線引きに関するSpotifyの立場はまだ少しはっきりしていない。例えば同社のトップポッドキャスターJoe Rogan(ジョー・ローガン)氏は最近、もし若くて健康なら新型コロナウイルスのワクチンを接種しないようリスナーにアドバイスした。Spotifyはこの特異な論争について意見を述べるのは却下した。しかし同じポッドキャストから過去の40超のエピソードを削除した。ブレットプルーフ(完全無欠)コーヒーとその健康への効果についてのエピソードなど、削除されたものの一部はさほど規則に反していないようだ。

ライブオーディオに進出する前に、Spotifyはクリエイターのコンテンツに関する価値を最初に固めたいかもしれない。ライブセッションが決められた範囲外へと飛び出しときに何が起こるのかについて、注意深い、最悪のケースを想定したシナリオも必要だろう。

ライブオーディオに関してエク氏が楽観しているにもかかわらず、AppleやAmazonのようなライバルからの増大するプレッシャーのために成長が減速する兆しがあるとして、Spotifyの株価は決算報告の後に大きく下げた。Spotifyは第1四半期に有料購読者を300万人増やしたが、予想されていた月間アクティブユーザー数には届かず、通年のガイダンスも下回った。同四半期の売上高は21億ユーロ(約2760億円)で、前年同期比16%増だったが、2020年第4四半期に比べると1%減となり、懸念を生んだ。しかし、もしSpotifyが統合をうまくこなせば、ライブオーディオは将来、ファンにもっと頻繁にSpotifyを利用しようと思わせるかもしれない。

画像クレジット:Getty Images


【原文】

Live audio experiences will be adopted by every major platform just like Stories have been, Spotify CEO Daniel Ek told investors on Wednesday’s earnings call. The streaming service recently acquired a live audio app, Locker Room, whose technology it expects to use to power a range of new live audio conversations centered around sports, culture and, of course, music.

Investors were curious how exactly Locker Room would fit in with Spotify’s current offerings, given the streamer today is focused on delivering recorded content — music and podcasts — and not some sort of live social networking experience.

Ek, mirroring what many in the industry have already been thinking, said he sees live audio as a new set of capabilities that will be broadly adopted by all. He basically dubbed it the next “Stories” — a feature popularized by Snapchat, but that eventually made its way to every platform.

“It’s really no different than how you think about Stories,” Ek said, explaining his thoughts on live audio. “Stories today exist on a format on a number of platforms, including Spotify, including, of course, Instagram, Snap and many others. So, I do look at [live audio] as a compelling feature set, and I think creators will engage in the places where they have the best sort of creator-to-fan affinity for the type of interactions that they’re looking for. And I think this is very similar to say how Stories played out historically.”

In other words, each platform may attract a certain kind of live audio creator, and Spotify sees its own potential in the realm of music and culture — the latter thanks to its existing and expansive investments in podcasts.

The interest in live audio emerged in the middle of a pandemic that trapped people at home and shut down traditional networking and large events, like conferences. But that doesn’t mean there’s no future for the format when the world opens back up.

Of course, Clubhouse gets credit for the interest in the live audio space as its exclusive invite-only status attracted a crowd of determined networkers (and clout-chasers) looking to participate in the next big thing. But as the app grew more popular, snagging big-name celeb guests — like Tesla founder Elon Musk, Facebook CEO Mark Zuckerberg, actor-turned-investor Ashton Kutcher, Drake, Oprah, and more — other tech companies began to take notice. Soon, everyone was building a Clubhouse clone.

Today, Facebook, Instagram, Reddit, Twitter, Discord, Telegram and even LinkedIn have plans for live audio in various stages of development or availability.

Instead of starting from scratch, however, Spotify made an acquisition. Thanks to Locker Room, originally a place to discuss sports, Spotify said it would soon open up live audio to more professional athletes, writers, musicians, songwriters, podcasters and “other global voices” who want to host real-time conversations. The Locker Room service will be rebranded as “Spotify Greenroom,” Ek noted, via a company podcast.

In its first earnings call since the deal was announced, investors asked whether Spotify believed linear consumption of spoken word audio was more interesting than music streaming.

Ek explained how spoken word content may only be the beginning of what’s to come as the format evolves.

“As more people start engaging with a feature in a medium, you start seeing more and more professional creators jump on board. So I think it’s probably going to start out with spoken word content,” he said. “But specifically as it relates to Spotify, I think that there will be a lot of musicians that want to engage in everything from speaking to their fans to having listening parties and all other things because it’s so clear to them that on the Spotify platform, that engagement drives meaningful conversion to monetization opportunities just on the basis of our revenue model.”

Spotify said that the biggest request it gets from its over 8 million creators are to have more ways for them to connect with fans. Live audio, by its nature, would give them a very direct way to do just that, given Spotify’s reach of more than 350 million users.

In other words, live audio does not present some either/or scenario with regard to music streaming, as the investor’s question suggested. It’s more of a loop where one thing feeds the other. And “live,” apparently, could also mean music, not just chat.

For example, Ek hinted, when an artist has an album to promote, “you as the fan, may be able to experience that earlier than other consumers can.” Oh really?

Artists could also use live audio to talk about their thinking around writing a song, similar to what the Genius integration “Behind the Lyrics” today provides.

“I think it really comes down to the quality of the content,” said Ek. “And I think when I look at our 8 million creators, we have some of the world’s best storytellers on the platform, and that’s ultimately what people will tune into, and that’s what matters.”

But one area that could be difficult is moderation of live content. Live audio presents a whole new range of challenges for any company, as conversations can go off the rails quickly. And Spotify’s position on drawing the line between free speech and policing misinformation or other inappropriate content is still somewhat murky. Its top podcaster, Joe Rogan, recently advised listeners to not get the COVID vaccine, if they were young and healthy, for example. Spotify declined to weigh in on this particular controversy. But it has removed some 40-plus episodes from the same podcast in the past — some for seemingly lesser violations, like an episode about Bulletproof Coffee and its health claims, for instance.

Before Spotify wades into live audio, it may want to first solidify its own values around creator content. It will need a careful, worst-case scenario plan for what happens when a live session goes out of bounds, too.

Despite Ek’s optimism around live audio, Spotify’s stock tumbled after earnings, as there were signs of slowing growth on the horizon, thanks to increased pressure from rivals, like Apple and Amazon. The company added 3 million paid subscribers in the quarter, but missed on expectations of monthly active users and lowered its full-year guidance. Revenues were up €2.1 billion ($2.6 billion) in the quarter, a 16% increase from the same period last year but down 1% from Q4 2020, raising concerns. But live audio could give fans a reason to tune back in more often in the future, if the Spotify can make the integration work.

(文:Sarah Perez、翻訳:Nariko Mizoguchi)

spotify.com

spotify-foundthemfirst.

Listening is everything - Spotify

Spotify is all the music you'll ever need. © 2021 Spotify AB. Privacy Preference Center. When you visit any website, it may store or retrieve information on your browser, mostly in the form of cookies.

Listening is everything - Spotify

Spotify is all the music you'll ever need. 1 Premium account. All benefits of Spotify Free. Play in any order. Unlimited Skips.

Spotify (@spotify) • Фото и видео в Instagram

Spotify. Music and podcasts for every moment. Play, discover and share for free. linkin.bio/spotify.

Spotify - Home | Facebook

See actions taken by the people who manage and post content. Spotify AB is responsible for this Page. Google Play Music. Product/Service. Spotify-Follow for Follow-Officiial. Artist. Cold War Kids.

Spotify - Wikipedia

Spotify Technology S.A is a Luxembourg-based holding company who owns Spotify AB (/ˈspɒtɪfaɪ/; Swedish: [ˈspɔ̂tːɪfaj]),:43 a Swedish audio streaming and media services provider...

Spotify (@Spotify) | Твиттер

Последние твиты от Spotify (@Spotify). Listening is everything. Podcasts @SpotifyPodcasts Support @SpotifyCares.

What is Spotify and how does it work?

Read our guide to Spotify, what it is, how much it costs and how it works. All the details you need to know about the music streaming service.

Spotify

This subreddit is mainly for sharing Spotify playlists. Questions? Check out our wiki first. You must have a combined karma of 40, & your reddit...

Download Spotify++ Premium Free on iOS 13

Interested to download Spotify++ Premium Free on iOS 13 without $9.99 a month subscription. Discover how to get premium Spotify without PC.

Spotify is all the music you'll ever need.

Spotify. Charts. Filter by Menu.

Spotify Upgrade

All it takes is two steps to upgrade your Spotify account to Premium. Affiliate System.

View your personal spotify statistics - Stats for Spotify

Get insights into your spotify listening habits! View your spotify track or artist ranking and compare them to your last visit.

Instagram Liveに音声ミュートやビデオをオフにする新機能追加 ...

Facebookはこれまで、Messenger Rooms内にClubhouseの競合となる機能を導入したり、ウェブ上でClubhouseのようなQ&Aプラットフォームのテストを行ってきたが、新たにもう1つの同社最大の製品であるInstagramの「Live」機能を活用して、Clubhouseの脅威に立ち向..

音声を投稿できるSNS「Bubbly」上陸 有名人の声を有料配信 ...

米Bubble Motionが、音声を投稿できるソーシャルサービス「Bubbly」の日本語版iPhoneアプリを公開。仲間同士で音声コミュニケーションが楽しめるほか、有名人の声を有料で聞くこともできる。日本向けにホリプロのタレントなどが参加した。

携帯でも「知り合い系」サービス ~その可能性 - ITmedia Mobile

世界初とうたう、携帯版ソーシャルネットワークサービスが登場した。なかなかイメージがわかないユーザーも多いだろうが、サービスの画面を見ながら、その具体像に迫ってみよう。

Clubhouse、複数のユーザーの会話が流出 - Sputnik 日本

音声SNSアプリClubhouse(クラブハウス)は、この週末にハッカー攻撃が確認され、その後、複数のユーザーの会話が第3者のサイトに「流出した」と発表した。専門家らは、SNSにおける会話のプライバシーとセキュリティに期待するべきではないと警告した。ブルームバーグ通信がClubhouseを引用して報じた。

Androidアプリ 「Groundwire: VoIP SIP Softphone」 (通信 ...

軍事グレードの暗号化されたB2B SIPソフトフォンアプリで、音声通話やビデオ通話、メッセージの送信などを行えます。 Groundwireは、SIPソフトフォンをさらに活用したいビジネスユーザー向けに設計されています。Groundwireは、最も人気のあるプロ

Qualcomm、ZTEと5Gネットワーク上での高音質通話「VoNR ...

Qualcommが、5Gネットワーク上での通話「VoNR」をZTEと実施した。3GPPのRelease 15の仕様に準拠している。VoLTEに依存することなく高音質な通話が可能になる。

ケータイのエコシステムをスマホ上に再現する「Line」:本田 ...

7月3日にNHN Japanが開催したLINEカンファレンス「Hello, Friends in Tokyo 2012」で、コミュニケーションアプリ「LINE」がプラットフォームへと進化するロードマップが示された。そのモデルは、ドコモの「iモード」が生み出した“ケータイビジネスモデル”によく似ている。 (2/2)

池袋西口公園で野外サーカス 日本初のソーシャルサーカス ...

ソーシャルサーカスカンパニー「SLOW CIRCUS PROJECT」による野外サーカス「T∞KYO∞(トーキョー)~虫のいい話」が4月25日・26日、池袋西口公園野外劇場グローバルリングシアター(豊島区西池袋1)で開催される。(…

ハクソー・リッジ / アンドリュー・ガーフィールド | 映画の ...

第2次世界大戦の激戦地“ハクソー・リッジ”で武器を持たずに多くの命を救った衛生兵の実話に基づく戦争映画。主演は『沈黙−サイレンス−』のアンドリュー・ガーフィールド。メル・ギブソンが『アポカリプト』以来10年ぶりに手掛けた監督作。PG12作品

「Run&Walk」のデータを連携――ジョギングソーシャル ...

Run&Walk外部連携サービスは、KDDIが提供するRun&Walkのユーザーが蓄積したワークアウトデータを連携先サイトと共有できるサービスで、Run&Walkの ...

ソフトバンク孫社長が語った野望に潜む脅威 WEDGE Infinity ...

7月20日に開催されたSoftBank World 2017で、基調講演に登壇したソフトバンクグループの代表取締役会長兼社長の孫正義氏が語った野望に底知れない不安を感じました。

【Blu-ray】バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 ...

ベン・アフレック、ヘンリー・カビル共演でバットマンとスーパーマン、2大ヒーローの世紀の対決を描いたアクション。正義の味方から、いつしか人類の脅威となったスーパーマン。人々の希望を背負ったバットマンがスーパーマンに戦いを挑む。

「水野 美紀」のテレビ東京 出演番組一覧 | テレビ東京・Bs ...

このWEBサイトに掲載されている文章・映像・音声写真等の著作権はテレビ東京・BSテレビ東京 およびその他の権利者に帰属しています。権利者の ...

エージェント・ウルトラ / ジェシー・アイゼンバーグ - Dvd ...

ジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワート共演によるアクションコメディ。田舎町のコンビニアルバイト店員・マイクは、謎の暗号をきっかけに秘められた能力が覚醒する。CIAのスーパーエージェントになった彼は命を狙われるハメに…。R15+

ASCII.jp:リモート学習のセキュリティ、ここに気をつけろ

リモートでのオンライン学習を始める学生は、自身の環境を整えるだけでなく、セキュリティにも注意する必要がある。セキュリティ違反の影響とリスクを軽減するために必要な手順を理解することが重要だ。

Time/タイム / ジャスティン・ティンバーレイク | 映画の宅配dvd ...

『ロード・オブ・ウォー』のアンドリュー・ニコルが放つ近未来サスペンスアクション。人類が老化を克服した近未来、25歳以後の寿命が経済力で左右される状況で、貧しい青年・ウィルは目の当たりにした不合理な社会システムに疑問を抱くようになり…。

30+ 人気のある【無料・割引】録画ソフト Apps. 最高のものを ...

ネットワーク監視 PC遠隔操作 VPNソフト コミュニティ チャット・メッセンジャー チャット・メッセンジャー VoIP ウェブカメラ ソフトウェア ソーシャルメディア ソーシャルメディアツール メールソフト メールバックアップ・復元 メールクライアント

人生の特等席 / クリント・イーストウッド - Dvdレンタル ぽすれん

クリント・イーストウッド主演で贈る、父と娘のハートウォーミング・ストーリー。大リーグの敏腕スカウトマン・ガスは、視力の衰えにより引退を目前にしていた。娘のミッキーは、不本意ながら父のラストスカウトとなる旅に付き添うことを決意するが…。

中国aiチップ企業の高額資金調達が相次ぐ 国家戦略でさらなる ...

中国ではAIチップへの注目度がますます高まっている。2021年に入ってから、これまで21件のAIチップ関連の資金調達が公表され、…

人類は間もなく次のパンデミックに直面する=ビル・ゲイツ ...

マイクロソフト社の創設者で慈善基金の共同代表であるビル・ゲイツ氏は、今後数年の間に人類は次なるパンデミックの勃発に直面するとの見通しを立てている。

【Blu-ray】ゾンビランド:ダブルタップ / ウディ・ハレルソン ...

ウディ・ハレルソンら『ゾンビランド』のキャストが再集結したホラーコメディ。人類がゾンビ化し始めてから10年後。数少ない生存者であるコロンバスは“生き残るための32のルール”をパワーアップさせ、仲間たちとゾンビ社会を生き抜いていた。R15+作品。

80+ 人気のある動画変換ソフト | 世界的特価ソフト通販サイト

ネットワーク監視 PC遠隔操作 VPNソフト コミュニティ チャット・メッセンジャー チャット・メッセンジャー VoIP ウェブカメラ ソフトウェア ソーシャルメディア ソーシャルメディアツール メールソフト メールバックアップ・復元 メールクライアント

Top 40 【無料・割引】動画編集[初心者] Apps. 最高のものを選ぶ

Video Editor Software for Home User (ホームユーザー用ビデオエディター) は、多くの複雑な操作を省略してくれます。 そのほとんどはシンプルでクリーンなインターフェースを持っており、ユーザーはウィザードガイドメニューの順序だった操作に従うだけで、ビデオキャプチャ、ビデオ編集、出力 ...

Top 6 【無料・割引】Webカメラ・チャット・ソフト Apps. 最高の ...

Webカメラ・チャット・ソフトは、ビデオチャットとライブストリーミングで、さまざまな能力を発揮します。 Webカメラ・チャット・ソフトは、通常、デスクトップの動画やスクリーンショットを撮影するためのものです。Webカメラ・チャット・ソフトには、たくさんの特徴と楽しいエフェクト ...

#リモラブ ~普通の恋は邪道~ Vol.3 / 波瑠 | 映画の宅配DVD ...

ソーシャルディスタンスの世界でソーシャルネットワークから始まる恋を描いたラブコメディ第3巻。青林を意識してしまう美々は、「心の中には檸檬さん、貴方がいます」と送信。それを読んだ青林は草モチへ意外なメッセ―ジを送る。第5話と第6話を収録。

【Blu-ray】沈黙-サイレンス- / アンドリュー・ガーフィールド ...

遠藤周作の「沈黙」をマーティン・スコセッシ監督が映画化。幕府によるキリシタン弾圧下の長崎。棄教したとされる宣教師・フェレイラを追い長崎に潜入した弟子のロドリゴとガルペは“隠れキリシタン”たちと出会う。豪華キャストが共演。PG12作品。

PR TIMES|プレスリリース・ニュースリリースNo.1配信サービス

プレスリリースをPR TIMESで配信して、効果的なPRを実現。上場企業の43.52%(1,680社/3,860社)が利用する現在シェアNo.1のプレスリリース配信代行サービス。話題のベンチャー~グローバル企業のニュースリリースが集まる生活者も要注目のサイトです。プレスリリースの受信は無料です。

ハンティング・パーティ -ciaの陰謀- / リチャード・ギア - Dvd ...

リチャード・ギア主演の社会派サスペンスアクション。サラエボの虐殺現場のレポートで失態を犯し、局を解雇されたレポーターのサイモン。賞金500万ドルが懸かった大物戦犯の居所を掴んだ彼は、昔の相棒カメラマンらを巻き込んで危険な旅に繰り出す。

EaseUS RecExperts 50%割引クーポン【2021年4月】 | 世界 ...

割引説明 50%OFF【¥1,086】最新EaseUS RecExperts割引情報,クーポンコード。有効期限:2021年4月30日 90%の割引コードはColorMango.comでのみ有効です。「クーポンを有効にする」をクリックするか、または割引コードを直接クリック ...

仙台市、災害時の通信手段として業務用IP無線システムiMESH ...

モバイルクリエイト株式会社は、業務用IP無線システムiMESHが宮城県仙台市役所の災害時の通信手段として採用されたことをお知らせします。業務用IP無線システムi…

COMMENTS


25559:
2021-05-02 23:51

Twitterが音声によるソーシャルネットワーク機能「Spaces」のベータテストを開始 | TechCrunch Japan @jptechcrunchより

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
米国小型株のリベンジに乗る?–景気回復に先行する特性に注目
IT関連
2021-02-26 18:34
日立製作所、社会インフラや基幹系システムなどへのAI実装を迅速化するフレームワークを整備
IT関連
2021-03-25 10:14
ServiceNow、ノーコード/ローコード開発を支援するNow Platform最新バージョンを発表
IT関連
2021-03-17 02:18
ヴイエムウェア、国内事業の方向性と注力分野を明確に
IT関連
2021-04-23 20:48
AMDの第4四半期、予想上回る–データセンター向けチップなど好調
IT関連
2021-01-27 19:48
D2C乳幼児フードブランド「the kindest」を手がけるMiLが3億4000万円を調達
フードテック
2021-03-17 05:30
「常識」獲得に向け少しずつ進化するコンピュータービジョン、フェイスブックの最新研究
人工知能・AI
2021-05-04 15:39
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-05-04 15:39
京都のヤサカタクシーとNearMeが「攻めのDX」でタッグ、タクシー業界のDXと乗車客の快適な移動を目指し業務提携
モビリティ
2021-04-14 03:10
NSSOL、次世代クラウドサービス基盤に「Cisco ACI」と「Cisco Nexus Insights」導入
IT関連
2021-04-22 21:15
Eclipseの便利なキーボードショートカットをご紹介
IT関連
2021-04-01 01:25
「AI」と呼ばれなくなる日も近い?–あらゆる現場に浸透が進む
IT関連
2021-02-18 20:59
街中でETCが使える「ETCX」始動、駐車場やドライブスルーなどでクルマに乗ったままキャッシュレス決済
フィンテック
2021-04-29 22:20
約1年で9万人のチャンネル登録者を獲得したYouTuber、動画制作環境をWindowsに移行した理由
PR
2021-02-09 18:09
Twitter、投げ銭機能「Tip Jar」を開始 数タップでPayPalなどからチップを送金可能
アプリ・Web
2021-05-09 22:10
受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
DMM WEBCAMP
2021-05-09 22:10