欧州がリスクベースのAI規制を提案、AIに対する信頼と理解の醸成を目指す

欧州がリスクベースのAI規制を提案、AIに対する信頼と理解の醸成を目指す サムネイル

今回は「欧州がリスクベースのAI規制を提案、AIに対する信頼と理解の醸成を目指す」についてご紹介します。

関連ワード (EU、GDPR、チャットボット、ディープフェイク、人工知能、欧州データ保護委員会、生体認証、透明性、顔認証等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


欧州連合(EU)の欧州委員会が、域内市場のリスクの高い人工知能(AI)の利用に関するリスクベースの規制案を公表した。

この案には、中国式の社会信用評価システム、身体的・精神的被害を引き起こす可能性のあるAI対応の行動操作手法など、人々の安全やEU市民の基本的権利にとって危険性の高さが懸念される一部のユースケースを禁止することも含まれている。法執行機関による公共の場での生体認証監視の利用にも制限があるが、非常に広範な免除を設けている。

今回の提案では、AI使用の大部分は(禁止どころか)いかなる規制も受けていない。しかし、いわゆる「高リスク」用途のサブセットについては「ex ante(事前)」および「ex post(事後)」の市場投入という特定の規制要件の対象となる。

また、チャットボットやディープフェイクなど、一部のAIユースケースには透明性も求められている。こうしたケースでは、人工的な操作を行っていることをユーザーに通知することで、潜在的なリスクを軽減できるというのが欧州委員会の見解だ。

この法案は、EUを拠点とする企業や個人だけでなく、EUにAI製品やサービスを販売するすべての企業に適用することを想定しており、EUのデータ保護制度と同様に域外適用となる。

EUの立法者にとって最も重要な目標は、AI利用に対する国民の信頼を醸成し、AI技術の普及を促進することだ。欧州の価値観に沿った「卓越したエコシステム」を開発したいと、欧州委員会の高官は述べている。

「安全で信頼できる人間中心の人工知能の開発およびその利用において、欧州を世界クラスに高めることを目指します」と、欧州委員会のEVP(執行副委員長)であるMargrethe Vestager(マルグレーテ・ベステアー)氏は記者会見で提案の採択について語った。

Friend or foe?

Here’s how 🇪🇺 will regulate #ArtificialIntelligence:

✔️invest in EU excellence

✔️ensure a predictable legal framework for startups & companies to make the most out of industrial potential

✔️protect consumers & citizens#AI #Trust https://t.co/XO0h71IYKW pic.twitter.com/213KUKegGT

— Thierry Breton (@ThierryBreton) April 21, 2021

「一方で、私たちの規制は、AIの特定の用途に関連する人的リスクおよび社会的リスクに対処するものです。これは信頼を生み出すためです。また、私たちの調整案は、投資とイノベーションを促進するために加盟国が取るべき必要な措置を概説しています。卓越性を確保するためです。これはすべて、欧州全域におけるAIの浸透を強化することを約束するものです」。

この提案では、AI利用の「高リスク」カテゴリー、つまり明確な安全上のリスクをともなうもの、EUの基本的権利(無差別の権利など)に影響を与える恐れのあるものに、義務的な要件が課されている。

最高レベルの使用規制対象となる高リスクAIユースケースの例は、同規制の附属書3に記載されている。欧州委員会は、AIのユースケースの開発とリスクの進化が続く中で、同規制は委任された法令によって拡充する強い権限を持つことになると述べている。

現在までに挙げられている高リスク例は、次のカテゴリーに分類される。

AIの軍事利用に関しては、規制は域内市場に特化しているため、適用範囲から除外されている。

リスクの高い用途を有するメーカーは、製品を市場に投入する前に遵守すべき一連の事前義務を負う。これには、AIを訓練するために使用されるデータセットの品質に関するものや、システムの設計だけでなく使用に関する人間による監視のレベル、さらには市販後調査の形式による継続的な事後要件が含まれる。

その他の要件には、コンプライアンスのチェックを可能にし、関連情報をユーザーに提供するためにAIシステムの記録を作成する必要性が含まれる。AIシステムの堅牢性、正確性、セキュリティも規制の対象となる。

欧州委員会の関係者らは、AIの用途の大部分がこの高度に規制されたカテゴリーの範囲外になると示唆している。こうした「低リスク」AIシステムのメーカーは、使用に際して(法的拘束力のない)行動規範の採用を奨励されるだけだ。

特定のAIユースケースの禁止に関する規則に違反した場合の罰則は、世界の年間売上高の最大6%または3000万ユーロ(約39億4000万円)のいずれか大きい方に設定されている。リスクの高い用途に関連する規則違反は4%または2000万ユーロ(約26億3000万円)まで拡大することができる。

執行には各EU加盟国の複数の機関が関与する。提案では、製品安全機関やデータ保護機関などの既存(関連)機関による監視が想定されている。

このことは、各国の機関がAI規則の取り締まりにおいて直面するであろう付加的な作業と技術的な複雑性、そして特定の加盟国において執行上のボトルネックがどのように回避されるかという点を考慮すると、各国の機関に十分なリソースを提供することに当面の課題を提起することになるだろう。(顕著なことに、EU一般データ保護規則[GDPR]も加盟国レベルで監督されており、一律に厳格な施行がなされていないという問題が生じている)。

EU全体のデータベースセットも構築され、域内で実装される高リスクシステムの登録簿を作成する(これは欧州委員会によって管理される)。

欧州人工知能委員会(EAIB)と呼ばれる新しい組織も設立される予定で、GDPRの適用に関するガイダンスを提供する欧州データ保護委員会(European Data Protection Board)に準拠して、規制の一貫した適用をサポートする。

AIの特定の使用に関する規則と歩調を合わせて、本案には、EUの2018年度調整計画の2021年アップデートに基づく、EU加盟国によるAI開発への支援を調整するための措置が盛り込まれている。具体的には、スタートアップや中小企業がAIを駆使したイノベーションを開発・加速するのを支援するための規制用サンドボックスや共同出資による試験・実験施設の設置、中小企業や公的機関がこの分野で競争力を高めるのを支援する「ワンストップショップ」を目的とした欧州デジタルイノベーションハブのネットワークの設立、そして域内で成長するAIを支援するための目標を定めたEU資金提供の見通しなどである。

域内市場委員のThierry Breton(ティエリー・ブレトン)氏は、投資は本案の極めて重要な部分であると述べている。「デジタル・ヨーロッパとホライズン・ヨーロッパのプログラムの下で、年間10億ユーロ(約1300億円)を解放します。それに加えて、今後10年にわたって民間投資とEU全体で年間200億ユーロ(約2兆6300億円)の投資を生み出したいと考えています。これは私たちが『デジタルの10年』と呼んでいるものです」と同氏は今回の記者会見で語った。「私たちはまた、次世代EU[新型コロナウイルス復興基金]におけるデジタル投資の資金として1400億ユーロ(約18兆4000億円)を確保し、その一部をAIに投資したいと考えています」。

AIの規則を形成することは、2019年末に就任したUrsula von der Leyen(ウルズラ・フォン・デア・ライエン)EU委員長にとって重要な優先事項だった。2018年の政策指針「EUのためのAI(Artificial Intelligence for Europe)」に続くホワイトペーパーが2020年発表されている。ベステアー氏は、今回の提案は3年間の取り組みの集大成だと述べた。

ブレトン氏は、企業がAIを適用するためのガイダンスを提供することで、法的な確実性と欧州における優位性がもたらされると提言している。

「信頼【略】望ましい人工知能の開発を可能にするためには、信頼が極めて重要だと考えます」と同氏はいう。「(AIの利用は)信頼でき、安全で、無差別である必要があります。それは間違いなく重要ですが、当然のことながら、その利用がどのように作用するかを正確に理解することも求められます」。

「必要なのは、指導を受けることです。特に新しいテクノロジーにおいては【略】私たちは『これはグリーン、これはダークグリーン、これはおそらく若干オレンジで、これは禁止されている』といったガイドラインを提供する最初の大陸になるでしょう。人工知能の利用を考えているなら、欧州に目を向けてください。何をすべきか、どのようにすべきか、よく理解しているパートナーを得ることができます。さらには、今後10年にわたり地球上で生み出される産業データの量が最も多い大陸に進出することにもなるのです」。

「だからこそこの地を訪れてください。人工知能はデータに関するものですから―私たちはガイドラインを提示します。それを行うためのツールとインフラも備えています」。

本提案の草案が先にリークされたが、これを受けて、公共の場での遠隔生体認証による監視を禁止するなど、計画を強化するよう欧州議会議員から要請があった。

関連記事
・EUがAIのリスクベース規則の罰金を全世界年間売上高の最大4%で計画、草案流出で判明
・欧州議会議員グループが公共の場での生体認証監視を禁止するAI規制を求める

最終的な提案においては、遠隔生体認証監視を特にリスクの高いAI利用として位置づけており、法執行機関による公の場での利用は原則として禁止されている。

しかし、使用は完全に禁止されているわけではなく、法執行機関が有効な法的根拠と適切な監督の下で使用する場合など、例外的に利用が認められる可能性があることも示唆されている。

欧州委員会の提案に対する反応には、法執行機関による遠隔生体認証監視(顔認識技術など)の使用についての過度に広範な適用除外に対する批判の他、AIシステムによる差別のリスクに対処する規制措置が十分ではないという懸念が数多くみられた。

刑事司法NGOのFair Trialsは、刑事司法に関連した意義ある保護措置を規制に盛り込むには、抜本的な改善が必要だと指摘した。同NGOの法律・政策担当官であるGriff Ferris(グリフ・フェリス)氏は、声明の中で次のように述べている。「EUの提案は、刑事司法の結果における差別の固定化の防止、推定無罪の保護、そして刑事司法におけるAIの有意義な説明責任の確保という点で、抜本的な改革を必要としています」。

「同法案では、差別に対する保護措置の欠如に加えて、『公共の安全を守る』ための広範な適用除外において刑事司法に関連するわずかな保護措置が完全に損なわれています。この枠組みには、差別を防止し、公正な裁判を受ける権利を保護するための厳格な保護措置と制限が含まれていなければなりません。人々をプロファイリングし、犯罪の危険性を予測しようとするシステムの使用を制限する必要があります」。

欧州自由人権協会(Civil Liberties Union for Europe[Liberties])も、同NGOが主張するような、EU加盟国による不適切なAI利用に対する禁止措置の抜け穴を指摘している。

「犯罪を予測したり、国境管理下にある人々の情動状態をコンピューターに評価させたりするアルゴリズムの使用など、問題のある技術利用が容認されているケースは数多く存在します。いずれも重大な人権上のリスクをもたらし、EUの価値観を脅かすものです」と、上級権利擁護担当官のOrsolya Reich(オルソリヤ・ライヒ)氏は声明で懸念を表明した。「警察が顔認識技術を利用して、私たちの基本的な権利と自由を危険にさらすことについても憂慮しています」。

ドイツ海賊党の欧州議会議員Patrick Breyer(パトリック・ブレイヤー)氏は、この提案は「欧州の価値」を尊重するという主張の基準を満たしていないと警告した。同氏は、先のリーク草案に対して基本的権利の保護が不十分だと訴える書簡に先に署名した40名の議員のうちの1人だ。

「EUが倫理的要件と民主的価値に沿った人工知能の導入を実現する機会をしっかり捕捉しなれけばなりません。残念なことに、欧州委員会の提案は、顔認識システムやその他の大規模監視などによる、ジェンダーの公平性やあらゆるグループの平等な扱いを脅かす危険から私たちを守るものではありません」と、今回の正式な提案に対する声明の中でブレイヤー氏は語った。

「公共の場における生体認証や大規模監視、プロファイリング、行動予測の技術は、私たちの自由を損ない、開かれた社会を脅かすものです。欧州委員会の提案は、公共の場での自動顔認識の高リスクな利用をEU全域に広めることになるでしょう。多くの人々の意思とは相反します。提案されている手続き上の要件は、煙幕にすぎません。これらの技術によって特定のグループの人々を差別し、無数の個人を不当に差別することを容認することはできません」。

欧州のデジタル権利団体Edriも「差別的な監視技術」に関する提案の中にある「憂慮すべきギャップ」を強調した。「この規制は、AIから利益を得る企業の自己規制の範囲が広すぎることを許容しています。この規制の中心は、企業ではなく人であるべきです」と、EdriでAIの上級政策責任者を務めるSarah Chander(サラ・チャンダー)氏は声明で述べている。

Access Nowも初期の反応で同様の懸念を示しており、提案されている禁止条項は「あまりにも限定的」であり、法的枠組みは「社会の進歩と基本的権利を著しく損なう多数のAI利用の開発や配備を阻止するものではない」と指摘している。

一方でこうしたデジタル権利団体は、公的にアクセス可能な高リスクシステムのデータベースが構築されるなどの透明性措置については好意的であり、規制にはいくつかの禁止事項が含まれているという事実を認めている(ただし十分ではない、という考えである)。

New AI law proposal agrees with the risks and harms of biometric mass surveillance but *fails* to properly ban it.

Companies and authorities aren't prohibited from these practices and the law enforcement ban has way too many exceptions. 🤦

Our thoughts: https://t.co/t6DPmWh2Xu pic.twitter.com/pyXL1r6mTe

— Reclaim Your Face (@ReclaimYourFace) April 21, 2021

消費者権利の統括団体であるBEUCもまた、この提案に対して即座に異議を唱え、委員会の提案は「AIの利用と問題の非常に限られた範囲」を規制することにフォーカスしており、消費者保護の点で脆弱だと非難した。

「欧州委員会は、消費者が日々の生活の中でAIを信頼できるようにすることにもっと注力すべきでした」とBEUCでディレクターを務めるMonique Goyens(モニーク・ゴヤンス) 氏は声明で述べている。「『高リスク』、『中リスク』、『低リスク』にかかわらず、人工知能を利用したあらゆる製品やサービスについて人々の信頼の醸成を図るべきでした。消費者が実行可能な権利を保持するとともに、何か問題が起きた場合の救済策や救済策へのアクセスを確保できるよう、EUはより多くの対策を講じるべきでした」。

機械に関する新しい規則も立法パッケージの一部であり、AIを利用した変更を考慮した安全規則が用意されている(欧州委員会はその中で、機械にAIを統合している企業に対し、この枠組みに準拠するための適合性評価を1度実施することのみを求めている)。

Airbnb、Apple、Facebook、Google、Microsoftなどの大手プラットフォーム企業が加盟する、テック業界のグループDot Europe(旧Edima)は、欧州委員会のAIに関する提案の公表を好意的に受け止めているが、本稿執筆時点ではまだ詳細なコメントを出していない。

スタートアップ権利擁護団体Allied For Startupsは、提案の詳細を検討する時間も必要だとしているが、同団体でEU政策監督官を務めるBenedikt Blomeyer(ベネディクト・ブロマイヤー)氏はスタートアップに負担をかける潜在的なリスクについて警鐘を鳴らしている。「私たちの最初の反応は、適切に行われなければ、スタートアップに課せられる規制上の負担を大幅に増加させる可能性があるということでした」と同氏はいう。「重要な問題は、欧州のスタートアップがAIの潜在的な利益を享受できるようにする一方で、本案の内容がAIがもたらす潜在的なリスクに比例するものかという点です」。

その他のテック系ロビー団体は、AIを包み込む特注のお役所仕事を期待して攻撃に出るのを待っていたわけではないだろうが、ワシントンとブリュッセルに拠点を置くテック政策シンクタンク(Center for Data Innovation)の言葉を借りれば、この規制は「歩き方を学ぶ前に、EUで生まれたばかりのAI産業を踏みにじる」ものだと主張している。

業界団体CCIA(Computer & Communications Industry Association)もまた「開発者やユーザーにとって不必要なお役所仕事」に対して即座に警戒感を示し、規制だけではEUをAIのリーダーにすることはできないと付け加えた。

本提案は、欧州議会、および欧州理事会経由の加盟国による草案に対する見解が必要となる、EUの共同立法プロセスの下での膨大な議論の始まりである。つまり、EUの機関がEU全体のAI規制の最終的な形について合意に達するまでに、大幅な変更が行われることになるだろう。

欧州委員会は、他のEU機関が直ちに関与することを期待し、このプロセスを早急に実施できることを望んでいると述べるにとどまり、法案が採択される時期については明言を避けた。とはいえ、この規制が承認され、施行されるまでには数年かかる可能性がある。

【更新】本レポートは、欧州委員会の提案への反応を加えて更新された。

画像クレジット:DKosig / Getty Images


【原文】

European Union lawmakers have presented their risk-based proposal for regulating high risk applications of artificial intelligence within the bloc’s single market.

The plan includes prohibitions on a small number of use-cases that are considered too dangerous to people’s safety or EU citizens’ fundamental rights, such as a China-style social credit scoring system or AI-enabled behavior manipulation techniques that can cause physical or psychological harm. There are also restrictions on law enforcement’s use of biometric surveillance in public places — but with very wide-ranging exemptions.

Most uses of AI won’t face any regulation (let alone a ban) under the proposal. But a subset of so-called “high risk” uses will be subject to specific regulatory requirements, both ex ante (before) and ex post (after) launching into the market.

There are also transparency requirements for certain use-cases of AI — such as chatbots and deepfakes — where EU lawmakers believe that potential risk can be mitigated by informing users they are interacting with something artificial.

The planned law is intended to apply to any company selling an AI product or service into the EU, not just to EU-based companies and individuals — so, as with the EU’s data protection regime, it will be extraterritorial in scope.

The overarching goal for EU lawmakers is to foster public trust in how AI is implemented to help boost uptake of the technology. Senior Commission officials talk about wanting to develop an “excellence ecosystem” that’s aligned with European values.

“Today, we aim to make Europe world-class in the development of a secure, trustworthy and human-centered Artificial Intelligence, and the use of it,” said Commission EVP, Margrethe Vestager, announcing adoption of the proposal at a press conference.

“On the one hand, our regulation addresses the human and societal risks associated with specific uses of AI. This is to create trust. On the other hand, our coordinated plan outlines the necessary steps that Member States should take to boost investments and innovation. To guarantee excellence. All this, to ensure that we strengthen the uptake of AI across Europe.”

Under the proposal, mandatory requirements are attached to a “high risk” category of applications of AI — meaning those that present a clear safety risk or threaten to impinge on EU fundamental rights (such as the right to non-discrimination).

Examples of high risk AI use-cases that will be subject to the highest level of regulation on use are set out in annex 3 of the regulation — which the Commission said it will have the power to expand by delegated acts, as use-cases of AI continue to develop and risks evolve.

For now cited high risk examples fall into the following categories: Biometric identification and categorisation of natural persons; Management and operation of critical infrastructure; Education and vocational training; Employment, workers management and access to self-employment; Access to and enjoyment of essential private services and public services and benefits; Law enforcement; Migration, asylum and border control management; Administration of justice and democratic processes.

Military uses of AI are specifically excluded from scope as the regulation is focused on the bloc’s internal market.

The makers of high risk applications will have a set of ex ante obligations to comply with before bringing their product to market, including around the quality of the data-sets used to train their AIs and a level of human oversight over not just design but use of the system — as well as ongoing, ex post requirements, in the form of post-market surveillance.

Other requirements include a need to create records of the AI system to enable compliance checks and also to provide relevant information to users. The robustness, accuracy and security of the AI system will also be subject to regulation.

Commission officials suggested the vast majority of applications of AI will fall outside this highly regulated category. Makers of those ‘low risk’ AI systems will merely be encouraged to adopt (non-legally binding) codes of conduct on use.

Penalties for infringing the rules on specific AI use-case bans have been set at up to 6% of global annual turnover or €30M (whichever is greater). While violations of the rules related to high risk applications can scale up to 4% (or €20M).

Enforcement will involve multiple agencies in each EU Member State — with the proposal intending oversight be carried out by existing (relevant) agencies, such as product safety bodies and data protection agencies.

That raises immediate questions over adequate resourcing of national bodies, given the additional work and technical complexity they will face in policing the AI rules; and also how enforcement bottlenecks will be avoided in certain Member States. (Notably, the EU’s General Data Protection Regulation is also overseen at the Member State level and suffers from lack of uniformly vigorous enforcement.)

But the Commission does appear to have wised up to the risk of enforcement blockages: Article 37 of the proposal gives the EU executive power to investigate cases where “there are reasons to doubt whether a notified body complies with the requirements laid down in Article 33”. And also the power to “ adopt a reasoned decision” where a Member State agency has failed to meet its obligations. 

There will also be an EU-wide database set up to create a register of high risk systems implemented in the bloc (which will be managed by the Commission).

A new body, called the European Artificial Intelligence Board (EAIB), will also be set up to support a consistent application of the regulation — in a mirror to the European Data Protection Board which offers guidance for applying the GDPR.

In step with rules on certain uses of AI, the plan includes measures to co-ordinate EU Member State support for AI development, under a 2021 update to the EU’s 2018 Coordinated Plan — such as by establishing regulatory sandboxes and co-funding Testing and Experimentation Facilities to help startups and SMEs develop and accelerate AI-fuelled innovations; and by establishing a network of European Digital Innovation Hubs intended as ‘one-stop shops’ to help SMEs and public administrations become more competitive in this area — and via the prospect of targeted EU funding to support homegrown AI.

Internal market commissioner Thierry Breton said investment is a crucial piece of the plan. “Under our Digital Europe and Horizon Europe program we are going to free up a billion euros per year. And on top of that we want to generate private investment and a collective EU-wide investment of €20BN per year over the coming decade — the ‘digital decade’ as we have called it,” he said during today’s press conference. “We also want to have €140BN which will finance digital investments under Next Generation EU [COVID-19 recovery fund] — and going into AI in part.”

Shaping rules for AI has been a key priority for EU president Ursula von der Leyen who took up her post at the end of 2019. A white paper was published last year, following a 2018 AI for EU strategy — and Vestager said that today’s proposal is the culmination of three years’ work.

Breton suggested that providing guidance for businesses to apply AI will give them legal certainty and Europe an edge.

“Trust… we think is vitally important to allow the development we want of artificial intelligence,” he said. [Applications of AI] need to be trustworthy, safe, non-discriminatory — that is absolutely crucial — but of course we also need to be able to understand how exactly these applications will work.”

“What we need is to have guidance. Especially in a new technology… We are, we will be, the first continent where we will give guidelines — we’ll say ‘hey, this is green, this is dark green, this is maybe a little bit orange and this is forbidden’. So now if you want to use artificial intelligence applications, go to Europe! You will know what to do, you will know how to do it, you will have partners who understand pretty well and, by the way, you will come also in the continent where you will have the largest amount of industrial data created on the planet for the next ten years.

“So come here — because artificial intelligence is about data — we’ll give you the guidelines. We will also have the tools to do it and the infrastructure.”

A version of today’s proposal leaked last week — leading to calls by MEPs to beef up the plan, such as by banning remote biometric surveillance in public places.

In the event the final proposal does treat remote biometric surveillance as a particularly high risk application of AI — and there is a prohibition in principal on the use of the technology in public by law enforcement.

However use is not completely proscribed, with a number of exceptions where law enforcement would still be able to make use of it, subject to a valid legal basis and appropriate oversight.

Protections attacked as too weak

Reactions to the Commission’s proposal included plenty of criticism of overly broad exemptions for law enforcement’s use of remote biometric surveillance (such as facial recognition tech) as well as concerns that measures in the regulation to address the risk of AI systems discriminating don’t go nearly far enough.

Criminal justice NGO, Fair Trials, said radical improvements are needed if the regulation is to contain meaningful safeguards in relation to criminal justice. Commenting in a statement, Griff Ferris, legal and policy officer for the NGO said: “ The EU’s proposals need radical changes to prevent the hard-wiring of discrimination in criminal justice outcomes, protect the presumption of innocence and ensure meaningful accountability for AI in criminal justice.  

“The legislation lacks any safeguards against discrimination, while the wide-ranging exemption for ‘safeguarding public security’ completely undercuts what little safeguards there are in relation to criminal justice.   The framework must include rigorous safeguards and restrictions to prevent discrimination and protect the right to a fair trial. This should include restricting the use of systems that attempt to profile people and predict the risk of criminality.”  

The Civil Liberties Union for Europe (Liberties) also hit out at loopholes that the NGO said would allow EU Member States to get around bans on problematic uses of AI.

“There are way too many problematic uses of the technology that are allowed, such as the use of algorithms to forecast crime or to have computers assess the emotional state of people at border control, both of which constitute serious human rights risks and pose a threat to the values of the EU,” warned Orsolya Reich, senior advocacy officer, in a statement. “We are also concerned that the police could use facial recognition technology in ways that endanger our fundamental rights and freedoms.”

Patrick Breyer, German Pirate MEP, warned that the proposal falls short of meeting the claimed bar of respect for ‘European values’. The MEP was one of 40 who signed a letter to the Commission last week warning then that a leaked version of the proposal didn’t go far enough in protecting fundamental rights.

“We must seize the opportunity to let the European Union bring artificial intelligence in line with ethical requirements and democratic values. Unfortunately, the Commission’s proposal fails to protect us from the dangers gender justice and equal treatment of all groups, such as through facial recognition systems or other kinds of mass surveillance,” said Breyer in a statement reacting to the formal proposal today.

“Biometric and mass surveillance, profiling and behavioural prediction technology in our public spaces undermines our freedom and threatens our open societies. The European Commission’s proposal would bring the high-risk use of automatic facial recognition in public spaces to the entire European Union, contrary to the will of the majority of our people. The proposed procedural requirements are a mere smokescreen. We cannot allow the discrimination of certain groups of people and the false incrimination of countless individuals by these technologies”

European digital rights group, Edri, also highlighted what it dubbed a “worrying gap” in the proposal around “discriminatory and surveillance technologies”. “The regulation allows too wide a scope for self-regulation by companies profiting from AI. People, not companies need to be the centre of this regulation,” said Sarah Chander, senior policy lead on AI at Edri, in a statement.

Access Now raised similar concerns in an initial reaction, saying the proposed prohibitions are “too limited”, and the legal framework “does nothing to stop the development or deployment of a host of applications of AI that drastically undermine social progress and fundamental rights”.

But the digital rights group welcomed transparency measures such as the publicly accessible database of high risk systems to be established — and the fact the regulation does include some prohibitions (albeit, which it said don’t go far enough).

Consumer rights umbrella group, BEUC, was also swiftly critical of the proposal — attacking the Commission proposal as weak on consumer protection because it focuses on regulating “a very limited range of AI uses and issues”.

“The European Commission should have put more focus on helping consumers trust AI in their daily lives,” said Monique Goyens, Beuc director general, in a statement: “People should be able to trust any product or service powered by artificial intelligence, be it ‘high-risk’, ‘medium-risk’ or ‘low-risk’. The EU must do more to ensure consumers have enforceable rights, as well as access to redress and remedies in case something goes wrong.”

New rules on machinery are also part of the legislative package — with adapted safety rules intended to take account of AI-fuelled changes (with the Commission saying it wants businesses which are integrating AI into machinery to only need to carry out one conformity assessment to comply with the framework).

Tech industry group Dot Europe (formerly Edima) — whose members include Airbnb, Apple, Facebook, Google, Microsoft and other platform giants — welcomed the release of the Commission’s AI proposal but had yet to offer detailed remarks at the time of writing, saying it was formulating its position.

While startup advocacy group, Allied For Startups, told us it also needs time to study the detail of the proposal, Benedikt Blomeyer, its EU policy director, warned over the potential risk of burdening startups. “Our initial reaction is that if done wrong, this could significantly increase the regulatory burden placed on startups,” he said. “The key question for this proposal will be whether it is proportionate to the potential risks that AI poses whilst ensuring that European startups can also take advantage of its potential benefits”.

Other tech lobby groups didn’t wait to go on the attack at the prospect of bespoke red tape wrapping AI — claiming the regulation would “kneecap the EU’s nascent AI industry before it can learn to walk” as one Washington- and Brussels-based tech policy thinktank (the Center for Data Innovation) put it.

The CCIA trade association also quickly warned against “unnecessary red tape for developers and users”, adding that regulation alone won’t make the EU a leader in AI .

Today’s proposal kicks off the start of plenty of debate under the EU’s co-legislative process, with the European Parliament and Member States via the EU Council needing to have their say on the draft — meaning a lot could change before EU institutions reach agreement on the final shape of a pan-EU AI regulation.

Commissioners declined to give a timeframe for when legislation might be adopted today, saying only that they hoped the other EU institutions would engage immediately and that the process could be done asap. It could, nonetheless, be several years before the regulation is ratified and comes in force.

This report was updated with reactions to the Commission proposal, and with additional detail about the proposed enforcement structure (Article 37)

(文:Natasha Lomas、翻訳:Dragonfly)

人工知能 - Wikipedia

人工知能 (じんこうちのう、 英: artificial intelligence 、 AI 〔エーアイ〕)とは、「『 計算 ( computation )』という概念と『 コンピュータ ( computer )』という道具を用いて『 知能 』を研究する 計算機科学 ( computer science )の一分野」を指す語 。

人工知能(AI)とは?具体例付きでわかりやすく簡 …

人工知能(AI)とは何かについて、わかりやすく簡単に解説します!また、AIの誕生から現在のように発展するまでの歴史や、AIのレベル、機械学習まで触れていますので、初心者でも理解できるようになっています。この記事でAIについての理解を深めましょう!

人工知能のやさしい説明「What's AI」

人工知能(Artificial Intelligence; AI)とは何か,どんな人工知能研究が行われているのか,人工知能技術はどのように使われているのかといったことについての説明です.

人工知能(AI:Artificial Intelligence)とは?:AI・機械学習の ...

用語「人工知能」について説明。人間が行う「知的活動」をコンピュータプログラムとして実現することを指す。

人工知能(AI)とは - IT用語辞典 e-Words

人工知能【AI / Artificial Intelligence】とは、人間にしかできなかったような高度に知的な作業や判断をコンピュータを中心とする人工的なシステムにより行えるようにしたもの。人類は未だに人間の脳の振る舞いや知能の仕組みを完全には解明していないため、人工知能にも明快な定義は与えられていない。

人工知能・AIとは | 基本知識・歴史・未来 | Ledge.ai

AI(人工知能)とは、「Artificial Intelligence」の略称です。近年目覚ましい発展を遂げているAIは私たちの社会に身近な存在となった今だからこそ正しい理解が必要です。この記事では、機械学習・ディープラーニングなど人工知能の歴史、基本知識から、活用事例・未来への影響などを解説します。

AI : テクノロジー : 日経電子版

AI(人工知能)を始めとするテクノロジー関連の最新ニュースや解説、コラムを掲載。IoTやフィンテック、自動運転にシェアエコノミー、スタートアップなど旬なテーマをお届けします。

2 人工知能(AI)の現状と未来

このように普及しつつある人工知能(AI)という言葉が、初めて世に知られたのは1956年の国際学会と比較的 新しい*5。人工知能(AI)は、大まかには「知的な機械、特に、知的なコンピュータプログラム …

今さら聞けない「AI・人工知能」とは? | AI専門ニュース ...

 · 人工知能が何を指しているのか、具体的に説明できる人は少ないかもしれません。近い将来、「人工知能が仕事を奪っていく」と脅威論まで唱えられている人工知能。みなさんはこの人工知能についてどのくらい知っていますか?

AIとは?AI(人工知能)とDeep Learning(深層学習)を簡単 ...

最初に「AI(人工知能)」と「Deep Learning(深層学習)」の基本的な概念をご紹介します。まず押さえておくべきことは、「AI(人工知能)」は総合的な概念と技術であり、「Deep Learning(深層学習)」はAI(人工知能)を支える手法のひとつだということです。

人工知能とは?未来の人工知能(AI)の利用方法と2045年問題

「人工知能(AI)」とは、学習・推論・認識・判断などの人間の知能を持たせたコンピューターシステムのことです。通常のコンピューターは与えられたプログラム通り動作しているに過ぎませんが、人工知能を備えたコンピューターはデータとして蓄積されたパターンを基に、相手や状況に応じた適切で柔軟な対応を選択することができます。

AI(人工知能)の歴史|時系列で簡単解説 | Ledge.ai

今では誰でも一度は耳にしたことあるAI(人工知能)も、ここまで認知されるまでに、姿形を変えながら壮大な歴史を歩んできました。本稿ではAIの誕生から現在に至るまでの歴史、そしてその未来の姿を実例を交えながら解説していきます。

AI(人工知能)とは何か? 言葉の意味や定義から機械学習 ...

本記事では「AI(人工知能)」の言葉の意味や定義から未来にもたらす効果までを徹底解説。これまでのAI研究の歩みや機械学習・ディープラーニングといった学習の仕組み、AIが活用された機能まで、"知っているようで知らなかった"AI(人工知能)に関する基礎知識をわかりやすくレクチャーします。

AIは今後どういった進化を遂げるのか。そして私たちへの影響 …

 · 最近、テレビや新聞のニュースでたびたび話題にあがるAI(人工知能)。 自動運転や人工知能を搭載したロボットなどの登場で、私たちの生活はより豊かになっていくと思われます。

賢すぎるAI(人工知能)の指示通りに株を売買したら…衝撃の ...

あるAI(人工知能)に従って株式を売買してみた場合、どれくらい儲かったか、損をしたか。軍資金を1000万円として、昨年12月に一ヵ月間売買した場合のシミュレーション結果は、年率換算にすると、じつに運用利回りは「73.24%」であった。本サイトでは毎週月曜日に『Phantom株価予報AIエンジン』が導き出す注目銘柄とその株価予測を紹介しているが、実際にその予測に従って株を売買したらどうなるのか――。今回はその全結果を紹介しよう。

AI(人工知能)の作り方 | AI入門ブログ(人工知能の作り方など ...

 · そもそも人工知能とはいったい何なのでしょうか? 一般的には、「人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現したもの」を人工知 … “[5分で分かる] AI(人工知能)とは? AIの作り方と機械学習(ディープラーニング)” の 続きを

ビジネスにおける、AI(人工知能)活用の最新事例を21選紹介 ...

業界業種問わず、様々な企業がAI(人工知能)の導入を既に実施している、またはAI導入を検討していることは、ご存知の方も多いかと思います。今回はAIがどのような職種でどのような業務自動化に使われているのか、紹介していきます。

3-5:人工知能と機械学習

3-5:人工知能と機械学習] 人工知能(AI)の種類と人工知能の概念を紹介します。 正解に相当する「教師データ」の状況に応じた機械学習の分類を説明します。 「回帰分析」「決定木」「k平均法」などの統計的機械学習の分析手法と用途を示します。

AIに関する最新記事696件 | WIRED.jp

『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。

欧州が提案した「AI規制」の流れは、世界へと波及する可能性 ...

人工知能(AI)の利用を制限する包括的な規制案を、このほど欧州連合(EU)が公表した。顔認識やオンライン広告への応用といったリスクの高いAIの利用には事前の評価が求められるもので、テック企業への大きな影響が予想される。さらに、こうした動きが世界的に広がる可能性も指摘されている。

人工知能(AI)とは?AIの種類と身の回りにある活用事例|発 …

人工知能(AI)とは?AIの種類と身の回りにある活用事例|発注ラウンジは、発注に必要な様々なノウハウや「発注ナビ」で実際にシステム開発を発注された方々のインタビューなど、発注担当者様のためのお役立ち情報を満載したサイトです。

人工知能とは何? Weblio辞書

「人工知能」の意味は《artificial intelligence》コンピューターで、記憶・推論・判断・学習など、人間の知的機能を代行できるようにモデル化されたソフトウエア・システムのこと。Weblio国語辞典では「人工知能」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

AI(人工知能)の開発に適したプログラミング言語ランキン …

この記事では「 AI(人工知能)の開発に適したプログラミング言語ランキング8選 」といった内容について、誰でも理解できるように解説します。この記事を読めば、あなたの悩みが解決するだけじゃなく、新たな気付きも発見できることでしょう。お悩みの方はぜひご一読ください。

人工知能(AI)に関するトピックス:朝日新聞デジタル

 · 人工知能 (2015年09月02日 夕刊) 厳密な定義はないが、記憶や学習といった人間の知的な活動をコンピューターに肩代わりさせることを目的とし ...

大型連休 自宅で食事の需要を取り込みへ スーパーがAI活用 ...

【NHK】東京など4都府県の緊急事態宣言で飲食店が休業し大型連休中も自宅で食事をする人が多いと予想される中、食品スーパーの間ではA…

AI(人工知能)に奪われる仕事、危険な職種は…? [企業のIT ...

「今後、10~20年の間に人が行う仕事の半分が機械に奪われる」という内容の発表が話題を集めました。日本でも、同様の分析手法を使った調査の発表が続いています。もっとも「AIに置き換わる可能性が高い」とされた職業は何だったのでしょうか?

NLPとは?AI(人工知能)分野のNLP(自然言語処理 ...

AI分野のNLPとは、Natural Language Processingの略で、自然言語処理のことです。日常で使われる言語である「自然言語」解析する技術で、検索エンジンなどに応用されています。NLPとは何か、NLPの仕組みや応用例を身近な例を用いてわかりやすく解説します。

人工知能って何? - Japanese Society for Artificial Intelligence

人工知能って何? 「人工知能」とは何だと思うでしょうか?まるで人間のようにふるまう機械を想像するのではないでしょうか?これは正しいとも,間違っているともいえます.なぜなら,人工知能の研究には二つの立場があるからです.一つは,人間の知能そのものをもつ機械を作ろうと ...

来るべきAI時代のAIとの付き合い方:AIは人に幸福をもたらす …

「AIを恐れるのではなく、AIをどう使うかを考える時代になっている」。人工知能をどう捉え、どう使っていくべきなのか、さまざまな視点から思考を巡らせる中で気づいたことについて綴る。

「人工知能」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 ...

「人工知能」に関連する最新記事を掲載しています。 ... ヤマハ発動機と共同開発した小型の組み込み単眼カメラシステムを受注開始へ ... 教師なし学習でも「世界最高クラス」の精度で不良品を見分ける画像分類AI ... 読み取り性能は前モデルの2倍 IBMがハイブリッドクラウド向けストレージを発表

【2020年版】最新の業界別AI(人工知能)サービスをまとめて ...

最近ではAI(人工知能)を使ったサービスが増えていますよね。でも実際にAI(人工知能)がサービスの中でどの様に活用されているか、どんなジャンル分けがされるか、などを知らない方は多いでしょう。そこで今回はAI(人工知能)が日々の生活の中でサービスとしてどの様に活用されているのかについてお伝えします。

人工知能(AI)の導入事例・実績|人工知能(AI)のサービス ...

人工知能(AI)の導入事例・実績を紹介しています。ディープラーニングを含めた機械学習、自然言語処理、数理最適化などは、人工知能(AI)を実現するための要素技術です。これらのAI関連テクノロジーの活用により、経営改善やサービス革新に貢献するスペシャリストがお客様の支援にあたります。

よくわかるAI超入門~先生、難しい説明や専門用語なしでAIの ...

人工知能(AI)がブームになっています。その仕組みはよくわからなくとも、製品にAIを使っているだけで「なんだかすごそう」と思われる方もいるでしょう。しかし、明治大学理工学部でAI研究室を持ち、企業でのAIコンサルも行っている高木友博教授は「AIができることは非常に限られている」と断言します。AIの仕組みや可能性について、専門的な言葉を一切使わずに教えてもらいました。

【AI活用事例】業務を効率化してくれるAI(人工知能)とは?

 · ビジネスにAI(人工知能)を活用するメリットは? ここではまず、AI(人工知能)がどのような作業で力を発揮するのかご紹介し、さらにその力が実際にどんなことに活用できるのか簡単にまとめてご紹介します。 AI(人工知能)の強みとは?

人工知能(AI)研究会 | 東京工科大学

東京工科大学では、日々進化し続けるAIに注目し、全学部が参加する「人工知能(AI)研究会」を創立しました。研究会は8つの学科会に分かれており、各学部に特徴的な研究テーマが用意されてあります。学生達はそんな魅力的な研究テーマに興味を持ち、意欲的に取り組んでいます。近年、人工知能(AI)はコンピューターやインターネットの発展とともに大きく進化を遂げ、これまで不可能とされてきた応用が次々と実現するようになりました。そんなAIの可能性をより大きく広げ、人のために役立てるものにしたいと考えています。

強いAI・弱いAIと、汎用型・特化型|AI・人工知能の用語

AI(人工知能)には、いくつかの違う方法論があったり、そもそも、AI(人工知能)と呼ぶべきかどうかの線引きが難しいものがありますが、ここでは「特化型・汎用型」と「弱いAI・強いAI」という分類方法について説明します。

【Infostand海外ITトピックス】EUが世界初の包括的AI規制案発 …

 · EU(欧州連合)が世界でも初となるAIの包括的な規制案を発表した。人権保護や安全性を確保しながら、高リスクの使用については規制を設け ...

AI(人工知能)入門|2021年度春学期 シラバス|サイバー大 …

ページの先頭へ戻る 科目概要 人工知能の厳密な定義は存在しないが、コンピュータあるいはロボットに知能を持たせることを目標とした研究領域である。本科目では人工知能の基礎として、人工知能の定義、人工知能の歴史、画像認識・自然言語処理・ゲーム(チェス・将棋・囲碁)などの ...

「AIは人工知能でない」15歳の天才が語った「驚愕の未来像 ...

インド生まれの天才少年タンメイ・バクシ。「将来は10万人がプログラミングを学べるように助けたい」と語る彼が、ビジネスカンファレンス「Sansan Innovation Project」に登壇した。

【人工知能(AI)】関連が株式テーマの銘柄一覧 | 株探

株式市場で注目される人工知能(AI)関連の株式テーマを有する銘柄を一覧で表示しており、銘柄探しが素早くできます。人工知能(AI)関連の事業や開発、研究などを行っています企業を一挙掲載。株価、ニュース、PER、PBR、配当利回りを併載しており、有望銘柄の選定など投資判断もできます。

主張/EUのAI規制案/人権守る厳格な制度 日本でも

1 日前  · 欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会が人工知能(AI)の利用ルールを定める規制案を発表しました。国・地域として初めての包括的法的枠組み ...

人工知能・AI | TechCrunch Japan

 · 人工知能・AI ニュース 少ない計算機資源で機械学習モデルをエッジで展開するためにDeepliteが6.6億円のシード資金を調達 2021年4月14日 by Ron Miller , sako

AI・人工知能EXPO【春】| リード エグジビション ジャパン株 …

今注目の人工知能に特化した商談展が誕生!ディープラーニング、機械学習、自然言語処理、ハードウェア、ビッグデータ、アプリケーションなどを取扱う企業が出展。

FUJITSU Human Centric AI Zinrai(ジンライ) - 富士通のAI ...

富士通のAI技術「Zinrai(ジンライ)」は、独自の高い技術力や幅広い業種ナレッジ、経験豊富なAI専門人材を強みに、お客様のビジネスに合わせたAI活用をご提案します。

AI・人工知能製品の比較一覧・導入活用事例・資料請 …

 · AIsmiley(アイスマイリー)は人工知能を搭載した製品・サービス・ソリューションの導入活用事例や比較一覧、資料請求が無料でできるAIポータルメディアです。チャットボットやWeb接客、RPAなど機械学習やディープラーニングを用いたAIソフトウェアが探せます。

AI (歌手) - Wikipedia

AI(あい、1981年11月2日 - )は、日本の歌手、ソングライター。アメリカ合衆国生まれ、鹿児島県育ち[2]。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。

人工知能サービス - Amazon Web Services (AWS)

AWS の事前トレーニング済み AI サービスでは、アプリケーションやワークフロー用のすぐに使えるインテリジェンスが提供されます。AI サービスは、アプリケーションと簡単に統合することができ、パーソナライズされたレコメンデーション、コンタクトセンターの最新化、安全性と ...

教養としてのAI講義 ビジネスパーソンも知っておくべき「人工 ...

人工知能、ゲーム情報学を専門とし、2014-2016年には第15代人工知能学会会長を務める。東大理学部情報科学科卒業、同大学院工学系研究科情報工学専攻博士課程修了。電子技術総合研究所(現産業技術総合研究所)を経て、2000年

AI CROSS株式会社

AI CROSSは、AI(人工知能)の活用など次世代サービスや技術革新を積極的に行い、効率的なコミュニケーションインフラの実現を目指しています。

AI(人工知能) Archives | 侍エンジニアブログ

 · 「AI(人工知能)」の記事まとめ AI(人工知能)に関する様々な情報 をまとめました! はじめてAI(人工知能)を学習する人向けに、AI(人工知能)とは?「知識だけでは仕事に繋がらなかった」38歳接客業からフリーランス

ディープフェイク - Wikipedia

ディープフェイク(英: Deepfake )は、「深層学習(deep learning)」と「偽物(fake)」を組み合わせた混成語(かばん語)で [1] 、人工知能にもとづく人物画像合成の技術を指す。

ディープフェイクとは何? Weblio辞書

「ディープフェイク」の意味は人工知能など高度な合成技術を用いて作られる、本物と見分けがつかないような、にせものの動画のこと。Weblio国語辞典では「ディープフェイク」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

deep fake(ディープフェイク)の意味 - goo国語辞書

deep fake(ディープフェイク)とは。意味や解説、類語。人工知能など高度な合成技術を用いて作られる、本物と見分けがつかないような、にせものの動画。[補説]政治家や著名人に虚偽の発言をさせるフェイクニュースや、他人の顔を合成したポルノ動画などに悪用する例があり、問題視されている。 - goo国語辞書は30万3千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。

「ディープフェイク」とは何か?AI技術やフェイクポルノとは ...

今年6月、ある美術展に関連し、フェイスブック CEO マーク・ザッカーバーグ氏、米国大統領 ドナルド・トランプ氏らの偽動画が公開された。こうした動画は「ディープフェイク」と呼ばれ、注目を浴びている。同時に、あまりに本物そっくりなので、社会問題になりつつある。ディープフェイクとはどういったもので、どんな可能性を秘めているのか。タイ・VISTEC(Vidyasirimedhi Institute of Science and Technology)で動画生成技術を研究するスパソーン・スワジャナコーン氏と、AIスタートアップ AppierでチーフAIサイエンティストを務めるミン・スン氏に話を聞いた。

本番のディープフェイクの作り方まとめ|Top10レ …

ディープフェイクの動画を作れるツールのどれにするかどう利用すればいいか迷うなら、ぜひこDeepfake作成の最強ガイドをお読みください。

ディープフェイクで衛星写真に存在しない街を追加。政治的 ...

 · ディープフェイクといえば、すぐに思い出すのはAIがある人の写真や動画に別の人の顔や身体を入れ替えた合成画像を思い出しがち。それは ...

ディープフェイクづくりに必要なものまとめ【PCスペック ...

 · ディープフェイクづくりに必要なものまとめ. ディープフェイクをつくるために必要なものは以下のとおり。. ディープフェークアプリ. CUDA対応GPU(グラフィックカード)を搭載したWindowsPC. 各種ソフト&ドライバー. 動画や画像素材. 基本的に新しめのゲーミングPCがあれば誰でもディープフェーク動画づくりができるかと。. それぞれ詳しく見ていきましょう。.

Deepfake - Wikipedia

In March 2018 the multidisciplinary artist Joseph Ayerle published the videoartwork Un'emozione per sempre 2.0 (English title: The Italian Game).The artist worked with Deepfake technology to create an AI actress, a synthetic version of 80s movie star Ornella Muti, traveling in time from 1978 to 2018. ...

coffee-innovate.com

詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

ディープ フェイク 本田真凜 Porn Deepfakes | SexCelebrity.net

Watch exclusive ディープ フェイク 本田真凜 porn deepfake videos on SexCelebrity.net. Browse though our largest collection of high quality fakes with celebrities!

COMMENTS


25860:
2021-05-03 23:09

これがディープフェイク……いや、チープフェイクだ。

25856:
2021-05-03 20:55

・戸田真琴の布団の中でイチャイチャするやつ。 ・「ディープフェイク 広瀬すず」で調べて1番上に出てくるサイト

25855:
2021-05-03 20:44

ディープフェイク?😂

25854:
2021-05-03 20:36

ディープフェイク 榮倉奈々

25853:
2021-05-03 20:18

ディープフェイク?😂

25862:
2021-05-03 19:09

ディープフェイク。

25859:
2021-05-03 16:40

野間口功也 林田拓海 大槻隆信  金子勇  飽和 最終フェイス ディープフェイク 金子真一郎 ◆  petty_bonitas 返信先 koshian  ビートたけしさんの本にダンカンさんがかわいくない子とセックスして 結構え…

25861:
2021-05-03 15:16

ディープフェイクを疑うレベルだ

25857:
2021-05-03 12:23

ディープフェイク検出システムをすり抜ける攻撃手法を実証、米国の研究チーム

25858:
2021-05-03 08:07

ディープステート ディープフェイクと言います 日本ではエキストラ

25864:
2021-05-03 06:51

ディープフェイクのアプリあった

25865:
2021-05-03 03:09

他人の褌でマッチポンプなんていい商売ですね。でももうちょっとするとどんなやばい画像が流出しても知らぬ存ぜぬコラージュかディープフェイクじゃね?って無理矢理受け流せる時代が来る?画像が諸々の証明に使えないのはそれはそれで面倒臭そうだ。

25863:
2021-05-03 01:16

これディープフェイクってものですか?💦💦

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
単眼カメラの映像から人物の3Dモデル(衣服込み)をリアルタイム生成 深層学習で :Innovative Tech
イラスト・デザイン
2021-03-24 07:29
レノボが企業向けARグラス「ThinkReality A3」を発表、2021年半ば発売予定
IT関連
2021-01-12 20:33
KORG、VR楽器に参入 Oculus Questのヘッドセットだけで操作する統合音楽制作環境「KORG Gadget VR」発表
イラスト・デザイン
2021-01-21 12:34
南アフリカのVC企業Knife Capitalが資金52.5億円確保、シリーズB10〜12社への投資を計画
VC / エンジェル
2021-02-14 01:13
Ciscoが買収した認証サービスDuoがパスワードレスに
セキュリティ
2021-04-01 10:57
フィギュア高橋大輔がデザインした1R物件販売 かなり青いが「とても落ち着く雰囲気」
くらテク
2021-01-20 21:29
絶妙な“引き算”で使いやすくなったコンパクトミラーレス、富士フイルム「X-E4」 :荻窪圭のデジカメレビュープラス(1/4 ページ)
くらテク
2021-03-30 16:07
Vue.js&Nuxt.js超入門
amazon
2021-03-30 16:07
20万円超のクリエイター向け5Gスマホ「Xperia PRO」発表 HDMI入力でカメラと連携
製品動向
2021-01-28 03:51
LG、スマホ事業から撤退 AIなど他分野にリソースを集中
企業・業界動向
2021-04-06 17:10
何者かが他人名義の楽天IDまたはクレジットカード情報を不正利用し楽天モバイルでiPhoneを不正購入
ニュース
2021-05-12 12:47
世界初、IoT機器専用ドメイン「.gmo」受付開始 お名前.com
ネットトピック
2021-01-27 16:51
「優しくゲーム上手なお兄さん」から一転、わいせつ自撮り要求 オンラインで関係濃密に
IT関連
2021-04-14 08:52
ソニーのスマートウォッチ「wena 3」がMAMORIO対応、置き忘れ防止通知・位置確認が可能に
ハードウェア
2021-02-04 10:02
エンジニアの77.4%、今後は「複数分野の専門知識が必要になる」と回答
IT関連
2021-03-25 06:18
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-03-25 06:18