中国のインディーゲームを世界へ発信、明の鄭和にちなんだ「Westward」が33億円のデビューファンド調達を計画

中国のインディーゲームを世界へ発信、明の鄭和にちなんだ「Westward」が33億円のデビューファンド調達を計画 サムネイル

今回は「中国のインディーゲームを世界へ発信、明の鄭和にちなんだ「Westward」が33億円のデビューファンド調達を計画」についてご紹介します。

関連ワード (Westward、インキュベーター、ゲーム、中国等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


三国時代の遺跡と今日の製造業で知られる中国の都市「合肥」。この街で、無骨な美学とダークなストーリー展開にファンも多い欧米のロールプレイングゲームを制作する小さなスタジオを発見したMaxim Rate(マキシム・レイト)氏は胸を躍らせた。

「デザインとCGが実にすばらしく、中国で作られたものとは感じさせません」と同氏は話す。

合肥のこの例のような、創業間もない中国のスタジオを見つけ出し、彼らが国際的なプレイヤーを獲得できるよう支援することがレイト氏の使命である。中国の規制当局がゲームパブリッシングに関する規則を強化しライセンスの取得を困難にしているため、小規模なスタジオの多くが苦戦を強いられている。2020年以降、Apple(アップル)は中国当局の要請により中国のApp Storeから何千もの非正規のゲームを引き上げている。このような状況下、若手開発者たちは自国以外の地域に目を向けるようになったのだ。

関連記事
・中国がゲーム認可を再開、業界に今年最後の大きな朗報
・Appleが中国で4年放置されていたApp Storeの抜け穴をやっと封鎖
・7月第1週に2500本超のiOS用ゲームが中国App Storeから削除される

「問題は、こういったスタートアップに海外展開の経験がないということです」とレイト氏。

自身も熱心なゲーマーである同氏は、2020年中国のクロスボーダー決済会社を辞めた後、中国のゲームを海外に展開するためインキュベーターと投資を兼ねた会社を立ち上げた。Westward Gaming Ventures(ウェストワード・ゲーミング・ベンチャーズ)と名づけられたこの会社は、明の時代に国の支援を受けて「西海」への航海に乗り出した中国の武将であり探検家でもあった鄭和を着想源としている。

TechCrunchのインタビューに応じた同社は、デビューファンドとして2億元(約33億円)の資金調達を計画していると話している。1スタジオあたり200万〜400万元(約3300万〜6600万円)を目安に今後3年間で資金を投入する予定で、現在幅広いジャンルの20~30チームと交渉中だという。

今回設立されるファンドは「Qualified Foreign Limited Partners(QFLP)」と呼ばれており、同氏によるとこれにより初めて外国人投資家が米ドルおよびユーロで中国のゲーム会社に直接投資できるようになる。QFLPのライセンスを保有している機関は限られており、Westwardはライセンスを保有していないものの、中国の大手金融コングロマリットのプライベートエクイティ部門と提携することで外国人による直接投資の正当性を獲得している。同金融コングロマリットは現時点では企業名を公表していない。

このような複雑な規制を乗り越えるため、Westwardは近年中国と海外のゲーム会社によって設立された最大規模の合弁事業で法的および財務的プロセスを監督したアドバイザーなどからの協力を得ている。企業名は明かされていないが、このパートナーシップも外国企業が中国のゲーム合弁事業の過半数の株主となった初めてのケースである。

中国では付加価値サービスなどの機密性の高い分野への外国投資が制限されているため、多くの企業は複雑な海外法人を設立して海外からの資金調達を行っている。こういった制限により、資金に乏しいスタジオがグローバル市場への進出を支援してくれる外国人投資家を獲得することが難しくなってしまい、結果としてTencent(テンセント)やByteDance(バイトダンス)のような中国の大手企業に買収されるか支援を受けるかという2択を迫られることになる。

中国の独立系ゲーム会社が海外資本を獲得するためのハードルを下げるということだけがWestwardの目的ではない。海外展開に向けて入念に準備を整えるというのも同社の仕事である。

「中国のゲームスタジオは規模の大小にかかわらず、海外に進出する際にはユーザー獲得の術として広告に大きく依存していました。ゲームが軌道に乗ることもありましたが、その理由が分からずただテストを続けていました。失敗したスタジオはそのまま諦めてしまうこともあります」とレイト氏は話す。

ゲームの海外展開とは、翻訳して公開ボタンを押し、Facebookで広告キャンペーンを展開するだけでできるような単純なことではない。

そのゲームがRPGなのか、ターゲットとなるユーザーはカジュアルそれとも本格的なプレイヤーなのか、グラフィックはどうするのかなどゲームの開発初期段階に関わり、ゲームのポジショニングをサポートするというのがWestwardの計画だ。また開発者に対しては、ワークスペースの提供、技術支援、マーケティングやローカライズのノウハウの提供、パブリッシャーとの連携、海外での運営支援なども行う予定である。

画像クレジット:Westward Gaming Ventures

投資後のサポートを提供するため、Westwardは同社自身も本拠地としている深セン市にあるゲームのインキュベーター、V+ Gaming Society(V+ゲーミング・ソサエティ)と提携した。

地政学的な緊張が高まるにつれ、中国のテック企業は欧米においてますます多くの課題に直面している。自らを「グローバル企業」と呼ぶ企業も多く、中国のルーツを完全に否定することさえも少なくない。

しかしWestwardは、同社が制作を支援するゲームが非中国のゲームであるなどと言って装う必要はないと考えている。「本当に良いゲームなら、それがどこで制作されたかなんて事はほとんどのプレイヤーは気にしません」。

「むしろ、海外のプレイヤーにも理解できるような中国文化の要素がゲームに含まれていたら良いのではと考えています」。

レイト氏、Edward He(エドワード・ヒー)氏とともに同社のパートナーを務めるAmy Ho(エイミー・ホー)氏によると「中国的」であると同時に文化的な境界線を超えることができた数少ない中国のゲームの1つが「Chinese Parents」だという。このシミュレーションゲームはユーザーに中国での子育てを体験させるというもので、世界的なヒット作となっている。

レイト氏がベンチマークとしたのは、20〜30年前に輸出が開始された日本のゲームだという。「日本的」な精神が宿りながらもグラフィックやゲームデザインは「グローバル化」されたものだ。

Tencentの他にも、新進気鋭のスタジオであるLilith(リリス)やMihoyo(ミホヨ)など、すでに世界的に成功した中国メーカーからのタイトルは存在する。以前はSteam(スチーム)の中国ユーザーの多くが海外タイトルの中国語版を急ぐよう求めていたが、今では欧米のユーザーが中国ゲームの英語版を要求することも珍しくないとレイト氏は話している。

政治的な問題よりも、特に小規模なスタジオにとっては「現地の個人情報保護法を遵守しながら、製品の新バージョン制作に必要なキーデータをいかにして収集するか」が大きな課題だとホー氏はいう。

Westwardは資本の50~70%を中国の機関投資家が占めることになるだろうと想定している。中国からの投資があれば、嫌でもセンサーシップの問題が台頭する。ホー氏はWestwardがスタジオにリソースと資本を提供する一方で、スタジオが投資家の影響を受けないように独立性を確保することに努めると述べている。

うまく進めば、同社のサポートにより中国と世界の文化交流が促進されることになるかもしれない。北京は同国のソフトパワーを輸出しようと試みているが、ゲームがそのパイプとなってくれるのではとレイト氏は考えている。貿易戦争が続く中、中国企業に外国人が出資すれば、中国の「ブランド」にも良い影響を与えるかもしれないと、同氏は期待を膨らませている。

画像クレジット:Westward Gaming Ventures


【原文】

In Hefei, a Chinese city known for its relics from the Three Kingdoms period and its manufacturing industry today, Maxim Rate was thrilled to find a small studio crafting a Western role-playing game, a genre that attracts lovers of gritty aesthetics and dark storylines.

“The design and computer graphics are really good. You can’t tell they are a Chinese team,” said Rate.

Rate’s mission is to find Chinese studios like the bootstrapped Hefei team and help them woo international players. As Chinese regulators tighten rules on game publishing and make licenses hard to obtain, small studios find themselves struggling. Since last year, Apple has pulled thousands of unlicensed games from its Chinese App Store at the behest of local authorities. Small-time developers began to look beyond their home turf.

“The problem is these startups have no experience in overseas expansion,” said Rate.

An avid gamer himself, Rate quit his job at a Chinese cross-border payment firm last year and launched a part-incubator, part-investment vehicle to take Chinese games abroad. The firm, called Westward Gaming Ventures, took inspiration from Zheng He, a Chinese diplomat and explorer who embarked on state-sponsored naval expeditions to the “Western Oceans” during the Ming Dynasty.

Westward plans to raise 200 million yuan ($30 million) for its debut fund, Rate told TechCrunch in an interview. It plans to deploy the capital over the next three years with an intended check size of 2-4 million yuan per studio. It’s currently in talks with 20-30 teams that span a wide range of genres.

The Chinese fund being established is a so-called Qualified Foreign Limited Partners Fund, which, Rate said, for the first time will enable foreign investors (USD and EUR) to invest directly in Chinese gaming firms. Only a few institutions own a license for QFLP, and while Westward itself doesn’t hold one, it gained legitimacy for direct foreign investment by partnering with the private equity arm of a major Chinese financial conglomerate, which declined to be named at this stage.

To navigate such regulatory complications, Westward also seeks help from its advisors, including one that oversaw the legal and financial process of one of the largest joint ventures established between Chinese and foreign gaming firms in recent years. The partnership, which can’t be named, was also the first time a foreign entity has become the majority shareholder in a gaming joint venture in China.

China limits foreign investments in areas it considers sensitive, such as value-added services, so many companies resort to setting up elaborate offshore entities to receive overseas funding. The restriction makes it difficult for resource-strapped studios to land foreign investors, who could help them venture into global markets. They are left with the option of getting backed or bought by Chinese giants like Tencent or ByteDance.

Rise of Chinese plays

The idea of Westward is not just to lower the barriers for independent Chinese games to secure foreign capital but also to better prepare them for overseas expansion.

“Chinese gaming studios, big or small, used to rely heavily on ads for user acquisition when they went abroad,” said Rate. “Sometimes a game would take off, but the team had no idea why, so they continued to test. Those who failed may just give up.”

But taking a game abroad is not as simple as translating it, hitting the publish button and launching an ad campaign on Facebook.

Westward’s plan is to get involved in a game’s early development phase and help them position: Is it an RPG? Is the targeted user a casual or serious player? What’s the graphic style? In addition, the firm also plans to supply developers with workspace, technical assistance, marketing and localization expertise, connection to publishers and overseas operation help.

Image Credits: Westward Gaming Ventures

To provide post-investment support, Westward has partnered up with V+ Gaming Society, an incubator for games headquartered in Shenzhen, which Westward also calls home.

Chinese tech companies are facing mounting challenges in the West as geopolitical tensions rise. Many now prefer calling themselves “global firms” and even deny their Chinese roots outright.

But for Westward, the games it helps create don’t need to pretend they are non-Chinese. “Most players don’t consider where a game is from if it is a really good game,” said Rate.

“We actually hope to see elements of Chinese culture in these games that can be understood by overseas players.”

Amy Ho, a partner at Westward along with Rate and Edward He, said one of the few Chinese games that have managed to be both “Chinese” and transcend cultural boundaries is “Chinese Parents.” The simulation game became a global hit by letting users experience what it is like to raise a child in China.

The benchmark Rate gave was the generation of Japanese games that began exporting 20-30 years ago, which he described as “Japanese” in spirit but “globalized” in graphics and game design.

There have already been globally successful titles from Chinese makers like Tencent and rising studios Lilith and Mihoyo. In the past, many Chinese users on Steam would be asking foreign titles to rush out Chinese versions. Now, it’s not uncommon to see Western users demanding English editions of Chinese games, Rate observed.

Rather than politics, the bigger challenge, especially for small studios, is how to “collect key data for product iteration while complying with local privacy laws,” said Ho.

Westward expects 50-70% of its capital to come from Chinese institutions. The presence of Chinese investments inevitably leads to questions around censorship. Ho said while Westward provides resources and capital to studios, it will work to ensure their independence from investor influence.

If things go well, Westward could help facilitate cultural exchange between China and the rest of the world. Beijing has been trying to export the country’s soft power, and games may be a suitable conduit, suggested Rate. Amid the ongoing trade war, having foreign funding in Chinese companies may also do good to China’s “brand”, he said.

(文:Rita Liao、翻訳:Dragonfly)

中華人民共和国 - Wikipedia

中国はアジアの地域大国であり、多数の解説者により潜在的な超大国として特徴付けられてきた [25] [26]。しかし習近平体制になってから「戦狼外交」と呼ばれる好戦的で強硬な外交姿勢を強めており、国際社会との摩擦が目立ってきている

中国 - Wikipedia

中国(ちゅうごく、簡: 中国; 繁: 中國, 英: China )は、ユーラシア大陸(アジア大陸)の東部を占める地域、及びそこで成立した国家や社会をさす用語。 中華と同義。 日本では、1972年の日中国交正常化以降、中華人民共和国の略称としても使用されている [1] [2] [3]。

中国の話題・最新情報|BIGLOBEニュース

中国に関するニュース・速報一覧。中国の話題や最新情報を写真、画像、動画でまとめてお届けします。2021/05/04 - 中国の高速道路で起きた追突事故がまるで「馬跳び」 - 中国湖北省武漢市内の高速道路でこのほど、子どもの遊びの「馬跳び」のような追突事故が起きたという。動画投稿サイトの西瓜視頻にアップされた、追突された車のドライブレコーダーのものとみられる映像によると、追…

中国ニュース|国際ニュース(ワールドニュース)|ロイター

中国ニュース。南シナ海の領海権問題、アジアインフラ銀(AIIB)、日中関係ニュースなど中国の政治、経済、社会についての最新ニュースを、豊富な写真、グラフィックス、ビデオと共に多面的に展開。注目の情報が満載です。

先進国すべてが「中国を嫌悪」。外需消滅で中国経済は破綻 ...

中国はすべての先進国から忌避される存在になり、窮地に陥っている。横暴な外交政策から反中が広がり、外需消滅によって中国経済は崩壊の一途を辿ることになる。

決して忘れてはならない「中国の香港弾圧を支持した53カ国」 …

スイスで6月に開かれた国連人権理事会で、中国による香港国家安全維持法の賛否が問われ、「中国の措置に反対」が27カ国だったのに対し、「中国に賛成」がその2倍近い53カ国という結果が出ていた。

中国・台湾 - 産経ニュース

産経新聞社のニュースサイト。中国・台湾のニュース一覧ページです。 【3・11を想う】被災地支援の先頭に立った台湾・副総統 頼清徳さん「私 ...

中国が台湾を武力攻撃した時にアメリカは中国に勝てるか ...

8月6日、アメリカ元軍人が「アメリカは中国の台湾侵攻をうまく撃退できるか?」を発表し、「アメリカが敗北する可能性が高い」と分析した。26日、中国はグァム・キラーと空母キラーミサイルを発射した。

日本の新型護衛艦、中国の055型駆逐艦と「天と地ほどの実力 …

四方を海に囲まれる日本にとって海上の防衛力は非常に重要だ。先日も、新型護衛艦「くまの」が進水したばかりだが、中国では「くまの」について「中国の055型駆逐艦の設計を模倣したのではないか」との声があると...

中国を選んだツケ。結局、鉄道建設で日本に泣きつく ...

 · 『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。 【中国】中国に近づいてやっぱりバカを見た

無料ゲーム・無料スマホゲーム - gooゲーム

50タイトル以上の無料ゲームが遊べる「gooゲーム」。定番ゲームをはじめ、パズル・アクション・クイズ・脳トレ・ボードゲームなど無料ゲームが満載!スマホでも楽しめます。

無料ゲームが盛りだくさん、かんたんゲーム - Yahoo!ゲーム

無料ゲームから、本格的に楽しめるゲームまで100種類以上! 人気ゲーム「ナンプレ」「ソリティア」はもちろん、パズル、アクション、ボードなど、あらゆるジャンルのゲームが楽しめます!

無料ゲームや無料オンラインゲームならワウゲーム

誰でも簡単に遊べる無料ゲーム・無料オンラインゲームやおもしろゲーム、脱出ゲームのサイトです。簡単な無料ゲームからソリティアのような頭を使うゲームや本格的なゲームまで登録無料で気軽に遊べます。

無料ゲーム、オンラインゲームなら@niftyゲーム

無料ゲーム・オンラインゲームなら「@niftyゲーム」。パズル、クイズ、脳トレ、アクション、スポーツなど、さまざまなジャンルのゲームが満載!簡単な無料ゲームから、箱庭、育成ゲームなど本格オンラインゲームまで登録無料で気軽に遊べます。

無料ゲーム、オンラインゲームの人気タイトル満載! - Yahoo! …

簡単な無料ゲームから本格オンラインゲームまで200タイトル以上が揃っています。麻雀、将棋、囲碁、上海などの定番ゲームも無料で遊べます。

オンラインゲーム - DMM GAMES

PCやスマホ遊べる登録無料のオンラインゲーム!ゲームを通じて趣味の合う仲間たちと遊べるコミュニティサービスです。仲間と情報共有しながらゲームを有利に進めよう!

誰でも遊べる無料ゲームが勢ぞろい:@niftyゲーム

100タイトル以上の無料で楽しめるゲームが揃った「@niftyゲーム」。パズル、クイズ、脳トレ、アクション、スポーツなど、バラエティ豊かなゲームが満載!

無料ゲームはプチゲーム | 誰でも遊べる人気の無料ゲームが ...

無料ゲームが100本以上。人気のソリティア、マインスイーパを始め、脳トレ・トランプ・花札・パズル・タイピングなど豊富なジャンルのゲームが勢揃い。PCでもスマホでもですぐに遊べる無料ゲームサイトはプチゲーム。ゲームをプレイして

Yahoo!きっずゲーム

パズルゲームやアクションゲーム、きせかえゲームなど、無料で遊べるゲームがいっぱい。Yahoo!きっずの人気者ちょボットのゲームもあるよ。子ども向けゲームで遊ぶならYahoo!きっずゲーム。

誰でも遊べる無料ゲームが100本以上 - かんたんゲーム ...

かんたんゲームボックスbyGMOでは100タイトル以上のおもしろ無料ゲームがインストール不要ですぐに楽しめます。. パズル・アクション・クイズ・脳トレ・ボードゲームをはじめ、定番ゲームの「ソリティア」「ナンプレ」「マインスイーパ」まで無料ゲームが満載!. スマホでも遊べます!.

インキュベーター一覧 【AXEL】 アズワン

アズワンのAXEL(アクセル)インキュベーターのコーナーです。AXELは研究開発、医療介護、生産現場、食品衛生など幅広い分野に500万点以上の品揃えでお応えする商品サイト。3000円以上ご注文で送料無料。

インキュベーターとは - コトバンク

知恵蔵 - インキュベーターの用語解説 - インキュベーターとは、生まれたばかりの乳児を育てる保育器の意。そこから転じて、独自の創造性に富んだ技術、経営ノウハウ等を持つベンチャー企業の旺盛な起業家意欲に着目し、経営アドバイス、資金調達へのアクセス提供、企業運営に必要な...

インキュベーターの販売特集【通販モノタロウ】

販売価格 (税別) ¥44,900. から. (2種類の商品があります) サンプラテック 小型インキュベーター P-BOX 1台. 【特長】コストを抑え、お求めやすいインキュベータです。. コンパクトで場所をとりません。. 内槽は特殊な表面処理により細菌が付着しにくくなっています。. 小型の棒温度計が付いています。. 容積上、70枚程度収納可能ですが、実用的には40枚以内で使用する ...

incubator(インキュベーター)の意味 - goo国語辞書

incubator(インキュベーター)とは。意味や解説、類語。1 孵卵 (ふらん) 器。2 (未熟児のための)保育器。3 新規産業の企業を育成し、誘致するために、公機関などが、低コストで提供する施設。技術・経営関係のインキュベーションもあわせて提供する。 - goo国語辞書は30万3千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。

インキュベーター - Wikipedia

インキュベーター (incubator) インキュベーター (生物学) - 温度を一定に保つ機能を有する装置。元来は孵卵器のこと。 インキュベーター (起業) - 上記から転じて、起業に関する支援を行う者。広義には既存事業者の新規事業を含む起業支援の

インキュベーター(培養器)の販売価格一覧表【科学研究機器 ...

インキュベーター(培養器)とは、細胞培養、細菌培養、植物培養、低酸素培養など菌や細胞、微生物の培養には欠かせない温度を一定に保つ機能を有する機器です。定温培養器、恒温培養器、細菌培養器、細胞培養器、恒温

恒温培養器|ヤマト科学株式会社

恒温培養器のご紹介です。低温恒温器、 恒温器、 ラボキューブ 恒温器、 CO2インキュベータなどをラインナップしています

インキュベータ - 企業19社の製品とランキング - IPROS

インキュベータのメーカーや取扱い企業、製品情報、参考価格、ランキングをまとめています。イプロスは、ものづくり・都市まちづくり・医薬食品技術における情報を集めた国内最大級の技術データベースサイトです。

インキュベーター・低温インキュベーター・恒温恒湿器 | 和研 ...

バイオテクノロジーとライフサイエンス関連機器・消耗品・試薬の総合商社。様々な研究者の方々の幅広いニーズに、迅速かつ的確に対応いたします。

恒温器(インキュベータ)(IS401)|ヤマト科学株式会社

卓上(97L)から大容量(567L)までラインアップされたエアージャケットインキュベータ 商品コード 212551 型式 IS401 方式 エアジャケット自然対流 性能 温度制御範囲 (室温+5)~80 性能 温度調節精度 ±0.2 ( at 37 )JTM K05

COMMENTS


26075:
2021-05-04 23:29

「アベンジャーズ/エンドゲーム」公開時に俺と元インターネットの王がGW休みを返上しながら徹夜で考察して作ったタイムトラベル理論のパワーポイントが掃除したら出てきてクソ笑った。 喫茶店で会った途端にこういう話してノートに要点まとめたり実…

26079:
2021-05-04 19:53

最近の生活リズム!! 朝7時に寝る!昼の12時くらいに起きる!!ご飯食べる!!!! ゲームする!!夜ご飯たべる!!お風呂はいる!!そこから朝の7時までゲームや通話する!!!こんな感じ!!

26083:
2021-05-04 19:48

私お化け屋敷とかホラーゲームとかそうゆうハッタリって分かってるのはいいんだけど、心霊スポットとか突然の恐怖体験は無理

26077:
2021-05-04 17:57

寝れんけど1人でゲームもきびい

26076:
2021-05-04 17:28

ヴァロの野良あったかい人多いけど、しょーもない煽りしてくるのもやっぱいるのね どのゲームも同じか

26086:
2021-05-04 10:31

これはゲームやるほど🔥と❄️の左右を決めかねるのですが…という走り書き

26081:
2021-05-04 06:45

まだ寝らんのか笑 なにすんの、ゲーム?

26087:
2021-05-04 05:19

隣人はゲーム?をしているのか発狂している。私は昨日に引き続き胃の調子が悪く吐きそうだ。眠いのに。

26080:
2021-05-04 04:33

このゲーム"ミドルセンシ"やね

26082:
2021-05-04 04:18

地獄のようにお腹痛い中、みそしとゆうなちゃんの配信を2窓で見ながら仕事乗り切った。ゲーム実況って最高だなあ。

26078:
2021-05-04 03:08

そんなゲームもありましたね😆!ふふふふふふ!

26084:
2021-05-04 02:46

最近、ゲームの人気効果などもあり、馬に興味をもってくださる方も増え、アポなしで牧場に見学へ訪れてしまうケースが頻発しているそうです。見学は関係者の皆様によるご厚意で成り立っています。見学する際は、かならず「ふるさと案内所」に見学可能か、確…

26085:
2021-05-04 02:40

こういう全員悪!みたいなHQマフィアパロの乙女ゲームがやりたい、、、男主人公でも女主人公でもいい

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
テスト用Webサーバ生成ツールの最新版「Karma 6.0.0」がリリース
IT関連
2021-01-20 22:47
IPAが取り組む「ドローン前提社会」に向けたアーキテクチャとは【デブサミ2021】
IT関連
2021-04-20 01:18
ふくおかFGのみんなの銀行、フルクラウドコンタクトセンターを構築
IT関連
2021-04-09 18:26
プログラミング言語RustにGoogle、Microsoft、AWSなどが開発とメンテの拠点を提供
ソフトウェア
2021-02-10 05:42
ラック、管理漏れのIPアドレスを調査するサービスを開始
IT関連
2021-04-01 00:50
「生ジョッキ缶」発売翌日に販売休止 6月中旬以降に再出発
くらテク
2021-04-23 02:52
みずほ銀、またもシステム障害 カードローンのプログラム更新で定期預金の取引できず
ネットトピック
2021-03-09 22:22
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
Udemy
2021-03-09 22:22
ローコード/ノーコード開発導入理由のトップはスピード–IDC調査
IT関連
2021-04-13 03:02
"ハイパーオートメーション"ソフトウェア市場、2022年に6000億ドル規模に成長–Gartner
IT関連
2021-05-10 04:56
ソーシャルゲームZyngaのCEOがさらなる買収計画を語る
ゲーム / eSports
2021-02-12 09:30
テレワーク実施後の睡眠時間、6割超のビジネスパーソンが「変わらない」と回答
IT関連
2021-02-09 02:47
Python 3.8.10/3.9.5/3.10.0b1がリリース、バージョン3.8系列は最後の定期リリースに
IT関連
2021-05-07 10:46
ビジネスを成功させるプロダクトマネージャーに必須の知識を網羅、『プロダクトマネジメントのすべて』発売
IT関連
2021-03-03 03:06
米国民の3分の1が定期的にFacebookでニュースを見ている
ネットサービス
2021-01-14 22:11
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-01-14 22:11