ユーザー10万人のアジャイルミーティングソフトウェアParabolが約8.7億円を調達

ユーザー10万人のアジャイルミーティングソフトウェアParabolが約8.7億円を調達 サムネイル

今回は「ユーザー10万人のアジャイルミーティングソフトウェアParabolが約8.7億円を調達」についてご紹介します。

関連ワード (Parabol、アジャイル開発、資金調達等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


先にアジャイル開発チームに振り返りミーティングソフトウェアを提供するベンチャー企業Parabolは、800万ドル(約8億7400万円)でシリーズAを完了したことを発表した。取引はMicrosoft(マイクロソフト)のベンチャーキャピタル部門であるM12が主導した。この投資には、Techstars、CRV、Haystackも参加している。

TechCrunchは、ParabolのCEOであるJordan Husney(ジョーダン・ハスニー)氏にインタビューし、今回のラウンドと同氏の会社について話を聞いた。私たちは、Parabolが提供している市場がどれほど大きなものなのか、そして同社がサービスを過剰にニッチ化しているのではないかと思っていた。Parabolはまだ若い会社だが、私たちの考えは誤りだったようだ。聞くところによると、ソフトウェア市場は考えていたよりも大きな市場であるという印象を受けた。

Parabolはどのようにして誕生し、どのようにしてターゲット市場を選んだのだろうか。あるいはより正確には、ターゲットとなる市場はなぜParabolを選んだのだろうか。

コンサルティングの世界に身を置いていたハスニー氏は、分散したチームが抱えるコミュニケーションの問題を十二分に認識していた。大企業では複数のオフィスを持つことが当たり前になっており、リモートワーカー同士のコミュニケーションは、メールのやりとりか、ミーティングかのどちらかになっていたとTechCrunchのインタビューで答えた。自称「回復期のエンジニア」であるハスニー氏は、ビジネス市場に「構造化されたコミュニケーション」、つまりコードライティングの世界で人気のある、非同期ミーティングの需要があるのではないかと考えた。

ハスニー氏は、プロセスや書面化よりも強力や進化を優先するソフトウェア開発手法であるアジャイル開発の精神を受け継ぎ、開発者ではないビジネスチームにアジャイルワーキングやコミュニケーションの手法を導入するためにParabolを構築した。アジャイルの原則が、ステータスミーティングを通じた開発者の成果の促進に適しているのなら、同じプロセスが他の仕事の場でも通用するのではないだろうかと考えたのだ。

しかし、市場には別の考えがあった。ビジネス界で大成功を収めるには、ハスニー氏がいう「行動の変化」が必要なことから摩擦が避けられず、それは新しいサービスや製品の迅速な導入には致命的だ。Parabolはビジネス界全体でヒットしたのではなく、なんとアジャイル開発チーム自身がParabolのテクノロジーを使い始めたのだ。

Parabolは、その需要を追いかけた。そしてその需要は非常に大きいことが分かったのだ。ハスニー氏は、世界には約2000万人のアジャイル開発者がいると推定しており、そのビジネスによってAtlassianのような企業が巨大な成功を収めている。ベンチャー企業にとっては、長い間泳ぎ続けるのに十分な大きさのプールなのだ。

先ほどのソフトウェア市場の大きさの話に戻ると、Parabolは良い参考になる。Parabolはソフトウェア制作の世界特有の会議スタイルの一部をサポートすることで、本物の会社となりつつあるようにも見えるが、ソフトウェアの市場はとにかく巨大なのだ。

アジャイルソフトウェアチームのサポートを決定した後、Parabolにはすぐに成長が訪れた。2018年と2019年には毎月20%から40%の成長が見られたと同社のCEOは語る。自社を「ロケット」と呼ぶハスニー氏は、ParabolのフリーミアムのGTMモデルを一部評価している。これは、従来の販売プロセスを敬遠する開発者に販売する際の一般的なアプローチだ。

Parabolは、既存の顧客に販売することで、プロダクト・マーケット・フィットを実現した。ハスニー氏自身は、アジャイルソフトウェア開発者の作業サポートツールの需要を過小評価していた。それは開発者らは自分たちのニーズをすでに把握しているだろうと思っていたからだとTechCrunchに語った。

しかし、Parabolが作ったのは単純なツールではない。まず振り返りミーティングやインシデントの事後検証を行うためのソフトウェアで、作業者から「やるべきこと」「やらない方がいいこと」「維持すべきこと」などのメモを収集する。そして、それらのメモはトピックごとに自動的に集約され、その後、ユーザーが投票して変更点や取るべき行動を決定するというサービスなのだ。その結果、開発チームは非同期に同期された状態を保つことができる。

Parabolは2019年11月にシードラウンドを完了し、ちょうど新型コロナウイルス感染症流行に備えた資金を用意するのに間に合った。在宅勤務への急激な切り替わりにより、Parabolのユーザー数は2020年1月には週600人だったのが、同年3月には週5000人にまで増加した。データを自分の目で確認したい場合は、ここに同社による公開データがあるので参照して欲しい。

400万ドル(約4億3700万円)の資金を調達したハスニー氏は、周囲から「今がチャンスだ」と言われ、さらなる資金調達を決意。そして、いくつかの会社の中から選ぶことになり、最終的にはマイクロソフトの資金を受け取ることになった。

そこにはストーリーがある。ハスニー氏によれば、マイクロソフトのM12は、ベンチャーキャピタルのリストの上位にはなかったという。純粋なベンチャーキャピタルではなく、戦略的資本を利用することは1つの選択肢に過ぎず、すべてのベンチャー企業にとって最適なものではないからである。しかし、ハスニー氏たちがマイクロソフトのパートナーと知り合いになり、お互いに調査を行った結果、その適合性が明らかになった。CEOによると、M12の投資チームは、AzureやGitHubなど、さまざまなマイクロソフトのグループに電話をしてParabolに対する意見を聞いたそうだ。彼らは絶賛した。そしてマイクロソフトはこの取引に関して強い内部シグナルを発し、Parabolは自社の投資元となる可能性のある企業が自社製品のヘビーユーザーであることを知ったのだ。

取引は成功した。

なぜ800万ドルで、それ以上ではないのか?ハスニー氏によると、このベンチャー企業の成長計画は資本集約的ではなく、むしろ市場が成長を引っ張っているとのことだ。また、チームは希薄化を意識していると説明する。創業チームが会社を結成したのは2015年で、シードラウンドを完了したのは2019年になってのことだった。当時はひもじい時代だったと同氏はいう。そこまでして得た所有権にはこだわりがあるのだろう。

Parabolは意図的に無駄のない経営を行っている。ハスニー氏は、自身のチームはReid Hoffman(リード・ホフマン)氏のような電撃的な規模拡大の理念には従わず、個人の成長を考えた採用を重視しているという。コラボレーション製品を作るためにすぐに規模拡大する必要はないと、CEOは考えている。

この800万ドルの資金調達により、Parabolは無限の可能性を秘めているとCEOは語ったが、同社はこれを約24カ月間分の資金調達とした。24カ月後には、社員が現在の10人から30人程度に増えていることを期待する。

Parabolは、2021年の収益を4倍にし、2022年にはそれを3倍にしたいと考えている。また、現在10万人のユーザーを2021年中に50万人に拡大し、来年末には100万人にしたい計画だ。目標に対する同社のパフォーマンスから目を離すことができなさそうだ。

画像クレジット:Chainarong Prasertthai / Getty Images


【原文】

This morning Parabol, a startup that provides retrospective meeting software to agile development teams, announced that it has closed an $8 million Series A. Microsoft’s venture capital arm, M12, led the deal. The investment also saw participation from Techstars, CRV, and Haystack.

TechCrunch caught up with Parabol CEO Jordan Husney to talk about the round, and his company. We were curious how large the market that Parabol serves is, and if the company was overly-nicheing its service. While the startup is still young, the answer appears to be no – adding to our general sentiment that the software market is even larger than we perhaps thought.

Let’s explore how Parabol came to be, and how it came to pick its target market. Or more precisely, how its target market chose it.

Building horizontally, focusing vertically

After a stint in the consulting world, Husney was more than aware of the communications issues that distributed teams can endure. With multiple offices the norm among big companies, he told TechCrunch in an interview, communications between remote workers came down to an email thread, or a meeting. A self-described “recovering engineer,” Husney wondered if there was space in the business market for “structured communications,” or the type of asynchronous meetings that are popular in the code-writing world.

Borrowing from the ethos of agile development, a method of writing software that prioritizes collaboration and evolution over process and documentation, Husney built Parabol to bring agile work and communications methods to non-developer business teams. If agile principles were good at helping foster developer results through status meetings, why wouldn’t the same process translate to other work settings?

But the market had other ideas. Instead of hitting it big in the business world, owing to the friction resulting from needing what Husney described as a “behavior change” — something often lethal to rapid adoption of a new service, or product — agile teams themselves started using Parabol’s tech.

The startup followed the demand. And there’s quite a lot of it, as it turns out. Husney estimated that there are around 20 million agile developers in the world, the business from which has helped propel companies like Atlassian to enormous heights. It’s a big enough pool for the startup to swim in for a long time.

Returning to our earlier note about the depth of the software market, Parabol is a good reference point. It appears capable of building a real company on the back of supporting a subset of the software creation world’s peculiar meeting style; the market for software is simply gigantic.

Growth

After deciding to support agile software teams, growth came quickly to Parabol. In 2018 and 2019, the company saw growth of 20% to 40% each month, its CEO said. Calling his company a “rocket,” Husney gave partial credit to Parabol’s freemium go-to-market model, a common approach when selling to developers who eschew the traditional sales process.

By selling to the already-converted, Parabol found product-market fit. Husney himself had underestimated the demand from agile software developers for tools to support they work, because he thought that they’d already figured out their own needs, he told TechCrunch.

What Parabol has built is not a simple tool, however. Powering retrospective meetings and incident post-mortems, its software collects notes from workers on things that should be done, things that should no longer done, and things that should be kept up. The service then aggregates them automatically by topic, followed by users voting to decide on changes and takeaway actions. The result is an asynchronous way for developer teams to stay in sync.

The startup closed a Seed round in November of 2019, just in time to have cash on hand for the COVID-19 pandemic. The rapid switch to remote work quickly drove Parabol’s user growth from 600 per week in January of 2020, to 5,000 per week in March of the same year. The company has some public usage data available here, in case you want to check the spike yourself.

After raising its $4 million Seed, Husney decided to raise more capital after being told by others that it was a great time to do so. And after winding up with a few firms to choose between, wound up taking Microsoft’s money.

There’s a story there. Per Husney, Microsoft’s M12 was not on the top of its venture capital list; there is a somewhat good reason for that, as taking strategic capital over pure-venture capital is a choice and not the best one for every startup. But after Husney and company got to know the Microsoft partners, and each side underwent diligence, the fit became clear. According to the CEO, M12’s investing team called various Microsoft groups — Azure, GitHub, etc — to ask them about their views on Parabol. They raved. So Microsoft had strong internal signals concerning the deal, and Parabol learned that its potential investor was a heavy user of its product.

The deal worked out.

Why $8 million and not more? The startup’s growth plan isn’t super capital intensive according to Husney, and its market is pulling it instead of the other way around. The team is dilution-conscious as well, he explained. The founding team put the company together in 2015, and didn’t raise its seed round until 2019. It was ramen days back then, he explained; you’ll cling to your ownership, I suppose, when you have bought it that dearly.

Parabol runs lean on purpose. Husney said that his team was not following the Reid Hoffman blitzscaling ethos, instead focusing on hiring for individual leverage. In the CEO’s view, you don’t need to scale quickly to build collaboration products.

The $8 million raise could give Parabol infinite runway, the CEO said, but his company instead raised it for about a 24 month spend. At the end of that he expects the company to have around 30 workers, up from its current 10.

Parabol wants to quadruple its revenues this year, and triple them in 2022. And it wants to scale to 500,000 users from its current 100,000 this year, reaching one million by the end of next year. Let’s see how it performs against those goals.

(文:Alex Wilhelm、翻訳:Dragonfly)

COMMENTS


26102:
2021-05-04 22:48

え、資金調達つらたんすね

26100:
2021-05-04 22:21

🤖 Bitfinex 監視 【BTC】 価格:$57,527 (1.5%↑) USD LS:33.7k (-0.3%↓) / 980 (-34.9%↓) USDT LS:2k (-2.6%↓) / 37 (0.4%↑) OI:12,346 BTC…

26096:
2021-05-04 21:35

国際社会からの経済制裁を突破し、独裁国家を維持し続けている北朝鮮。政権を支える巨額の統治資金が、世界中から様々な手段で集められているという。この資金調達の全てに関与しているとされる秘密機関の驚くべき実態に迫ったドキュメンタリー「謎の39…

26097:
2021-05-04 19:42

電脳方面への展開についてはそれこそハッキングの問題がどこまでもついてまわり、NFTバブルとその崩壊を反復するだろう。バブル時はエンタメとして、崩壊時には質を問い直す手段としてアート活用が為されそう。 アナログ方面については資金調達…

26098:
2021-05-04 12:52

初めまして〜! 藁人形と申します〜! ある方からの依頼で、少額の資金調達してます〜! ある無料アプリを登録してくださるだけで少額ではありますが、報酬をお支払い致します。 20歳以上の無職、学生、主婦可能です〜! お気軽にご連…

26107:
2021-05-04 09:24

トランプ大統領、待ってます✧\ ٩( ˘ᴗ˘ )و //✧ 【始動】第45代トランプ前大統領、フロリダからニュージャージーに引っ越しを予定/フロリダの暑い夏を逃れ、作戦全体をニュージャージーに移す/資金調達も実施 | Total Ne…

26104:
2021-05-04 07:14

定期Funding Rate(FR:資金調達率)X (投資は自己責任でよく調べてからお願いします。特にリベース通貨はよく調べてください。基本的にノーフリーランチと思った方が良いかと)

26105:
2021-05-04 01:58

定期Funding Rate(FR:資金調達率)nance (投資は自己責任でよく調べてからお願いします。特にリベース通貨はよく調べてください。基本的にノーフリーランチと思った方が良いかと)

26103:
2021-05-04 01:57

小学校4年、5年で本格的にオタク化して腐女子デビューもした後、「自分もいつかコスプレしたいな」とか言ってたあの頃の私に教えてやりたいよね。12年後、お前は生まれて初めてのコスプレとサークル参加と同人誌発行をしているしその資金調達のために生まれて初めて掛け持ちバイトするんやぞって

26101:
2021-05-04 01:46

🤖 Bitfinex 監視 【BTC】 価格:$57,527 (1.5%↑) USD LS:33.7k (-0.3%↓) / 980 (-34.9%↓) USDT LS:2k (-2.6%↓) / 37 (0.4%↑) OI:12…

26099:
2021-05-04 01:39

京都の資金調達を探されている方は木村に相談! ✅ブラックok ✅最大50万 ✅月1割の利息 ブラックokの金融屋ですのでお気軽にプロフから相談して下さい! 京都資金調達

26106:
2021-05-04 00:59

大阪の資金調達を探されている方は木村に相談! ✅ブラックok ✅最大50万 ✅月1割の利息 ブラックokの金融屋ですのでお気軽にプロフから相談して下さい! 大阪資金調達

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
パナ、冷凍・冷蔵機能付き宅配ロッカーの受注販売スタート
最近の注目ニュース
2021-01-13 19:55
ワインのレコメンドとマーケットプレイスアプリ「Vivino」が約164億円調達
ネットサービス
2021-02-16 07:58
ベライゾンとAWS、5Gと「Outposts」によるエッジコンピューティングを提供
IT関連
2021-04-06 15:28
約8割のエンジニア、情報のインプットに「技術ブログ」を活用
IT関連
2021-03-09 07:07
社員アンケート不要で従業員コンディションを把握可能なHRサービス「Well」が「wellday」へとブランド名変更
HRテック
2021-05-13 11:43
米国の転職者の確定拠出年金を集約するCapitalizeがシリーズAで13.1億円を調達
フィンテック
2021-02-16 14:27
プロジェクト管理の老舗Basecampで「社員の政治的意見表明禁止」により社員3分の1が退社
パブリック / ダイバーシティ
2021-05-02 04:35
Vue.js&Nuxt.js超入門
amazon
2021-05-02 04:35
トランプ前大統領のFacebookとInstagramからの締め出しを監督委員会が審議
企業・業界動向
2021-01-23 11:00
AI駆動でテキストを美しい合成音声として出力するAflorithmicが約1.4億円調達
ネットサービス
2021-02-23 02:42
物流業界向けクラウドのHacobuが9.4億円調達、業界初のビッグデータ・ガバナンス体制立ち上げ
モビリティ
2021-04-20 07:43
HomePod miniは湿度温度センサー搭載 用途は不明
ロボット・AI
2021-03-24 15:59
保育園向け食材キットの給食支援サービス「baby’s fun!」のsketchbookが資金調達実施
IT関連
2021-03-09 11:07
プレシジョンが一般向け医学情報サイト公開、診療所向けにAI診療支援システムも期間限定で無償提供
ヘルステック
2021-02-19 02:56
IBMが分社化するマネージドインフラサービス事業、新会社名は「Kyndryl」に
IT関連
2021-04-13 19:14
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-04-13 19:14