ツイッターが音声会議「スペース」をフォロワー600人以上のユーザーに公開、チケット、リマインダーなども追加

ツイッターが音声会議「スペース」をフォロワー600人以上のユーザーに公開、チケット、リマインダーなども追加 サムネイル

今回は「ツイッターが音声会議「スペース」をフォロワー600人以上のユーザーに公開、チケット、リマインダーなども追加」についてご紹介します。

関連ワード (Clubhouse、Twitter、Twitter Space、音声ソーシャルネットワーク等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Twitter Spaces(ツイッター・スペース)は、Twitterの新しいライブオーディオルーム機能だ。同社は米国時間5月3日、Twitter Spacesがフォロワーが600人以上いる全アカウントでiOS、Androidともに利用できるようになると発表した。また他にも、現在準備中の新機能として、Ticketed Spaces、スケジューリング機能、リマインダー、共同ホスト、アクセシビリティの改善などを合わせて発表している。

この機能拡張で、TwitterはSpacesを以前より目立つようにする。現在、ホームタイムラインで誰かのプロフィール写真の周りにある紫色のバブルから直接スペースに参加できる機能をテストしているという。

画像クレジット:Twitter

Twitterは、初期のテストに基づいてTwitter Spacesを利用できる最低要件を600フォロワーに決めたという。600人以上フォロワーのいるアカウントは、ライブ会話を主催するための「十分な体験」を持っている傾向がある、なぜなら、参加できる既存の読者がたくさんいるからだとのこと。ただし、将来はSpacesを全ユーザーに公開することを今も考えているとTwitterは述べた。

Twitterは新機能の開発も加速している。Twitterは公開の場でSpacesを開発しており、機能やアップデートの優先順位づけの際にユーザーのフィードバックを考慮に入れている。すでに、参加者管理機能をユーザーの要望に沿って拡張しており、ホストが全参加者を同時にミュートする機能や、リアクションに笑いの絵文字を追加したのもユーザーの声によるものだ。

関連記事:ClubhouseがいよいよAndroidアプリの外部テストを開始

そして今回クリエイターにも焦点を当てる。近くTwitter Spacesは複数共同ホストに対応し、クリエイターは販売しやすくなり、Twitter Spaces上での自分たちのライブイベントを有料公開することもできるようになる。今後数週間のうちに公開される新機能では、ユーザーが見逃したくないSpacesをスケジュールしてリマインダーを設定できる。これは、イベントを事前販売するクリエイターにとっても有用で、RSVP(出欠確認)プロセスの一環として、次期イベントの「リマインダーを設定する」ようユーザーに勧めることもできる。

Twitter Spacesのライバル、Clubhouse(クラブハウス)も、米国時間5月2日のタウンホールイベントでリマインダー機能とAndroidアプリの外部テストを開始したことを発表したばかりだ。2つのプラットフォームは、今後熾烈な機能争いを演じそうだ。

画像クレジット:Twitte

しかし、Clubhouseが最近、お気に入りのクリエイターを支援する方法としてアプリ内寄付機能を公開したのに対し、Twitterは近く、ライブイベントのより伝統的な収益化方法を導入する。チケットの販売だ。Twitterは、現在ホストがイベントのチケット価格と入場可能人数を設定できる機能を開発中で、彼らが各自のTwitter Spacesで売上を立てる方法を提供するという。

近日公開予定のTicketed Spacesは、限られた人数のテスターが利用できる、と同社は述べている。Clubhouseがクリエイターの収益にまだ手を付けていないのに対して、Twitterはチケット売上から少額の手数料をとるという。ただし、売上の「大部分」はクリエイター本人に渡ると指摘している。

画像クレジット:Twitter

Twitterはアクセシビリティ機能であるライブ字幕を改善し、一時停止やカスタマイズを可能にするとともに、もっと正確にする努力をしていることも話した。

同社は、自身のTwitter Spaceを太平洋時刻5月3日午後1時から開催し、一連の発表について詳しく説明する。

画像クレジット:TechCrunch


【原文】

Twitter Spaces, the company’s new live audio rooms feature, is opening up more broadly. The company announced today it’s making Twitter Spaces available to any account with 600 followers or more, including both iOS and Android users. It also officially unveiled some of the features it’s preparing to launch, like Ticketed Spaces, scheduling features, reminders, support for co-hosting, accessibility improvements and more.

Along with the expansion, Twitter is making Spaces more visible on its platform, too. The company notes it has begun testing the ability to find and join a Space from a purple bubble around someone’s profile picture right from the Home timeline.

Image Credits: Twitter

Twitter says it decided on the 600 follower figure as being the minimum to gain access to Twitter Spaces based on its earlier testing. Accounts with 600 or more followers tend to have “a good experience” hosting live conversations because they have a larger existing audience who can tune in. However, Twitter says it’s still planning to bring Spaces to all users in the future.

In the meantime, it’s speeding ahead with new features and developments. Twitter has been building Spaces in public, taking into consideration user feedback as it prioritizes features and updates. Already, it has built out an expanded set of audience management controls, as users requested, introduced a way for hosts to mute all speakers at once and added the laughing emoji to its set of reactions, after users requested it.

Now, its focus is turning toward creators. Twitter Spaces will soon support multiple co-hosts, and creators will be able to better market and even charge for access to their live events on Twitter Spaces. One feature, arriving in the next few weeks, will allow users to schedule and set reminders about Spaces they don’t want to miss. This can also help creators who are marketing their event in advance, as part of the RSVP process could involve pushing users to “set a reminder” about the upcoming show.

Twitter Spaces’ rival, Clubhouse, also just announced a reminders feature during its townhall event on Sunday as well at the start of its external Android testing. The two platforms, it seems, could soon be neck-and-neck in terms of feature set.

Image Credits: Twitter

But while Clubhouse recently launched an in-app donations feature as a means of supporting favorite creators, Twitter will soon introduce a more traditional means of generating revenue from live events: selling tickets. The company says it’s working on a feature that will allow hosts to set ticket prices and how many are available to a given event, in order to give them a way of earning revenue from their Twitter Spaces.

A limited group of testers will gain access to Ticketed Spaces in the coming months, Twitter says. Unlike Clubhouse, which has yet to tap into creator revenue streams, Twitter will take a small cut from these ticket sales. However, it notes that the “majority” of the revenue will go to the creators themselves.

Image Credits: Twitter

Twitter also noted that it’s improving its accessibility feature, live captions, so they can be paused and customized, and is working to make them more accurate.

The company will be hosting a Twitter Space of its own today around 1 PM PT to further discuss these announcements in more detail.

(文:Sarah Perez、翻訳:Nob Takahashi / facebook )

@twitter.com | Twitter

詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

Twitter | Login

詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

Twitter

詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

Twitter - Google Play のアプリ

Breaking news, entertainment, sports, politics and everything in-between!

Twitterへの登録

Twitterアカウントで利用するメールアドレスが他の利用者に公開されることはありません。 アカウント作成後の最初のステップ Twitterで情報源や友だちなどを探し、フォローします。登録後、いくつかのアカウントをフォローし、情報が ...

About Twitter | Our company and priorities

We serve the public conversation. Learn more about Twitter the company, and how we ensure people have a free and safe place to talk.

Twitter - Apps on Google Play

Breaking news, entertainment, sports, politics and everything in-between!

TweetDeck

TweetDeck is your personal browser for staying in touch with what’s happening now.

Twitter Analytics

Twitter Cards help you richly represent your content on Twitter. Now use analytics to measure their effectiveness. Learn more Become an advertiser Compliment your ad campaigns with more information about your Back to Twitter ...

COMMENTS


26456:
2021-05-05 03:16

Twitterが音声によるソーシャルネットワーク機能「Spaces」のベータテストを開始 | TechCrunch Japan @jptechcrunchより

26455:
2021-05-05 01:01

Twitterの音声ソーシャルネットワーク機能「Spaces」がClubhouseより先にAndroidで利用可能に | TechCrunch Japan @jptechcrunchより

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
いまサービスデザインに求められるデザイナーの役割とは――ハナユメのコロナ禍における取り組みから考える
IT関連
2021-03-17 18:58
「Node.js 16」がリリース、ビルド済みAppleシリコン向けバイナリをはじめて提供
IT関連
2021-04-27 10:15
マイクロソフト、5月の月例パッチ公開–ゼロデイ脆弱性も修正
IT関連
2021-05-12 12:57
カスタマーサクセスを支援する動画プラットフォーム「VideoTouch」正式版が提供開始
IT関連
2021-04-16 04:18
緊急事態宣言1年 テレワークなど企業の働き方も変化
IT関連
2021-04-13 07:40
PHPの公式Gitサーバーにハッキング被害–バックドアを仕掛けるコードが見つかる
IT関連
2021-03-30 04:00
InstagramとWhatsAppにシステム障害発生
ネットサービス
2021-03-21 06:21
AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 - 初心者向け20時間完全コース-
Udemy
2021-03-21 06:21
Facebook、オーストラリアでのニュース共有制限解除 法案修正で合意
企業・業界動向
2021-02-25 05:46
2020年のプログラミング言語は「Python」–TIOBE発表
IT関連
2021-03-21 23:21
Spotifyが車載用エンターテインメントシステム「Car Thing」を米国内でリリース
ハードウェア
2021-04-18 15:35
ナイジェリアの証券取引委員会が投資プラットフォームの「未登録」外国証券取引を禁止へ
フィンテック
2021-04-13 18:56
日本マイクロソフト、ヘルスケア分野のオンライン化などを推進
IT関連
2021-02-19 08:11
一般人が撮影したネット上の写真から建物を高品質に3D化するGoogleの機械学習技術 :Innovative Tech
トップニュース
2021-01-29 23:20
「Zoom」だけじゃない–ビデオ会議ツール10の選択肢
IT関連
2021-01-23 13:36
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
Udemy
2021-01-23 13:36