給料日を待たずに給与の一部が引き出せる新機能をRevolutが英国で導入

今回は「給料日を待たずに給与の一部が引き出せる新機能をRevolutが英国で導入」についてご紹介します。

関連ワード (定額料金、関連記事、高金利等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


フィンテック(金融テクノロジー)スタートアップのRevolut(レボリュート)は「Payday(ペイデイ)」と呼ばれる新機能の導入を開始する。これはクレジットカードローンやキャッシングでお金を借りる代わりに、給料の一部を早期に受け取ることができるというものだ。企業がRevolutとの統合を決めれば、ユーザーは同社の金融スーパーアプリから、直接この機能を利用することができる。

現時点で、この機能は英国の企業に限定されているものの、欧州経済地域や米国でも導入が計画されているという。ここがややこしいところなのだが、給与をRevolutの口座に直接振り込んでもらっているすべての人が、Paydayを利用できるわけではない。

Revolutは、従業員がどの時点でいくら稼いでいるかを知るために、まず雇用主の給与システムに接続する必要がある。だが、Revolutによると、雇用主は給与システムを変更する必要はないという。

これが完了すると、従業員は好きなときに、これまで稼いだ給料の一部を受け取ることができるようになる。ユーザーはまだ支払われていない給料の最大50%までの金額を、給料日よりも前に引き出すことができる。この機能は企業にとっては無料だが、Revolutはユーザーに少額の定額料金を請求する。

「私たちは、すべての人が経済的健康でいられることの重要性を信じています。これには、経済的な安定が従業員の精神的な健康に与える影響を重視することも含まれます」と、Revolutの共同創業者でCEOのNik Storonsky(ニック・ストロンスキー)氏は、声明の中で述べている。「2020年の困難な状況を経て、いま従業員が最も忌むべきものは、経済的な不安やストレスです。多くの従業員が給料日ローンや高金利のキャッシングに依存している状況から脱却することが重要です。この依存は毎月の給料サイクルによってさらに悪化します」。

給料日から給料日へ綱渡りのような生活をしている人は、予定外の出費にPaydayを活用することができる。例えば急にクルマを修理しなければならなくなり、月末まで待っていられない人は、今すぐ給料の一部を引き出すことができる。

これは借金ではないし、クレジットスコアにも影響しない。自分で稼いだ給料の一部だからだ。ということは、月末の給料日には受け取る金額が少なくなるわけだが。

給料の前払い機能を使っていなくても、Paydayでは今月いくら稼いだかを確認することができる。多くの企業がこの機能を採用するかどうか、注目したいところだ。英国には何百万人ものユーザーがいるので、企業は自社の従業員からPaydayについて知ることになるだろう。

関連記事
・英フィンテックRevolutの2020年売上高は前年比57%増の約398億円
・英フィンテックRevolutが米国で銀行免許を申請
・フィンテックのRevolutがウェブアプリと英国での早期給与支払い機能をローンチ
画像クレジット:Revolut


【原文】

Fintech startup Revolut is launching a new feature called Payday. It is an alternative to credit card debt and short-term credit as it lets you unlock a portion of your wage early. If a business decides to integrate with Revolut, users can then access the feature from the financial super app directly.

Right now, the feature is limited to businesses based in the U.K., but the company plans to launch it in the European Economic Area and the U.S. as well. That’s the trick — Payday isn’t going to be available to everyone who receive their salary in their Revolut account through direct deposit.

Revolut has to plug into an employer’s payroll system first so that the company knows how much employees are earning at any point in time. The fintech startup says that employers don’t have to change their payroll system, though.

Once this is done, employees can unlock a portion of their earned pay whenever they want. Users can withdraw up to 50% of what they’ve earned in advance. While the feature is free for businesses, Revolut will charge a small, flat fee to users.

“We believe in the importance of making financial wellbeing accessible to all, and this includes focusing on the impact of financial stability on employees’ mental health,” Revolut co-founder and CEO Nik Storonsky said in a statement. “After the difficulties of the past year, the last thing employees need now is financial uncertainty and stress. It is important to move away from a situation where many are dependent on payday loans and expensive short-term credit, a reliance that is exacerbated by the monthly pay cycle.“

People who live paycheck to paycheck could leverage Payday for unplanned expenses. For instance, if you have to fix your car and it cannot wait until the end of the month, you can unlock some money right away.

This isn’t debt and doesn’t affect your credit score — it’s a portion of your salary, which means that you’ll receive less money at the end of the month when you get paid.

Even if you’re not using the salary-advance feature, Payday lets you see how much you’ve earned so far this month. It’s going to be interesting to see whether a lot of companies adopt the feature. With millions of users in the U.K., chances are businesses are going to learn about Payday from their own employees.

(文:Romain Dillet、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ドコモが猫型ドローン「にゃろーん」発表、プロペラを使わず超音波振動活用し空中移動
ドローン
2021-02-23 01:07
アクセンチュア、ヴイエムウェアとの事業グループ立ち上げ–組織のクラウド移行加速へ
IT関連
2021-02-15 19:56
サイバーセキュリティはコストか、投資か?
IT関連
2021-02-22 19:02
BlackberryとBaiduは中国における自動運転車開発で仲を深める
モビリティ
2021-01-28 16:08
GM傘下のCruise、同業のVoyageを買収 「自動運転をすべての人に」
企業・業界動向
2021-03-17 18:37
持続可能な自動車製造を目指すBMWが二酸化炭素を排出しない製鉄技術を開発したBoston Metalに投資
EnviroTech
2021-03-15 11:51
求人サービス「engage」の画像・動画が全て消失、復旧できず 原因は不正アクセス
セキュリティ
2021-04-06 21:59
澁谷食品、「LINE WORKS」導入–本社・工場・店舗間の情報共有が円滑化
IT関連
2021-02-05 13:22
【コラム】核融合に投資すべき理由
EnviroTech
2021-07-13 20:43
旅館・ホテルなどサービス業用おもてなしシステム「OMOTE-Bako」のラトナが3.8億円調達
IoT
2021-01-16 13:56
機械学習モデルをデバイスごとに最適化してスピードを上げるOctoMLがシリーズBで30.5億円調達
人工知能・AI
2021-03-19 17:45
フェイスブックが緊急事態のインドでコロナワクチン接種場所探しツールを展開、11億円寄付も
パブリック / ダイバーシティ
2021-05-05 10:38
NECら13社、コンソーシアム設立に基本合意–海外拠点持つ企業への5Gソリューション提供へ
IT関連
2021-02-06 05:56
「自動運転レベル3」対応レジェンド 検証走行は130万km、世界初となる実用化の舞台裏 (1/2 ページ)
くわしく
2021-03-05 03:42