1カ月ほどで家を建てる住宅建築ロボットのDiamond Ageが58.6億円を調達

今回は「1カ月ほどで家を建てる住宅建築ロボットのDiamond Ageが58.6億円を調達」についてご紹介します。

関連ワード (全体、変革、平方等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


ほんの数カ月前に800万ドル(約9億4000万円)の資金調達行ったばかりのDiamond Age(ダイアモンド・エイジ)が、シリーズAで5000万ドル(約58億6000万円)を追加調達した。3Dプリントとロボット技術を利用して住宅建設を大幅に安くすることで、住宅購入をより手頃なものにするというのが同社のミッションだ。

自らを「フルスタックロボットスタートアップ」と称する同社は、新しい家を建てる際の半分以上の手作業を置き換えるためのツール群を開発している。ロボットという要素を加えることで、これまで9カ月かかっていた住宅建築が、1カ月ほどで可能になるという副次的な効果もある。同社は現在、外装、内装、屋根構造のコンクリートをプリントできる3Dプリントシステムに加えて、26種類のエンドオブアーム型ロボットツール(ロボットアームの末端に装着してさまざまな仕事をこなすアタッチメント)を開発している。

今回の資金調達ラウンドは、科学駆動型イノベーションに注力するPrime Movers Labが主導した。Prime Movers Labは特にエネルギー、交通、インフラ、製造、人間能力拡大、アグテック(アグリテック)などを革新するスタートアップに注目している。シード投資家のAlpaca VC、Dolby Family Ventures、Timber Grove Ventures、Gaingelsは予定以上の投資を行い、Signia Venture Partnersも加わった。創業者たちにとって最も心強いのは、このラウンドの20%が住宅建設業者や土地開発業者であったことだろう。潜在顧客がスタートアップに投資するのは、常に良い兆候だ。

前回の資金調達以来、 Diamond Age は技術を大幅に進歩させ、今では2000平方フィート(約190平方メートル、約56.2坪)の平屋をプリントして建てることができるようになった。それが投資家たちを感心させ、評価額の火種に油を注いだことは間違いない。同社は最初のスケールアップ版システムと、フルスケールの3ベッドルーム+2バスルームの住宅を、予定より4カ月早く11カ月で納入した。このことによって、同社はとある全国規模の住宅メーカーと初めて契約を結んだ。この契約について、創業者たちは今のところ詳細を明らかにしていないが、この発表も近いうちに行われることだろう。

Diamond Ageの共同創業者Jack Oslan(ジャック・オスラン)CEOは次のように語る。「手頃な価格の住宅建設は、世界規模で人々に影響を与えています。初めて家を購入する人の平均年齢が20歳代半ばから30歳代半ばに移行したことで、賃貸物件に対する需要が高まりました。このため『質の高い住宅』を求めて賃貸市場の競争がますます激化しています。次世代の住宅購入者が最初の家に早く住めるようにすることは、住宅のエコシステム全体に貢献することができます」。

Diamond Ageは、ロボットプラットフォームの拡張を継続し、住宅建設に関する初の商業契約を締結するために調達した資金を使用する。同社はすでに規模を2倍に拡大し、さらにエンジニアリングと製作の人材を加える予定だ。これにより、Diamond Ageは住宅メーカーやデベロッパーと提携し、住宅建築をオンデマンド商品化し、住宅購入者が住宅を設計する際に、より多くの選択肢を提供することができるようになる。

Prime Movers LabのジェネラルパートナーであるSuzanne Fletcher(スザンヌ・フレッチャー)氏は「Diamond AgeのFactory in the Field(ファクトリー・イン・ザ・フィールド、現場の工場)システムは、建設現場に自動化をもたらし、住宅建設業界における大規模な労働力不足を補うものです」と述べている。「ジャックと彼のチームは、予定より早く重要なマイルストーンを達成し、分譲住宅の建設方法を変革していましたので、Prime Movers Labが同社のシリーズAを主導することは容易に決断できました」。

画像クレジット:Diamond Age


【原文】

Hot on the heels from its $8 million fundraise just a few months ago, Diamond Age is back for a top-up, with a $50 million Series A financing to continue its mission to make homeownership more affordable by using 3D printing and robotics technologies to make home construction significantly cheaper — a welcome change in a world where there’s a 7-million-home shortage in the U.S. housing market.

The company describes itself as a “full-stack robotics startup,” building a suite of tools that is designed to take the place of more than half of the manual labor associated with building a new home. The side-effect of adding a slice of robotics to the mix is that homes that used to take nine months to build can now be instantiated into existence in a month or so. The company has now developed 26 end-of-arm robotic tools, on top of a 3D printing system that can print concrete for exterior, interior and roof structures.

The funding round was led by Prime Movers Lab, which focuses on science-driven innovations. In particular, the investor gets excited about startups re-inventing energy, transportation, infrastructure, manufacturing, human augmentation and agtech. Seed investors Alpaca VC, Dolby Family Ventures, Timber Grove Ventures and Gaingels all invested above their pro-rata and are joined by Signia Venture Partners. Perhaps most promisingly for the company’s founders, 20% of the round was made up of home builders and land developers; it’s always a good sign when potential customers invest in startups. 

Since its previous fundraising round, Diamond Age has massively advanced its tech, making it possible to print and build a 2,000-square-foot single-story home. No doubt impressing the investors and adding some fuel to the valuation fire, the company delivered its first scaled version of its system, as well as a full-scale 3-bed, 2-bath house in 11 months — 4 months ahead of schedule. This led to the company’s first contract with a national homebuilder, details of which the founders were tight-lipped about for now — but expect that announcement to come along soon as well.

“Affordable housing is impacting people on a global scale. As the average age for first-time homebuyers has moved from mid-twenties to mid-thirties, there’s an increased demand for more rental property — forcing the entire hierarchy of renters into a more competitive market for ‘quality’ housing,” said Jack Oslan, co-founder and CEO of Diamond Age. “Helping the next generation of homebuyers get into their first house faster helps the entire ecosystem of housing.”

Diamond Age will use the funding to continue scaling its robotics platform and execute on its first commercial contract to build homes. The company has already doubled in size and plans to add more engineering and fabrication talent. This will help Diamond Age partner with home builders and developers to turn home-building into an on-demand product and provide buyers with more options when designing their home.

“Diamond Age’s Factory in the Field system brings automation to the construction site to back fill the massive labor shortage in the home construction industry,” said Prime Movers Lab General Partner Suzanne Fletcher. “Jack and his team have hit key milestones ahead of schedule and are transforming the way production homes are constructed, so it was an easy decision for Prime Movers Lab to lead the company’s Series A.”

(文:Haje Jan Kamps、翻訳:sako)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
マイクロソフト、"支出インテリジェンス"のSuplari買収–「Dynamics 365」強化へ
IT関連
2021-07-29 15:43
パスワードのない世界を目指すTransmit Securityがサイバーセキュリティ史上最大のシリーズAで約601億円調達
セキュリティ
2021-06-24 04:18
小学生のスマホは慎重に いじめ、犯罪のおそれも
IT関連
2021-05-15 20:36
YouTubeが一部クリエイターを対象にライブストリームからのショッピングを試験的に開始
ネットサービス
2021-07-23 01:48
動画クリエイター向けAI作曲サービスSOUNDRAW、楽曲を「選ぶ」のではなく誰もが「作る」時代へ
人工知能・AI
2021-05-04 09:25
GitHub、動画アップロード機能に正式対応 バグの再現手順や新機能の紹介などが容易に
ネットトピック
2021-05-19 06:21
「LINEの通信を韓国が傍受」への反論記事をLINE前社長が削除 理由は「差し控える」
セキュリティ
2021-03-31 09:14
山形県長井市とNTT東日本、電子地域通貨を実証へ–行政のデジタル化など目指す
IT関連
2021-02-06 12:44
ビデオ会議の時間的縛りを解消、非同期ビデオミーティングプラットフォーム「Claap」
ネットサービス
2021-06-16 00:46
オンラインチケット販売TIGET運営のgrabssが2.3億円調達、音声通話サービスTHISIS新開発
ネットサービス
2021-02-17 15:15
ベゾス兄弟との宇宙旅行オークション、2800万ドルで落札
企業・業界動向
2021-06-14 19:20
Squareの決済端末、日本で販売開始 iPhoneやiPadが不要に
IT関連
2021-03-18 23:14
日本初、顔認証で買える自販機「カオーネ」 マスク着用OK ダイドー
企業・業界動向
2021-04-28 04:32
FedExがインドの物流システムのデジタル化を進めるDelhiveryに約110億円投資
ネットサービス
2021-07-18 03:06