マイクロソフトのパートナープログラム、クラウド重視の「Microsoft Cloud Partner Program」へ

今回は「マイクロソフトのパートナープログラム、クラウド重視の「Microsoft Cloud Partner Program」へ」についてご紹介します。

関連ワード (クラウド等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Microsoftは米国時間3月16日、パートナープログラムに変更を加え、クラウドサービスを一層前面に押し出すことを発表した。

 Microsoftによると、現在のパートナープログラム「Microsoft Partner Network」は、世界の40万を超える組織で構成されている。パートナーは、特に大型顧客が関わる場合はMicrosoftと競合する側面もあるかもしれないが、同社の主要な営業部隊のような役割を果たしている。

 Microsoftは16日、パートナープログラムの名称を、2022年10月よりMicrosoft Partner Networkから「Microsoft Cloud Partner Program」へと変更することを明らかにした。また、パートナーの認定、資格、スコアも、同社の言う「Microsoft Partner Networkの15年ぶりの重大変更」の一環で変わることになる。

 Microsoftがパートナープログラムで変更を発表しなかった部分の1つは、現在進められている「New Commerce Experience(NCE)」への移行に関する内容だ。

 発表されたパートナープログラムの変更は、要するにクラウドの表看板として統一した形で掲げようというものだ。Microsoftのパートナープログラムは、コンピテンシーに基づくモデルが中心となっている。新しいプログラムでは、「Microsoft Cloud」に合わせて6つのソリューション分野におけるパートナーの熟練度が重視される。Microsoft Cloudは、Microsoftがかつてコマーシャルクラウドと呼んでいたものだ。これには、「Microsoft 365」/「Office 365」「Azure」「Dynamics 365」や、その他のクラウドベースのMicrosoftのビジネスサービスが含まれている。6のソリューション分野は、「データ&AI(Azure)」「インフラストラクチャー(Azure)」「デジタル&アプリイノベーション(Azure)」「ビジネスアプリケーション」「モダンワーク」「セキュリティ」だ。

 新しいプログラムでは、基本となる「メンバー」の地位に、「Silverコンピテンシー」「Goldコンピテンシー」や「高度な専門性」がプラスされるシステムはなくなる。コンピテンシーは徐々に廃止され、「ソリューションパートナー」と「スペシャリスト/エキスパート」という資格レベルが導入される。パートナーのスコアは新しい能力スコアに移行する。現行のパートナー貢献度指標(PCI)は廃止されるようだ。

 一方、Microsoftは、現在実装が進められているNCEの取り組みに関して、新しい情報を示していない。

 Microsoftは、パートナーによる製品のライセンスと顧客の製品購入の方法を簡素化するNCEモデルを導入し、「Microsoft 365」「Dynamics 365」「Windows 365」「Power Platform」を対象に適用しようとしている。NCEでは、パートナー、ディストリビューター、エンドユーザーは基本的に月間契約ではなく年間契約を結ぶことが求められ、期間の延長は可能だが短縮はできないとされている。顧客が廃業すれば、パートナーは顧客が購入に同意したMicrosoftライセンスの責任を負わされてしまう可能性があるとの声が上がっている。

 筆者が耳にしているうわさによると、NCEに対する不満の声をMicrosoftは把握しており、数カ月以内にプログラムが修正される可能性もあるという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
マルチクラウドの導入進む、AWSとMicrosoft Azureの差は?–Flexeraレポート
IT関連
2021-03-16 19:25
神戸製鋼所、日本IBMおよびキンドリルとDXパートナーシップを締結
IT関連
2022-04-23 05:08
反クラウド論、プライバシーを保護できていない現在のクラウドアプリ
セキュリティ
2021-01-27 23:27
日本オラクル、基幹システムのクラウド化を加速する事業戦略を表明
IT関連
2021-07-09 15:48
「富士通研究所」も富士通に吸収合併 4月1日付の組織再編で
企業・業界動向
2021-01-29 10:21
阪急阪神HD、AI活用で契約審査時間を3分の2に–法律知識の底上げや教育効果も
IT関連
2022-05-03 17:37
NTTデータら、Twitter動画広告の効果を向上–「NeuroAI」活用で
IT関連
2021-01-29 05:18
エンジニア採用育成支援サービス「TechTrain」を提供するTechBowlが1.3億円のプレシリーズA調達
IT関連
2022-01-28 16:41
メタ、グローバルコミュニティ開発責任者が未成年者との性交渉ビデオに撮影され辞任
IT関連
2022-02-20 06:33
平井大臣、COCOAに苦言 「出来のいいアプリではなかった」「発注にも問題あった」
企業・業界動向
2021-02-11 14:30
Blink Chargingが米国とカナダのGMのディーラーにEV充電器を供給へ
IT関連
2022-01-20 19:56
シンガポールのXR企業Refractが約6.8億円調達、ゲーム指向の全身モーションキャプチャソリューション「AXIS」開発を強化
IT関連
2022-02-09 14:19
企業セキュリティの一番の不満は「経営層の無関心」–ソフォス調べ
IT関連
2021-04-09 02:50
スパコン「TOP500」、「富岳」が首位を維持–「Perlmutter」が初めてトップ10入り
IT関連
2021-06-29 13:45