ヤマハサウンドシステム、スキルと教育をひも付けて人材育成

今回は「ヤマハサウンドシステム、スキルと教育をひも付けて人材育成」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ヤマハサウンドシステムは、クラウド型のスキルマネジメントシステム「SKILL NOTE」を導入した。従業員のスキル(職務能力)を可視化するとともに、力量を身に付けるための教育とひも付けて管理することで、より効果的かつ計画的な人材育成を可能にする。システムを提供するSkillnoteが5月11日に発表した。

 SKILL NOTEは、従業員の職務能力と教育計画・記録を効率的に一元管理するスキルマネジメントシステム。力量管理に特化した機能を搭載しており、教育計画・実施・記録・承認申請がシステム内で完結する点が特徴になる。製造業を中心に導入が進んでいるという。

 ヤマハサウンドシステムは、従業員の成長を最重要課題とし、2020年に社内大学「YSSアカデミー」を開校した。YSSアカデミーは、体系的な講座のカリキュラムを設けて人材育成を進める制度になる。ただ、講座の受講状況だけでは、現場で実用できるスキルが習得できているか測れないため、スキルを主軸に置いたスキルマネジメントへの移行が必要だった。

 一方で、多種多様なスキルとそれに必要な100を超える講座を表計算ソフトで管理しようとすると、担当者に管理が属人化してしまい可視化や共有が行いにくいという課題があったという。

 ヤマハサウンドシステム アカデミー推進室 室長の畑野喜弘氏は、「社員一人一人のスキルを『見える化』し、レベルアップを図り、ヤマハフィロソフィーと当社が目指す企業像を実現、ブランド価値向上を図っていきたい」とコメントする。

 今後は、半期ごとに従業員のスキル獲得やレベルアップなどの変化量、成長度を評価する管理体制を検討していくとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
LINEの個人情報管理から考えるデータ管理の課題と対策
IT関連
2021-04-14 00:25
2020年は「“境界線防御”の破綻」の年だった–トレンドマイクロ
IT関連
2021-01-22 22:13
障がい者支援に向けたeラーニングサービスを提供するLean on MeがシリーズAエクステンションとして8050万円を調達
IT関連
2022-03-04 15:52
DNP、建物メンテナンス管理のSaaSを展開するBPMと資本業務提携
IT関連
2021-02-09 16:35
Google マップとGoogle 検索、ワクチン接種会場の表示に対応
ネットトピック
2021-07-31 14:01
大手国内SIerのITサービス売り上げランキング、1位は富士通、2位はNTTデータ、3位日立製作所。2020年のITサービス市場は前年比2.8%減。IDC Japan
業界動向 / IoT / その他
2021-07-13 04:42
IIJ、Azure環境のトータル支援サービスをメニューに体系化
IT関連
2021-08-06 06:12
マイクロソフト、ハイブリッドワークを推進する日本独自策を開始
IT関連
2022-02-05 16:52
万博の第2回連絡会議に政府がVR採用 井上担当相らがアバター姿で参加
社会とIT
2021-05-14 15:13
Google、ゲームストリーミング「Stadia」の2つの自社スタジオを閉鎖
企業・業界動向
2021-02-03 19:54
リチャード・ストールマン氏がフリーソフトウェア財団の理事に復帰
IT関連
2021-03-23 04:29
Acer、初の17.3インチ(380ドルから)を含むChromebookを4モデル発表
製品動向
2021-05-29 03:46
AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」が契約書作成や審査受付を一元化できる「案件管理」機能を発表
リーガルテック
2021-07-09 12:08
eコマースマーケティングのBluecoreはシリーズEで評価額が約1100億円、上場も視野に
ネットサービス
2021-08-08 05:34