グーグル「Chrome 104」安定版リリース–27件の脆弱性を修正

今回は「グーグル「Chrome 104」安定版リリース–27件の脆弱性を修正」についてご紹介します。

関連ワード (セキュリティ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Googleは米国時間8月2日、「Chrome 104」の安定版を「Windows」「macOS」「Linux」向けに公開した。27件のセキュリティフィックスが含まれており、そのうちの10件は重要度が「高」(High)、17件は「中」(Medium)とされている。

 今回対処された脆弱性のうち、22件はサードパーティーによって報告されたものだ。

 活発に悪用されている脆弱性はないが、Chrome 104のリリースノートには深刻度の高い脆弱性に対処する複数の重要なフィックスが含まれている。これらはそれほど詳しく説明されていないものの、Chromeの「オムニボックス」(Omnibox:アドレスバー)や、オプションの有害ウェブサイト警告ツール「セーフブラウジング」(Safe Browsing)、ChromeにおけるWebGPU標準の実装である「Dawn」、「Chromebook」と「Android」デバイス間でファイルを共有するための「Nearby Share」機能(Appleの「AirDrop」に相当)の脆弱性に対処するものが含まれている。

 また、オーストリアのグラーツ工科大学(TU Graz)に所属するErik Kraft氏とMartin Schwarzl氏が発見した、Chromeのキーボード入力に影響を与える、サイドチャネルからの情報漏えい(重要度は「中」)という興味深い問題もある。なお、TU Grazのリサーチャーらは、2018年に問題となった、CPUに対するサイドチャネル攻撃である「Meltdown」と「Spectre」の発見で中心的な役割を果たした。

 Googleは、オムニボックスに潜んでいた「解放後のメモリー使用」に関する問題(共通脆弱性識別子CVE-2022-2603)について、匿名のリサーチャーに1万5000ドル(約200万円)を報奨金として支払った。

 Chromeのセーフブラウジングにも、重要度が「高」と評価された解放後のメモリー使用の問題(CVE-2022-2604)が含まれているほか、重要度が「中」と評価された、信頼できない入力に対する不十分な検証によって引き起こされる問題(CVE-2022-2622)が存在している。

 セーフブラウジングは、ユーザーが危険なウェブサイトにアクセスしたり、悪意のあるアプリケーションをダウンロードしようとした際に、警告を表示するツールであり、Chromeをはじめとする主要ブラウザーで採用されている。

 セーフブラウジング内に存在する重要度「高」の問題(CVE-2022-2604)は、奇虎360(Qihoo 360)の360 Alpha Labに所属するNan Wang氏とGuang Gong氏によって6月10日に報告された。両氏はこの他にもChromeの「Managed devices API」に存在している解放後のメモリー使用に関する重要度「高」の問題(CVE-2022-2606)と、Chromeの「WebUI」に存在している解放後のメモリー使用に関する重要度「中」の問題(CVE-2022-2620)について報告している。

 ChromeのNearby Share機能に存在する脆弱性も、解放後のメモリー使用に関する問題(CVE-2022-2609)だ。

 これらの脆弱性に関する詳細は明らかにされていない。というのもGoogleは、「大多数のユーザーが修正アップデートを適用するまで」リリースノートでの脆弱性の詳細開示を制限しているためだ。また、他のプロジェクトが依存しているサードパーティーのライブラリーに問題が存在しているものの、まだ対応されていないという場合も、詳細の開示を制限するとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「ステークホルダー資本主義」でデータガバナンスの整備は必要不可欠に–EY Japan調査
IT関連
2022-03-17 16:44
HPE、「Ezmeral」ポートフォリオ強化へ–データアナリティクスプラットフォームのAmpool買収
IT関連
2021-07-12 07:36
Windows 11チェックプログラムに「アップデートできない理由」が分かる新機能
企業・業界動向
2021-06-29 20:03
Emotetの感染拡散さらに急増–過去ピーク時の5倍以上に
IT関連
2022-03-05 02:04
米政権、中国を非難–「Microsoft Exchange」サーバーを狙ったサイバー攻撃で
IT関連
2021-07-20 04:27
マイクロソフト、千葉県教育委員会と連携–初の共有ポータル
IT関連
2021-01-22 13:38
GIGAスクール構想スタートで、学校はどう変わるのか ネット時代に頼れる教師の姿は (1/3 ページ)
くわしく
2021-08-14 23:43
20機の小型ロボット群をハンドジェスチャーで直感操作 スタンフォード大など開発 :Innovative Tech
トップニュース
2021-01-29 07:18
ディスプレイに背景映像+手前に人物 東宝スタジオでCG+実写「バーチャルプロダクション」
企業・業界動向
2021-04-13 16:42
「Chrome 91」は最大23%高速化–JavaScriptコンパイラーを刷新
IT関連
2021-06-01 01:41
メールとチャット、ビデオ会議を集約した「Gmail」はどう使えばいいのか
IT関連
2021-01-30 10:07
バーチャル「最高情報セキュリティ責任者」を提供するCynomiが約4億円調達、中小企業のセキュリティ自動化を支援
IT関連
2022-02-07 10:46
日本IBMが量子コンピューター「IBM Q」を神奈川県・かわさき新産業創造センターに設置、2021年中に稼働
ハードウェア
2021-03-25 22:32
オフィス拡大路線、テレワーク禁止から一転 シェアオフィスへの移転で「テレキューブ」をフル活用する企業が得たもの
PR
2021-02-09 11:34