トヨタ、デンソーら、AI活用した高齢者の安全運転支援を実証実験

今回は「トヨタ、デンソーら、AI活用した高齢者の安全運転支援を実証実験」についてご紹介します。

関連ワード (ビッグデータ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 トヨタ・モビリティ基金、デンソー、東京海上日動火災保険、東京大学大学院新領域創成科学研究科は、愛知県豊田市で高齢者の安全運転支援を目的とした実証実験を開始する。同実証は、豊田市の交通死亡事故ゼロを目指した官民連携事業「ジコゼロ大作戦」の一環として実施するもので、運営は豊田都市交通研究所が担当する。

 ドライブレコーダーから収集した映像等を人工知能(AI)で分析し、安全運転のためのアドバイスを行う「AI運転診断システム」を活用して、高齢者の事故リスク低減を効果的に実現する方法を検証する。

 想定参加者数は豊田市在住の60歳以上の計3000人程度で、実施期間は2022年10月〜2024年4月。参加者には4カ月間にわたってドライブレコーダーをつけてもらい、運転データを記録する。

 デンソーが開発するAI運転診断システムを活用する。AIがドライバーの挙動から安全運転度を診断し、東京海上日動、東京大学の知見も活用しながら運転行動の改善につなげてもらう仕組みの構築を行う。トヨタ・モビリティ基金は、この実証を通じて得られた知見を公開、AI・データ分析技術が高齢者の移動課題解決へ活用されるよう促すとともに、産業界・学術界・医療界などとの幅広い連携によってこの取り組みの実効性を高めていく。

 AI運転診断システムでは、運転中の車内外カメラ映像やセンサーデータを常時ドライブレコーダー内のSDカードに記録して分析を行う。同システムでは記録データを全て解析するため、日常のリスクシーンや運転の癖などの潜在的なリスクまで解析が可能。解析データを基に、ドライバーにフィードバックを行うことで行動変容を促す。

 ドライバーへのフィードバックでは、(1)総合評価の点数やアドバイス、前月の自分の成績との比較、同世代との比較、(2)参加者自身の危険運転の映像、(3)交通ルール違反の回数(免許更新時、実技試験の受検対象となる違反項目を含む)、(4)統計的に事故が多い自宅周りの危険運転の状態・映像の確認――などが提供される。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
第33回:「シニアひとり情シス」候補も売り手市場
IT関連
2021-05-13 06:35
国会クラスター「Zoom」で回避案浮上! 識者「コロナ収束までに限定で試みてもいい」
IT関連
2021-02-04 16:47
SAPジャパン、Emarsys製品を国内提供–BtoCに特化したマーケティングを強化
IT関連
2021-07-07 08:09
富士通とNTT、次世代通信「6G」に向けて戦略的業務提携
IT関連
2021-04-27 12:14
「Interop Tokyo 2022」のShowNet–多様化するネットワークの使い方
IT関連
2022-06-17 00:52
第32回:ひとり情シスか、ひとりヘルプデスクか
IT関連
2021-05-11 20:56
HENNGE、SaaS認証基盤サービスに「脱PPAP」機能など追加
IT関連
2021-08-11 00:40
豊橋市水道局、使用済みマンホールふたを販売 「手筒花火」デザインも
くらテク
2021-02-04 00:52
支援それとも伴走?–DXを進める企業とITベンダーの関係はどうあるべきか
IT関連
2022-05-13 09:56
レッドハット社長が説く「企業が推進するDXの新たなステージ」とは
IT関連
2022-04-23 04:38
アクセンチュア、資生堂と合弁会社を設立–新しいビューティー体験の実現目指す
IT関連
2021-05-11 10:57
NGINX開発者のIgor Sysoev氏が引退を発表。F5とNGINXから退任
Nginx
2022-01-24 04:32
ランサムウェア攻撃を受けたKaseya、脆弱性を修正した「VSA」のアップデートをリリース
IT関連
2021-07-14 03:58
Apple、音楽サブスクのApple Musicでハイレゾ配信を準備中 Apple Losslessについて記載
IT関連
2021-05-18 06:56