マイクロソフト、「Azure Space」製品を拡充–衛星経由のクラウド接続を可能に

今回は「マイクロソフト、「Azure Space」製品を拡充–衛星経由のクラウド接続を可能に」についてご紹介します。

関連ワード (クラウド等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Microsoftが「Microsoft Azure」を宇宙や人工衛星と接続したクラウド市場における覇者とするためのイニシアチブ「Azure Space」を発表したのは2年前のことだ。そして同社は米国時間9月14日、「World Satellite Business Week」(世界衛星ビジネス週間)にタイミングを合わせ、衛星との接続に向けた同社ポートフォリオの拡充について説明した。

 同社によると、新たなサービス「Azure Orbital Cloud Access」が米国政府の顧客を皮切りにプライベートプレビュー段階に入るという。このサービスは、ネットワーク接続の選択肢が乏しい状況に置かれている企業のITプロフェッショナルを念頭に置いたものとなっている。また、一時たりとも業務の停止が許されていないファーストレスポンダーのようなユーザーを特に対象としている。

 Azure Orbital Cloud Accessの目的は、光ファイバーネットワークや携帯電話ネットワーク、衛星ネットワークのトラフィックに対する優先順位付けをインテリジェントなかたちで実現することだ。優先順位付けされたネットワークトラフィックは、SpaceXの「Starlink」とAzureのエッジデバイスを組み合わせて実現され、顧客はStarlinkに接続できる場所であれば、どこからでもMicrosoftのクラウドサービスにアクセスできるようになる。SpaceXは、Azure Spaceというイニシアチブが開始された当初からMicrosoftの重要パートナーのうちの1社となってきている。

 Microsoftは2021年に「Azure Orbital」がプレビュー段階に達したと発表した。これにより顧客は、Microsoftやパートナー企業が世界各地に保有する地上局から、Azureへの接続のためのバックホールコストなしに衛星との通信やその制御が可能になる。Azure Orbitalという名称で最初に発表されたこのサービスは、「Azure Orbital Ground Station」に改称され、Azure Orbitalという名称は関連する複数のサービス(最新のサービスはAzure Orbital Cloud Access)を網羅するブランド名となる見込みだ。

 Microsoftは14日、同社初の「サービスとしての地上局」製品であるAzure Orbital Ground Stationの一般提供を開始したと発表した。これにより衛星のデータが直接Azureにもたらされるようになる。

 さらに同社は、Azure Orbitalサービス群を通じて5G通信と衛星通信を統合し、企業のクラウド運用で衛星ベースの通信を容易に導入できるようにするべく、パートナー企業と協力している。同社の最終的な目標は、衛星ベンダーを支援し、そのアナログシステムを仮想化することだ。

 Azure Spaceは宇宙産業に携わる企業のみを対象としたサービスではない。このサービスは、農業やエネルギー、通信、政府といった業界の公共団体や民間企業の顧客に向けて訴えかけるものとなっている。また、リモートアクセスの必要性や、帯域幅に対する要求を有しているあらゆる顧客に向けたものともなっている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
日本のセキュリティ人材はアジア最多規模、課題は地位向上–(ISC)2に聞く現状
IT関連
2022-07-23 20:07
シトリックス、SASEに向けた「Citrix Secure Internet Access」を発表
IT関連
2021-02-27 11:22
映画「シン・仮面ライダー」23年公開 庵野秀明さん脚本・監督で 撮影は「これから」
くらテク
2021-04-04 13:23
Perforce、"DevOpsのパイオニア"Puppetを買収へ
IT関連
2022-04-15 03:33
SBG孫社長、失踪報道のジャック・マー氏とは「個人的な趣味の話をしている」
企業・業界動向
2021-02-09 07:24
ヴイエムウェア、国内でのゼロトラストセキュリティ推進体制を発表
IT関連
2021-07-01 11:37
アマゾンCEO、従業員に出社再開を求める予定はなし
IT関連
2022-09-09 21:44
凸版ら、ロボット管理クラウドとエレベーター制御システム間でセキュリティ通信実証
IT関連
2022-03-24 15:29
フジパングループ本社、AI検索サービスで社内問い合わせ対応を効率化
IT関連
2022-07-27 13:33
10分で満充電にできるEVバッテリー交換のAmpleがENEOSと日本国内での交換インフラ展開、運営で提携
モビリティ
2021-06-17 18:10
テレワーク正式導入のスクエニ、ゲーム開発への影響は? 「ドラクエX」責任者に聞く (1/2 ページ)
キャリア・しごと
2021-01-27 22:39
ハッキング経験を安全性向上と信頼回復につなげる–SolarWindsが日本に説明
IT関連
2021-06-25 15:24
「完全性」を損なう攻撃も–生活インフラのセキュリティリスクと対策
IT関連
2021-03-09 02:09
コロナ禍でパパ活蔓延 SNSで飛び交う隠語……企業公式アカウントで“誤爆”も
IT関連
2021-04-03 07:14