5年ぶりの本格的なメジャーバージョンアップ「Jakarta EE 10」正式リリース、クラウドネイティブなど対応

今回は「5年ぶりの本格的なメジャーバージョンアップ「Jakarta EE 10」正式リリース、クラウドネイティブなど対応」についてご紹介します。

関連ワード (公式、必要、本格的等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Eclipse Foundationは、代表的なJavaフレームワークの1つであるJakarta EEの最新版「Jakarta EE 10 Platform」の正式リリースを発表しました。

The new era of #CloudNative #Java is here! Check out the #JakartaEE10 release page to discover new updates or features in over 20 component specifications: https://t.co/3KG28loVyz #JakartaEE #opensource pic.twitter.com/xGITL5KjUt

— Jakarta EE (@JakartaEE) September 22, 2022

Jakarta EEは、Java EE(Java Enterprise Edition)の後継として2018年にオラクルからオープンソースコミュニティに移管されたものです。移管後にEclipse Foundationは新たな名称とロゴを募集し、現在の名称である「Jakarta EE」と呼ばれるようになりました。

参考:クラウドネイティブなJavaの実現にフォーカス、「Jakarta EE」をEclipse Foundationが正式にスタート

これまでの経緯を振り返れば、2016年6月にJava EEの仕様策定の動きが鈍くなっていることを懸念し、Java EEの前進を促進する「Java EE Guardians」がJavaコミュニティで発足し、この動きなどを受けて、2017年9月にJava EE 8が発表されるのとほぼ同時にオラクルはJava EEをEclipse Foundationへ移行すると発表しました。

その後、Eclipse Foundationからは2019年にJava EE 8と互換性を保ちつつ権利関係を整理した「Jkarta EE 8」がリリースされ、2020年には名前空間をJakartaに移行した「Jakarta EE 9」がリリースされました。

今回リリースされたJakarta EE 10は、Java EE 8以来、実に5年ぶりとなる、新機能を搭載した本格的なメジャーバージョンアップとなるのです。

クラウドネイティブJavaアプリケーションのための機能を導入

Jakarta EE 10のリリースを発表したJakarta EEの公式ブログに投稿された記事「The Eclipse Foundation’s Jakarta EE Working Group Releases Jakarta EE 10 to Usher in the Era of Cloud Native Java」では、Jakarta EE 10の特徴について次のように説明されています。

Jakarta EE 10 introduces features for building modernized, simplified, and lightweight cloud native Java applications, delivering a new baseline for the evolution and innovation of enterprise Java technologies under an open, vendor-neutral, community-driven process.

Jakarta EE 10は、モダナイズ、シンプル化、そして軽量なクラウドネイティブJavaアプリケーションを構築するための機能を導入し、オープンかつベンダーニュートラルでコミュニティ主導のプロセスのもと、エンタープライズJavaテクノロジーの進化と革新のための新しい基準を提供します。

Jakarta EE 10の主な新機能の1つが「Jakarta EE 10 Core Profile」(以下、Core Profile)です。

Java EE/Jakarta EEでは、Java EE/Jakarta EEを構成する多数のコンポーネントのなかから特定のコンポーネントを抜き出してまとめる「Profile」という概念を用いて、用途に合わせて必要な機能だけを利用できるようにしています。

Core Profileは、非常に軽量なProfileとしてマイクロサービスのアプリケーション構築などに適したものとなります。

fig

また、追加アノテーションの幅広いサポートによって、モジュール化されたアプリケーションの構築やコンポーネントAPI間の統合がシンプルかつ容易になるとされています。

対応するJavaのバージョンはJava 11以降となり、Java 9で導入されたモジュラーシステムもJakarta EEでもフルに活用できるようになりました。

今後、IBM、オラクル、富士通、Red Hatなどのベンダからは順次、Jakarta EE 10対応の製品が登場してくることになるでしょう。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
トランスコスモス、新型コロナワクチンの問い合わせ専用チャットボットを構築
IT関連
2021-02-16 02:28
MetaがAI活用、環境に優しいコンクリート製造目指す–データセンターなど想定
IT関連
2022-04-29 07:19
テラスカイ、2030年代のグループ経営を担う「後継者育成プロジェクト」を開始
IT関連
2021-06-22 04:33
Stack Overflowの新CTOに聞く、今後のクラウド移行戦略
IT関連
2022-08-09 00:11
Amazon、13インチで壁掛け式の薄型Echoデバイスを開発中か──Bloomberg
企業・業界動向
2021-02-11 08:27
日本海側に豪雪をもたらすJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)の実態を洋上気球観測で初めて解明
IT関連
2022-02-23 08:24
生徒が泳ぐ姿を4K撮影、水泳上達につなげるスイミングスクール向けスマートレッスンシステム
EdTech
2021-02-10 08:20
日本の行政・企業はデジタルの地政学的リスクを注視せよ
IT関連
2021-01-21 01:14
トヨタ自動車とENEOSが協力し実験都市「Woven City」における水素エネルギーの利活用ついて検討開始
モビリティ
2021-05-12 21:21
マイクロソフト、ブロックチェーン活用の「Azure Confidential Ledger」プレビュー公開
IT関連
2021-05-27 03:32
分身ロボで「瞬間移動」 ANA系企業が夏休みに新サービス
IT関連
2021-07-17 17:25
Chromeブラウザでお気に入りサイトを「フォロー」する機能のテスト開始(RSSベース)
アプリ・Web
2021-05-21 23:49
日経225企業の75%はなりすまし対策が不十分–プルーフポイント調べ
IT関連
2021-03-04 05:10
イノベーションと成長に向けたCMOの新たな役割–アカマイCMOの見解
IT関連
2022-07-20 00:20