デジタルプロセスを拡大、社外でのDXも支援–横河電機が進めるDX戦略の勘所

今回は「デジタルプロセスを拡大、社外でのDXも支援–横河電機が進めるDX戦略の勘所」についてご紹介します。

関連ワード (経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 横河電機は12月9日、自社のデジタルトランスフォーメーション(DX)戦略を披露する「Yokogawa DX説明会」を開催した。2021年も同様に開催した。

 同社の最高情報責任者(CIO)である常務執行役員 デジタル戦略本部長 兼 デジタルソリューション本部 DX-Platformセンター長 舩生幸宏氏は2022年を振り返りつつ、「(社内を指す)Internal DXと(社外を指す)External DXの強化を通じて、SX(サステナビリティトランスフォーメーション)の向上に貢献したい」と方向性を指し示した。

 横河電機がDXへの取り組みを本格的に開始したのは2018年までさかのぼる。2018~2020年の中期経営計画「Transformation 2020」で重要事項の一つに掲げ、DXを活発に推進してきた。

 2021年時点で10年後の顧客提供価値として「System of Systemsにおける価値創出」とのキーワードを掲げつつ、現場対応に直結する「IT/OTコンバージェンス」を強化ポイントの一つとしている。舩生氏は「この領域は多数のデジタル技術が加わり、競争構造が変化する」ことから2023年の方針を示した。

 横河電機は「Accelerate Growth 2023」で現状を4領域に分割し、各領域の最適解を目指している。

 例えば、1番目の「IA2IA/Smart manufacturing」の実行と存在価値の変革では、デジタル技術を活用して製造業の顧客がDXを目指すための自律化と道筋を示す「IA2IA(Industrial Automation to Industrial Autonomy)」の提唱を継続する。

 4番目の「社内オペレーション最適化とマインドセットの変革」に対しては、「ビジネスがグローバル化している状況では、ビジネスプロセスもグローバルに最適化しなければならない」(舩生氏)と説明しつつ、社内でのDXを意味するInternal DXが重要だと説明した。

 同社は2023年度までの目標として、2020年度のDX関連受注比率を約2%から4%以上へ、デジタルプロセス率を2020年度の40%程度から63%へ、ITインフラ環境負荷はDXへの取り組みを開始した2018年度から65%の軽減率を目指している。

 クラウド化も2020年度の61%から64%、アジャイルアプローチで取り組むプロジェクト率も19%から35%へ、DX人材比率も20%程度から50%と、現実的な目標値を標榜してきた。その結果、2021年度時点でアジャイルプロジェクト率は54%を達成しているという。

 2022年の横河電機で注目すべきは、顧客企業へ付加価値のあるデジタルサービスの開発や提供を目的とするExternal DXを加速させるため、2022年7月に「横河デジタル」を設立した点だ。

 「DXビジネスの受注比率の向上は、プロジェクト件数も増やさなければならない。約1000人の人材を集中投入し、ビジネス拡大を目指している」(舩生氏)

 2022年3月にはENEOSマテリアル(旧JSRエラストマー事業部門)と共同で、世界初のAIによる35日間の化学プラント自律制御に成功させたという。2022年5月には横河電機とNTTドコモ、奈良先端科学技術大学院大学が共同開発した自律制御AIで、5G(第5世代移動通信システム)経由のリモート制御実証実験に成功している。

 2022年6月にはクラウドサービス「OpreX Asset Health lnsights」を、2022年8月にもクラウドサービス「OpreX IT/OT Security Operations Center」を開始した。2022年6月には経済産業省の「DX注目企業2022」に選定されている。

 Internal DXの文脈において横河電機は、パートナー&プラットフォーム体験(PX)、従業員体験(EX)、顧客体験(CX)の3軸における改革を重視している。

 例えば、CXは取引前からその後のサポートに至るまで顧客企業に価値を提供する「SoE統合プラットフォーム」を推進。端的に述べれば“ビジネスプロセスの標準化”だが、舩生氏は「顧客企業にカスタマージャーニーを定義し、我々の製品・サービスを提供しているが、以前は(提供過程が)バラバラだった」と説明し、統一化を通じて2025年度までに見込顧客数10%増、営業・マーケティング業務効率化10%以上の改善を目指している。

 EXの観点では、自社基盤の統合基幹業務システム(ERP)を刷新する。同社の説明によれば、現在利用中のSAPで使用中のアドオンを見直し、顧客企業とパートナー企業、エンドトゥエンドの最適化を図るため、2024年度中の新システム稼働を目指しているという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
オライリー調査で明らかに–Go、Rust、Ruby、Dartに関心高まる
IT関連
2021-04-11 13:04
「Pop!_OS」のタイル型ウィンドウを使用するには
IT関連
2022-12-16 14:30
食品ロス削減のフードシェアリング「TABETE」運営のコークッキングが1.5億円のプレシリーズA調達をクローズ
シェアリングエコノミー
2021-06-04 17:35
台湾の水不足でわかるテックへの気候変動の脅威
EnviroTech
2021-03-13 00:49
「やわらかいインフラ」の実現が要–シスコ2023年度の事業戦略を発表
IT関連
2022-10-22 05:38
「IBM Cloud Code Engine」はフルマネージド型で開発に注力できるランタイムサービス
IT関連
2021-06-30 23:55
300年前の折り手紙をバーチャル展開 破壊せず解読可能に
IT関連
2021-07-08 12:45
ベネッセのCDXOが説く「DXによって目指すべきものとは何か」
IT関連
2022-10-08 16:27
「さよならau」から一転……KDDIの新プラン「povo」はおおむね好評 その強みとは? (1/2)
くわしく
2021-01-14 05:44
2020年の歴史的な気温の高さは気候変動のリスクが高まっている証拠だ
EnviroTech
2021-01-17 03:39
イノベーションにはスピード感が重要–AWS、スタートアップ支援を強化
IT関連
2022-10-29 08:59
Adobe共同創業者、チャールズ・ゲシキ氏が81歳で死去 PDFの生みの親
企業・業界動向
2021-04-20 13:32
ハッカーに狙われる重要インフラ–被害が起きる前にセキュリティ強化を
IT関連
2022-08-31 22:20
可視化から得る「洞察」をどう業務改善に用いるか
IT関連
2022-08-03 15:29