富士通、ドイツのサーキットをデジタル化–映像でAIが安全性を瞬時に判断

今回は「富士通、ドイツのサーキットをデジタル化–映像でAIが安全性を瞬時に判断」についてご紹介します。

関連ワード (デジタルで変わるスポーツの未来、特集・解説等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 富士通は1月23日、ドイツのサーキット運営会社であるNurburgring 1927(以下、ニュルブルクリンク)でのレースの安全対策に、人工知能(AI)技術を活用する包括的な支援を行っていることを発表。その第一弾として、世界最長で、多数のカーブを持つ難易度の高い同社の常設レーストラック「ノルドシュライフェ」に、AI技術を活用した安全対策強化に向けたシステムの実証実験を2022年に実施し、2023年1月に本導入を開始したことを明らかにした。

 現在、ニュルブルクリンクのレーストラックでは、レースの安全を守るスタッフであるトラックマーシャルたちが旗の提示やラジオ放送を活用することで、ドライバーに危険の警告や事故発生を伝えている。しかし、救助が来るまでに時間を要し、時にはコースが閉鎖されレースに大きな影響が生じるなどの課題があった。

 ニュルブルクリンクと富士通は、カメラやAIを活用したシステムの構築により、レーストラックの異常を自動検出し、ドライバーに即座に危険を警告できる基盤を整備することで、安全対策の強化を目指している。

 実証実験では、レーストラックの内、2.8kmの区間に8台のハイビジョン(HD)カメラを光ファイバーケーブルで接続するとともに、AI機能を搭載したシームレスなシステムを構築した。これにより、HDカメラからの映像をAIがリアルタイムに監視・判断し、レーストラック上のLEDディスプレイを介して即座に危険をドライバーに警告できるようになるため、ほかの車両や人との接触事故などを未然に防止することが可能になる。

 ニュルブルクリンクは、2025年のグランプリレースシーズンまでに同システムの実運用開始を目指しており、富士通では今回の実証実験による有効性検証を踏まえて、今後2年間でノルドシュライフェのレーストラック全域に追加のHDカメラ100台の増設とAI機能の強化を行い、約21kmに及ぶ同レーストラックの監視による安全対策を支援していくとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ざんねんなセキュリティ–流行のゼロトラストが「既に導入済」は本当か?
IT関連
2022-04-16 10:46
高配当利回り株の選び方・買い方
IT関連
2021-02-02 00:01
エーザイ、IT投資対効果の可視化を目的としてTBM製品を導入
IT関連
2022-07-20 10:47
マイクロソフト、モバイル版「Office」の「ファイル転送」機能を廃止へ
IT関連
2022-11-19 11:48
“認知機能ケア”で市場創出なるか 食品大手でサプリやスマホアプリの開発相次ぐ
IT関連
2021-07-09 20:33
自主的に集まり情報発信する“60代の部活” ネット回線事業者がシニア応援サイト
IT関連
2021-06-24 14:35
GMが3モデル目の電動ピックアップトラックを開発中、GMCラインナップに追加
モビリティ
2021-07-21 00:52
Apple ID入金で10%ボーナスキャンペーン 9月2日まで
くらテク
2021-08-21 05:21
Spotify、新しいインターフェース「Car Mode」を一部ユーザーでテスト中
IT関連
2022-03-27 13:19
Capsuleが「超シンプル」な分散型ソーシャルメディアを構築するために1.6億円調達
ネットサービス
2021-03-11 23:22
100W GaN電源を多機能USB-Cハブにしてしまったクラファン製品の実力 M1 MacBookとiPadで使えるか試してみた
IT関連
2021-05-09 07:20
マイクロソフト、JavaScriptに型宣言を追加しつつトランスパイラ不要の「Types as Comments」をJavaScript仕様策定会議のTC39に提案へ
JavaScript
2022-03-11 00:12
「Googleドライブ」クライアントを使ってオフラインでファイルを使用するには
IT関連
2022-07-12 15:38
怪奇漫画「首吊り気球」無料公開 都内に現れた“巨大な顔”が「似ている」と話題に
くらテク
2021-07-19 23:20