キョーラクとIBM、AIで難易度の高いハクリボトル外観検査を自動化

今回は「キョーラクとIBM、AIで難易度の高いハクリボトル外観検査を自動化」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 キョーラクと日本IBMは、二重構造で難易度が高いハクリボトルの外観検査を自動化するシステムをキョーラクが2022年1月に導入したと発表した。同システムでは人工知能(AI)を活用し、キョーラク栗東工場の検品工程で稼働している。

 なおキョーラクは、同システムを土浦工場にも展開し、2023年1月に本格稼働を開始した。同社は今回のシステム導入で、ハクリボトル製造ラインの検品を無人化でき、安定して高い品質での検査を継続している。

 同社は1947年にプラスチック業界に進出して以来、プラスチック成形分野で常に「スペシャリティの追求」を続けているとのこと。ハクリボトルは、高い鮮度保持性に加え、顧客が使いたい分量だけしぼり出したり、中身が減っても自立性に優れているという、キョーラク独自の特殊な技術で生産されている。

 一方で、ハクリボトルは内袋が外殻から剥離して縮む二重構造のため、従来のボトルに比べ、様相や異物の色の識別などの特徴で検査をルール化するのが難しいという。そこでキョーラクは、既存の検査装置で検出できない不良を高いスキルを持った担当者が交代で目視により検査していた。

 しかし、高いスキルを必要とする目視検査は、検査員による品質のバラツキや人材育成の難しさなどの課題があった。また、検査員を確保できない場合に、生産ラインを停めなければならなかったという。

 今回導入した外観検査システムは、AIを活用して判別することで、複雑な様相の不良にも対応できる。また、IBMのサーバー「IBM Power AC922」を活用しており、生産されたハクリボトルをリアルタイムに撮影したのち、画像をAI推論や学習を高速で処理し解析を行うことができる。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
自動操縦フライトスタートアップのXwingが約43.5億円の資金を調達
モビリティ
2021-04-18 08:02
グーグルが食料不安に悩む米国人向け新ウェブサイトとリソースを公開
ネットサービス
2021-07-01 05:40
今週の記事ランキング(2021.7.4〜7.8)
IT関連
2021-07-10 09:46
アプリケーション開発における最適な手法の選び方–前編
IT関連
2023-01-12 12:26
「統合化」とセキュリティアーキテクチャの採用を提唱–チェック・ポイント
IT関連
2023-01-13 19:48
Google、ChromeでのサードパーティーCookie廃止を2023年まで延期
アプリ・Web
2021-06-26 22:15
NECネクサソリューションズ、自動二輪車による走行中の違反検知と動画を提供
IT関連
2022-09-24 21:37
NTT Comと千葉大病院、秘密計算ディープラーニングなどによる臨床データ分析を研究
IT関連
2021-02-10 01:07
「スーパー野田ゲーPARTY」1週間で5万DL突破 新作2タイトル追加へ
くらテク
2021-05-09 02:50
暗号資産取引所コインチェックが国内初のIEOを7月1日提供開始、第1弾はハッシュパレット発行のPalette Token
ブロックチェーン
2021-06-25 22:17
デザイン思考を養う“デジタルの遊び場”を生かす、中堅SIリンクレアの取り組み
IT関連
2022-10-29 14:04
日本オラクル、SaaSの“四方良し”をさらに深化–2023年度事業戦略
IT関連
2022-08-10 21:30
「アップルカー」実現に向け前進、BMW i3やi8の開発を指揮した新興EV企業Canoo元CEOがアップルに
モビリティ
2021-06-12 23:03
ランサムウェアはKubernetesの脅威に–ベリタス調査
IT関連
2022-04-13 12:25