生成AIは「過度な期待」のピーク期–ガートナー「先進テクノロジのハイプサイクル」

今回は「生成AIは「過度な期待」のピーク期–ガートナー「先進テクノロジのハイプサイクル」」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 調査企業Gartnerは毎年、「先進テクノロジのハイプ・サイクル」で、注目すべき25の先進技術を取り上げている。2023年のレポートでは、驚くべきことではないが、生成人工知能(AI)が、「過度な期待」のピーク期に位置付けられた。

 同社は「先進テクノロジのハイプ・サイクル」を作成するために、2000を超える技術や適用済みフレームワークから主要な知見を抽出している。

 選定された先進技術はすべて、今後2~10年の間にビジネスを変革するほどのメリットをもたらすと予測されている。以下のグラフに示されているように、生成AIは、今後2~5年の間にビジネスを変革し、停滞期に達すると、Gartnerは予測している。

 「ChatGPT」が2022年11月に公開されたことで、生成AIの研究と認知度が急激に高まった。その結果、生成AIアプリケーションをめぐる多数の貴重で革新的な飛躍的発明が生まれ、同技術がハイプ・サイクルの頂点に位置付けられることとなった。

 生成AIは、最も人気の高いAIの一分野だが、これ以外にも、大きな社会的変化をもたらす可能性のある新興AI技術が存在する。

 具体的には、AIシミュレーション、コーザルAI、連合機械学習、グラフデータサイエンス、ニューロシンボリックAI、強化学習が、注目すべき新興AI技術として同レポートに取り上げられている。

 Gartnerは、新興AIに加えて、開発者体験(developer experience:DevX)、パーベイシブクラウド、人間を中心としたセキュリティとプライバシーを、先進テクノロジートレンドの4つのテーマとして挙げている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
KubernetesのノードとしてWebAssemblyランタイムを用いる「Krustlet」、CNCFのサンドボックスプロジェクトに申請
Cloud Native
2021-06-17 14:08
トーバルズ氏、Linux開発の現状や生成AIについて語る
IT関連
2023-12-12 22:45
Go 1.21リリース、WASI(WebAssembly System Interface)サポート、実行時プロファイルでコンパイル最適化
Go
2023-10-05 12:22
我孫子市役所、ウェブ分離で職員のインターネット閲覧の安全性を向上
IT関連
2023-06-07 23:14
富士通、「モダナイゼーションナレッジセンター」を新設–DX基盤整備を支援
IT関連
2022-09-06 20:23
ドン・キホーテ、RPAプラットフォームで約170の業務を自動化
IT関連
2021-06-16 16:05
ERP市場が着実に成長、AIが導く新たな可能性
IT関連
2024-02-21 02:34
ケーブルテレビのJ:COM、特権アクセス管理で内部不正対策を強化
IT関連
2021-04-22 19:04
法務管理クラウド「GVA manage」、案件の公開・非公開の切り替え機能をリリース
IT関連
2023-07-12 05:25
中小企業にHRプラットフォームを提供する独Personioが約130億円調達
HRテック
2021-01-20 23:01
「たまごサンドおいしい」オリンピック訪日記者の投稿で“コンビニ飯”に注目 ローソンも反応
ネットトピック
2021-08-06 08:04
シェサイクルプラットフォームを展開するOpenStreetとJR東日本が駅と地域間結ぶ移動機能で連携
モビリティ
2021-05-12 00:40
2021年第1四半期のChromebook出荷は前年同期比275%増の1200万台、パンデミックで好調維持
ハードウェア
2021-05-06 10:19
Kubernetes環境をWindows 10/macOSへ簡単にインストール。「Rancher Desktop」がオープンソースで公開
Docker
2021-06-04 23:36