NTTデータ先端技術と日本IBM、統合型認証ソリューションを提供–セキュリティ基盤を高度化

今回は「NTTデータ先端技術と日本IBM、統合型認証ソリューションを提供–セキュリティ基盤を高度化」についてご紹介します。

関連ワード (セキュリティ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 NTTデータ先端技術と日本IBMは、NTTデータ先端技術のID管理ソリューションと日本IBMの認証ソリューションを組み合わせ、ゼロトラスト環境に求められる高度でセキュアな統合ID管理と認証サービスを備えた認証基盤ソリューションの提供を開始した。販売は、NTTデータ先端技術が行う。

 同ソリューションを活用することで、ID管理を適切に統制する仕組みであるIDガバナンス管理(IGA)と認証/認可を行う認証基盤(IAM)をワンストップで導入できるという。

 具体的には、NTTデータ先端技術の統合ID基盤「VANADIS Identity Manager」(VANADIS)と日本IBMのクラウド型のID管理・統合認証ソリューション「IBM Security Verify」(Verify)の統合ソリューションを提供する。

 VANADISは、セキュリティポリシーの策定や人事情報などと連動し、ID情報やアクセス権限の変更、棚卸しなどのライフサイクル管理からIDの利用状況をグラフで確認できるダッシュボード機能までを一元的に管理する。また、さまざまなシステムとの連携を可能とするインターフェースを搭載しており、全体最適化を行うことにより、ID管理業務の効率化を実現するとしている。

 Verifyは、モダナイズされたモジュール型のID管理およびアクセス管理により、ハイブリッドクラウド環境における包括的な運用を可能にする。またSaaSのアプローチと、AIを活用した最先端の認証機能により、すべてのユーザーとアプリケーションを企業内外で保護する。

 統合ソリューションの提供により、クラウド型サービスへのシングルサインオン(SSO)や複数方式の多要素認証、ワンタイムパスワードなどをお客様の認証基盤にワンストップで組み込めるようにするとしている。

 またVerifyでは、デバイスの変化やユーザーの振る舞いなどからリアルタイムにリスクスコアを算出し、アクセスを拒否して追加認証を求める機能を搭載。統合ソリューションでは、このような高度なリスクベース認証制御も実装しているため、なりすましログインに対しても、デジタルID管理の信頼性をより高めることができるという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
営業DXサービス「Sansan」、「新規顧客開拓ソリューション」を提供
IT関連
2023-08-04 02:34
契約マネジメント「クラウドサイン」、受信者ファイルアップロード機能を追加
IT関連
2022-12-03 10:26
貸株のメリット:貸株金利が得られる、いつでもすぐ売れる–デメリットは?
IT関連
2021-06-01 06:35
独立系SIerのSRA、クラウドERPで経営基盤を刷新–提案型ビジネスへの変革を推進
IT関連
2022-06-02 05:58
犯罪代行サービスの出現でクラウドの認証を狙う攻撃が急増–プルーフポイント
IT関連
2023-06-02 09:06
インド物流市場システムのデジタル化を進める最大手DelhiveryがIPOに向け約304億円調達
ネットサービス
2021-06-01 18:51
マイクロソフトのマルチクラウドプラットフォームAzure Arcが機械学習のワークロードに対応
ネットサービス
2021-03-04 03:07
GoogleがAI倫理研究チームを率いるマーガレット・ミッチェル氏を解雇
人工知能・AI
2021-02-21 20:16
丸紅情報システムズ、DXソリューションをサブスク型で提供
IT関連
2021-07-31 12:01
成長の加速に向けて「日立創業の精神」に立ち返り–日立製作所・小島社長
IT関連
2024-01-06 08:45
リコー、IBMおよびキンドリルとシステムアウトソーシング契約を更改
IT関連
2022-07-07 07:29
GUIでDockerコンテナのビルドやPodsのKubernetesへの展開を可能にする「Podman Desktop」が登場。新たなDocker Desktop対抗となるか
Docker
2022-11-15 03:56
[速報]GitHub Copilotが外部ツールと統合可能に。DBのクエリ性能の状況もフィーチャーフラグの状態もCopilotが答えてくれる。GitHub Universe 2023
GitHub
2023-11-09 02:22
オンプレとAzure間のAD連携「HAAD参加」の落とし穴と対策
IT関連
2022-08-30 01:45