自動車やモバイル向け半導体でリードするNXP–成長はエッジ

今回は「自動車やモバイル向け半導体でリードするNXP–成長はエッジ」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 九州とほぼ同じ面積に約1753万人(日本の約15%)が住むオランダ。風車で知られるがハイテクの国でもある。半導体ではNXPやASMLがあり、旅行サイトのBooking.comなどのインターネット企業もあれば、カーナビのTomTomもここで生まれた。

 7月にオランダ経済・気候政策省 企業誘致局の記者向け視察ツアーに参加し、NXPの本社施設などを訪問した。本稿ではその模様をレポートする。

 NXPの本社があるエイントホーフェンの「High Tech Campus」は、オランダの首都アムステルダムから124キロメートル離れた内陸、ベルギーやドイツに近いところにある。このキャンパスは、2003年まで電機大手のPhilipsが研究施設を構えていた場所で、現在はNXPのほか、スタートアップを含む約280社が軒を並べる。オランダの特許の40%がこのキャンパスからだ。

 Philipsの半導体事業部門だったNXPは、2006年にスピンオフにより誕生。社名の由来は、「The Next Experience」だ。エイントホーフェンのHigh Tech Campusのほか、製造拠点のあるネイメーヘン、研究施設のデルフトと、オランダ国内には3カ所に拠点がある。

 スピンオフから2年後(2008年)の金融危機を乗り越え、2010年には、米Nasdaq市場への上場を果たした。2015年には、Motorolaの半導体部門のFreescaleを買収。Freescaleの半導体は、1969年に「アポロ11号」が月面着陸した際に、宇宙飛行士のNeil Armstrong氏が、「1人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩」と伝えた無線通信で使われたという歴史を持つ。Freescaleを獲得したNXPは、欧州では、ドイツのInfineon Technologies、スイスのSTMicroelectronicsと並ぶ欧州3大半導体企業の1社というポジションだ。

 現在のNXPは、30カ国以上で事業を展開し、社員数は約3万4000人。そのうち3分の1がエンジニアだ。事業内容は大きく4つあり、自動車、産業IoT、決済などのモバイル、通信インフラだ。

 年間売上高132億ドルの半分以上を占めるのが自動車向けの半導体になる。執行ディレクターのJean Schreurs氏は、「ここ5~10年で製造された全ての自動車にNXPのチップが入っている」と説明する。自動車向けの半導体は、「検知」(レーダー、ビジョン、V2X)、「判断」(処理、センサー、セキュリティ)、「動作」(シャーシ、パワートレイン、ブレーキ)と大きく3つの分野に分かれる。

 製造台数という点で、自動車は成長市場ではない。しかし、自動車の電気化・高度化のトレンドは、同社にとって追い風だ。Schreurs氏によると、現在の一般的な車には1000程度のチップが搭載されているが、電気自動車になると、その数は倍増の2000程度になる。ハイエンドの電気自動車には、3000~4000ものチップが搭載されるという。「1台当たりに搭載されるチップ数は増加傾向にある」(Schreurs氏)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Facebook、Clubhouseクローンや音声クリップ、Podcastなど音声関連サービスを発表
アプリ・Web
2021-04-21 14:14
ZVC JAPANと宇和島市、DX推進に向け協定締結–災害時の情報共有に「Zoom」活用
IT関連
2023-11-15 10:43
グーグル、奇妙なAI検索結果の真相を説明
IT関連
2024-06-04 09:08
マイクロソフト、中国で5つ目の「Azure」新リージョン
IT関連
2022-03-08 11:26
PS5「DualSense」コントローラーをAppleが販売 米国のオンラインストアで
社会とIT
2021-05-25 19:24
約9割のホールスタッフが配膳ロボットとの協働に満足–DFA Robotics調査
IT関連
2024-05-29 11:02
毎日の運動で「ウルトラマン ティガ」を強くする大人向けウェアラブル玩具、バンダイが発売
くらテク
2021-08-03 00:05
常陽銀行とBloomAct、資料動画化サービスを活用し地元企業のDX推進を支援
IT関連
2023-03-10 21:30
電帳法改正にどう対応するか(後編)–検討における4つのステップ
IT関連
2022-03-25 13:31
「GPT-4」を公開したOpenAI、詳細な技術情報は非公開
IT関連
2023-03-21 09:26
パナソニックがサプライチェーンマネジメント事業の上場可能性を発表した理由
IT関連
2022-05-19 23:13
NECファシリティーズ、全体最適の観点で環境負荷低減を支援する新ソリューション
IT関連
2023-01-19 21:58
Twitter、リプライ相手制限をツイート後でも変更可能に
アプリ・Web
2021-07-15 13:22
「NTT再編」で海外事業をNTTデータに一本化、信頼を集める理由
IT関連
2022-06-22 02:03