NTTデータ、金融機関向けにデータ活用基盤を提供へ–京都銀行・西日本シティ銀行が採用

今回は「NTTデータ、金融機関向けにデータ活用基盤を提供へ–京都銀行・西日本シティ銀行が採用」についてご紹介します。

関連ワード (ビッグデータ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 NTTデータは12月26日、金融機関のデータドリブン経営への変革を支援するデータ活用基盤「Service Innovation Core」(SIC)の提供を2024年度から開始すると発表した。既に、2024年5月には京都銀行が、2025年4月には西日本シティ銀行での導入が決まっている。

 SICは、金融機関がグループ全体で顧客情報を一元管理し、他システムとの柔軟な連携を可能にする。これにより、スピード感のある事業展開や抜本的な業務効率化、新サービスの創出を通じて顧客ニーズに応え続けられるような銀行グループの変革を支える。NTTデータは、SICの提供を通じて地域金融機関のデータドリブン経営への変革を支援していく方針だ。

 金融機関は、金融サービスや顧客ニーズの多様化などに対応するためデータドリブン経営への変革を進めている。その一環として、NTTデータは京都銀行や西日本シティ銀行の意見を組み込み、データの活用手段を検討してきた。そして、クラウド技術の知見や情報系システムのデータモデリングに関するノウハウを生かし、銀行内外のデータの一元管理とその分析、活用による業務・サービスの革新を実現するため、SICの提供を開始する。

 SICの機能は、(1)顧客情報の一元管理機能、(2)クラウドデータ基盤「Snowflake」によるデータマネジメント機能、(3)トランザクション情報のリアルタイム連携機能、(4)AI分析基盤(オプション)とデータ活用の分析・人材育成における伴走支援サービス――で構成される。

 NTTデータは今後、SICを通じて金融機関間でのコミュニティー形成を目指す。データを秘匿化した上で、ビッグデータ分析の高度化を進め、銀行グループ全体でのデータドリブン経営への変革を支援する。また、獲得したノウハウや成功事例を他の金融機関へ展開し、金融業界におけるデータ活用を促進していく。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
文字を“ディープフェイク”するAI、Facebookが開発 フォントや手書き感をコピーして別単語に変換
ロボット・AI
2021-06-16 01:13
体外受精治療の支払いを予測しやすくする英GaiaがAtomico主導のシリーズAで約23億円調達
IT関連
2022-02-16 09:18
データの扱いで大きな差–企業は消費者からの信頼をいかに維持すべきか
IT関連
2022-06-03 01:25
GitHub、「Dependabot」向けカスタム自動トリアージルールのベータ版を提供
IT関連
2023-09-17 18:15
新社名は「TVS REGZA」、薄型テレビの東芝映像ソリューションが商号変更 「東芝」ブランドは継続
くらテク
2021-03-02 15:23
Googleの「コロナ感染者予測」は信頼に足るのか 専門家がメカニズムを解説 (1/2 ページ)
くわしく
2021-05-06 03:46
DX、最初の一歩は「現場」が良い理由 1日で“40万点の棚卸し”を改善した事例も
PR
2021-02-17 03:25
セールスフォースのバグ報奨金プログラム、2021年の支払額は約3億円超
IT関連
2022-02-26 03:23
Next.jsのVercelがフロントエンドのクラウド化とサーバーレス化に向けて約113億円調達
ネットサービス
2021-06-28 15:03
広がるローコード開発–「次の段階に進む」とOutSystems
IT関連
2021-02-10 21:37
人間重視のテクノロジー利用の勘所–フリークアウトの本田CEO
IT関連
2021-06-24 07:36
UI銀行、マネーロンダリング対策で「継続的顧客管理」への対応強化
IT関連
2024-01-30 16:01
中外製薬、従業員同士で「感謝」と「ポイント」を贈るツール導入–成長促進と社会貢献へ
IT関連
2022-09-28 02:27
NTTドコモ、脳・身体の情報をネットワークに接続し人間の感覚を拡張する6G時代の「人間拡張」のための基盤を開発
IT関連
2022-01-19 22:30