アマゾン、「Alexa」に3つの生成型AIスキルを搭載

今回は「アマゾン、「Alexa」に3つの生成型AIスキルを搭載」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ラスベガスで開催中の「CES 2024」では人工知能(AI)が主役となっており、AmazonもAIを大々的に活用した新たなスキルを3つ「Alexa」に搭載したと発表した。これらのスキルは現在、米国向けの「Alexa Skills」ウェブサイトなどから無料で利用できる。

 1つ目のスキルは「Character.AI」と呼ばれるものだ。Character.AIウェブサイトの開発者らが作成したこのスキルを使うことで、ユーザーはさまざまなチャットボットとチャットできるようになる。ソクラテスやアルバート・アインシュタインといった歴史上の人物と対話し、哲学や物理学についての会話を交わすことができる。

 またCharacter.AIを用いることで、トリッププランナーや、デートに関する相談相手、フィットネスコーチなどとチャットして支援や助言を受けられるようになる。また娯楽目的で、「もしも✕✕だったら?」という仮想の世界をAIの力を借りて探求したり、悲惨な状況に置かれているAIに手を差し伸べ、脱出の手助けをすることもできる。

 2つ目は、ユーザーの説明に基づいてAIが楽曲を作成する「Splash」というスキルだ。このスキルを使えばAlexaに対し、種類を選ばず楽曲を作成するよう指示したり、ユーザーの好きなジャンルを指定することができる。Alexaは短いフレーズを演奏した後、歌詞を追加するといった変更を加えたいかどうかを尋ねてくる。気に入ったメロディーであれば、スマートフォンでも再生できるよう、Alexaに転送を指示することもできる。

 3つ目は「Volley Games」というスキルだ。これは従来からある「二十の質問」をAIによって実現したものだ。これはAIの出題者が決めたある言葉を回答者が当てるという形式のゲームであり、回答者は「はい」か「いいえ」のみで答えられる質問を20回まで尋ねることができる。まず始めに言葉のカテゴリーが明かされた後、ユーザーはその言葉を探り当てるための質問を入力するよう求められていく。途中で答えに困った場合にはヒントを要求することもできる。

 これら3つのスキルはすべて、Amazonが2023年9月に導入した新たなツール群を用いて開発されたものだ。こうしたツールはAlexaのスキルに生成型AIの能力をより容易に統合し、ユーザーが対話を始めたり、リアルタイムのデータにアクセスできるようにすることを目的に設計されている。Amazonがその際に紹介していた能力としては、レストランの予約や、時事ニュースのサマリー取得といったものも含まれていた。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
暗号資産取引所コインチェックがNFTマーケットプレイス運営のメタップスアルファを子会社化
ブロックチェーン
2021-02-13 00:09
Uberがアルコール宅配サービスのDrizlyを約1150億円で買収へ、Uber Eatsの収益性アップを狙う
シェアリングエコノミー
2021-02-04 13:15
マイクロソフト、従業員契約から競業避止条項を削除
IT関連
2022-06-11 15:03
地方銀行のスマホアプリが一斉にダウン データベースサーバの故障が原因か
最近の注目ニュース
2021-04-06 05:13
フォーティネット、デジタルリスク保護サービスを国内提供–ブランド価値失墜のリスクなど軽減
IT関連
2023-03-18 07:46
高崎信用金庫とe-dashが連携–取引先にCO2排出量可視化サービス提供
IT関連
2022-07-21 23:04
ポケモンGOに週替わり1ポケコインボックス 「リモートレイドパス」「ロケットレーダー」も
くらテク
2021-02-04 12:26
SmartNewsに「新型コロナワクチンチャンネル」 接種時期や施設を表示
企業・業界動向
2021-04-15 00:12
24時間365⽇スマホで医師に相談できる医療相談アプリLEBERを手がけるリーバーが資金調達、累計調達金額10億円突破
IT関連
2022-02-11 13:53
JPX総研、日立と共同で「カーボン・クレジット市場システム」を開発
IT関連
2022-10-06 23:45
弁護士ドットコム、AI搭載の弁護士用書籍検索サービスを発表
IT関連
2023-09-30 14:33
長野市民病院、「Zoom」で電子カルテをリモート共有–緊急対応の情報密度が向上
IT関連
2023-11-21 15:32
AIで5Gネットワークの障害を自動復旧 KDDIと日立など4社が実験
ロボット・AI
2021-02-10 18:51
弥生、「スマート証憑管理」を提供開始–インボイス制度と電子帳簿保存法に対応
IT関連
2023-01-08 03:43